「悦ぶ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 悦ぶ[動詞]
私達は悦ぶ  女房は悦ぶ  申聞けましょう、嘸悦ぶ  娘に申し聞けましたら、嘸悦ぶ  お前は嘸悦ぶ  容易に悦ぶ  の機を得たるを悦ぶ  透見るを悦ぶ  ものは深く悦ぶ  料理して食わせたら、どんなに悦ぶ  母はさぞ悦ぶ  来訪を悦ぶ  絹さんもどれほど悦ぶ  どれほど悦ぶ  群を成して行かず、ひとり行くを悦ぶ  しんから悦ぶ  ものを悦ぶ  知己を得たと悦ぶ  清貧を悦ぶ  愛盡を悦ぶ  内を悦ぶ  米を悦ぶ  改進を悦ぶ  のを悦ぶ  わが輩の悦ぶ  これを得て悦ぶ  これを悦ぶ  孫の生まるるは悦ぶ  自由法を悦ぶ  人の憂うるを見て悦ぶ  爺つあんはあ、なんぼか悦ぶ  孤独も悦ぶ  それを共に悦ぶ  のを見て悦ぶ  行動を悦ぶ  美代ちゃんに然う云ったらどんなに悦ぶ  兄さんが聞いたら嘸悦ぶ  小遣を貰うを悦ぶ  甘えって悦ぶ  ことを悦ぶ  我耳に新しく、恐るべきを恐れず、悦ぶ  大騒ぎをして悦ぶ  奴は悦ぶ  詩人が悦ぶ  限りなく悦ぶ  水面に浮き跳ねて悦ぶ  真心で悦ぶ  作品を悦ぶ  ように悦ぶ  のは、たいへん悦ぶ  嫁入りを悦ぶ  主人の悦ぶ  状態も決して悦ぶ  学流を悦ぶ  子供たちが悦ぶ  民衆が悦ぶ  美を悦ぶ  独逸人が悦ぶ  響を悦ぶ  念を深めかつ悦ぶ  気なく、笑わざるも悦ぶ  事を聞いたら嘸悦ぶ  心窃かに悦ぶ  大原の悦ぶ  人がどんなに悦ぶ  品物を見せしめて悦ぶ  登和嬢の悦ぶ  方がどんなに悦ぶ  雉でも新しいほど悦ぶ  非常に悦ぶ  考えを悦ぶ  のだと言えばほんとに悦ぶ  与八を見て悦ぶ  それを悦ぶ  それが悦ぶ  ところで、少しも悦ぶ  それを見つけて悦ぶ  それを少しも悦ぶ  風景として悦ぶ  真実を悦ぶ  奴等の悦ぶ  登山を悦ぶ  読者が悦ぶ  一同大いに悦ぶ  蛇を得て悦ぶ  子供の悦ぶ  来客を悦ぶ  久良は共々に悦ぶ  返事をしてやっても、悦ぶ  目を細くして悦ぶ  親父はさぞ悦ぶ  皆も嘸悦ぶ  生長を悦ぶ  豊漁を悦ぶ  合奏が、悦ぶ  傍に在って悦ぶ  水を悦ぶ  人を悦ぶ  変種を作って悦ぶ  食物を供えて悦ぶ  それをきいて、悦ぶ  樂しみ、悦ぶ  ことに悦ぶ  今完全を悦ぶ  佳、悦ぶ  人々皆勇み立ち悦ぶ  京さんはひょっとしたら悦ぶ  火傷をさせて悦ぶ  子供たちの悦ぶ  彼等の悦ぶ  子供等の悦ぶ  乍ら結局それを悦ぶ  娘の悦ぶ  神を悦ぶ  汝を悦ぶ  他者を悦ぶ  映画班も悦ぶ  苦しみを悦ぶ  再会を悦ぶ  成長を悦ぶ  家内が悦ぶ  本願を悦ぶ  汝等を見るを悦ぶ  懷くを悦ぶ  手をあげて悦ぶ  順風を悦ぶ  科學を悦ぶ  宗教を悦ぶ  つては悦ぶ  日を悦ぶ  果実をとって悦ぶ  善行を悦ぶ  善を見るによりて悦ぶ  これに堪ふるをうるを悦ぶ  百合となりて悦ぶ  ために悦ぶ  缺處あるを悦ぶ  便利であり、悦ぶ  婦人の悦ぶ  容姿なきは悦ぶ  美女を誇り悦ぶ  建築を悦ぶ  箱などを探し出して悦ぶ  時は、また、素晴らしく悦ぶ  書畫骨董を悦ぶ  之を悦ぶ  密かに悦ぶ  ひそかに悦ぶ  俗人的理想を悦ぶ  云つたつて、悦ぶ  恵みを悦ぶ  閑寂を悦ぶ  却ってそれを悦ぶ  ことをきいたら悦ぶ  父も悦ぶ  ことをしてやれば悦ぶ  機智を悦ぶ  デビュウを悦ぶ  学校中はまるで悦ぶ  余を悦ぶ  高飛せずとて悦ぶ  熱意を汲んで、あゝ、悦ぶ  



前後の言葉をピックアップ
ヨロコビデ  喜ぶ  慶ぶ  よろこぶ  歓ぶ  喜べ  よろこべ  悦べよ  悦べ  喜べる


動詞をランダムでピックアップ
取返さ奮い起た浮かれ出で行き違うあおざめものおもわ粧え伐り駆け寄り生きぬか愛でふんだくら交じら立ちあがら振り上げよ降り立ちねむる恤むうつろうみなし
形容詞をランダムでピックアップ
みずくさく小ざかしくあつかまし切なあやうしあおい呪わし手痛い聞きにくい蒼しこわしうれしかっ深かろかくし偉からおそれおおく有難汚し手痛