「思いつめる」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 思いつめる[動詞]
胸にだけ思いつめる  事情か判らぬが、よくよく思いつめる  夢を描き、悩ましく思いつめる  復讐をどうしてやろうかと思いつめる  名音はそれほど思いつめる  心に沁みて思いつめる  ことまで思いつめる  意気地なしが思いつめる  ことを思いつめる  から叱られると思いつめる  娘っ子は恐いね、思いつめる  そればかり思いつめる  ものかと思いつめる  



前後の言葉をピックアップ
思いつこ  おもいつこ  思いつめ  思い詰め  思い詰めれ  思い詰める  思い出  おもいで  想い出  思い出深


動詞をランダムでピックアップ
そぼ降り転ずる彫り込ま取り逃し靡か組み込ま行ずる切り出せ押すさげすめ飛びたっ引絞ら則らすぐさません成りたて切り開き泣崩れくわ
形容詞をランダムでピックアップ
いそがし野太いうら淋しい草深き心細けれ淋しい古くっ恨めしゅうまぶしき平たく注意深きしろし愛らしかっ憎かろねつかれ疳高い格好よくねばっこくおぞましき