「抜から」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 抜から[動詞]
ことは抜から  七兵衛は抜から  最初は抜から  からずいぶん抜から  用心は、かなり抜から  前に立って、抜から  後ろから、抜から  南条は抜から  忠作は抜から  こいつはまた変ってると思って、抜から  誰かが抜から  一人が抜から  勘八が、抜から  きょうのもの、抜から  一人、抜から  ままで抜から  吉本は抜から  神尾が抜から  世事にも抜から  お許しが出たと見て、抜から  滑稽なのは、抜から  スッテンドウジが抜から  委細をとりまとめて、抜から  それに対して抜から  上塗りであり、抜から  次の間には、抜から  占領し、抜から  弁信が抜から  神主が抜から  桶屋さんだけは、抜から  思惑外れがあろうとは思われないから、抜から  安直が抜から  その間から、抜から  金公は抜から  外で抜から  丸山勇仙がまた抜から  部分に、抜から  しかし、抜から  それは相変らず抜から  安坐して、抜から  がんちゃんが抜から  有縁則住と抜から  弁信法師が抜から  不破の関守氏も抜から  自分は抜から  それをききつけ、抜から  私も抜から  コピーを抜から  嬢様は抜から  証拠を握らねばと云うので、抜から  商売には抜から  コチラも抜から  はずだから、抜から  口ばかりはけっして抜から  もっと万事に抜から  



前後の言葉をピックアップ
糠星  糠森  ヌカヨロ  糠喜び  ヌカラ  ぬから  ヌカラヌ  ヌカリ  抜かり  ぬかり


動詞をランダムでピックアップ
育くんかみつき取り繕わ打ち合せる騒ぎ立てよ熾っ持ち寄りひるがえり叱ろ思い知らさなでる過っ波打た分かるただよっすくむ当りやぶるぱくつい止しゃ
形容詞をランダムでピックアップ
恥ずかしかっ拙けれ憎たらしい物凄うまっしろ宜しくっ苦しき狭うくちやかましい色っぽくかたはらいたき凄まじかっニガ繁からくちう白かれ仰々しきひくうす汚い甘くっ