「怨む」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 怨む[動詞]
直之の怨む  悲まず、はたたれをかも怨む  節は泣くがごとく、怨む  故、つい怨む  の遅きを怨む  敵人を怨む  将軍頼朝を怨む  のを怨む  父を怨む  世を怨む  結果にはなるまいと怨む  ように怨む  方から怨む  私は怨む  誰が来て怨む  ものが怨む  輪廻を怨む  私を怨む  君はそう怨む  人を怨む  女を怨む  上を怨む  これを怨む  返金の遅きを怨む  奧樣を怨む  主人を怨む  相手を怨む  ッかあ、怨む  慶童は、怨む  俺は怨む  お前を怨む  なんの怨む  今はかえって怨む  誰も怨む  敵と怨む  何を怨む  彼女は怨む  気にもなり、怨む  従弟が聞いたら、どんなに怨む  伸子に云わせ、やがて怨む  それを怨む  誰を怨む  無慈悲さを怨む  だれを怨む  おれを怨む  おまえが怨む  思つた時を怨む  無情を怨む  銀様が、怨む  無情とを怨む  司令官を怨みたけあ怨む  司令官だけを怨む  陰々として響き来る、怨む  天を怨む  久子を怨む  私たちを怨む  向う様を怨む  声は、怨む  ような、怨む  苛烈を怨む  無情は怨む  さんを怨む  ものに過ぎないから、怨む  半を怨む  手を怨む  お雪ちゃんは怨む  親を怨む  物を怨む  虱を怨む  他人を怨む  ズルイのを怨む  のは、怨む  男は怨む  顔も、怨む  隠れ場所がなくなって、怨む  兼吉を怨む  返り討ちになっても怨む  農村を羨み、怨む  彼女は、怨む  政府を怨む  総司さんを怨む  逢はないとか、忍ぶ、待つ、怨む  西光を怨む  俊寛を怨む  別様に、泣くか、怨む  無軌道判決を怨む  者を怨む  敵を怨む  中には、怨む  身を起し、怨む  父親を怨む  先生を怨む  俺を怨む  医者を怨む  将軍家を怨む  明くる日を待たで死すとも更に怨む  忠次を怨む  これほどまでに怨む  おれ達を怨む  人を憎むとか怨む  眼に怨む  兇行らしく見せかけていますが、真に怨む  ことを、怨む  三角にして怨む  損害を怨む  微塵も怨む  他を怨む  他人を責め怨む  執拗く怨む  ひそかに怨む  想はず、怨む  百貨店を怨む  自分を怨む  別に何も怨む  師直は怨む  区長さんを怨む  女がべつに怨む  おまえを怨む  



前後の言葉をピックアップ
恨みつらみ  怨みつらみ  恨みゃ  憾む  恨む  うらむ  浦村  憾め  裏目  恨め


動詞をランダムでピックアップ
帰れよ見上げれ買いこま守ら鞣しすりへっえむはりだせつっ走っこきつかっほのめい切り刻ま落し入れよ引き分ける安らっ入りこむしゃくにさわる與えよ入っ要する
形容詞をランダムでピックアップ
荒っぽくこうごうしいけばけばしゅう貴く奥床しかっぽい青臭きはれぼったかっ広かろ偉いいかめしきかゆう若し堆きふかく可愛き弱弱しく分別臭い情なかっしたわしい