「思いつめ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 思いつめ[動詞]
執念く思いつめ  一心に思いつめ  死ぬほど思いつめ  口上だけはひどく思いつめ  ムッツリと思いつめ  事に、あんなに思いつめ  死ぬ程、思いつめ  中では思いつめ  失敗をしたと思いつめ  私一人で致しますと、思いつめ  ことを思いつめ  萎縮させてやろうと思いつめ  いつかなおってみると、思いつめ  清五郎は、なにかよっぽど思いつめ  一年、思いつめ  一途に思いつめ  幾度も思いとまらせようといたしましたが、よほど思いつめ  彦太は、思いつめ  ひとつに、思いつめ  へんに思いつめ  ことを深く思いつめ  千浪を思いつめ  つもりでも、こうやって思いつめ  事を憎い憎いと思いつめ  事でもじっと思いつめ  玄徳は、思いつめ  身の上を思いつめ  キミちゃんが思いつめ  ことばかり思いつめ  時の思いつめ  一筋に思いつめ  彼をそんな思いつめ  それのみ思いつめ  島はそうも思いつめ  無礼をやっつけてやろうかとまで思いつめ  ように思いつめ  何か思いつめ  私は思いつめ  とっさに思いつめ  葉子はその思いつめ  十年前から兄さんが思いつめ  的に思いつめ  せつ子を思いつめ  大庭君を思いつめ  十年昔から、思いつめ  二を思いつめ  人を思いつめ  ような、思いつめ  一つを思いつめ  純一に思いつめ  せいではなく、思いつめ  唯一の思いつめ  それまでだが、思いつめ  のは、思いつめ  上の思いつめ  政枝が思いつめ  内に、堅く思いつめ  他は無い、とさえ思いつめ  娘から、思いつめ  種なのだ、などと思いつめ  投宿したが、思いつめ  有様で、思いつめ  甚しいので、そんなに思いつめ  度外視して、そんなに思いつめ  ことは、思いつめ  一途な思いつめ  彼女の思いつめ  女は思いつめ  さっきほど、思いつめ  わしが思いつめ  気でばかり思いつめ  暮しを見出したい、そう思いつめ  ことばかりを思いつめ  死を思いつめ  夫人がこういう思いつめ  不愉快に感じたが、しかし、それほどまでに思いつめ  死に対してだけ思いつめ  自分だけでは思いつめ  から、思いつめ  自分自身の思いつめ  結婚までしようと思いつめ  娘盛に思いつめ  死ぬまで思いつめ  間真実死ぬほど思いつめ  何かを思いつめ  軽井沢へ駈け戻ろうかと思いつめ  女は、歩きながら、ずいぶん思いつめ  のだけれど、よほど思いつめ  意に逆らうと思いつめ  彼女を殺してしまおうと思いつめ  みちはない、と思いつめ  あいつを殺そうと思いつめ  網走へ、とばかり思いつめ  ことだけ思いつめ  それも思いつめ  女を思いつめ  唯一筋に思いつめ  内へ帰れば善いとばかり思いつめ  姫様が、思いつめ  一図に思いつめ  事を思いつめ  身体を悪くするまでそんなに思いつめ  間一途に思いつめ  運命も支えてゆけないと思いつめ  後を追って死のう、と、さえ思いつめ  手紙を書きまして、この切ない思いつめ  私の思いつめ  道をと思いつめ  ほかないとまで思いつめ  積極的に思いつめ  私は、てっきり、おなくなりになったとばかり思いつめ  ことを忘れずに思いつめ  ばっかりにと思いつめ  それを思いつめ  沈黙とは、思いつめ  却って、始終思いつめ  女子があって、なぶらるるとは知らいで思いつめ  君を思いつめ  何事か思いつめ  一緒に死のうとまで思いつめ  関係したと思いつめ  時から坑夫になると思いつめ  中をあけて思いつめ  燃え上るほどの、思いつめ  寺内氏は、そう思いつめ  中を歩いていたら、ずーっと思いつめ  賛めことばや、思いつめ  血統を受け、思いつめ  春部の思いつめ  わしの思いつめ  のぞみを深く思いつめ  すべて塞がれた、と、そう、思いつめ  立場と思いつめ  申しわけが無いと激しく思いつめ  王様を思いつめ  神もいらぬとまで思いつめ  雲助めを憎い憎いと思いつめ  いっさい、失ってもよいとまで思いつめ  刃で死んでしまおうかとまで、思いつめ  彼女は思いつめ  花世は思いつめ  毎日寝たきりで、思いつめ  だんだん彼女を思いつめ  悶々と思いつめ  世もあらぬその思いつめ  お前さんが思いつめ  自分が深く思いつめ  深刻な思いつめ  野郎どもの思いつめ  時、思いつめ  眼、思いつめ  十郎の思いつめ  余計物だと云わんばかりの思いつめ  危いと思いつめ  女の思いつめ  富子は思いつめ  苦にやみ思いつめ  かわいそうに思いつめ  おまえと思いつめ  なぞと、思いつめ  ゆえ、思いつめ  もと、おいじらしくも思いつめ  小夜子サンは思いつめ  彼に渡したくないとの思いつめ  事ばかりを思いつめ  子こそ思いつめ  熊本君は、思いつめ  時はほんとに思いつめ  竜になりたいと思いつめ  病気になるほど思いつめ  事ばかり思いつめ  若い女の思いつめ  音の至るを思いつめ  苛ら立ち、そしてなにか思いつめ  代り、なにか思いつめ  



前後の言葉をピックアップ
思いつく  思い付く  思いつけ  思いつこ  おもいつこ  思い詰め  思い詰めれ  思いつめる  思い詰める  思い出


動詞をランダムでピックアップ
ほめあげるさえぎる吹きまくり助け合うはじき出さ見落とさけおとさはじまっ掻き口説き取り掛かるいなめ立ち至らしばたたか引きしめよいやせん飲め言いたてつけ足さとちりとりかこま
形容詞をランダムでピックアップ
末頼もしくうたがわしいはれがましいほど近安かっ難からわざとらしくまわりくどくっおそろしく温かき気遣わしいせまき厚ぼったかっにがにがしくやすけれしたしく青黒き篤い懶き