「懸ら」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 懸ら[動詞]
気にも懸ら  目に懸ら  いつか十字架に懸ら  孫に懸ら  銭が懸ら  資本は懸ら  八人五日あまりも懸ら  目には懸ら  糸一条も懸ら  電話が一向に懸ら  二分と懸ら  人目に懸ら  費用が懸ら  時間は懸ら  手は懸ら  情が懸ら  齒に懸ら  雨の懸ら  十分とは懸ら  上に懸ら  心に懸ら  鱸は少しも懸ら  凭り懸ら  何物にも凭れ懸ら  十字架に懸ら  旁付に懸ら  喰ッて懸ら  萬一井戸へでも懸ら  氣に懸ら  気に懸ら  いくら、どうしても懸ら  もう一度しなおして懸ら  手の懸ら  三人も懸ら  おん眦に懸ら  



前後の言葉をピックアップ
  かかと  カカナケレバナルマイト  カカポッポ  係ら  かから  罹ら  架ら  掛ら  繋ら


動詞をランダムでピックアップ
はなし弓引い突き当たる費やせさしひい聞きおよぶさかだて枯れ掛かる言いたてよ毒す外らそぐし突い達せ行きつきかなぐり捨てよもうせいただこ学び取
形容詞をランダムでピックアップ
血なまぐさくうとまし悪し苦苦しく丸っこい容易しつたなうふさわしゅう怪きあかき奥深かっはげしゅう懐かしき痛々しけれおし聰き慌ただしくいやしきむつかしくっ