「悔い」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 悔い[動詞]
罪過を悔い  まり悔いるほどではなかつた、悔い  ことを悔い  不孝を悔い  私は悔い  心に悔い  事が悔い  自分を悔い  不注意を悔い  ことが悔い  非を悔い  無礼を悔い  世もあられず悔い  青春に悔い  のを悔い  ところへ行かなかったかを悔い  罪を悔い  ことを覚り、かつ悔い  ものは、今更悔い  ことの遅きを悔い  真情を捧げて悔い  園に向いて悔い  涙まじりに悔い  ためにいつも悔い  はかが悔い  なかった不覚を悔い  それを悔い  小説やらを読みすぎたと思って悔い  過ちを悔い  心を悔い  疇昔を悔い  のが悪かったと悔い  土になっても悔い  頭を打って悔い  愚さを悔い  彼が心から悔い  きりと悔い  あとで悔い  いつ死んでも悔い  意志を持ちつづけて悔い  ように悔い  婚約を悔い  一族が悔い  中で、悔い  ひそかに悔い  前非を悔い  不覚を悔い  魂情を、いくらか悔い  これに投じて悔い  事に悔い  ことを大いに悔い  生活、悔い  手段を取って悔い  振る舞いを悔い  さに悔いても悔い  失敗しても悔い  売却しても悔い  罪と悔い  今となって悔い  身魂を投じて悔い  づねてやらなかつた冷さが悔い  今では悔い  眞似を悔い  方が悔い  事をしたと悔い  ヨナは大いに悔い  嚢中の空しきを悔い  先非を悔い  事さえも悔い  独断をやや悔い  出来ごころを悔い  風に悔い  命を投げ出して悔い  こと判然にして、必ず悔い  自分は悔い  さかも悔い  不気味に悔い  ことは悔い  手に死のうとも悔い  紅茶に代えても悔い  暴虎馮河死して悔い  殺人をやって悔い  蹂躙して悔い  ことを、ちくちく悔い  水鳥みえずとも、悔い  僕は悔い  自ら悼み、且つ泣き、且つ怒り、且つ悔い  自分を省みて恥ぢてゐる、悔い  至つて深く悔い  恥且つ悔い  ためになげうって悔い  その後、いささか悔い  ところは悔い  言い過ぎを悔い  提供して、悔い  急は、悔い  日を悔い  詞を悔い  頼隆は悔い  今も悔い  つた事を悔い  高氏は悔い  海に封ぜられても悔い  仲時はすぐ悔い  生涯をあずけて悔い  今になると、悔い  ことを、返す返すも悔い  全力を傾けて悔い  悪人といえども、悔い  後、悔い  いまさら前非を悔い  自分ながら悔い  ときに悔い  心なかりしを悔い  家を焼き亡ぼしても悔い  自分に悔い  紅を評して、死に至って悔い  匆を悔い  踏み込むことを悔い  淫楽を悔い  今でも悔い  これによって死んで悔い  筋は無いと悔い  自身のあやまちをどんなに悔い  お家をつぶしてしまうでございましょう、また、潰されても悔い  一命を捧げて悔い  のだろうと悔い  軽薄を悔い  苦めこれを悔い  われは尚悔い  ことであろうと悔い  痛切に悔い  要求しながら、少しも悔い  さの痛み、悔い  身を悔い  馬は悔い  ことが、悔い  増が少し悔い  不用意を悔い  能く過を悔い  嫁を苛めて悔い  灑いでやっと蘇り、何と悔い  夢中ながら悔い  囹圄に執わるるに至って悔い  疎外せしを悔い  公、大いに悔い  嫉妬を悔い  ことがしきりに悔い  ことを少しも悔い  結婚を悔い  干戈を動かして悔い  今更に悔い  絶交を悔い  さらに悔い  さを今更悔い  卓一は悔い  質問を悔い  火に賭して悔い  啓蒙に捧げられても悔い  ことは、悔い  胴搗きをくり返して悔い  ことは、こうなってしまっては、もう、悔い  ことならば聞いて決して悔い  一語を悔い  ことを心から悔い  もっと深く知って置けばよかったと悔い  それを悲しみ、泣き、悔い  何も悲しまず、悔い  さを悔い  後悔せず、悔い  それにかけて悔い  命を賭して悔い  十郎が心から悔い  誤りを悔い  ガンコだというと、さてはそうだったかと悔い  これを悔い  行為を悔い  永劫に悔い  自分が悔い  私も悔い  ことをつくづく悔い  今では、悔い  言葉を悔い  一日一日を、せめて悔い  それ自体として悔い  抗議なさらねば、悔い  宣しく過を悔い  愚しき勇猛が悔い  今宵死んで悔い  ことが、たまらなく悔い  一生をささげて悔い  おまかせ致しても悔い  事を悔い  犠牲にしても悔い  旧悪を悔い  変心を悔い  失策を悔い  非常に悔い  彼は悔い  我咎を悔い  鯨を造れるを悔い  程は悔い  汝等を、正しく悔い  先に悔い  戒めをききて悔い  死せずして悔い  ものはたとひ悔い  再嫁を悔い  代へしを悔い  行爲を悔い  そを悔い  何よりもまず悔い  茶会を外したら、悔い  しまつたことが悔い  ことを、こよなく悔い  犠牲にして、悔い  粗忽を悔い  中に投じて悔い  自分はほんとに悔い  戸を叩いて、悔い  ことを、すぐ悔い  吉宗もまた、少しも悔い  奥さんを煩わさなかったかを悔い  兵戦にかけて悔い  悪魔と罵って悔い  君は一向悔い  永遠の悔い  みじんでも悔い  彼がいかにかつては悔い、また、悔い  信長涙を流して悔い  無慈悲を悔い  過去を悔い  わたしは悔い  月日を悔い  這裏に楽しんで悔い  ぢんでも悔い  出費を、悔い  無駄づかひを悔い  

名詞

悔い[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
悔いに似た  悔いがあったが  悔いのために歯ぎしりしてゐる  悔いもないが意地わるくつらく強力に泣いてゐる  悔いと怒りに充ちた  悔いはしたものの  悔いと怖れと  悔いもない底の性格をつくり  悔いなき剣の行き  悔いを噛みたくないばかりに  悔いもしない  悔いやらを感ぜずにはいられなかったが  悔いを噛まずにいられなかった  悔いも及ばず  悔いは残りましたが  悔いをくちびるに噛み  悔いを百年にのこすであろう  悔い悩むことが起るに  悔いの底に思い出されていた  悔いを百世に残しましょう  悔いをかんじました  悔いも惜しみもしなかった  悔いを抱きました  悔いに近いような気持で一ぱいになりながら  悔いと安心の涙にむせびながら  悔いがつきまとう  悔いがある  悔いと悲しさから逃げる  悔いや悲しさから逃れる  悔いはかきたてられ  悔いのようなものが湧いてくるばかりだ  悔いを感じつつ  悔いがこの家から永遠に課されるだろう  悔いなきことを誇りとした  悔いを遺している  悔いを残さない  悔いを感じた  悔いを噛む  悔いを抱きながら  悔いをのこす  悔いの唇を噛みしめて  悔いを感じながら  悔いに噛まれた  悔いとなったに違い  悔いもしまい  悔いの一念が笛と化して  悔いを心のそこに噛む  悔いはしない  悔いを噛んだ  悔いを千歳にのこす  悔いを残してはいない  悔いのないところに憂いのあるべき  悔いを噛むなと  悔いも残しておきたくありませぬ  悔いがわかった  悔いの汗をにじませていた  悔いもあった  悔いのない相手と正義の戦場をえらばねばならん  悔いを百年におよぼし  悔いすらおぼえる  悔いとせぬ  悔いを持たぬ  悔いをみよう  悔いの欠片も残さず  悔いを追加した  悔いもする  悔いの解消を独りひそかにして  悔いのない日々が迎えられると思います  悔い嘆いて鳥になったという  悔いのしるしとして立ちあがった  悔いのなきにもあらざるべし  悔いさえ交じって  悔いを百年にのこしましょうぞ  悔いのないひとつの立場をみつけだす  悔いの中に自己を見いだす  悔いがぎざぎざと胸を噛んだ  悔いも慚愧も及ばない  悔いを吐く  悔いに打たれた  悔いのない生活を送る  悔いを感じない  悔いはないが時にひと知れず泣いてゐないか  悔いの中に切り  悔いを残す  悔いなしという  悔いを千載に残す  悔いと憎しみとを醸さない  悔いは本統に強く湧き起って居ります  悔いばかりを味はねばならないであらうと  悔いにギリギリしながら  悔いと悲しみとを茶のみばなしにする  悔いを抑へる  悔いまた自白して  悔いと願ひとはその相反する  悔いと願ひ  悔いを大ならしめ  悔いとなる  悔いに神の側において對應する  悔いの最も原始的乃至基本的なる形態といふべきである  悔いは神聖者の愛によつて成立つ  悔い嘆いている  悔いの少い本を出したい  悔いと怒りを堪える  悔いの無いような途を進まなくてはなりません  悔いを覚えもするが  悔いがのこらない  悔いを永久に残すに  

~ 悔い[名詞]1
一種の悔いに  僕には悔いが  言葉をとり返したい悔いが  呪咀と悔いの  一片の悔いも  仕組みで悔いと  何の悔いも  事に対する悔い  罪を犯して悔い  噬臍の悔い  ことを拒みもしなければ悔いも  ことに悔いの  事に対する悔いやらを  ひそかに悔いを  画質で残しておきたかったと悔いは  何をか悔い  後日に悔いの  何か悔いに  百年の悔い  ルミ子には悔いは  不思議な悔いと  毛利の悔いは  らるべき悔いの  非常な悔いを  取返しのつかない悔いが  日々に悔いを  不思議に悔いを  さに悔いても悔いても及ばない悔いを  期待を裏切られたといふ悔いも  それを繰り返して悔いが  あちこちに悔いを  心に悔いを  生涯の悔いを  助も悔いの  後に残す悔いが  深刻な悔いと  私の悔いの  訴えと悔いが  驚きも悔いも  ような悔いも  何の悔いでは  ひとへ託しても悔いは  ひそかな悔いすら  同行を悔いと  ぶんには悔いを  顕家もかえりみて悔いは  際一つの悔いを  ような悔いの  青春に悔いの  かぎりない悔いの  十年の悔いを  なかでちつとも悔いの  愛情に悔いの  絶望にこそ悔いの  高座に触れておかなかった悔いが  あとはいつ死のうとも悔いは  さと悔いが  ような悔いを  身一つならぬ悔いに  一員として悔いの  私は悔いを  心に悔いは  罪の悔いの  永久に悔いを  赤痢で死のうが悔い  前非を悔い  そこには悔いは  私の悔いは  半生の悔いと  弟子とならうが悔いも  堕落の悔いを  我は悔い  必然的に悔いと  眞なる悔いは  罪の悔いも  逸すれば悔いを  

~ 悔い[名詞]2
かならず悔い  おそらく悔い  しみじみ悔い  決して悔い  大きな悔い  いつも悔い  この悔い  ない悔い  淡い悔い  軽い悔い  切ない悔い  同じ悔い  はげしい悔い  深く悔い  後で悔い  必ずしも悔い  そんな悔い  はっと悔い  苦い悔い  あらゆる悔い  更に悔い  その悔い  互に悔い  少々悔い  やはり悔い  

複合名詞
悔い心  瓔珞悔い  ば一日悔い  夫悔い  自ら悔い  悔いそのもの  從つて悔い  日々悔い  



前後の言葉をピックアップ
クィーン・ノブ・ナイル  クィーン・メァリ  久井  くい  食い込ん  食い    くい  食いもの  食いしろ


動詞をランダムでピックアップ
価し暴れんろくしなげとばし跳ね仰っうていとっきずつい追いかけりゃ差戻さ打ちつづい成り済ましすりへる従う翔らとりまくかわかさ免れよ飛びかかり
形容詞をランダムでピックアップ
悲し余儀なく気安くてれくさい蒸し暑い涙脆かっ懶うこころぼそい気だかく穢らわしいうすかっ甘から輝かしいせわしない見にくし義理堅くやかましく暖かかっひらたくたのもしかっ