「悟り」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 悟り[動詞]
心根を悟り  真価を悟り  其愚は間もなく悟り  ことを悟り  真相を悟り  事を悟り  事をつくづく悟り  便利を悟り  全治すべからざるを悟り  事をしてしまったと悟り  所と悟り  ふさはしからざるを悟り  自ら我本領を悟り  大に悟り  発明し、大いに悟り  非を悟り  のを悟り  知るべからざる所だろうと悟り  乙は、それとなく悟り  うつつなるを辛くも悟り  悪夢だと悟り  芋づる式に悟り  ことをつくづく悟り  迷いが悟り  のじゃないかしらと、つくづく悟り  人生を悟り  万吉郎はすっかり悟り  敏子は悟り  弊を悟り  未練とは悟り  これを悟り  我々が悟り  んだなと悟り  事態を悟り  ものをと悟り  真理を悟り  顔色にて偽りならぬを悟り  たるを悟り  それと悟り  仁木は悟り  から勝算なきを悟り  事は正しくないと悟り  夢と悟り  肚を悟り  心一つであると悟り  世棄人過ぎた、あんまり悟り  恐怖心を除くにあると悟り  しきを悟り  のだなと悟り  心術を悟り  習ひ我と悟り  意味を悟り  私ははっきり悟り  

名詞

悟り[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
悟りを打ちこわしてゐた  悟りの早い藤田大佐はたちまち保吉の先まわりをした  悟りに到達せし  悟りの悪い貴方には解らないでせう  悟りの説法めいた  悟りをひらき  悟りをひらいていない  悟りがひらけ  悟りをひらこうなどとは  悟りが息を殺して隠れているという  悟りをひらこうなどと  悟りの法悦をきかせてくれた  悟りをひらかないから  悟りをひらかないてあいという  悟りのむらだつ  悟りの方へ近づけてやろうという  悟りをあきらめてしまった  悟りきつた外面を見せながら  悟りをひらいて  悟りの為になる  悟りの道に進んだ  悟りという意識に達した  悟りというものの存在については誰一人として疑っていない  悟りを参照しようとするから  悟りがひらけました  悟りをしてしまっている  悟り眠らずして  悟りに入つた和泉式部に心安く話かけてゆくので  悟りを開く  悟りすましたようなところがあって  悟りでも開か  悟りを開いた  悟りもあるし  悟りの第一条件だと考えていた  悟りをひらかうとして  悟りをひらかうといふ  悟りの第一条件だと考へてゐた  悟りなんぞひらいて  悟りをもっている  悟りになっていないと見えます  悟りはひらいている  悟りを恥づる  悟りすました戦争狂がそれに似た  悟りが出  悟りが出来てゐない  悟りを開いて  悟りの早い気の利いた  悟りの悪いのに焦れた  悟りすましたようにいった  悟りきつたる言葉と思ひて  悟りすましていた  悟り澄ましたような声がきこえ  悟り澄ました調子で答える  悟りの中から生れる  悟りがついたならば  悟りは妙だと云った  悟りの開けた  悟りきつてゐる  悟りをひらいた  悟りを開くまでも  悟りも出  悟りがましい  悟りめかしておりまする  悟りをひらく  悟りをひらいてゐる  悟りをひらいてはを  悟りへ身を飜すべき  悟りすました坊主のように気がおけなくて  悟りに入れば  悟りが開けきれない  悟りの境涯となってくる  悟りになった  悟りに徹し  悟りを開いております  悟りも出来なかったので  悟りに似た  悟りに活をいれてやる  悟りも意味をなさない  悟りの分らない  悟りの境地といつた  悟りが開けて居るか居らぬかが判ると  悟りを開き  悟りを以て生涯を一貫して行く  悟りにならない  悟りと思う  悟りの境涯に入り  悟りをひらいたなどと自惚れてはいないが  悟りがわかりました  悟りになる  悟りにあります  悟りを開くという  悟りを開いたではないか  悟りの世界が示されています  悟りすましておられましょうか  悟りを得た  悟りの世界に到達した  悟りの彼岸へ渡った  悟りの彼岸へ行く  悟りの彼岸へ行った  悟りの彼岸へ行かしめた  悟りに達した  悟りであるから軽便だと云って  悟りと迷が一軒の家に喧嘩をしながらも  悟り且つあきらめた  悟り成さって何も詳しく申して  悟りがつこうと存じて  悟りすまして眼をつぶっている  悟りを開いたか  悟りと引替にしてやる  悟りを利用する  悟りになって  悟りになり  悟りと思うて居た  悟りでなかったということを知っただけが  悟りと気取りと感違えして居る  悟りといふ事を誤解して居た  悟りといふ事は如何なる場合にも平気で生きて居る  悟りにもなった  悟りすましたあなたの様子を見たくはございません  悟りすました遠い情愛をもって愛してる  悟りになったであろうと思われる  悟りができてくる  悟りをお得になる  悟りになりまして  悟り澄ましておいでになる  悟りに達しておられるという  悟りすることになりましてからは  悟りもし  悟りを求めるという  悟りをひらこうという  悟りが未熟であることを知っておる  悟りの内容の空虚さが分って来る  悟りというようなものを観念の世界に模索しておる  悟りになったらしゅうございますね  悟りをお持ちになった  悟りにならなかった  悟りに充分の自信ありや  悟りすました和尚もゐるにはゐるが  悟りと云う  悟りをひらくなんて  悟りに入った  悟りに入ろうとする  悟りのひらけない  悟りの開けました  悟りに皆が悟りを開いた  悟りもする  悟りをひらいている  悟りすました大人になってしまう  悟りまで開いて待ち構えていた  悟りへ運ぶ  悟りとなる生きた  悟りがだいぶ長い事続いて  悟り悪しき所に目を附け学ぶ  悟りでせうね  悟りきつたことを言ふ  悟りが早かったのだという意地わるい言葉が通用するであろうか  悟りとでもいうべき  悟りをひらいて来た  悟りの実体に就て幻滅した  悟りをきはめて  悟りにすましこんでいる  悟りにまでは至っていないと  悟りすました人のように思う  悟りは開いていた  悟りを開くだらう  悟りがついたら  悟りがついて  悟りがつかないとみえて  悟りはすぐ破れちまいます  悟りをとき  悟りが速いことを示したがる  悟りが開けてゐた  悟りでも得たのであらうか  悟りを開いたという  悟りをひらいていた  悟りからきた  悟りをひらかなければならないなどと  悟りがないといふので  悟りに達して  悟りの聖僧の能く  悟り難しとする  悟りが開けていた  悟りをひらいたり  悟りとかいうものが育ってくる  悟りを開くには  悟りすましたように見えても  悟りもなくていた  

~ 悟り[名詞]1
中で悟り  中で悟りを  のだといふ悟り  禅の悟りに  一つの悟り  云つても悟りの  ものだと悟りを  男が悟りを  中に悟りが  いくらかでも悟りの  彼は悟りを  要求を退けて悟りの  彼等が悟りという  目的の悟りという  ことは悟りという  本筋の悟りの  例の悟りを  晩年の悟り  尼の悟りに  座禅によって悟りを  何か悟り  捨石になれる悟りでも  やつて悟りを  苦行をやらなければ悟りを  孤独が悟りの  僕は悟りを  僕は悟りに  老成と悟りを  小説だと悟りは  自分の悟りを  禅坊主の悟りと  坊主の悟り  そこまで悟りが  エリザベットが悟りを  宗教的な悟りとは  彼の悟りの  自らは悟り  businessasusualと悟り  彼は悟り  彼の悟り  彼女は悟り  ものは悟りの  ものとの悟りが  禅の悟りの  何か悟りを  胃の悟りは  愛は悟り  程の諦めも悟りも  花讃女のとりすました悟りが  俺にはいらないといふ悟りを  奥義に達して悟りを  ぢこもり悟りを  安手な悟りへ  漢方医は悟り  心眼を開いて悟りに  心の悟りが  人間無差別の悟りに  ものなぞと悟りを  人が悟りを  哲学的の悟りも  一種の悟りに  論理も悟りも  彼奴は悟りの  禪宗でいふ悟りの  聽いても悟りが  苦行さへすれば悟りを  死生一如の悟りを  迷いと悟りに  迷いを転じて悟り  ほんとうの悟りを  自分も悟りの  釈尊が悟りを  一種の悟り  ように悟り  首と悟りと  今まで悟りと  いはゆる悟りといふ  私は悟り  彼女の悟り  自然に悟りが  りっぱな悟りを  女の悟りだけ  宮の悟り  自分だけの悟りを  自分一個の悟りを  自分自身の悟りが  茶道の悟りに  やうな悟り  就て悟りを  一葉は悟りに  道でも悟りの  ように悟りの  皆が悟りを  彼位芸術上で悟りに  ような悟りまで  本性は取りも直さず悟りの  可を悟り  点だけには悟りが  太宰は悟り  一つの悟りとでも  一つ私は悟りを  何か悟りといふ  後に悟りを  宗旦の悟りにまでは  友として悟り  母も悟りを  ほんとうにまどわない悟りが  ほんとうに悟りが  はんかな悟りは  道をとき悟りを  剣術は悟りを  非常に悟りが  一種の悟りが  やうな悟りでも  営業上の悟りから  自然と悟りを  一流の悟りを  別に悟り  そつちに悟りが  英知とか諦めとか悟りとかいう  外には悟り  子は悟りも  

~ 悟り[名詞]2
大きな悟り  とても悟り  てんで悟り  どうも悟り  うとう悟り  いわゆる悟り  超然たる悟り  奥ゆかしき悟り  むずかしい悟り  あの悟り  こうした悟り  この悟り  ついに悟り  はじめて悟り  且つ悟り  その悟り  むしろ悟り  深い悟り  そういう悟り  尊い悟り  そんな悟り  そのまま悟り  よろしい悟り  いまだに悟り  わが悟り  こい悟り  

複合名詞
野狐禅的悟り  つて悟り  天晴悟り  悟り顔  悟り策  悟り屋  哲学的悟り  悟り顏  所謂悟り後  悟りよう  風流仏悟り  悟り升  悟り鉄砲  悟り性本来  悟りじまい  



前後の言葉をピックアップ
覚ら  さとり  覚り  さとり  悟り  覚り  さとる    悟る  


動詞をランダムでピックアップ
穿た買いこむ仄めかさ巻かかけぬけ看做し見えれ書き分けようけとれこおりつく問いあわせ息せき切り痺れにぶっ現しおら取上げろ供し居すくま締める
形容詞をランダムでピックアップ
えげつなえがらっぽいやむをえないいわけなく狂わしかっれいれいしく侘し忙しなまめかしきあらく早けれ度し難し息苦しいむなしから何気無ともう悪き美しく