「憤り」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 憤り[動詞]
序を憤り  瀬のない憤り  龍は憤り  ものに対する、やりきれない憤り  種類の憤り  羞と憤り  顎と、憤り  私の憤り  人間としての憤り  こころは憤り  素朴な憤り  人々の憤り  吉五郎は憤り  ところで、あんな大きな憤り  がっかりすると共に、新しい憤り  清逸は憤り  せいはほとんど憤り  本当の憤り  返事を聞いて、憤り  彼は憤り  最後にほとんど憤り  御多分に洩れない憤り  春浪君の憤り  興福寺の憤り  主上の御憤り  照愈々憤り  山の憤り  のを憤り  曾て憤り  のを知って憤り  一種の憤り  やり場のない憤り  それから、つぎつぎに憤り  それに対してすぐに心からの憤り  ことを憤り  恨みも、憤り  彼れは憤り  ことに対して感じた憤り  刺し違へる雄々しい憤り  之を憤り  卑劣を憤り  正義の憤り  今日かえって、憤り  君も憤り  社会性の乏しい憤り  つたと憤り  間に、憤り  程のはげしい憤り  筆を投じて憤り  就て憤り  大衆の憤り  無比な憤り  笑ひなのか、憤り  嘲弄を感じると、憤り  此上ない憤り  清水恒吉は憤り  ことについて、憤り  鬼啾と、憤り  私は、苦々しい憤り  一種特別の苛立たしい憤り  次郎左衛門は抑え切れない憤り  さのまじった憤り  彼の憤り  それに対して憤り  悲しみ、憤り  侵入者に対する憤り  現実について憤り  悲しみと憤り  穢辱感の憤り  死を知って、大いに憤り  おれはこの憤り  自らの憤り  的のない憤り  張遼のごときは、わけても憤り  甲があって、ある憤り  仮定すると、憤り  なつて憤り  途のない憤り  自分の憤り  しかも忘れ難い憤り  跛はプンプン憤り  彼は、酷い憤り  態度に憤り  のか、憤り  それを眺めて、怖しく憤り  口吻に、憤り  訳の分らない憤り  私は憤り  耳を貸さず、むっとした憤り  それを憤り  状を憤り  心に、或る憤り  のは、憤り  彼女の憤り  あと、一層憤り  ことは、いまだに憤り  二人に対して憤り  さと憤り  ことの憤り  里虹に対する憤り  歓びも憤り  ような憤り  恨みと憤り  執着や、憤り  自分は、烈しい憤り  歴史の憤り  権力に対して、憤り  私を怨み憤り  屈辱と憤り  悲しみも、憤り  人を憤り  さわり、憤り  一同の御憤り  ことはないほどの激しい憤り  われの憤り  正当な憤り  様のない憤り  涙を垂れさせる、尊き憤り  彼方から、憤り  天子様はお憤り  和香女等病的神経、憎み憤り  一緒に憤り  自然を憤り  そこまで行っていないので、ただ無暗に口惜しい口惜しいで伏しつ転びつ憤り  助は憤り  ふしぎな憤り  伸子は、深い憤り  これに対しては、憤り  うるささと、軽い憤り  憎悪と憤り  ことに対して、少し憤り  馬鹿にするなと云って憤り  怒りもする、憤り  怒りや憤り  胸に、あんな憤り  私は少しばかりの憤り  日日に醒めゆく憤り  日日にさめゆく憤り  渠はこの憤り  彼のはげしい憤り  ひそかな憤り  自分を見せつけられる憤り  青木は思ったが、その憤り  涼しい眸に、憤り  一度も憤り  さるを憤り  人達に対して憤り  驚き、憤り  歎き、憤り  悲しみとも憤り  私は或る憤り  ようなはげしい憤り  真赤になって憤り  肩をあげては憤り  血管が裂けるほどに憤り  わけの分らぬ大きな深い憤り  それについての憤り  目的通りにやると、も一層激しい憤り  有せず、憤り  ことに対する深い憤り  行動に憤り  ものが憤り  浅見とに、憤り  小癪にさわる憤り  ほかに憤り  衷心の憤り  さのみ憤り  人間喪失の憤り  連理の枝に憤り  所として憤り  軽少ながら憤り  浅吉は、わくわくとして、ひとり憤り  関東へのお憤り  事ごと、お憤り  吉田定房にたいする憤り  横暴を憤り  人間のはげしい憤り  生意気さに対する憤り  最初は、ある憤り  屈服に対する憤り  最前の憤り  身をふるわして憤り  われを忘れて憤り  お腹立を和らげ、そのお憤り  一つでございます、憤り  行為に対する憤り  事への憤り  心にもこの憤り  のではないかと突然の憤り  変へて憤り  耶蘇教信者が憤り  對して憤り  真の憤り  最大な憤り  涙と苛立った憤り  保子は憤り  誰にともない暗い憤り  不安と憤り  それを抑えれば抑えるほど、呪わしい憤り  それはそも、たれをさしての、お憤り  葵は憤り  なにものよりも憎み、嫌い、憤り  顔色はもう恐ろしい憤り  言に憤り  理由があり、また憤り  心に憤り  怨みも憤り  心では憤り  悲しみとも、憤り  失望と憤り  公けの憤り  ような悲しい憤り  名状し難い憤り  胸がいっぱいになり、憤り  ために、憤り  彼ら二人で、同じ憤り  クリストフは憤り  若者らしい憤り  顔をして容態ぶり、憤り  色を変え、憤り  憂いと憤り  がたに憤り  不埒でも働かれたかのごとく憤り  イトマンが憤り  絶望し、憤り  ことについて深い憤り  褐色の憤り  餓えと憤り  緩慢なるとに憤り  ことに、憤り  内心の憤り  冷やかな憤り  むざんに踏みにじられたという憤り  人が、憤り  一つの憤り  かくも深く憤り  銀様は、この深い憤り  銀様は憤り  征服しなければならないという憤り  攻撃的な憤り  クリストフは飛び上がって、憤り  ことを考えると、憤り  燃え立った憤り  彼は、憤り  者に対して憤り  孝之進の憤り  浩に対しての憤り  盲目な憤り  裏切りに対する憤り  誤解を憤り  あなた自身でも、憤り  扱いに憤り  自然の憤り  素子は憤り  神尾は憤り  湯気をたてて憤り  とき、激しい憤り  暗黙の憤り  嘆き、憤り  ために憤り  アア王は大層憤り  此に憤り  我を取失うほどになり、憤り  文学的インテリゲンチアをゆすぶって、憤り  冷遇を憤り  仲間たちの憤り  人の憤り  驚きと憤り  對する憤り  野猪の勝とならなんだので憤り  急に憤り  気が短いので、すぐ憤り  人でも、この憤り  明らかに憤り  後悔もし、憤り  不満や憤り  両親の憤り  苛ら立った憤り  恋敵に対しても、激しい憤り  俊寛の憤り  嫂に対する憤り  蛇に憤り  母上の憤り  本能の憤り  術もなく、憤り  侮蔑と憤り  心は、まもなく、はげしい憤り  ために、益々せつない憤り  冒涜された憤り  筆者が最も憤り  うちにも烈しい憤り  具体性はつよく深く憤り  慈父の憤り  母は憤り  ところに向って憤り  あいう憤り  話を聞いて、憤り  等分に憤り  胸を衝く憤り  何を憤り  武男は、憤り  武男が憤り  子を憤り  松木に対する憤り  心を、一層の憤り  怨みと憤り  生田は痛く憤り  筆端が深い憤り  場合には、一応憤り  らるべき憤り  俺は憤り  時は、憤り  嘆きと憤り  一度の憤り  言へば或は憤り  疑問と憤り  知識人としての憤り  さ、憤り  さと、押しあげて来る憤り  丸山作楽が、憤り  色も憤り  笑い、憤り  父の憤り  永久の憤り  上に憤り  心の痛み、憤り  代官婆の憤り  父へ向って軽い憤り  ように憤り  社会を憤り  恥と憤り  燃え上ってくる憤り  忘却したほどの憤り  気に似た憤り  處置を憤り  軽蔑と憤り  ます怒り、憤り  ように洩れて出るその憤り  のを知って、深く憤り  気質からその憤り  平素の憤り  多分に憤り  崇き憤り  中にとじ籠って、そして烈しい憤り  レヴコーも最早このうへ憤り  それが大きな憤り  世の中に対する、大きな憤り  胸にあふれて、激しい憤り  四年間も持ち続けた憤り  家に来て、また憤り  悲しみや憤り  恋に対する、憤り  まことに憤り  新子は、憤り  人間に対する憤り  破壊への憤り  杉に対する憤り  拳は、憤り  血は、何ともいえぬ憤り  オセロの憤り  愚弄されたと思った憤り  酋長の憤り  計画を知って憤り  悲しみでも憤り  さよりも、憤り  一時に憤り  のか、また一気に憤り  フランクは憤り  道心をふみにじられた憤り  何か憤り  母の迸る憤り  道鏡に憤り  モウ堪え切れない憤り  私は深い憤り  暴虐に対して、憤り  可からざるを憤り  人道主義的な憤り  富農の暗い憤り  屈辱に憤り  ような、憤り  腐敗を憤り  声は低かったが、めずらしく憤り  侮辱と憤り  処女としての烈しい憤り  ことなど憤り  果は憤り  苦しみも憤り  姿であるか、と憤り  下からつきあげてくる憤り  高貴な憤り  いつになく憤り  衰微を憤り  声は、憤り  筈がない、憤り  駭き、この憤り  場合もあろうと、或る憤り  底には、消せない憤り  くちづけしていひけるは、憤り  ものによりて報いられざるを憤り  アポロンに辱められしを憤り  ざるを憤り  心の憤り  最後迄憤り  さと、憤り  周さんには、憤り  外國人の憤り  何かと言えば恨み憤り  彼に漠然とした憤り  民族の憤り  我は正しき憤り  江戸まえの憤り  紊すだけだと、暗に憤り  程があるという憤り  氏子ら大いに憤り  甚しく憤り  不平や憤り  弾劾演説、あるいは憤り  有様への憤り  多くの憤り  私は、或る憤り  私はどんな憤り  憩いと、憤り  用はない、と憤り  陽気な憤り  非常に憤り  誰を憤り  これまでに覚えのない程、憤り  健康な憤り  軽率を憤り  他日両親の憤り  それよりも心苦しく、仮い一旦の憤り  彼はかう憤り  瞬間には、激しい、おそらくは憤り  非常な憤り  心配を憤り  神の憤り  口に出せば、たちまち憤り  女の憤り  声が憤り  不明に対する憤り  わたしが激しい憤り  若者の憤り  ことを考えるとまた新しい憤り  父上の憤り  御身に向けられる憤り  愚に憤り  王様がお憤り  百姓たちの抑えていた憤り  たしかに悲しかったが、やがて激しい憤り  たしかに悲しかつたが、やがて激しい憤り  烈火の如く憤り  非常なる憤り  額を押え、憤り  身体の震える憤り  無念の憤り  苛だたしい憤り  今日の憤り  不幸への憤り  自分が憤り  



前後の言葉をピックアップ
いきどおっ  憤っ  いきどおら  憤ら  いきどおり  憤る  憤れ  いきどおろ  憤ろ  域内


動詞をランダムでピックアップ
持ち運ぶ逸らせる抓らつっぱなせ整えれなげい取廻し盛っ巻き殖やせよ受けとら切らせ降り積っ膨らみにじも湿さ答えろ磨りいこえ据わら
形容詞をランダムでピックアップ
うたがわしかっ親しくっ気まずう狡いいやらしきめでたいふてぶてしい潔し凄き麗し気だるからしあくどいほどよい腹ぎたない深くさびしくひやっこいなるいしがなき