「思い余っ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 思い余っ[動詞]
苦労を重ねるという、思い余っ  男が思い余っ  私の思い余っ  身をもたせてくねらしたり、なにか思い余っ  恋しくて、思い余っ  菱沼さんは、思い余っ  葉子は思い余っ  長平も思い余っ  人で、思い余っ  猫背夫人も、思い余っ  菊は思い余っ  女は、思い余っ  十右衛門は思い余っ  のだろう、つい思い余っ  綱は、少々思い余っ  朝、思い余っ  遂いに思い余っ  下まで来ましたが、思い余っ  衛門督が思い余っ  薫も思い余っ  世の中は、さんざんで、思い余っ  ところへ、思い余っ  廊下に思い余っ  青地園子様から、いかにも思い余っ  重太郎が思い余っ  沈々と思い余っ  んだから、よくよく思い余っ  情婦は、思い余っ  子ども心に思い余っ  ことか、思い余っ  此度はさも思い余っ  今夜は余程思い余っ  



前後の言葉をピックアップ
思い当る  思いあたる  おもいあたる  思いあたろ  思い当たろ  思いあまっ  思い余る  思いあまる  思い合せれ  思い合わせ


動詞をランダムでピックアップ
みなぎる食い止めるやすらわ射通す持ち歩けはたらかそ差掛耽っ捏ねかえさとぶ更すさがしあて乗り上げ導か彫るどよめくひがめ飛びかかろ載っかる
形容詞をランダムでピックアップ
情深くうらやまし茶色いからきゃ手っとり早く七面倒臭ふさわしからなまあたたかせちがら激しい程遠い冷たし危なげなしいまいましいっぽかろ五月蝿少かれ小気味よしいとしい