「慰める」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 慰める[動詞]
ひそかに慰める  玉琴泣き入るを、おしおは慰める  思いを慰める  者を慰める  自分を慰める  われわれを慰める  私を慰める  私一人を慰める  父君を慰める  奥さんでは慰める  心を慰める  従妹と語り、慰める  霊を慰める  心も慰める  僅かに慰める  リイケを慰める  我々が問い慰める  壁を慰める  花をして、慰める  風に慰める  私はこう言って慰める  彼女を慰める  ヴィール夫人を慰める  おれを慰める  婦人警官が慰める  春子さんを慰める  少女を慰める  相手を慰める  王様を慰める  ちらしたりして、わずかに慰める  滞在を慰める  先生を慰める  さを慰める  子供を慰める  恵子を慰める  顔に向って慰める  三先生を慰める  さと慰める  慰めようにも慰める  哀れを催して、しまいにはこう慰める  曹操を慰める  彼を慰める  寂寥を慰める  旅行者を慰める  神を慰める  神慮を慰める  魏続が慰める  なぞと慰める  何か慰める  それを慰める  自分で慰める  奴隷を慰める  政江を慰める  自尊心を慰める  旅情を慰める  自らを慰める  飢が凌げると慰める  労を慰める  病床を慰める  優しい言葉で宥め慰める  三千代を慰める  思いを、慰める  甥を慰める  姉を慰める  魂を慰める  私を最もよく慰める  吉雄を慰める  聲が慰める  劬り慰める  あべこべに慰める  はらからを慰める  周子は慰める  母を慰める  みずから少々慰める  娘を慰める  耳を慰める  病間を慰める  自分自身を慰める  さんを慰める  老後を慰める  偶然やつて来て慰める  透を慰める  手をかけて、こう優しく慰める  却って人目を慰める  心を、どんなに慰める  助を慰める  眼を慰める  傍からはとても慰める  麗人を慰める  われわれが問い慰める  手もありますよと慰める  私は慰める  事はいろいろあるし、どうすれば慰める  梓さんを慰める  佐伯氏を慰める  老人を慰める  貧乏人を慰める  万霊を慰める  石子を慰める  渡辺刑事を慰める  あたしを慰める  霊魂を慰める  方を慰める  少年を慰める  郷愁を慰める  心ひそかに慰める  疲れを慰める  体をかがめながら、慰める  遊魂を慰める  背中を撫でてやらんばかりにして慰める  僅なりとも慰める  七は慰める  駒井は慰める  文字春は慰める  主人を慰める  男が慰める  其怨霊を慰める  佐平爺の慰める  それで慰める  それより、もう慰める  ものを慰める  困惑ぶりを慰める  病を慰める  言葉巧みに慰める  地神を慰める  咲二を慰める  病詩人を慰める  源氏が慰める  御息所を慰める  ことであろうし、つれづれを慰める  愛撫を試みて慰める  豊後介は慰める  心だけを慰める  無聊を慰める  思いになり、慰める  悲しみを慰める  同情はしていても、何とも慰める  ことだけで慰める  悲しみも慰める  ことにせよつれづれを慰める  君を慰める  苦を慰める  熱心に語り慰める  ことで慰める  徒然を慰める  人を慰める  不器用に慰める  駄々を慰める  心を和らげ慰める  友を慰める  和尚はわずかに慰める  母さんを慰める  私などを慰める  うちにも慰める  ものではないと慰める  鬱憤を慰める  不運を慰める  彼は慰める  玉藻は慰める  言葉で慰める  磯五を慰める  性的に慰める  弥左衛門を慰める  半ばお父さんを慰める  夫を慰める  操君を慰める  足下を慰める  私自身を慰める  口調で慰める  言葉もなく、慰める  従兄を慰める  皆が寄って慰める  無意を慰める  エリザベートを慰める  弟は、こう慰める  言つて私を慰める  弟は慰める  人は慰める  あさ子を慰める  保母を慰める  ロス氏はこう慰める  笑顔で慰める  東西相会して互いに慰める  調子で、かえって慰める  予備役ならば慰める  心をすこしでも慰める  お河童さんを慰める  方法で慰める  われらを慰める  わたしたちを慰める  悲歎を慰める  夫君を慰める  店員を同じに慰める  孤居を慰める  のではないかと思われて、慰める  ところへ行って慰める  生涯を慰める  いくらかは慰める  窕子を慰める  窕子は慰める  運命を慰める  髪を慰める  はいって、慰める  真実に慰める  どっちかというと慰める  死者を慰める  老父を慰める  岩田君を慰める  あとについて、慰める  老境の慰める  次郎を慰める  僕自身から進んで慰める  余を慰める  自己を慰める  他人を慰める  涼風肌を慰める  一人として春宵のつれづれを慰める  心をとり直しながら、力強く、慰める  顔を見ると、慰める  女の憂鬱を慰める  長田が、慰める  こころを慰める  言葉も慰める  僕は慰める  僕はふたたび慰める  父を慰める  遠山も慰める  兄を慰める  継母を慰める  顔から病人を慰める  のを慰める  坂野を慰める  気の毒にも思ったが、今更なんと言って慰める  横合から頻りに慰める  横合から頻に慰める  やうに、また慰める  良人を慰める  一言船客を慰める  親切に慰める  孤独を慰める  永田を慰める  親方は慰める  ほかに慰める  私を軽く慰める  人間を慰める  良心を慰める  あなたを慰める  ふたことみこと威厳のある、しかしやさしく慰める  かなしみは慰める  反対に慰める  これを慰める  心靈を慰める  私がかう慰める  夫人を慰める  彼がこう優しく慰める  悲哀を慰める  まんま小声で慰める  妻はまた慰める  お母さんが慰める  かなしみから脱却させ、諦めさせ、慰める  旅愁を慰める  みんなが慰める  伊代を慰める  精霊を慰める  樣などが歩いて、慰める  自分に幾らか慰める  客は慰める  老人は慰める  



前後の言葉をピックアップ
慰めよ  慰めん  慰め顔  なぐさめよ  なぐさめる  なぐさめん  慰も  なぐさも  慰ん  なぐさん


動詞をランダムでピックアップ
高まる語りあおつづまるひっ返すかけあわ芽ぶいみのがし揚げろ張り裂ける戦ひじゃらしほそりよれ迎え入れよみいり朝する思い起こさ配すれ被さりかき消そ
形容詞をランダムでピックアップ
いまいましきむつかしから胡散くわしき残り惜しいだだっ広い古臭い可笑しからあやしく太く近し悪しかれわるがしこ美しけれ女らしき数少ないほそし堪難き縁遠くづらい