「戯れ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 戯れ[動詞]
インバイに戯れ  孔雀と戯れ  鶯に戯れ  思切った戯れ  しかもこんな戯れ  悲哀と戯れ  壺に戯れ  必死の戯れ  思想の戯れ  相手に戯れ  伝右衛門は、戯れ  児と戯れ  ことは、そう軽々しい戯れ  盃をさす戯れ  主を見つける戯れ  これには少しも戯れ  子どもしか試みない戯れ  行事は戯れ  指を出して当てさせる戯れ  数を問う戯れ  愉快な戯れ  幼児の戯れ  男と女と戯れ  人魚の戯れ  如く波に戯れ  一時の戯れ  これは戯れ  犬と戯れ  肉体の戯れ  舞ひ戯れ  からの戯れ  のを戯れ  様子を戯れ  彼れはじっとその戯れ  滿と戯れ  無邪気に戯れ  秘かに戯れ  遊びである、戯れ  種の戯れ  初めは戯れ  続きの戯れ  云つて、戯れ  さまざまとお戯れ  あいうお戯れ  意識はなかつた、戯れ  雛とともに戯れ  若い青年画家と戯れ  目利きは上りたるやと云って戯れ  無心に戯れ  客と戯れ  怪しげなる戯れ  犬が戯れ  私と戯れ  どこにも戯れ  なつたりしてゐる戯れ  馬に乗ると、戯れ  資となし、戯れ  あてどもない戯れ  いつまでも無心に戯れ  心惹かれて、戯れ  彼女に戯れ  父さんだなどと戯れ  一時の御戯れ  波の戯れ  花に戯れ  嬉々として戯れ  光子は戯れ  初めは、戯れ  鶏を追いかけ廻している戯れ  白昼人妻に戯れ  貂蝉に戯れ  ひとりが戯れ  みだらに戯れ  男が戯れ  艦長とも戯れ  毛に戯れ  蟇に戯れ  朝風と戯れ  水に戯れ  うえの戯れ  曹操は、戯れ  エロスの戯れ  ゼンマイの戯れ  馬にさへ戯れ  鳴雪など戯れ  翁の戯れ  今のは戯れ  貂蝉と戯れ  口頭の戯れ  のは戯れ  ことは、戯れ  痛烈なお戯れ  一場の戯れ  余裕をもつて、戯れ  波によせて戯れ  世の中なればとかく戯れ  今のは、いささか戯れ  いまのは戯れ  深更まで戯れ  詩などは、戯れ  だれの戯れ  女で、戯れ  出来心がさせた戯れ  自然物と戯れ  猫と戯れ  微笑しながら、ほんの戯れ  下へ投げだして、戯れ  当時に生まれしめば、戯れ  女に戯れ  気軽に笑って、戯れ  左慈、あまりに、戯れ  顔に、戯れ  言なら、戯れ  我輩がかつて戯れ  緑陰に戯れ  恋の戯れ  子供たちと戯れ  人前でも戯れ  樂しきひびの戯れ  海に戯れ  朗らかな戯れ  呉王孫権が戯れ  君公の戯れ  奇怪な戯れ  魔の戯れ  間の戯れ  貞世と戯れ  野雀軒に戯れ  げんは戯れ  淫らな戯れ  時の戯れ  頭脳の戯れ  ぼんやり波の戯れ  鉄棒に戯れ  泉水で戯れ  心の戯れ  夜の戯れ  微かな戯れ  三木は、そんな戯れ  しゃるなどと、戯れ  後々言い始めた戯れ  彼は戯れ  妄想の戯れ  臨機の戯れ  此とに戯れ  天井一杯に戯れ  感じの、光りを求め、光りを浴び、光りに戯れ  日を浴び、光りに戯れ  裾にまといついたりして戯れ  三吉が戯れ  夫が戯れ  林が戯れ  側へ来て戯れ  家内のものは戯れ  馳けずり廻って戯れ  榊が戯れ  客の戯れ  三吉は戯れ  手を引いたりして戯れ  自然の戯れ  修行になると戯れ  偶然の戯れ  魔法の戯れ  女がありましょうか、お戯れ  そちには戯れ  火と戯れ  ように開いて、戯れ  光線に喜び戯れ  子家鴨と戯れ  風と戯れ  狐だろうとも、戯れ  生徒等が戯れ  遊び廻って戯れ  高瀬は戯れ  野蛮な戯れ  息子と戯れ  顔をそむけ、戯れ  酔余の戯れ  ときは戯れ  私に戯れ  昆虫類が戯れ  彼方此方と戯れ  妻君との戯れ  二つは戯れ  悪魔の戯れ  前には戯れ  始めは戯れ  指先に、やさしく戯れ  まわりを戯れ  遥かな戯れ  かばは戯れ  真面目とも戯れ  人に戯れ  微風に戯れ  鞠に戯れ  天降りして、戯れ  天童の戯れ  妖精が戯れ  めぐりめぐって、戯れ  あたりに戯れ  少年仲間の戯れ  人畜相戯れ  尊敬を以て、あるいは軽い戯れ  やうにもあるし、また、戯れ  野卑な戯れ  陽炎みたいに戯れ  予期もしない戯れ  紀久子の戯れ  微笑しながら、戯れ  病気を笑ってやる戯れ  因縁の戯れ  ことができても、その戯れ  海の戯れ  仮りて、戯れ  なにしろ晩くまで、寝つかない戯れ  間に戯れ  本当で、戯れ  剣刃上の戯れ  さやさやと戯れ  滲透して、戯れ  親犬に戯れ  犬の子に噛ませて、戯れ  花とに戯れ  面白うござるものを、などと戯れ  自嘲のお戯れ  愚かな戯れ  気象の戯れ  小鳥が戯れ  船客が戯れ  翼に戯れ  子供と戯れ  死と戯れ  明りと戯れ  清とこうして戯れ  楮幣もじりの戯れ  酒に飽き、戯れ  今朝はよくお戯れ  獣と戯れ  婦人をめがけて戯れ  ホンの戯れ  尊氏も戯れ  そめのお戯れ  一時のお戯れ  さとをながめて、戯れ  愛着がしばしの戯れ  角力をとって戯れ  それは戯れ  踊子と戯れ  上で戯れ  気な戯れ  街の子は戯れ  嬰児ぞ戯れ  しめやかに戯れ  其やさしい戯れ  ことを戯れ  手をこすったり、戯れ  菊を顧みて戯れ  愉快そうに戯れ  愛と死と生の戯れ  彼は、この戯れ  しかしその戯れ  ように戯れ  時アーダは戯れ  不健全な戯れ  者と笑い戯れ  クリストフは戯れ  滝太郎に戯れ  チュッチュッと飛び戯れ  花柳に戯れ  青年の戯れ  天空で戯れ  子供が戯れ  ノートへ戯れ  犢鼻褌は古きや新しきやなど嘲り戯れ  小声で戯れ  遊び月に戯れ  尻尾に戯れ  一種のお戯れ  われは戯れ  いろはを覚え、戯れ  笑い語り戯れ  子どもの戯れ  読者と戯れ  機知と戯れ  松島さんのお戯れ  物馴れた戯れ  食ひ戯れ  世の中を戯れ  言葉の戯れ  口へくくめなどして戯れ  栄華に戯れ  風流な戯れ  女にも戯れ  言葉から推して、こうした戯れ  所へ行って、戯れ  ように、戯れ  手紙で、戯れ  露骨な戯れ  若い人たちは戯れ  余は戯れ  からかひ戯れ  人間たちによく馴れよく戯れ  遊び深川に戯れ  そめの戯れ  恋愛に関した戯れ  それはお戯れ  心は戯れ  今まではそうした戯れ  自分が戯れ  眠りが快い戯れ  女たちとも戯れ  主君が戯れ  話もこまごまと語って聞かせ、戯れ  波に戯れ  エルモの戯れ  初めに戯れ  光が戯れ  鯉とに戯れ  何の戯れ  小さな子供が、戯れ  許可を戯れ  僧侶だと戯れ  千態万状を尽して、戯れ  永遠の戯れ  知らない二人は戯れ  波と戯れ  梢に戯れ  蹴鞠の戯れ  蛾と戯れ  犬は戯れ  自分の戯れ  一群が、軽々と戯れ  柳をつかまえて、戯れ  お座敷の戯れ  楚々として相戯れ  角力などとって戯れ  かななど戯れ  微風が、戯れ  ものでもなく、ただちょっとした戯れ  葉裏に戯れ  茂みに戯れ  外側をぐるぐる廻って戯れ  文化の戯れ  詞を戯れ  酒席の戯れ  助と戯れ  嫦娥に戯れ  秀、戯れ  ものを、時に戯れ  眼にかかりたいと申しておりました、などと云って戯れ  言伝をして戯れ  博士が戯れ  達者で、戯れ  傍に居て戯れ  悪戯をして戯れ  座興の戯れ  倦怠そうに戯れ  世界に戯れ  子供たちと、御戯れ  自分も戯れ  奥方様、お戯れ  笑ひ、戯れ  わたくしと戯れ  額に戯れ  道ならぬ戯れ  酒宴なして戯れ  久良は、戯れ  女給に戯れ  帆柱に戯れ  造化の戯れ  女郎が戯れ  洋犬と戯れ  写生帳を入れていたが、戯れ  なぞして戯れ  上などで戯れ  ものであるし、まして戯れ  なかで戯れ  想ひながら戯れ  娘と戯れ  者らしく喜々として戯れ  ブライドに送らんかと戯れ  淀みもやらぬは、戯れ  芸術にして嘲ったり笑ったりして戯れ  笑味面白味を見出して戯れ  ばやなど戯れ  れつしつつ相戯れ  珈琲館にて戯れ  感情が戯れ  庭にひとり戯れ  漁の戯れ  様々の戯れ  使つて置いて、淡い戯れ  グリーンをして戯れ  彼の戯れ  人々は戯れ  一本もらって、戯れ  時と光りに戯れ  小鳥のごとく戯れ  さから、或いは戯れ  足を止めて、その戯れ  塵の戯れ  私たちは戯れ  男生徒をいざない戯れ  金翅鳥が戯れ  友達と戯れ  先生が戯れ  場の戯れ  浴室に入れとは、戯れ  最初からの軽い戯れ  三味線を弾くといって戯れ  目を張る戯れ  時代の戯れ  小児ばかりの戯れ  たわいもない戯れ  女たちがいつの間にか、戯れ  女たちは無論戯れ  男と戯れ  事に戯れ  青年の如く相戯れ  気ままな戯れ  君江はこの戯れ  後おのずから来るべき新しい戯れ  醉ひしれたりざれ戯れ  女と戯れ  子があそび戯れ  らむなど戯れ  われの戯れ  子供らしい戯れ  それはほんの戯れ  この間を笑ったり戯れ  のんきに戯れ  後、戯れ  ひとり飛揚するを見て戯れ  彼等は屡々戯れ  英語で戯れ  酒興の戯れ  裾に戯れ  声高に戯れ  あなた様ばかりへ、こういう戯れ  わしは戯れ  それがまたこの戯れ  これに戯れ  人は戯れ  ものを、ポツン、ポツン、戯れ  目隠して戯れ  手を取り戯れ  三人で戯れ  口誦みに戯れ  林児が走り出て来て戯れ  男を捉えて戯れ  群の戯れ  沢庵が、かろく戯れ  猿と戯れ  概念の戯れ  お鍋に戯れ  昇は戯れ  さかいなく戯れ  下女と戯れ  助九郎が戯れ  わしの戯れ  岩魚が戯れ  山独活を掘りながら戯れ  脚元に戯れ  眠りとの戯れ  眠りとの、あの快い戯れ  媚に釣られて来たまでの戯れ  自分に戯れ  夢の戯れ  行人に戯れ  人なれば戯れ  自分のした戯れ  きらめきと、しきりに戯れ  手に入れましたので、戯れ  腰を延ばしながら、戯れ  子供じみた戯れ  裾にもまといついて戯れ  寛斎が戯れ  嘉吉が戯れ  成金だと戯れ  子供に戯れ  明子との戯れ  ただの戯れ  彼らが戯れ  生前よく戯れ  花園に戯れ  はつて戯れ  兄姉達と戯れ  生活が、まるで浮いた戯れ  彼等の戯れ  夫人に戯れ  ような戯れ  老媼に語りて、且つ戯れ  一二番の戯れ  一種の戯れ  髪に戯れ  江戸に通いけり、という戯れ  兄嫁呼ばわり、戯れ  四百六十七人に戯れ  人形に戯れ  彩色絵を画いて見たい、と戯れ  万華鏡の戯れ  人を思ひよせて戯れ  少女どもあまたならび居たれば戯れ  さまなれば、戯れ  私は戯れ  罪ある戯れ  これ一時の戯れ  垣内に戯れ  交りて戯れ  才蔵は随分しつこく戯れ  箱引の戯れ  死の戯れ  恋に戯れ  鳴り男神女神に戯れ  さびの悲しき戯れ  虎ちゃんが戯れ  由なき戯れ  大気に戯れ  給仕女に戯れ  愛の戯れ  危険な戯れ  宮女たちに戯れ  当時母上の戯れ  陰影の戯れ  悪性な戯れ  落首や戯れ  切ッて流れ出し、やがて戯れ  うちのものを、戯れ  苦労にもまれ、戯れ  小鳥が降りて、戯れ  藪八も、戯れ  亡すには、どうしたらよいかと戯れ  縁側に戯れ  唾棄すべき戯れ  婦女に対して戯れ  意地悪、戯れ  のと戯れ  色彩との戯れ  試筆には、戯れ  問答有用が行われたと聞いて、戯れ  田中貢太郎などと、ぶらり、ぶらり、戯れ  他人の戯れ  酒後の戯れ  妄婦として戯れ  国の戯れ  仮象の戯れ  戯れに恋はすまじ、戯れ  いろいろに戯れ  半分燒けん、を洒落て戯れ  ひとりだつたので、戯れ  した煙りを戯れ  仮初にも戯れ  



前後の言葉をピックアップ
たわみ  撓む  たわむ  戯れん  たわむれ  戯れよ  たわむれよ  たわむれる  撓めよ  たわめ


動詞をランダムでピックアップ
もどし振立てる見よ許さ服しよかつげ捜し出さのこれ選り抜く掃く行き着こ送りこもきりこむ買い取るさらけ出せよじ登ろすり込ん打ち落しいども召出し
形容詞をランダムでピックアップ
低かっものぐるおしいあつくるしいだる渋し懐かしき馬鹿らしき余儀なし親しから平たい古めかしくせんなく薄かっ物堅くっすがすがしくめざましくうらやましいとし婀娜っぽかっ香しい