「恥ず」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 恥ず[動詞]
まねを恥ず  これは恥ず  ものなきを恥ず  人道上文学上、恥ず  ひそかにかくすべきいまわしい恥ず  それはそれほど恥ず  顔をするほど恥ず  不足を恥ず  卑怯な、恥ず  等は、実に恥ず  鉄のごとくなりて、恥ず  士君子の恥ず  日本人たる名を恥ず  芸術家を恥ず  悪いことでも、恥ず  うちに、恥ず  それは、最も恥ず  ことは恥ず  僧侶などは最も恥ず  仲間にとっては、さほど恥ず  自制をすてて恥ず  事、恥ず  利己的の恥ず  ことはもっとも恥ず  多くの恥ず  わたくしに、恥ず  事も恥ず  われわれは恥ず  私に恥ず  のは、最も恥ず  文士たる事を恥ず  昔日を思い出せば、恥ず  世界文化史上で最も恥ず  前にも恥ず  一八〇六年において恥ず  現代は恥ず  大将として恥ず  だって、また恥ず  薄志弱行は実に恥ず  様子にばかりでなく、恥ず  後には恥ず  ことは、真に恥ず  彼は打ち負かされ恥ず  罪は最も恥ず  のは恥ず  人間として恥ず  生活をしていても、少しも恥ず  眉をしかめて、恥ず  一種の恥ず  記事通りの恥ず  名誉を恥ず  観念が、恥ず  容赦するという恥ず  父祖を恥ず  生命をささげるなどとは、実際恥ず  者にとっては、恥ず  結婚の恐るべく恥ず  彼を待っている恥ず  欠如は、憐れむべきまた恥ず  ほうでは、恥ず  者にとっては恥ず  彼らの恥ず  奴隷的労働を、時にしばしば恥ず  ことが恥ず  のは、恥ず  如何に恥ず  のにどんな恥ず  人格に対して、貰っては恥ず  それは恥ず  良心に恥ず  男女として恥ず  ことが出来ないなどは、いささか恥ず  ような恥ず  私の恥ず  作家として真に恥ず  芸術家としてむしろ恥ず  身に恥ず  於ても亦恥ず  諏訪家を恥ず  あんたはむろんこの恥ず  それを恥ず  陋劣な恥ず  何を恥ず  明らかに、恥ず  身分に恥ず  不心得と、恥ず  紳士の恥ず  のを恥ず  罪にして恥ず  男子として恥ず  理屈ではなんら恥ず  気の毒なくらいに恥ず  面目上からいって、恥ず  死人を恥ず  敢て恥ず  名に対して恥ず  名を恥ず  これは最も恥ず  男子の恥ず  者たちを思うさま恥ず  外国に対して恥ず  私は恥ず  誇りになるどころか、実に恥ず  失礼はもちろんはなはだ恥ず  場合は本当に恥ず  人間としてそんなに恥ず  中でも、最も恥ず  事の恥ず  ソヴェトの子供として恥ず  認識を誇るべきにせよ、恥ず  遺産相続という恥ず  ことから、全く恥ず  



前後の言葉をピックアップ
派する  ハスルモノデナイ  ハスレル  ハスワ    はず  幡豆  葉末  恥ずかし  恥ずかしから


動詞をランダムでピックアップ
差し引きふるまえよ飛ばせ照り付ける取り縋れふるいたつ明か取っ組ま言いまくるえぐら納めよ追越さ鎮まらひたし剥ぐ語り継い打ち落そ粘着い引受けるにぎる
形容詞をランダムでピックアップ
っぽいにくう有難かろ酷う目覚しくたのしかっあかう目覚ましかっみにく見易く毛頭なくよわよわしあたらしくさもし物凄まじい用心深くなるけれ珍しから辛かろ