「恐る」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 恐る[動詞]
此兒はどうなるかと、恐る  次の恐る  これを聞かば、或は恐る  しかし、恐る  地上人類の恐る  はるかに恐る  海底超人の恐る  範囲に属する恐る  圧力は実に恐る  ことも、恐る  婦人が忌むべく、恐る  人類一同自殺をせねばならぬかもしれぬという、真に恐る  細胞の恐る  あながち上古にも恐る  あなたの恐る  あなたは恐る  頂上に坐つて恐る  全身麻痺の恐る  肉交の恐る  ことは実に恐る  都が一度恐る  姦淫の恐る  神の手に陥るは恐る  一つの最も恐る  錆が附きやしないかと恐る  事は恐る  風にも砕くる危うきを恐る  ランスロットに逢いがたきを恐る  卑俗の最も恐る  一行は見す見すこの恐る  弊害は甚だ恐る  誤りをも恐る  これ真に恐る  勇蔵を呼び起して詫び、恐る  如くに恐る  花鳥は恐る  いずれも、恐る  僕は、この恐る  仏罰恐るべし恐る  ことは恐る  ドーバー海峡という恐る  殺人電波その他の恐る  背景に恐る  彼等の恐る  ベアトリーチェが恐る  何を恐る  欧洲人にとっては恐る  食糧事情で恐る  今は恐る  量は恐る  のを恐る  非常に恐る  云々と恐る  毒の恐る  ものは恐る  彼は恐る  腕力は恐る  者は必ず恐る  其様な恐る  時以来野宮の恐る  野宮の恐る  彼の恐る  ヴァッヘルをして恐る  之らの恐る  道徳ほど恐る  ユダヤ人の恐る  あれこそ恐る  人の恐る  死を恐る  つて、唯恐る  寒冷は恐る  反動の恐る  倨傲の恐る  前代未聞の恐る  敵とするも恐る  敵にするも恐る  人を恐る  政府は恐る  可なり、毫も恐る  これを恐る  ことを恐る  もっとも恐る  邏卒を恐る  彼に学んでなおその及ばざるを恐る  んといえども、その実は恐る  心を見て、極めて恐る  岸から小腰を屈めて、恐る  色をさえ恐る  夫婦は恐る  固定を恐る  ことから、最も恐る  力を入れて、恐る  鳥を恐る  外又恐る  うえに、恐る  トマト姫さまは、実に恐る  火星生物の恐る  兵戈動くより恐る  勇は恐る  余人は恐る  一番感心し、且つ恐る  意外にも恐る  それが恐る  彼自身の恐る  専制とで、恐る  軋轢の恐る  横須賀工廠の恐る  それは、つまりその恐る  人類は、この恐る  怪人丸木の恐る  ものが、恐る  藻こそ、恐る  なんの恐る  深山大沢を恐る  哲学的基礎づけなどとして、正に恐る  はじめて震災の恐る  者はまた恐る  教育の、更に恐る  呉にとって、なお恐る  博奕打つて見ようではないか、何ぞ恐る  實に恐る  天下何の恐る  緊張の恐る  尤も恐る  死をもって当れば恐る  このごろをひとり恐る  顔を恐る  因果は恐る  字だぜ、恐るべし、恐る  霜を恐る  限り、恐る  秘密結社の恐る  対米硬化は恐る  者のみを恐る  連こそ恐る  市俄古での最も恐る  焦熱よりもなお恐る  それは恐る  これが恐る  日本全国が、今や恐る  悪用して、あの恐る  今もって恐る  備えを仕て居れば恐る  ものではございますまいか、恐る  存在は恐る  今も恐る  愛の恐る  境遇の惨は恐る  世界は恐る  愛との恐る  眼は恐る  むを恐る  われは恐る  我は恐る  何か恐る  何の恐る  佃が恐る  環境に、恐る  陰険に取り扱われるからには、きわめて恐る  訴人したとて恐る  身体一面に恐る  打撲傷と恐る  しかも恐る  手をやめて、恐る  谷も恐る  虎を恐る  中田に取って、恐る  目から見ると、この恐る  結果はたいして恐る  ために恐る  維れ恐る  壁際の恐る  陰から、恐る  蔭から、恐る  潮風を恐る  ひとり一郎は恐る  其最も恐る  漠然死は悲しむべし恐る  空中にも恐る  死刑は最も忌わしく恐る  其を忌わしく恐る  なかに恐る  それだけですでに恐る  吾人は更に恐る  南都北嶺の恐る  天才は恐る  頭上に恐る  そこで恐る  それこそ恐る  そいつが恐る  村松検事は、果して恐る  蠅男の恐る  手がつけられぬから恐る  江戸昌の恐る  何物にして果して恐る  異様な恐る  幻影にさまで恐る  小樽人ほど恐る  犯罪の恐る  後来英吉利の最も恐る  後來英吉利の最も恐る  検挙して恐る  紀久子は恐る  間では恐る  流行とはいえ、実に恐る  人物こそ、恐る  若しくは日本高円寺の恐る  此人は恐る  人は恐る  花柳病の恐る  如何に恐る  農作物に恐る  ぎはの恐る  一年二年攻むるとも更に恐る  海竜の恐る  生物よりも、恐る  私が恐る  冷血の恐る  今一つの恐る  感化によって恐る  パンクして、恐る  うちに恐る  これが最も恐る  新次郎は恐る  江戸には恐る  三之助は恐る  らが恐る  いずれも恐る  顔が、怖る恐る  のほど、恐る  科学精神と、恐る  ジャーナリズムが恐る  のは実に恐る  寡言家でも、突如として恐る  偏見というよりも、むしろ恐る  自然力よりも恐る  毒蜘蛛の恐る  権勢正に恐る  例の恐る  ものが恐る  更らに恐る  一場の恐る  職務の恐る  やうな、恐る  利章がため恐る  結婚は恐る  同様に恐る  珍妙にして恐る  スコットの恐る  人生においては恐る  だれも恐る  水に恐る  展開したり、恐る  唯一の恐る  力は恐る  さの恐る  ここにその恐る  恋には恐る  のも辞せなかつた、あの恐る  希望であり、恐る  まことに恐る  表情には、恐る  考究すれば真に恐る  根本動力よ恐る  そこにまた恐る  舌をふるはして恐る  事を恐る  から、恐る  ところのものは、なろうと思えば恐る  生命にたいする恐る  彼にとっては恐る  それを恐る  選良階級の恐る  フランスの恐る  中央集権制の恐る  呑噬せんとするとも、あに恐る  牧師は恐る  今ま実に恐る  左迄恐る  現象が恐る  パンが恐る  免がれざるを恐る  行為によって、ついに恐る  全面的衝突の恐る  理性の恐る  愛が恐る  右の恐る  従つて夜間の長きを恐る  顔で、恐る  何も恐る  奇怪な恐る  全然変わり得るという恐る  棄却して、互に恐る  人類とに対する恐る  連て来たなれば定めし驚いたでもあろうが少しも恐る  彼女は恐る  事柄と、当然恐る  力の恐る  結婚の恐る  中に同時に恐る  背後の見られて、恐る  正太は恐る  ことを、けっして恐る  のであるが、恐る  鑛毒の恐る  洪水は恐る  とき甲谷には恐る  ところの、恐る  落盤の恐る  疑惑が遂に恐る  前には、決して恐る  明かに恐る  人間の最も恐る  被害なんか恐る  王に懸るを恐る  寒を恐る  壮時の過ぎやすきを恐る  予且の患いあらんを恐る  さのみむずかしいとは思わぬが、ただ恐る  愚か者がなんと言おうとも恐る  さのみ恐る  落第生の恐る  これはやはり実に恐る  ために、一層恐る  劇しく、実に恐る  薔薇には恐る  敵も恐る  給へば、恐る  余の恐る  風を恐る  受驗界の、最も恐る  私は恐る  ものこそ最も恐る  滑剤となり、恐る  ことは、寧ろ恐る  声がするので恐る  判断されるという驚くべくまた恐る  六桁という恐る  原子爆弾の恐る  同胞にとって恐る  際、最も恐る  知らないこととはいいながら、よくもまあかの恐る  世界最大の恐る  調査ずみであり、実に恐る  相手は恐る  から皆様は決して恐る  中にあつて最も恐る  奈様に恐る  からざるものを恐る  小学中学の恐る  特殊部落に恐る  男性的目覚めがあの恐る  娘子軍百万ありといえども恐る  事ここにいたりては恐る  一拳を恐る  死の恐る  のは恐る  ウラに含まれている恐る  捜査にも恐る  社会の暗い恐る  十八世紀的臭味など恐る  心理が恐る  言葉の恐る  白禍の恐る  根本に恐る  汪は恐る  之を描くを恐る  後ろ手にくくり上げられて恐る  逃ぐるを恐る  事なら恐る  酷烈さは実に恐る  警保局長は恐る  君のこの恐る  自身の恐る  善悪にかかわらず実に恐る  可き恐る  其処に初めて、恐る  戸山少年は、恐る  前で最も恐る  のだから恐る  電でもするかの如く、恐る  時には恐る  宗助は恐る  これならば恐る  天狗はかく恐る  憑き物系統を恐る  骨をきずつくにより、恐るべし恐る  一群を恐る  様子を見て、恐る  獣類に近き、恐る  遇ひたい、が恐る  行つて、恐る  ことでこそあれ、なんら恐る  それはきわめて恐る  安心は実に恐る  当時もっとも恐る  影響の恐る  これは恐る  未来の恐る  大胆で恐る  息をつめて恐る  百度饑饉来るとも更に恐る  へた、恐る  天狗必ずしも恐る  避くべきでなく、恐る  変化であると同時に恐る  ここで恐る  飛行島にとって最も恐る  艦隊よりも恐る  高輪田長三と云う恐る  強盗の恐る  美への恐る  災害の恐る  猛威は恐る  んだ、恐る  響強烈にして、最も恐る  秋さんは恐る  最前の恐る  面を恐る  振袖をひきずりながら、恐る  元素の持っている、恐る  勢力においても恐る  象の恐る  罪の恐る  結果ほど恐る  窃に恐る  手当は恐る  反対は恐る  藤井右門の、恐る  社会作用も恐る  敵、最も恐る  此の恐る  者を恐る  潜水病の恐る  古代程神に恐る  由也が恐る  遲きにあらざるなきやを恐る  我等の恐る  心いたくいさめば、恐る  曰ひけるは、恐る  我は尖を落して恐る  汝を恐る  淵の恐る  虐わが身に及ぶも恐る  間にありてまたかく恐る  人に恐る  彼を恐る  警察の恐る  凶事の恐る  犬を恐る  習練か恐る  更に恐る  彼れの恐る  少年僧は恐る  職務を恐る  ぐるあらんを恐る  匿すこと恰も恐る  饑ゑを恐る  狐を恐る  人の最も恐る  醜男が恐る  しか、恐る  爲に恐る  蓋をあけ、恐る  それ等の恐る  なぞが解ければ恐る  吾人は恐る  領域においても恐る  苦難にあふを恐る  力を恐る  魚がなかろうと、もう恐る  病気も恐る  政治線上の恐る  獰猛との恐る  天然痘の如き恐る  太陽は、時に恐る  時には、いかに恐る  肉を食ってしまうという恐る  困窮が恐る  原因により恐る  のなら、最も恐る  ように、かの恐る  小児の恐る  家庭で育てられ、そしてかかる恐る  文章になり、そうして恐る  狂人は恐る  ことほど恐る  感情に対し厭わしく恐る  除去しまたは弱めるとするならば、恐る  ここですら最も恐る  ジョウナス・ハンウェイの恐る  健康で恐る  中が最も恐る  淫事の恐る  長距離砲敢えて恐る  もの、或は恐る  二重負担の恐る  覆没を恐る  夜を恐る  加うるに、更に恐る  不意打ちこそ恐る  次第尤も恐る  習慣において恐る  それは最も恐る  井村は恐る  ように恐る  のは、どうやら恐る  彼は真に恐る  つて、既に恐る  血書を恐る  優越を恐る  一般小商人にとっては実に恐る  百貨店といえども敢えて恐る  もので、必ずしも恐る  無があるとすれば、実に恐る  それゆゑに恐る  手を当てて恐る  胡乱に思い、恐る  因果応報の恐る  劇場が最も恐る  傍でぴたりととまったので、恐る  文学趣味から解放されなければ恐る  余はなはだ恐る  地方では、恐る  病気は恐る  病気の恐る  彼はこうなると恐る  時だけは恐る  影を恐る  しかし、やがて恐る  作者たちは、実に恐る  場合には、恐る  叛かんことを恐る  神に恐る  小さな世間体を恐る  作者の恐る  部将以下死を決して少しも恐る  際に、その恐る  京都人には恐る  急に恐る  柳は恐る  襲はれながら、恐る  挙動に恐る  而して恐る  二の恐る  春画売りは恐る  徳義上には恐る  一生涯にあって最も恐る  幾万となく恐る  手を恐る  小さな世間體を恐る  後退ざりしつつ恐る  顫へて恐る  嫌疑は恐る  亭主であったという恐る  最近一年間の恐る  予に恐る  於て恐る  精鋭クルツプ砲は恐る  おかみさんは恐る  



前後の言葉をピックアップ
恐山  おそれよ  恐るべき  畏れる  おそれる  恐れる  恐ろ  おそれろ  おそろい  恐ろし


動詞をランダムでピックアップ
傭お読み取り乗移ろ脹らせ役立てよたたけつぶすゆうくろ手挟ま明るみせけこぼれん呻い生ずのぼせ上がっ弾けかたむく誘うかけめぐ
形容詞をランダムでピックアップ
まだるっこ正しかろ神々しき少う自慢たらしくやすかっ奥深きせんなき委しかっ程遠けれありがたひとしゅうやむなしいとわしき涙ぐましおほけなくくす物ものしく多う繁い