「怨ん」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 怨ん[動詞]
人を怨ん  私を怨ん  ことを怨ん  これを憎み怨ん  のを、そんなに怨ん  口説いたり、すかしたり、怨ん  彼女は怨ん  ぐうたらを怨ん  阿Qは思えば思うほど、イライラして来て耐え切れず、おもうさま怨ん  非常に怨ん  グビグビさせて怨ん  僕清水を怨ん  のをしきりに怨ん  母親をも怨ん  数馬の怨ん  のを怨ん  寅五郎を怨ん  腹の中ではうんと怨ん  主人を怨ん  主人をうんと怨ん  一番寅五郎を怨ん  寅五郎をうんと怨ん  佐野松を怨ん  佐野松さんを怨ん  お前は怨ん  轟九蔵を怨ん  袁術は大いに怨ん  ことだけを怨ん  今まで憎み怨ん  可哀そうだと怨ん  涙を一杯溜めて怨ん  誰も怨ん  相互いに怨ん  一刀でも怨ん  失策を怨ん  ところで、どうして怨ん  悪魔だと、おそろしく怨ん  そこで怨ん  人と怨ん  どれだけ怨ん  無理だと云って怨ん  神を怨ん  大学生とかを、えらく怨ん  二人が怨ん  涙で怨ん  俺達を怨ん  貧乏神を怨ん  骨髄に怨ん  わしを怨ん  大変君を怨ん  なかを怨んで怨ん  怨みに怨ん  彼が怨ん  妙さんを怨ん  方を怨ん  親を怨ん  日夜、怨ん  連中を怨ん  お前を怨ん  男を怨ん  皮で、さぞ怨ん  長太郎を怨ん  非常に恥じて怨ん  駒を深く怨ん  甲州屋を怨ん  ちゃんを怨ん  紋は焦れて怨ん  ひそかに怨ん  狐が怨ん  登は大いに怨ん  憤慨したり、怨ん  恋愛生活を怨ん  ことを書いて怨ん  自分を怨ん  自分を離れたというよりは、むしろ怨ん  電報で知らして呉れぬかと怨ん  彼はしつっこく怨ん  奥さんを怨ん  余り世間を怨ん  父を怨ん  女王は怨ん  彼を怨ん  苦労すると怨ん  いつになく怨ん  人間を怨ん  ために殺され怨ん  なかったならばと怨ん  父ばかり怨ん  時分あんなに怨ん  徳川家を怨ん  それを怨ん  兄さんを怨ん  あなたを怨ん  暴言を怨ん  私は怨ん  鴛鴦さん二人を、たいへん怨ん  わたしをやってしまうなんてと、怨ん  天地を怨ん  身を怨ん  ふだんから怨ん  蔭で怨ん  やつと怨ん  いくらでも怨ん  年月互いに怨ん  時を怨ん  俺を怨ん  合評会の如く、ただ、わあわあ騒いで怨ん  うちで怨ん  通は、怨ん  ことを泣いたり怨ん  上皇を怨ん  途中では怨ん  ものを怨ん  ことを死ぬまで怨ん  忘却を怨ん  久馬は怨ん  節もあるが、怨ん  一味を怨ん  逆に怨ん  大変私を怨ん  呉を怨ん  病院を怨ん  のをひどく怨ん  天道様を怨ん  お方を怨ん  今でも怨ん  アトで怨ん  



前後の言葉をピックアップ
うらわかく  うらん  憾ん  ウラン  恨ん  ウラー  うら口  うら寂し  うら寂しい  うら寂しく


動詞をランダムでピックアップ
のびゆき聞込むわき捲るかき乱す放て縢ら吸込むひっかつい分っ空けよ切込ん効きはべる撃ち殺し描ける駆け回りかがめよしごきかたどり
形容詞をランダムでピックアップ
快しとぼしくなまぬるい紛らわしい腹黒きまましじょさいない人間らし賎しきひくく丸からひらたい心細かっ篤かっくちうこざかしく多しくるしい重苦しくっせち辛く