「戴い」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 戴い[動詞]
咳嗽薬まで戴い  星城子君から戴い  ビールを戴い  御馳走を戴い  酒もうんと戴い  包みを戴い  物を戴い  沢山に戴い  胴巻を戴い  小遣を戴い  のを戴い  線香なぞ戴い  暖簾を分けて戴い  草を戴い  天を戴い  川端康成氏から戴い  手紙を戴い  序文を戴い  拝領物をでも戴い  生涯の御かたみに戴い  それを戴い  あなたに見せて戴い  親分として戴い  ヰツク様から恩給を戴い  天皇を戴い  今朝島田さんから戴い  つて、折角戴い  草とを戴い  顏近く戴い  壱円二拾銭なら本当に高く戴い  緑蕚夫人から戴い  帽子を戴い  私は戴い  安堵しました、それでは戴い  方に来て戴い  皇帝に戴い  瓦屋根を戴い  王冠を戴い  それを取って戴い  手をおし戴い  とき親切にして戴い  兄さんに読んで戴い  令旨を戴い  朝廷を戴い  とき川端さんから戴い  川端さんから戴い  書面を押し戴い  小費にと戴い  雪を戴い  額に押し当てて戴い  足を戴い  三度目に戴い  扶持を戴い  殿様にかわいがって戴い  首領に戴い  日本酒があるなら戴い  邸から戴い  心をわかって戴い  新吉は押し戴い  救ひを戴い  皇室を戴い  魚を押し戴い  石を戴い  巫女を戴い  それじゃ戴い  今お土産を戴い  これ、そう戴い  星を戴い  お茶など戴い  酒一杯でも戴い  盃を戴い  上酒が戴い  皇族を戴い  心も奥ゆかしい、と戴い  此方へ来て戴い  ただ星を戴い  一杯だけ戴い  一ぱいだけ戴い  頭に戴い  から、戴い  火に当らせて戴い  茶代を戴い  恩を戴い  給金を戴い  二俵丈け戴い  御門切手を戴い  挽割を戴い  代を戴い  外荷主様に戴い  忘れないでお菓子を戴い  ひまを戴い  夕飯まで遊ばせて戴い  砂を戴い  肉に戴い  まり功徳を戴い  冠を戴い  祝福をして戴い  お客待遇して戴い  水涕を、垂らして見ては、押し戴き、戴い  聖水を戴い  準備はさせて戴い  添削して戴い  通信教授をして戴い  一字を戴い  まり金十銭ばかり戴い  銭を戴い  入費だけ戴い  十分に戴い  拒絶を戴い  五銭白銅貨を戴い  昼食は戴い  ものを戴い  証拠も見て戴い  扶持も戴い  暇を戴い  ナポレオン帽を戴い  丁髷を戴い  其人蔘の煮ころばしを戴い  葛掛を戴い  お菓子を戴い  御酒を戴い  登和さんに教えて戴い  シチュウを拵えて戴い  何にせよ戴い  外で戴い  馬頭を戴い  お茶を推し戴い  それから御飯を戴い  そこまでして戴い  王を戴い  霜を戴い  流木を戴い  堆石を戴い  此家へ連れて来て戴い  傍へ寝せて戴い  老女さんに抱いて戴い  君主として戴い  皇室として戴い  樣に戴い  杯をおし戴い  いのちを戴い  日暮里に泊めて戴い  花束を戴い  さっきから遠慮なしに戴い  板垣退助を戴い  頭へ戴い  兄様から教へて戴い  洋封筒を押し戴い  許を戴い  氷雪を戴い  ように戴い  御飯を戴い  私の戴い  家に居て戴い  教導者を戴い  方針を戴い  斜めに戴い  蟻を戴い  光線を、深々と戴い  絵はがきを戴い  郎から差し紙を戴い  今日来て戴い  承知して戴い  頭上に戴い  宝冠を戴い  言葉を戴い  かしらに戴い  あたし、暫く働かせて戴い  花を戴い  人相見は、戴い  夜帽を戴い  手で推し戴い  時分、戴い  薬を戴い  御用をさせて戴い  下見に行って戴い  何か戴い  学校で戴い  使者を戴い  盃を遣ったり取ったり、押し戴い  枝を押し戴い  山買ふて戴い  祈りして戴い  坂口博士に診て戴い  祝儀を戴い  緑樹を戴い  速水滉先生から讀んで戴い  朝からほとんど何一つ戴い  眠剤などを戴い  天子に戴い  貴女に助けて戴い  是だけ戴い  夫を戴い  髷に戴い  ビラビラを戴い  掃除をさせて戴い  さうにそれを押し戴い  おみやげを戴い  懐紙にぐるぐると巻いて、と戴い  字を戴い  お金を戴い  お下げを戴い  これも有難く下げて戴い  大学頭を戴い  大金を戴い  公平に取扱って戴い  ソフトを戴い  旅僧は押し戴い  橋本先生に診て戴い  鬘を戴い  天子を戴い  御朱印を戴い  家老を戴い  廃藩置県は久しく戴い  西郷を戴い  ちょっと首級桶を戴い  手を取って押し戴い  日本まげを戴い  贔屓にして戴い  設計図を押し戴い  こと迄気づかって戴い  門人ではなくとも置いて戴い  帰りを待って戴い  のでしょう、戴い  後裔を戴い  老人から、戴い  支援を戴い  いま上長と戴い  愛で戴い  いふ批評を戴い  地にひざまずいて押し戴い  鍵を押し戴い  時開智校で教えて戴い  時先生からつけて戴い  血管に戴い  枝葉を戴い  政府を戴い  絶対勢力として戴い  感状を戴い  



前後の言葉をピックアップ
いたたまれない  いたたまれなかっ  いたたまれなく  頂い  いただい  戴か  いただか  頂か  戴き  


動詞をランダムでピックアップ
言付けるつつしま毒づいそねま遅らそ変わるぬぐいとっ響きわたれじめつく踏込め着替えよよこせ遭わつりあいつきぬける終わっへこたれるつづまっ媚びる
形容詞をランダムでピックアップ
こそばゆきたけだけしいむず痒重々しくなから野暮臭い口惜しかろうとやかましくっあっけない愛くるしくうるわしきにあわしいみにくく堪え難かっ狭苦し目出度し愛づら甘くっ