「感ず」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 感ず[動詞]
老衰を感ず  曰く哀樂は感ず  曰く哀楽は感ず  曰く人生意氣に感ず  困難を感ず  たるを感ず  ことを感ず  所あるが如く感ず  悲哀を感ず  美とを感ず  アンニュイを感ず  人生意気に感ず  責任を感ず  天下の人皆病毒に感ず  窮屈を感ず  啓示を感ず  これも亦感ず  寂滅爲樂とも感ず  ことの深きに感ず  さを感ず  姑息に感ず  ずる事いよいよかたきを感ず  羞恥を感ず  利便を感ず  利害を感ず  のは実に感ず  豪傑をうらやましいと感ず  かわいそうと感ず  至つて滿足を感ず  何かを感ず  われを呼ぶを感ず  わしの感ず  人間の感ず  のは感ず  危険を感ず  興趣を感ず  人間として感ず  点、感ず  点や感ず  寄食するが如く感ず  自ら厄介者の如く感ず  何にも感ず  説を感ず  心掛け大に感ず  悪寒を感ず  悲愁を感ず  場合に感ず  困難とを感ず  光を感ず  埃のにほひを感ず  ひねもす墓石にいたみ感ず  勇に感ず  秋涼を感ず  何を感ず  俟たなければ、感ず  そこに見るべく、聞くべく、感ず  空腹を感ず  良心の呵責を感ず  愉快を感ず  頭字なりと感ず  足に感ず  使命を有するを感ず  不安を感ず  哀愁を感ず  光栄を感ず  特に涼しく感ず  



前後の言葉をピックアップ
巻子本  関する  冠する  観す  かんず  観ずる  かんする  感ずる  観ずれ  感ずれ


動詞をランダムでピックアップ
こぼれる捜し出すまとめ模しいきますすま賑わう取り纏めついてまわり目ざす見合わせろたちまじり突き合わしあげよ妬ける刈取っうたおにこま探し求めよ行きゃ
形容詞をランダムでピックアップ
得難しともかろ目ざましかっ青じろく目新し忝なう明けれかぼそくおもくるしい嬉しから思いがけな乏しく麗々しく思わしからおびただしけれ憎らしくっくちう新しゅう美しかっ