「憤」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 憤[動詞]
お嬢様がお憤  赤であるからではない、憤  僕は憤  やうに憤  親王は憤  專恣を憤  一種名状しがたき憤  もので、わざと憤  張つて、まるで憤  から、やはり憤  吉は、憤  思つた通り彼は、憤  ことで憤  話が出ると憤  太郎は憤  彼等一同の憤  是れ憤  太一郎は、憤  道を歩くにも憤  大は憤  人と遠ざかり、憤  次郎は憤  前に憤  互ひに憤  彼は憤  煩に堪へぬので、憤  小父さん、憤  壮語を吐いて憤  館に帰っても、憤  医えぬ憤  ことをきかぬと憤  人々の憤  虚無的な憤  一たいそれは憤  狡猾とは言われないまでも、取るにも足らない憤  一語は、絶えず憤  時にも、憤  ぢめたんだけれど、だけど憤  嘲笑が殊更に痛く、憤  言葉つきも全く憤  彼は、別段憤  ちらして、なお憤  顏して憤  森野さん、憤  戰陣ニ孚マレ獨立ノ憤  うつたつて憤  憤然と憤  火の如き憤  大男で、いつも憤  子々孫々までも、憤  口唇突らせ、憤  云ふべきであらうが、一体この憤  大尉の憤  父からの手紙を、チラリと見ると、まるで憤  やうに大きく憤  あたしがさう気づくと同時に、憤  ような憤  限りなき憤  私の憤  私は憤  私は実に憤  きり、憤  怨みとも憤  刻薄を憤  雪子は憤  藤吉は憤  小園は憤  滿、憤  弟は、憤  繁代は憤  人生に向ってその幽憤  笑つたり、憤  嘲笑を憤  慷慨憂憤  あれほど憤  赫と憤  頼りない憤  彼方が見せなかつたからとて憤  さを憤  いたずらに悲しんだり、恐れたり、憤  僅にその幽憤  無礼を憤  唱は憤  折角人がはなしかけても憤  明らさまに憤  此方は憤  窟に投じ憂憤  不徳を憤  かんかんに憤  五は憤  否や、大いに憤  本能的に憤  迂闊さへの、自憤  云つて一人でぶつぶつ憤  云ふものの、深い憤  のを憤  恥と憤  何かしら憂憤  左程に憤  私は別段反らせもせず一層憤  笑つたり憤  あなたが憤  笑つても憤  かなりの憤  不面目を得て憤  上、憤  一段の憤  天才は、憤  ように思えて、憂憤  彼に対して憤  挙動を憤  やうに、憤  雪が憤  語尾は抑え切れない憤  兄の憤  先方も憤  來た、憤  彼等が憤  田丸浩平は憤  労働組合が、憤  非常に憤  船長も憤  私は、憤  悲んだり憤  ことなしに、憤  時に憤  燃ゆる憤  色かへて憤  一腔の憤  燃ゆるがごとき憤  一肚皮の憤  不身持を憤  彼は、憤  気がして憤  ッとばかりに憤  態だとかと憤  彼が憤  壞だと憤  一人は憤  底に積み重ねていた憤  鋸屋に憤  何か憤  二人は憤  語呂であるのでせうが、いつも憤  ンぶくれで、憤  くりんに対して憤  斃れんのみとて憤  貪慾を憤  わけでもなく、酷く憤  非難に憤  細君が、憤  人間に、憤  途端に憤  武蔵はすこし憤  形容するならば憤  けが解らなかつたので憤  咳払ひを挙げ、憤  言足しをして、憤  文三が憤  本田さんは憤  下女にして仕まって憤  余は憤  つてしまふと、憤  理窟こねて、憤  行為を憤  時なほも憤  高貴な憤りを憤  百姓は憤  むしやらに憤  酔眼を憤  のは憂憤  ブランケンドルが憤  嫉妬と憤  林が憤  忠義憂憤  子は憤  絶望と憤  時事に憤  現状を見て、頗る憤  心に憤  情、憤  事、大いなる憤  大に憤  山村が、憤  事更に憤  いるか、情けなく憤  独占を憤  真言と、憤  それを憤  目が、憤  悲心に憤  軍兵衛は憤  どころなき憤  これを憤  笑いとひそめられた憤  南君かだつたら憤  殆一肚皮の憤  心、豈憤  自分は憤  



前後の言葉をピックアップ
行き届き  行届き  行き届く  行き届こ  生土  いきどおっ  憤っ  いきどおら  憤ら  いきどおり


動詞をランダムでピックアップ
あたたまったたねぶりはつらこごりみやおもいつか閊え笑み喋ら弱まる掘れる私せこめ下りろもち押さえつけるふきかえし磨か受けとめよ
形容詞をランダムでピックアップ
危うけれ心許なくじじむさいたましかっ憎憎し無くあぶなき下らない美味から物ぐるわしく狡いこのまし物すごい近しい長たらしかっまたとなきねちっこいものみだかく強くっ悪賢く