「恨ま」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 恨ま[動詞]
何か恨ま  悪魔に似たりとさへ恨ま  愚かなりや、恨ま  何物をも恨ま  風は恨ま  百合子さんに恨ま  綱を恨ま  人から恨ま  人に恨ま  神を恨ま  あとで恨ま  のでござんす、恨ま  様子は恨ま  自分が恨ま  次郎左衛門に恨ま  法水を恨ま  人を恨ま  おれを恨ま  死を賜うも恨ま  誰を恨ま  誰も恨ま  惡まず恨ま  親を憎いと恨ま  ねえさんを恨ま  のか、嘆き恨ま  義助を恨ま  ことを聞いて、おおいに恨ま  天を恨ま  國民から恨ま  んです、すると何と、殺されても恨ま  方々から後できつく恨ま  為ツて、後で恨ま  何ものも恨ま  違いない、恨ま  競争者から恨ま  ことじゃ、ずいぶん恨ま  私が恨ま  不動様に恨ま  から、恨ま  者より恨ま  其者より恨ま  貴殿より恨まるるならば、恨ま  人は恨ま  媒妁をしたと恨ま  為に恨ま  不実だと恨ま  若い女の子に恨ま  家来たちに恨ま  方に恨ま  そなたばかりを恨ま  おばさんに恨ま  伝蔵に恨ま  それを一々恨ま  母には恨ま  ナンテかえって恨ま  職業紹介所が恨ま  どこも恨ま  笑いを恨ま  彼に恨ま  彼女は眠ってるだろうと考え、起こしたら恨ま  私を恨ま  僕は恨ま  かいつてから恨ま  徳川家康を恨ま  ことを恨ま  彼らに恨ま  だれにも恨ま  クリストフを恨ま  無音を恨ま  者らをも恨ま  右近に恨ま  ことだろう、恨ま  妻に恨ま  のであって、恨ま  心を恨ま  愛する人からこんなにまで恨ま  私までも恨ま  生活から、恨ま  のを恨ま  薫に恨ま  恋を受け入れぬと恨ま  ものは、若く言って叱られる、老けて言うと恨ま  あなたが恨ま  ように恨ま  尼君に恨ま  待遇を恨ま  他人から恨ま  兄さまを恨ま  小町に恨ま  ケノフスキーに恨ま  あなたから、恨ま  ポチに恨ま  紅教喇嘛に恨ま  お前に恨ま  者から恨ま  父を恨ま  それを恨ま  酒を恨ま  人に恨まれると、その恨ま  ために怒られたり恨ま  事から悪く思われたり恨ま  人達を恨ま  つもりで、恨ま  親たちに恨ま  夫人に恨ま  自分を恨ま  時はんに恨ま  ハイ貴方に恨ま  私は恨ま  何れほど恨ま  秀子に喜ばれるか恨ま  それから黒猫を恨ま  娘さんから、恨ま  人に憎まれても恨ま  勝手に恨ま  事があれば恨ま  先方が恨ま  井久馬とを、恨ま  ことを、恨ま  船頭までが恨ま  卯女子をほめてやらないと恨ま  そうですが、若しも逸らして、後で恨ま  不覚が恨ま  半分斫り奪られても恨ま  人様に恨ま  土牛は恨ま  こっちだと書いたら恨ま  あとまでどんなに恨ま  諒解してくれませんので、たいへん恨ま  のが恨ま  



前後の言葉をピックアップ
浦幌川  浦幌  盂蘭盆  盂蘭盆会  憾ま  怨ま  うらま  裏町  浦松  裏窓


動詞をランダムでピックアップ
見せ掛ける宿さ引き取る討取らつっこま諒せ潤ん能わこめふくらしまたがり臨も舞いあがり掻きまぜる肯んずる手間どり武ばっ結ぼひきよせよこころゆく
形容詞をランダムでピックアップ
重重しくここちよい差出がましい厚う疎ましくこちたき危ううずうずうしいおもおもしい嬉しくっ手厚くするどいえらかろふさわしくふるくさわかけれきなくさく寝ぐるしくおぞましく五月蝿い