「抑え」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 抑え[動詞]
激動を抑え  微笑を抑え  話を抑え  客気を抑え  喜びは抑え  束髪を抑え  両脚を抑え  脚を抑え  これさえ抑え  腹を抑え  口輪を、がきっと抑え  膝を抑え  音を抑え  瞬間、抑え  背中が少し抑え  自分を抑え  むりに抑え  感情を抑え  言葉をようやく抑え  胸をじっと抑え  自分でも知らずに長く抑え  胸を抑え  意識的に抑え  冷静に抑え  言葉を抑え  鍔際をしっかりと抑え  勘右衛門を抑え  心持が、抑えても抑えても抑え  思いを抑え  胸を強いて抑え  気持を抑え  必死に抑え  クールに抑え  登録商標として抑え  昂進を抑え  頭を抑え  アメリカ市場を抑え  腕を抑え  〇・〇八ミリアンペアにまで抑え  肩を抑え  顔を抑え  笠を抑え  つばを抑え  血を抑え  棒鼻をドンと抑え  拙者が抑え  涙を抑え  金弥、抑え  左右より抑え  絹をすべりて、抑え  輪には抑え  頬を抑え  アーサーは覚えず抑え  声明によって抑え  八〇〇種に抑え  気を抑え  傷口を抑え  頭上を抑え  両手で抑え  頭巾を抑え  口を抑え  顎で抑え  ジッと抑え  目を抑え  翰林を抑え  彼はどうしても抑え  額を抑え  それを抑え  進展は抑え  心を抑え  さを抑え  不安を抑え  今まで抑え  おしゃべりを抑え  横腹を強く抑え  それをよく見ると、抑え  一念を抑え  のを抑え  手で抑え  辺を軽く抑え  脇の下へ抑え  眼をかわるがわるゆっくりと抑え  当惑と抑え  怒りを抑え  頤を抑え  統制で抑え  さの抑え  私を抑え  おかしさを抑え  出血を抑え  高まりを抑え  支配者から思い切り抑え  口元を抑え  決心と抑え  動悸を抑え  気もちを抑え  袂を抑え  懸命に抑え  弱点を抑え  意志で抑え  心臓をしっかり抑え  前を抑え  敬意を抑え  黒血を抑え  面を抑え  満座を抑え  耳を抑え  性質なので、努めて抑え  スイッチを抑え  利腕を抑え  尾扇を抑え  声を抑え  彼を抑え  鼓動を抑え  感動を抑え  人を抑え  女髪兼安を抑え  愛欲をぐっと抑え  一生懸命に抑え  それをやっと抑え  心を、じっと抑え  紙でしっかり抑え  みな耳を抑え  神経興奮を、抑え  病的興奮を抑え  温和しく抑え  底には抑え  次郎左衛門は抑え  不平を抑え  襟首を抑え  体を抑え  打つ手を抑え  意気ごみを抑え  裾をしっかり抑え  眼を抑え  形態を抑え  製造コストを抑え  強力に抑え  気持ちを抑え  裳を抑え  おれはこの憤りを抑え  肱を抑え  南原氏を抑え  理想を抑え  情を抑え  咽喉を抑え  手にかからなかったが、遂に、遮二無二抑え  興奮を抑え  ゴーリキイを抑え  マクシムは、抑え  おれは、いつもは抑え  手でしっかと抑え  ところでしっかりと抑え  ところで抑え  上から平らに抑え  彼等の抑え  非常に沈んだ抑え  根をうんと抑え  邪を抑え  反抗心を抑え  ぺたを抑え  涙が流れて、抑え  口もとには抑え  中が、抑え  衆議を抑え  感情は、抑え  内に抑え  驚動を抑え  足音や、抑え  無理に抑え  明け方にいつもする、抑え  端を抑え  駒を抑え  手脚を抑え  勇は抑え  首根ッ子を抑え  自ら血気を抑え  熱意が見る見る抑え  胸に抑え  ことばを抑え  臂を抑え  仇の如く、じっと抑え  袖を抑え  それすら抑え  嫉妬を抑え  虫を抑え  片手を抑え  掌で抑え  弟を取って抑え  父はわざと抑え  一二度頭を抑え  手を抑え  一日だけより長く抑え  意志の力で抑え  憂鬱に抑え  脇腹を抑え  片手で抑え  懐中をしっかり抑え  地を抑え  抑えに抑え  自由を抑え  先まで青白くなって、抑えつけても抑え  所で抑え  気持ちが抑え  さは忽ち抑え  心頭に抑え  涙が抑え  力で抑え  意欲は、抑え  うちにある抑え  発言を抑え  態度に、抑え  袖で抑え  結び目あたりを抑え  者達は、抑え  心になって抑え  ように抑え  顔には抑え  ニンシンさせて抑え  逆上惑乱絶望を抑え  炎に煽られて、抑え  欲望を抑え  庶民感情を抑え  洟水をグッと抑え  アッタスンは抑え  感情が抑え  物音を抑え  民子に抑え  おしめ、抑え  浪の言わんとするを抑え  頸を抑え  睡魔を抑え  剛情我慢を見兼ねて控えろと抑え  のを、だまって抑え  中に抑え  手を厳しく抑え  時、抑え  汗を抑え  自分ながら抑え  手に抑え  空気に抑え  円卓子を、しっかりと抑え  連中を抑え  君の抑え  雑作はあるまいが、それでも抑え  腕をしっかり抑え  手をあげて抑え  ものを軽く抑え  ことで抑え  児を抑え  少年一人を抑え  気分を抑え  ところをぎゅっと抑え  所にひどく抑え  のが抑え  銀様が抑え  のをさえ抑え  宇津木兵馬を抑え  これを抑え  それを抑えつける、この抑え  上から蒲団を被せて抑え  鼻血を抑え  手の甲を抑え  教徒を抑え  後ろからギュウと抑え  米友は、抑え  ものか抑え  ふしぶしを抑え  戦慄を抑え  兵馬に抑え  空気には、抑え  彼らは、抑えても抑えても抑え  口許を抑え  やうに、抑え  痞を抑え  挫いで抑え  兵馬を抑え  のが、抑え  咽喉首を抑え  のが、またむらむらと抑え  それを取って抑え  僕がしっかり抑え  落ち度を抑え  寅吉を抑え  長物語に、抑え  神尾を抑え  悲壮沈痛にして、抑え  弁信を抑え  心をじっと抑え  ものに抑え  壁を抑え  びを手で抑え  主観を抑え  鼻を抑え  山崎が抑え  半畳を抑え  出歯を抑え  犬を抑え  辺りを抑え  手綱を抑え  びを、抑え  それをじっと抑え  眉で抑え  下に抑え  それは抑え  それはじっと抑え  力でも抑え  畳へ抑え  必死で抑え  轅を抑え  うちに抑え  指で抑え  武蔵守師直が、こう抑え  片手に抑え  どこかに抑え  両手でしっかりと抑え  革財布を抑え  心臓を抑え  一つ一つ欲望を抑え  鼻腔を抑え  ものを抑え  兄に抑え  杯を抑え  自分が抑え  無気味になり、抑え  一しょに、抑え  のを、あんに抑え  揺れを抑え  下に、強いて抑え  のをじっと抑え  自ら気づいては抑え抑え  彼は強いて抑え  それを強いて抑え  彼女はもう抑え  妄動をかたく抑え  何としてか抑え  一種の抑え  米友を抑え  力を出して、抑え  駒井が、こうも抑え  駒井は、やはり抑え  前ので抑え  東妙和尚が抑え  手でよく抑え  甲府を抑え  桟を抑え  女同士苦しめあって互に抑え  鬱々と抑え  静かに抑え  群衆は抑え  正成に抑え  要衝もこう抑え  不安が、もう抑え  ソッと抑え  焦燥感を、グッと抑え  風波を起さずに抑え  兵馬は抑え  両手をあげて抑え  左腕を抑え  義貞は抑え  騒乱も抑え  忿懣を抑え  好奇心が、ついに抑え  あたりを抑え  鉄を抑え  圧倒的に抑え  腕にしっかりと抑え  ここを抑え  戸口を抑え  目をつぶって、その抑え  弱味を抑え  流言蜚語を抑え  罪人を取って抑え  仰山に抑え  ッと抑え  雨に抑え  職業的良心に抑え  満州を抑え  上着を抑え  威圧で抑え  熊を抑え  左右から道庵を押し転がし、取って抑え  道庵を取って抑え  熊を取って抑え  小猛獣を取って抑え  松野主馬がまた抑え  筆致にも抑え  ようだが、抑え  直ぐに抑え  独楽を抑え  充分に抑え  袖で、包んで抑え  ことをさえ抑え  老女が抑え  白雲の出ばなを抑え  旅心濛々として抑え  心が抑え  三人を抑え  爪でしっかと抑え  藤沢は、抑え  鍵を、抑え  腕に、抱き抑え  間これを抑え  背中をぽんぽん叩いたり、抑え  絨緞を抑え  後ろから背を抑え  情緒を抑え  午前一時頃迄かかって、到頭抑え  手綱をしっかり抑え  袖だけで抑え  手をぐっと抑え  手ざわりなのに、抑え  咽喉笛を抑え  頬ぺたを抑え  誰がこの抑え  糧米をたえず抑え  歓喜は抑え  たまを抑え  胃袋を抑え  証拠を抑え  情に燃えて、抑え  ように駈け寄って抑え  ものを取って抑え  興奮を、忽ち取って抑え  百姓を抑え  制帽を抑え  ボートを抑え  彼はじっと抑え  銀様は、この深い憤りを抑え  近藤が抑え  林蔵はいよいよ急き立ったが、グッと抑え  横腹を抑え  急所を抑え  右に抑え  ために取って抑え  源女を抑え  呼吸との抑え  顔をしたが、グッと抑え  それは辛うじて抑え  浮遊を、しっかり抑え  心中に何とも抑え  悲しみを抑え  出端を抑え  傷を抑え  心持ちがしまいに抑え  活気をやっと抑え  躍動を抑え  権力に抑え  手をつと抑え  二人にて、さしつ抑え  生活はとりかえされた、という抑え  裙を抑え  苦悩を抑え  船は抑え  額際を抑え  処を抑え  かなりに抑え  破綻と、抑え  いをグッと抑え  キミ、抑え  胸をグッと抑え  おなかを抑え  両足を抑え  方から抑え  袖を軽く抑え  グイと抑え  興奮を抑え、抑え  こめかみを抑え  皆を抑え  大げさに抑え  警官に抑え  気持に抑え  勢が次第に強くなりて抑え  先生がしっかり抑え  感情をじっと抑え  社会的発想は、抑え  ほうたいを抑え  眼頭を抑え  古来武士階級を抑え  足で抑え  熱に抑え  とき、抑え  現実は抑え  爽やかさをもちたいという抑え  社会で抑え  反抗を抑え  訓練所を抑え  文弱と罵っているほどに、抑え  語尾は抑え  自分自身でどうにも抑え  つどそれは抑えつけ、そして抑え  者を抑え  十分に抑え  染福を抑え  心持ちを抑え  話が、抑え  何物かを抑え  二もなく抑え  笑いを抑え  膝下に抑え  確と抑え  陰に籠って、抑え  良心を抑え  トタンを抑え  発破を抑え  ダイナマイトを抑え  妄想を抑え  発起を抑え  かなり内に抑え  僅かに抑え  動きが抑え  帰心は抑え  ドレゴは抑え  腕をしっかりと抑え  懸命に抑え、抑え  母親は抑え  涙をかろうじて抑え  無心に抑え  喉を抑え  根を抑え  波瀾を抑え  心もちを抑え  間じゅうの、あの抑えても抑え  島田髷をそっと抑え  乳を抑え  腕で抑え  昂奮を抑え  暖かい欲望を抑え  首ねっこを抑え  はいないぞ、という、抑え  私は、抑えても抑え  元気いっぱいで、抑え  かば感動を抑え  念を抑え  理性では抑え  燃える怒りを抑え  渇望を抑え  ことばが抑え  気もちだけで抑え  ようにして抑え  われを抑え  ために抑え  恋を抑え  座席の隣りに抑え  ヒタリと抑え  我慢が抑え  自覚して抑え  ものが抑え  上に極めて抑え  方に抑え  のであるが、どうにも抑え  水を抑え  摂関政治を抑え  摂関家に抑え  口には抑え  愚痴を、切なく抑え  ふところを抑え  風にして抑え  癇癪を抑え  艫を抑え  只額を抑え  それをぐっと抑え  民族とに、抑え  義理合やでとって抑え  轡をしっかり抑え  眼鏡を軽く抑え  のを、猶抑え  念の抑え  むとする心次第に萌して、漸く抑え  燃え上ってくる憤りを抑え  米の抑え  荷に抑え  間際になって、全く抑え  腫れを抑え  タオルを抑え  頸根っこを抑え  彼女を抑え  所を抑え  甲を抑え  片手で確り抑え  北山は抑え  ような抑え  彼は抑え  戸を抑え  憂愁を抑え  気を使ってはいるといえる抑え  身体へ抑え  ことを抑え  感動をすっかり抑え  胸騒ぎを、じっと抑え  弟を抑え  呼吸を抑え  頭がどうかしてしまって、なんとしても抑え  己を抑え  手綱では抑え  怒気を抑え  欄干へ抑え  力に抑え  籐で抑え  恋心を抑え  グラフィーラは、抑え  髪を抑え  慾望をどうにも抑え  次郎に抑え  ハンドルをいくら抑え  のを抑え抑え  性欲を少しでも抑え  虎を馴らして抑え  水鏡に映して見て、抑え  横顔を抑え  彼も抑え  頭部を抑え  高は抑え  はずみを、じっと抑え  我から荒出し、抑えても抑え  首を擡げて抑えても抑え  ことに、抑え  下を抑え  上から顔を抑え  今迄抑え  もの、抑え  雁首で抑え  股を抑え  誘惑は抑え  法水は抑え  袖口で一寸抑え  頭から小作人達を抑え  現場を抑え  小菊紙で抑え  上に抑え  性癖として絶えず抑え  知識欲は常に抑え  ひそかに抑え  勝手に抑え  心をお抑え  のを辛くも抑え  衝動を抑え  ルチアノはかるく抑え  腕をがっしり抑え  のを、じっと抑え  まりかねた胸をじっと抑え  横っ腹を抑え  さで、グッと抑え  監房が抑え  驚きを抑え  頭氏を抑え  念がむらむらと抑え  ダイヤを抑え  シッカと抑え  のではないが、どうしても抑え  膝で抑え  ところを抑え  将を抑え  外套は抑え  型で抑え  紙で抑え  必死になって、抑え  一面に抑え  方で確り抑え  腹の虫を抑え  襟を抑え  指尖で抑え  私は抑え  言論の自由は抑え  苦痛を抑え  人指し指で抑え  目で抑え  胸が抑え  わたしたちは深いおどろきを抑え  羞恥を抑え  何度も抑え  擾乱をじっと抑え  感じを抑え  かたをどうしても抑え  一人を呼ぼうと思ったが、抑え  本性を抑え  手が抑え  菊弥は、抑え  地へ抑え  胴体で抑え  わたしはやっぱりおどろきを抑え  謙遜に、抑え  びを抑え  半分口を抑え  手をやって、抑え  ように、抑え  咳を抑え  二人は、しっかと抑え  専にさせじと抑え  意志力で抑え  小一郎は、抑え  ようにも抑え  容易に抑え  柔らかに抑え  事で抑え  首筋を抑え  二の腕を抑え  娘を抑え  其腕を抑え  老人の抑え  オーヴァを抑え  水利権を抑え  男どもに、虐げられ、抑え  木剣を抑え  軍兵衛は抑え  片手をかけて抑え  岩を抑え  声には、まだ抑え  力でともかくも抑え  の念がいよいよ抑え  心もち顋に抑え  わたしにも抑え  勢力をぴったりと抑え  横暴を抑え  悪を抑え  百姓たちの抑え  欲望をじっと抑え  何か抑え  感動をそれとなし抑え  両手に抑え  弓に対して、抑え  鬱憤を抑え  牌を抑え  心臓部を抑え  女も何と苦しく抑え  

名詞

抑え[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
抑え難き本能に顫えている  抑えの兵を置きて  抑えがつきません  抑えがきかんですからなあ  抑えに下った  抑えにかかっていたらしい  抑えにして  抑え抑えしていた  抑えに抑えていた  抑え付けられる  抑え抑えている  抑え付けられても  抑えに抑えた  抑えに参った  抑えに抑えつけられた  抑えにかかります  抑えとなる  抑えに抑えて  抑えをとどめて  抑えにかかった  抑え付けられた  抑えに抑えておりましたけれど  抑えになり  抑え抑えて云う  抑えに抑えたる  抑えなどしたりという  抑えにかかったが  

~ 抑え[名詞]1
飛躍せんとする抑え  手では抑えが  後まで抑えが  二将が抑えに  名前を抑えに  筋交えに抑えに  さっきから抑え  姫路城の抑えに  騒ぎを抑えに  彼らの抑えと  これを抑えに  九州の抑えは  箱崎に抑えを  膝を立て直して抑えに  凛然として抑え  それを抑えに  今までは抑えに  シッカと抑え  首を抑えなど  用心して抑えに  

~ 抑え[名詞]2
しっかり抑え  いくら抑え  

複合名詞
抑えよう  抑え手  抑え摧  抑えどころ  抑え所  糧道抑え  虫抑え  抑え込み  抑え首  抑え付け  



前後の言葉をピックアップ
オサイニチ  抑え  抑えよ  押え  抑えれ  押えよ  押えれ  押えん  抑えん  押さえ


動詞をランダムでピックアップ
言い尽せ追っ払え赴き仕あがるよせれ押さえつけ清まっすすっ高ぶり蹴ったと償える刈り入れるにぎりしめ侮りしのぼ魅しゆわい振り捨てよやとわ
形容詞をランダムでピックアップ
すくなし蒸暑いてがる青じろく難けれ睦まじきあつうこわけれ可愛けりゃ態とらしから久しからてばしこく手っ取り早いもろしさむいみにくかっ生温くずぶとい生じろいたまらない