「憎む」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 憎む[動詞]
人間を憎む  叔母さんを憎む  気も起らず、また憎む  英雄を憎む  ものを憎む  勝利者たちを憎む  お前を憎む  性慾を憎む  親しみ恐れはばかりあるいは憎む  凜然として憎む  一刻も早く、この憎む  馬鹿さで、憎む  何んという憎む  厭ひ、憎む  甚内を憎む  事も、憎む  虚偽を憎む  體を憎む  理由から憎む  傲慢ほど憎む  仇をなす憎む  それは、あの憎む  ように憎む  態度を憎む  引を憎む  呪い、激しく憎む  孤独ほど憎む  童と憎む  のであって、憎む  犠牲となり、憎む  勇士を、憎む  人を憎む  徹底的に憎む  封建的道徳の憎む  私に恰も憎む  敵を憎む  以上に憎む  緑雨を憎む  手から奪って、かの憎む  ような、憎む  ヘロデを憎む  吾死屍を憎む  男は、世にも憎む  毒牙にかけた憎む  のか憎む  のですが、然し憎む  嘘を憎む  真実をも憎む  首を憎む  男と考えていたが、決して、ムキになって憎む  書肆を恐れ憎む  軍部が憎む  本能的に憎む  村山氏を、憎む  敵として憎む  横行闊歩を憎む  夢の中で己を虐げる憎む  夫を奪おうとした憎む  女を憎む  誰だって女を憎む  所業を憎む  闍利さまを憎む  何となく童子を憎む  窮地に陥入れようとしてゐる憎む  僕にはもう憎む  自分が最も憎む  さを、憎む  男を憎む  ことを憎む  僕ばかり憎む  丞を憎む  事実を憎む  のだが、憎む  もとより、憎む  一任すると憎む  仏探憎む  社會を憎む  外道を憎む  天下の憎む  慶喜を憎む  汝等を憎む  僕を憎む  性根を憎む  目からこれを見れば、憎む  彼を憎む  値いするし、憎む  これは憎む  敢へて憎む  さを憎む  十分君を憎む  心を憎む  三人組を特に憎む  今自分も、あんな憎む  自分の憎む  急進的学生は、憎む  賢才を衒う憎む  つては多々憎む  孔明を憎む  俺を憎む  余の憎む  装ひ、かくてかの憎む  諸君は、かの憎む  諸君はかの憎む  彼こそ憎む  諸君よ、かの憎む  懲膺せよ憎む  たわいもなくかの憎む  夜明けを期して、かの憎む  日、かの憎む  自殺を装い、かくてかの憎む  膺懲せよ、憎む  みんなが憎む  文化の憎む  伝道者として、憎む  もう一度その憎む  法力を憎む  長さんを憎む、憎む、憎む  明日はもっと憎む  自然を畏れこそすれ、憎む  何うか、実に憎む  奴で憎む  彼が憎めば憎む  宮子が憎む  裏切りを憎む  小僧め、憎む  軟弱才子を憎む  野望を憎む  ひつぱたかれて腹を立てたが、憎む  私はどうしても憎む  罪過を憎む  つて人を憎む  神なるが故に憎む  葉子の憎む  目は憎む  下男下女たちの憎む  ゲエル自身を憎む  冷酷として、むしろ憎む  しかも憎む  辣腕を憎む  厭ふ可く、憎む  君を憎む  惡を憎む  不正を憎む  ことの出来ませぬ、最も憎む  私を欺いた憎む  俺の憎む  者を、憎む  者を憎む  爲に憎む  おしゃべりを憎む  外国人を憎む  極端に憎む  少年の憎む  悪を憎む  共産党を憎む  何ものをも憎む  泥棒行為を憎む  それ等の憎む  彼女を憎む  暴威に従わせようとする憎む  杉山さんを憎む  マジエル様、どうか憎む  マヂエル様、どうか憎む  風を憎む  われ汝を憎む  偏執ありて憎む  祖国をねらう憎む  相手を憎む  美青年が憎む  心を弄んだ憎む  親は憎む  道子を憎む  剛情我慢を憎む  ことは心得ておりまする、憎む  誰かれを憎む  浜は憎む  助を憎む  末造を憎む  三成を憎む  数字を憎む  無邪気さには、又、憎む  巨盗のあらゆる憎む  彼の愛し且つ憎む  醜業婦を憎む  執拗に憎む  からじゃ、憎む  わけでありまして、憎む  その間ずっとかの憎む  それが分れば、憎む  のは、憎む  能登守を憎む  乱行を憎む  乱暴を憎む  武を憎む  兵を憎む  二人は、その哀れむべき、憎む  不貞の女の憎み、憎む  つもりでやったとすれば憎む  一は尤も憎む  これを憎む  小野田さんを憎む  広告塔を憎む  平凡を最も憎む  叛かれても憎む  恨みに死んだ、かの憎む  小悪党め、憎む  愛すべき人か、憎む  角さんは、憎む  迚ても憎む  何か憎む  半畳屋を憎む  それは憎む  これは、憎む  父道三を憎む  冷酷な、憎む  久子一家を憎む  私ら一家を憎む  ほんとうに人を憎む  から、また本当に憎む  目的がわかって、憎む  幕府が憎む  時節でないし、憎む  さのみ憎む  体を憎む  人自体を憎む  情慾を憎む  唇を憎む  時代精神を憎む  村だけは降らずにすぎて行くともいって、憎む  酒を憎む  彼らは、憎む  バルザックは、その憎む  省作を憎む  のは憎む  おとよを憎む  ヤボを憎む  子を憎む  それを憎む  きりと憎む  しかし、憎む  私が、憎む  日本を売ろうという憎む  天人ともに憎む  敵としては憎む  敵と、憎む  彼等は、憎む  自分は憎むべくして憎む  強情を憎む  尊氏を憎む  俊を憎む  私ばかりではないぞ、怒るな憎む  者と、憎む  ものであるや、憎む  師直を憎む  自分を憎む  健吉くんを憎む  あなたを憎む  マドロスを憎む  キヌ子を憎む  神様を憎む  妻を憎む  行が、憎む  敵と思って憎む  姿も、憎む  芳正君も憎む  非難し、憎む  私の憎む  彼等を憎む  鶏を憎む  カミキリ虫とを憎む  己の憎む  毛沼博士の憎む  それまでだが、この憎む  水戸を憎む  君が憎む  圧制を憎む  百姓を憎む  のだけれど、どうも憎む  彼が狙いそこねるか、或いは憎む  理想主義を憎む  愛することも、憎む  筆蹟を憎む  人で、憎む  豊を憎む  人ではありません、憎む  男も、それほど憎む  しろ、憎む  世人は憎む  心中者が来ましてね、憎む  男児で、憎む  何をしようとも、憎む  者をも憎む  者とは、必ず憎む  なだらかさなどで憎む  だれも憎む  ことも、憎む  両方ながら憎む  ことを思い出しても、憎む  私を憎む  非常に憎む  憎悪を憎む  僕には憎む  ことも憎む  虚無主義を憎む  それさえも憎む  都会の憎む  同情するより憎む  性質といい憎む  製造すべく、かの憎む  美緒を憎む  常習万引婦人を憎む  場合、愛するが故に憎む、憎む  姿を憎む  富者を憎む  財産の憎む  すべて自分の憎む  二人を憎む  己を憎む  はかの憎む  犯罪は憎む  其れを憎む  怪牛だと思えば、憎む  男は憎む  文章、憎む  男なんか、憎む  専務が憎む  上役を憎む  発展は、寧ろ憎む  エゴイズムを憎む  先験的に憎む  はえを憎む  目も当てられないが、憎む  資本家を憎む  母親を憎む  皮肉を憎む  私は一概に憎む  彼等が、憎む  露国を憎む  気分に憎む  此れにつけても憎む  金と金持ちとを憎む  アルセーヌ・ルパンを憎む  事を、心から憎む  汝を憎む  僕は憎む  つて僕は憎む  君達は憎む  子が醜ければとて、憎む  高平太は憎む  草川巡査を憎む  如何に憎む  自分を欺く憎む  所有物を奪った憎む  ところを憎む  大衆がいつの間にかあの憎む  僕が憎む  酒は憎む  とたんに、憎む  大人を憎む  赤松らの憎む  あなた方を憎む  捕虜にしようとした憎む  娘を憎む  革新を憎む  一途に憎む  恨みをはらさうといふこの憎む  木村重吉に憎む  卓一を憎む  それ自体が、すでに憎む  自殺を賭けてすら、憎む  毒を憎む  俗に憎む  番頭を憎む  悪徳を憎む  敵意を憎む  太陽を憎む  最後の夜に、恐ろしい憎む  和歌子を憎む  光を憎む  おまえは憎む  悪党を憎む  ウラに含まれている恐るべく、憎む  人は憎む  藻西太郎を憎む  覇道を憎む  利休を憎む  誰を憎む  林右衛門を憎む  修理を憎む  不義不正を憎む  仇敵を憎む  底から憎む  横着は憎む  罪の憎む  蛇を憎む  暴挙は憎む  所であろう、憎む  合理を憎む  金銭取引の憎む  いろいろな憎む  非人道にして憎む  党を憎む  軽蔑し憎む  薄情を憎む  人は、憎む  存在を憎む  例の憎む  君江さんはそんなに憎む  罪を憎む  なにも憎む  さに思いいたれば、憎む  運命を憎む  吹奏者を憎む  人々は憎む  下界人の、憎む  それは恐ろしいというより、むしろ憎む  一度でもこのくらい憎む  私が憎む  綾衣を憎む  友達を憎む  悪鬼のように憎む  所説から引離して見るならば、世にも憎む  これを忌み憎む  大男を憎む  われを憎む  小児が、その嫌いじゃったでの、憎む  ますます公然と憎む  ことに憎む  腐敗を憎む  五年生を憎む  専横を憎む  秀子を憎む  人殺しなど云う憎む  様な忌む可く憎む  愛することも憎む  ますますこれを憎む  ますます継子を憎む  欺瞞を憎む  蠅を憎む  怒り悲しんで憎む  同志小林を殺した憎む  ものの憎む  裏切者であるというより更に憎む  他を憎む  無礼千万の、あの憎む  から、憎む  イベットを憎む  俺に対して、憎む  風流を憎む  暴をのみ憎む  成る實に憎む  力をかりて、憎む  単純に憎む  顔出しを憎む  とつて、憎む  熊を憎む  罪は憎む  戦争は呪うべし、憎む  表現は憎む  ことを知っていたし、とても憎む  何かを始めるとすれば、憎む  災を与えた憎む  ようにさえ憎む  あながち彼女を憎む  みなこれを憎む  從つて神を憎む  神を憎む  狂えるは憎む  心狂えるは憎む  オレを憎む  輪廓を知ったので、憎む  傭主を憎む  子供を憎む  法師を憎む  夫の憎む  カタキを憎む  風車を憎む  シンから憎む  信徒を憎む  だんだん鹿を憎む  思つて君を憎む  神は憎む  ことは、かの憎む  アメリカが憎むべきか、憎む  感傷を憎む  彼は愛し、かつ憎む  ことと憎む  真似をして、憎む  わしの最も憎む  死よりももつとひどく憎む  若者を憎む  仕返しとして、憎む  口にふくむと憎む  彼らを憎む  一般に憎む  極度に恐れ憎む  女軽業を憎む  感情を憎む  父ではありませんが、憎む  検事を憎む  絶望し憎む  狼を憎む  婆さん鶏を憎む  徹底すれば、少くも憎む  いね、憎む  直木三十五が最も憎む  その男を憎む  己等兄妹を傷つけた憎む  仇を憎む  犯人は、かの憎む  死を憎む  私が愛しかつ憎む  私は、憎む  業ではあるけれども、愛するより憎む  ものほど、強く憎む  ところに憎む  日は、憎む  時北条方にとって憎む  鬼、などと憎む  それはそんなに憎む  種の憎む  魔物は、最も憎む  吸血鬼、などと憎む  オナラを憎む  亭主を憎む  昨日を憎む  のは、この憎む  のもあの憎む  ときには恰も憎む  生涯中最も憎む  卿等にして若し憎む  捏造する憎む  春にも、憎む  職とする憎む  新聞記者を憎む  心底から憎む  少年の寧ろ憎む  僞物を憎む  



前後の言葉をピックアップ
にくまれる  肉まん  にくみ  憎み  にくむ  にくめ  憎め  憎める  にくめる  憎も


動詞をランダムでピックアップ
遮れたちいれとびこまついやす驕れみいらとだえる漂いきよめる寝そべれかざす畳み込まいぶり起あがっならしゃつきまとう弱っ笑われよ取り替え戴い
形容詞をランダムでピックアップ
堪えがた似あわしいねばりづよいまるっこいつめたく古くさいつまんなおもおもしくおっかなかっ情なく赤くあつうこわかろすっぱくことごとしくうう腹ぎたないこのましい覚束無い拙う