「怒り」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 怒り[動詞]
腹の子も怒り  半分で怒り  処から酔漢は怒り  孝助は大いに怒り  大層に怒り  一方は怒り  そのまま皇后ルイザにも逢わず、ひとり怒り  差別もなく、怒り  錨と怒り  愚を怒り  大に怒り  ときどんなに怒り  女が怒り  本気に怒り  どれかが怒り  んじゃないか、と怒り  彼は益々怒り  楢ノ木大学士は怒り  親が怒り  変心を怒り  心配しながら、且つぶりぶり怒り  ようになって怒り  顔をして怒り  妾ちつとも怒り  彼女は怒り  彼れを怒り  田部嘉七が、いきなりぷりぷり怒り  現実に怒り  里方は痛く怒り  真赤にして怒り  とくに怒り  夫人はしまいに怒り  私は怒り  角に怒り  腹が立てば怒り  口ぐちに怒り  宅助は怒り  面倒だと怒り  本気で怒り  毆ち、怒に怒り  茄子たらざるを怒り  これを怒り  息子が怒り  しろ彼に怒り  急に怒り  田代笛六は、怒り  人が怒り  雷様ときては、怒り  影すらも見えざるに怒り  前にもまして怒り  木大王が怒り  胸を張って怒り  お客さんが怒り  答に怒り  味方同士、怒り  叔母が、怒り  こと弘さんがひどく怒り  彼は怒り  んなら怒り  無為を怒り  女はなぜ怒り  若い方も少し怒り  彼はぷんぷん怒り  のは、当らずといえども遠からずで、そう怒り  自分へ向ってさえ怒り  やんちゃに怒り  勇ちゃんは、怒り  龍は怒り  人に、さは怒り  無法だといって怒り  小野田は終に怒り  男は、怒り  唐辛は、いつもあんなにぷんぷん怒り  人を怒り  蟻田博士は、喜ぶやら怒り  博士はどんなに怒り  地球人類はすぐに怒り  一そう激しく怒り  考えもなく怒り  非常に怒り  女に対して怒り  こんどは少し怒り  耕一も怒り  たるを怒り  前にも増して怒り  事をいわれても、怒り  西洋人が怒るが如く怒り  全体に少し怒り  疑いもするし、怒り  アタシといえども怒り  母はとうとう怒り  其ほど又直に怒り  不思議だと言って、怒り  ため俺はどんなに怒り  から顔色を変えて怒り  赫ッと怒り  何を怒り  所謂民衆たちは、いよいよ怒り  頑固で怒り  犬は怒り  急にひどく怒り  自分で怒り  今、憎みながら怒り  ことについて怒り  私も怒り  別に誰も怒り  神霊は決して怒り  妻に欺かれて怒り  ことはけっして怒り  彼はかっと怒り  桜会はだしぬけに怒り  猛烈に怒り  醤は怒り  正直に怒り  身細く怒り  い事にまで怒り  から皺が延びないといってまた怒り  のを怒り  安藤がムキになって怒り  ように怒り  与八はムキになって怒り  与八はいよいよ怒り  実は私は、怒り  伸子は怒り  なまけ者は怒り  非難と取って、怒り  番頭は怒り  時には怒り  竹洞大いに怒り  嚇と怒り  父は怒り  勘違いをして怒り  米友が怒り  前を怒り  率直に泣き、怒り  何年も怒り  勃然として怒り  眼は怒り  主膳は、甚だしく怒り  子供が怒り  と金助は、いよいよ怒り  キライだ、と怒り  不埒を怒り  赫と怒り  スミ枝は、とうとう怒り  自ら悼み、且つ泣き、且つ怒り  人は、わざとらしく怒り  兵馬はムッとして怒り  子供がムキになって怒り  仏頂寺大いに怒り  たか大いに怒り  色を変えて怒り  神尾が、怒り  歯ぎしりをして怒り  指でもさすと、ムキになって怒り  Mさんは怒り  戰爭を始終怒り  出しぬけに覗かれて、ムッと怒り  声をあげて怒り  きえちゃんを怒り  ことを怒り  夫人はひどく怒り  烈火の如く怒り  段さんが怒り  小僧め、怒り  事を云って怒り  木原さんは怒り  見幕で怒り  銀様が、そんなに怒り  梟が怒り  二人ともきっと怒り  さきに怒り  犬どもが怒り  メーソフさんはひどく怒り  メーソフが怒り  神様が怒り  大変に怒り  真赤になって怒り  頭をふって怒り  むやみに怒り  それを聞いて怒り  号外を見るなり一層怒り  兎が怒り  父が怒り  烈火のごとく怒り  意味で怒り  掴殺してやらうと怒り  くもは、たいそう怒り  叔父はたいそう怒り  不意に怒り  叔父は怒り  ことと、日に日に怒り  肩が怒り  年をとって、したがっていくらか怒り  菓物屋さんは怒り  鴎外先生はプンプン怒り  赫とばかりに怒り  サモイレンコは思い惑って、そろそろ怒り  なにを怒り  母に怒り  蒼ざめ、怒り  探索を怒り  りやさんが、震えるほど怒り  峰吉はいよいよ怒り  おじいさんも、そんなに怒り  クリストフは笑いだしまた怒り  ファラデーはむっと怒り  話をきいて怒り  彼は、ひどく怒り  涙を拭きもしないで、怒り  ヂレヂレと怒り  八一ねえさんも怒り  それから突然怒り  彼等は怒り  一度は怒り  事ごとに怒り  ワナワナと怒り  一件を怒り  世間は怒り  サアは大層怒り  僕は怒り  代りに怒り  返済しないといふので怒り  勝負に勝ちながら、怒り  それでさえ怒り  さへ怒り  つてわれらの来らざるを怒り  じだんだふんで怒り  これも怒り  行つた母は、軈て間もなくぷんぷん怒り  松本は怒り  診断書を求められると、怒り  此度は怒り  者なくては大いに怒り  無茶先生はとうとう怒り  推参と聞いて大いに怒り  祠堂を滅せしを怒り  彼も怒り  カンカンに怒り  二人は怒り  涙声で怒り  損はないじゃないか、なぜそんなに怒り  こころは怒り  人間よ、笑いたくば笑うも宜い怒り  ところに怒り  こんどこそは怒り  奸計を怒り  図ぢや、本当に怒り  方で怒り  人は年中怒り  朋輩を撃たれて怒り  云つて卓を叩いて怒り  ナナエが聞いたら、きっと怒り  朝笑わなかったら怒り  ためにだいいち怒り  脱走にひどく怒り  われに怒り  かつは怒り  武男を怒り  浪子を怒り  思い出でて怒り  将来を想うて怒り、悲しきに怒り  さびしきに怒り  詮方なきにまた怒り  幾たびか怒り  それから、ぷんぷん怒り  校長はぷんぷん怒り  斯う怒り  若宮大いに怒り  三分の二が怒り  田島は怒り  十二時半じゃ怒り  これ迄怒り  団長が怒り  庄亮が怒り  機嫌が悪くて怒り  太祖は大いに怒り  西洋人だと怒り  娘らしく怒り  急にぶるぶると怒り  冷淡さを怒り  彼女は本当に怒り  足立支配人は怒り  男はとうとう怒り  意気銷沈して、怒り  土神はむらむらっと怒り  のをムキになって怒り  湯気を上げて怒り  恨みを含んで怒り  あなたはまた怒り  ことを大いに怒り  あなたは怒り  眼は、たちまち親しく怒り  うち叩いて、ひどく怒り  右近心中に怒り  顔色からそれが怒り  私、怒り  おふくろが怒り  之を怒り  小悪魔はひどく怒り  かんかんに怒り  次郎は怒り  欣しがらせておいて、怒り  拳をかためて、怒り  金持ちは、たいそう怒り  見当がつかないので、むしょうに怒り  血相をかへて怒り  駕を拒んでぷんぷん怒り  火吹だるまが怒り  ことに怒り  波浪は怒り  次郎がしばしば怒り  無口に、また、ひどく怒り  女房だったら、今にきっと怒り  疑い痛く怒り  あらはに怒り  体をふるわして怒り  誰でも怒り  制止するを怒り  金三はまた怒り  ものですよ。私は怒り  ヤス子は怒り  ことをせずに、軽々しく怒り  頃いったいに、たいへん怒り  鷹の、怒り  背に捲き、激しく怒り  むかし自分を叱つたり怒り  無礼を怒り  それが怒り  閣下の与に為すあるに足らざるを怒り  余り云ふと怒り  君は、たいへん怒り  鳥右ヱ門が怒り  鳥右ヱ門は怒り  爲すあるに足らざるを怒り  かば王憂へ且つ怒り  家僕大いに怒り  われ大いに怒り  慶次郎を見つけると、まるで怒り  セラダは怒り  中で怒り  長坂も怒り  阪中君は怒り  こととて大いに怒り  者があるとて大いに怒り  青砥は怒り  漁夫大いに怒り  大事とて大いに怒り  日、怒り  次第を知ると、たいへんに怒り  主人は怒り  眼前に立ちふさがり、かれは迷いつ、怒り  瞬間にはいきなり怒り  かんかんになって怒り  連中が怒り  わしは、決して怒り  のは、怒り  王妃は怒り  振舞を怒り  禮を怒り  姉は本当に怒り  彼女が怒り  母が怒り  クワツと怒り  さわってはいけないといって怒り  顔を赤くして怒り  カンカンになって怒り  女は、酔っては怒り  それができないからとて怒り  氣に怒り  ジダンダふんで怒り  八十松を怒り  やうに怒り  猿達は怒り  ニーナに怒り  女も怒り  ことをやめて怒り  旦那は怒り  愛ずる心ありて恨めど怒り  極度に怒り  そうになっている、或いは今にも怒り  つてゐる、或ひは今にも怒り  ヘルンはよく怒り  何よりも怒り  姉はすぐに怒り  ッ赤になって怒り  一処に怒り  ガン人はきっと怒り  

名詞

怒り[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
怒りあるいは喜ぶ  怒りを燃さずにゐられない  怒り易くなっていた  怒りと失望と後悔とに身も魂もくだけ果てた  怒りと失望と後悔とに身も魂もくだけた  怒りの色を現して  怒りきつてゐたが  怒りのもとに無抵抗にさらさなければならなかった  怒りは才能と勇気のありすぎる  怒りの聲を浴せかけた  怒りの余り思わず知らず  怒りの声を振立てながら  怒りもあるだろうし  怒りにかられながら  怒りを感じた  怒りの発作が鎮まるだらう  怒りと憎悪と適切な行動に支えられた  怒りになった  怒りになっておられます  怒りと共に昂進した  怒りを買う  怒りに憑かれると  怒りになり  怒りをやめてくれ  怒りの火炎が眼に燃えて  怒りの声が聞こえてきました  怒りを意味する  怒りを走らせて  怒りもされず  怒りにならない  怒りのためにぶるぶるふるえた  怒りと痛みとのあまり頭を廻して  怒りだけが彼の心をみたしてしまう  怒りはしなかったが  怒りを強いて押えつけた  怒りが私を煽り立てる  怒りが全面を覆ふてゐる  怒りこそ永遠の所有から踏み出す  怒りに充ちた  怒りにふるへをののき  怒りをかんぜり  怒りの発たんとするに  怒りとなってかの  怒りも致しました  怒り立つ声がして  怒りはしない  怒りを加えたらしい  怒りと憎しみとで顔を燃やし  怒りはごもつともだと思つています  怒りになつていらつしやるだろうと  怒りは刹那に消え去って  怒りの声きこへては  怒りもしない  怒り易くなる  怒りが走つた  怒りに偽装せられた  怒りに觸れて  怒りの心持ちは現われていませんでした  怒りが胸をしめつけて来た  怒りもしないで  怒りに怒鳴った  怒りを一時にぶちまける  怒りに震えていた  怒りのために耳がかァんとなった  怒りの眼で睨みつけた  怒りの涙がほとばしって  怒りを爆発させない  怒りが今もなお佐古の心の中に残っていた  怒りを察して  怒りを感じ  怒りはどうしても釈けなかった  怒りのために震えた  怒りをこめて  怒りに燃えた  怒りをつのらせてゐた  怒りとして持ち出さずにはおく  怒りに燃えたつので  怒りを感じてゐたであらう  怒りにはち切れ  怒りが満ちて来る  怒りを溶かす  怒りなすっちゃいけません  怒りにならないのよ  怒りをぐっと呑み込んで  怒りもせず  怒りに燃えました  怒りは消えていました  怒りを発表する  怒りで室の上で足ぶみをし  怒りを発しました  怒りを収めた  怒りに顫へてその面を睨みつけると  怒りに任せて罵った  怒りをおさえて  怒りが勃発したかの  怒りに触れてしまったので  怒りもせずに  怒りを覚える  怒りさえこみ上げて来た  怒りも歓びもしないで  怒りにふれて殺す  怒りを呼ぶからである  怒りを少なくする  怒りに血の色をさしてきた  怒りもある  怒りがこみ上げてきて  怒りがこみ上げてきた  怒りは頂点に達し  怒りの方がこみ上げて来た  怒りを示された  怒りではありますまい  怒りなどという感情はいじけた  怒りだけを示し  怒りを同時に感ずる  怒りも悲しみも怨みもしていない  怒りが湧き起こった  怒りをなした  怒りを発した  怒りに乗じて  怒りに乗じ  怒りに触れ  怒りの気を生じ  怒りが解けた  怒りがありますて  怒りに燃えてゐる  怒りが急に折れて  怒りの条を見れば見る程  怒りのために慄え出した  怒りになったかの  怒りにも似た  怒りにふるへながら  怒りはしないか  怒り遊ばないで下さいまし  怒りにふるえながら  怒りながらこんなことを云い合って居た  怒りに燃えた呟きを捨て  怒りと絶望に目を眩ませ  怒りを見せて下さらなければ  怒りを買い  怒りにもえあがった  怒りと咒ひが  怒りも何もしないから  怒りをもって  怒りをうけましょうとも  怒りにふれて  怒りは甚しく  怒りの冷めない  怒りにならないで  怒りのこえをあげた  怒りに触れる  怒りを一度に発して  怒りをなだめる  怒りを見せて打ってかかった  怒りを論理化しようと  怒りのバネに跳ね起されると  怒りをなお甚だしくさせた  怒りは心頭に燃えて  怒りをなだめた  怒りを抱いた  怒りに油をそそぐ  怒りをうけ  怒りを煽るのみであるし  怒りをふくんだ  怒りを燃やしていた  怒りは抱こうとしても抱けなかった  怒りをなだめていただく  怒りをかい  怒りにまかせて  怒りに触れた  怒りときまっている  怒りの兵を挙げて  怒りがムラムラと発して来て  怒りをふるわせて  怒りは極度にたかぶった  怒りはしずまらず  怒りをおしずめ下さい  怒りの色も収めなかった  怒りはなさるまい  怒りも見えなかつた  怒りたけって走って来る  怒りはいうまでも  怒りに任せて  怒りと驚きにふるえて  怒りも失望もしない  怒りの声を発した  怒りになると思ったから  怒りというか  怒りをしきりに誘った  怒りを駆ろうとする  怒りに燃え  怒りを覚えられたであらうか  怒りを覚えられたであろうか  怒りがとける  怒りの血のいろを  怒りになるなら  怒りを帯びた  怒りを抑えて  怒りを感じている  怒りにふれてしまい  怒りをふくみ  怒りを緩和しようと考え  怒りにひきしまった  怒りがかりたてられた  怒りに燃えたが  怒りを叩きつけると  怒りを解かんとしたのであらう  怒りを燃やす  怒りが燃えました  怒りは際限もなく發展しますが  怒りがもえて居る  怒りを慰め得ない  怒りを隠しきれずに  怒りの絶叫さへ張りあげたい  怒りのために涙さへ滲むばかりの思ひ詰めた  怒りに堪え切れぬ  怒りの現実へ踏み戻らうとする  怒りをもらす  怒りになっちゃ  怒り罵りながら舷梯を駆け降りて来て  怒りと屈辱とで正気を失い  怒りなされた  怒りを加えている  怒りを持たねばならぬ  怒りのために小顫いさせ  怒りとの籠った  怒りに駆り立てられ  怒りながらも愛しておられる  怒りが自分の頭上に爆發する  怒りを恐れて  怒りを構成してゐる  怒りにふれる  怒りを以てむくいる  怒りとの自由をとりかへしたい  怒りとに就いて  怒りと嘲りとを  怒りの情が動きはしまいか  怒りの情を表現せずにはいられぬ  怒りの情にまかせて  怒りをまぬかれたる  怒りくるって吹きすさんでいた  怒りとなつて現れる  怒りは釈ける  怒りの魂を鎮めた  怒りの原因となる  怒りがあるとした  怒りを鎮めた  怒りを鎮める  怒りとした  怒り易き威力ある  怒りも憎みもします  怒りとは違います  怒りの情に堪えきらざる  怒りに漲れるを見たり  怒りにふるえて  怒りをしずめて  怒りに澄んだ呟きがもれた  怒りに燃えていた  怒りにふるえ  怒りを抑え  怒りふるえている  怒りにならんでください  怒りをひそめた  怒りを我思ふ  怒りは反動的なブルジョアジーの無力な敵意を反映している  怒りにあつて危く命を失ひかけた  怒りが忘れられぬ  怒りにふれ  怒りを怖れて  怒りを買ふ  怒りともつかない  怒りはしないから  怒り無きものあらんや  怒りに依って  怒りのマスクを与え給え  怒りの声が出ました  怒りでもって  怒りを燃やしながら  怒りのために盲目になっている  怒りやがって  怒りと憎悪とで斬り込んで来た  怒りを含んだ  怒りが交ざり合った  怒りと当惑と相半ばした  怒りの鎮まる  怒りをもやし  怒りが一ぱいになっていた  怒りで泣き叫ぼうとした  怒りに触れるからといふので  怒りがみちみちていた  怒りを押えていた  怒りが燃えあがった  怒りは悲みとなって  怒りの柳眉を逆だててとか  怒りの紅潮がさつと顏中に走つた  怒りの爲めにぶるぶる顫へてゐた  怒りの感情の高潮しきつた  怒りに震えている  怒りもこちらの横車を押した  怒りとも思はれなく  怒りっぽいのは婆やが出てゆく  怒りを同時に和らげた  怒りや恨みを受ける  怒りんぼにも  怒りが心頭に発して来て  怒りを底に沈めた  怒りに来とる  怒りに堪えない  怒りを和めずばなりますまい  怒りは解けますまい  怒りの余り夢中になったとしても  怒りにかられてなした  怒りもならない  怒りの声に打たれたかった  怒りに捕えられた  怒りの色を口びるのあたりに宿して  怒りをきれいにぬぐい去って  怒りに似た  怒りに触れて  怒りに乗じて為したまう  怒りに焼きた  怒りを含めた  怒りは母に向けられている  怒りに私は縮み上ってしまった  怒り付ける気は出せなかった  怒りから代助を庇う  怒りが生じてきた  怒りが綴られていた  怒りにぶるぶるふるえるが  怒りの衝動にかられて  怒りに止まる  怒りを見せて  怒りをお発しになりまして  怒りや憤りの  怒りのために爪の先まで青白くなって  怒りが募っていた  怒りを発していた  怒りと失望とをいだきながら  怒りに興奮した  怒りというよりも  怒りとで葉子は自制ができないほどふるえていた  怒りに前後を忘れて起き上がろうとした  怒りを忘れて行った  怒りも出来なかった  怒りはすべて忘れて  怒りに果て  怒りが向けられている  怒りに任して  怒りの表情の抑揚のつけ方をちょっと思案してみる  怒りに燃えている  怒りに叫んでいる  怒りがこみあげてきて  怒りと不快とは優にそれらの襲撃を跳ね返すに  怒りはしません  怒りは又乱潮のやうに寄せ返した  怒りが間違いであったとは思わなかった  怒りに怯えながら言った  怒りに震えた  怒りをあらわして  怒りを聲に表はして  怒りと恥とで燃えている  怒りに価する  怒りんぼ  怒りを一緒にして  怒りのタネはキリがありません  怒りとかいう感じをその時さらに感じなかった  怒りや荒々しさの肯定となって現れてもいる  怒りをかって  怒りに燃えているかを  怒りに代へるので  怒り罵る声が聞こえてきた  怒りを発する  怒りなんだろうと思っていると  怒りはせん  怒りを日本犬の立小便に結んでいる  怒りが爆発した  怒りでチョークを投げつけ  怒りがこみあげた  怒りにわなわなと顫へてゐる  怒りを罩めて叫んだ  怒りになっても  怒りであるとか等々の答えにしても  怒りがわいて来て  怒りに胸をふるわせて  怒りの焔を燃やしている  怒りや軽蔑の感情をすっかり忘れてしまった  怒りといったようなものがチラと横切った  怒りで思慮を失ってしまった  怒りやがった  怒りはしないけれども  怒りの虫がいつしか巣くったと  怒りの虫にとっつかれたと言う  怒りは怒りをあおり  怒りと主我心を呪うならば  怒りと主我心とを征服せよ  怒りを受けてか  怒りにわななき  怒りまた笑った  怒りの像となり  怒りは消えていなかった  怒りを發して  怒りをはぐらかそうとして  怒りを買った  怒り出しそうになる  怒りに道庵先生へ武者振りついてみましたけれども  怒りの怖るべき  怒りになりましたかしら  怒りになっては  怒りを胸におさめて  怒りなすっちゃ話ができません  怒りのために吃りどもり  怒りを眸に示して  怒りをみせて叱りつけると  怒りもしなければ休めもしない  怒りも解け  怒りもありますまい  怒りに触れました  怒りとを感じたらしい  怒りを胸へ燃やした  怒りと恥とに身を揉んでいた  怒りが現われ  怒りを心に持っている  怒りになって  怒りを宿している  怒りはしないかもしれない  怒りの色は見えず  怒りが凍っていた  怒り出すことは火を見る  怒りとがひそんでゐる  怒りで一ぱいになる  怒りでぶる  怒りと涙とにつかれつくして  怒りから逃れ  怒りから身を亡してはならない  怒りを表はして  怒りにならないでも  怒りをまねく  怒りにもえた  怒りをうけて  怒りをやわらげて  怒りに狂った  怒りにもえている  怒りに身をまかす  怒りに煮えくりかえる  怒りとも笑いともつかぬ  怒りはあの人たちと同じような調子で湧いて来る  怒りに駆られて探しはじめた  怒りをとろかす  怒りがぶっつかって行った  怒りがタタリをしている  怒りの叫び声をあげて  怒りの逆上する  怒りや逆上に狂う  怒りもしなかった  怒りの視線はきびしくそそがれた  怒りが湧いてきた  怒りが分からん  怒りに身をふるわして叫ぶ  怒りは心底に深くひろがっていた  怒りが一様ならぬ  怒りを叩きつける  怒りや呪いがあったかも知れません  怒りに乗じて突き出す  怒りは頂上に達し  怒りとがいつし  怒りだけがのこつて  怒りが私に集中してをつた  怒りに逆上して  怒りは三日もたてば忘れ果て  怒りを覚えた  怒りが燃えた  怒りがをさ  怒りのために狂つてゐる  怒りを増し  怒りもだしたる  怒りいとしも顔あかめ怒りし  怒りに駆られて  怒りっぽい人だということを聞きました  怒りであったように存じますが  怒りときき  怒りは心頭より発したる  怒り出したのにも無理のないところがあります  怒りもしないの  怒り出された  怒りをもらしたので  怒りにみなぎり  怒りに堪えず  怒りを額に感じながら  怒りをなし  怒りの燃えた  怒りがこみあげてくる  怒りに震う  怒りんぼで  怒りを見せる  怒りの表現で大車輪になってる  怒りの表現を一々裏切って行く  怒りのうちに威相と慈愛とを失わない  怒りはそれに似ていますな  怒りはともかくその髣髴をうつす  怒り召された  怒りのために彼の持ち合せてゐた  怒りの瞬間にあらはれる  怒りに燃えてゐた  怒りなされるとまで信じていた  怒りをし  怒りっぽく振り  怒りを向う鉢巻の心頭より発して食ってかかり  怒りに油をさした  怒りは一つになって  怒りが心頭より発した  怒りもしなければ  怒りの中に押し揉まれつつ  怒りをうけてはたまりません  怒り猛る仁王のようにおしまにつかみかかりながら罵りかえした  怒りになりますると  怒りのためにサッと青くなった  怒りを発し  怒りを和げる  怒りを避けて  怒りと悲しみが一度に頭に上る  怒りを忍んでいる  怒りもわすれた  怒りを移すべき  怒りをしずめる  怒りになる  怒りもすぐ第六感をおびやかして  怒りとかというごとき表情はそこには全然現わされていない  怒りだちに立った  怒りが眉のあたりに這ふ  怒りでギラギラ光り出した  怒りや悲しみがありました  怒りが駈け  怒りから醒めて  怒りや憎しみで穢されない  怒りをかった  怒りの足で蹴り放った  怒りっぽいじれったそうな身ぶりで私の腕をつかみながら  怒りをさらに焚きつける  怒りがこみ上げて来さうになる  怒りによって踏み  怒りだけを荷って去る  怒りを買うなら  怒りとして喜んで受けよう  怒りもならず  怒りになっていたが  怒りであろうと思いましたから  怒りにあったともある  怒りの角に触れて  怒りに燃やされた  怒りの奔流を見せていた  怒りと呵責なのかもしれなかった  怒りに燃えあがった  怒りと恐れとから発せられた  怒りは狂気のようになった  怒りがたちまち今度は恐怖に変った  怒りのかたまり見たいになって  怒りの眼に涙をうかべて云い聞かせた  怒りや呪ひや  怒りのあまりに家の内を空虚となし  怒りと悲しみに悶えていたが  怒りになつて居られる  怒りの御様子をいちどもお見せにならなかつた  怒りになるどころか  怒りに触れて来る  怒りや不徳の致す  怒りはありありと御顔に読まれました  怒りになりませんでした  怒りがありました  怒りもすべき  怒りになっていらっしゃる  怒りに頓着なく呟く  怒りとあまり香ばしくもない余興が出るまで  怒りは火となりて  怒りさえした  怒りに触れしめた  怒りをいどむ  怒りやよろこびに波うつ  怒りのほどを怖れて  怒りたって指揮棒を投げすて  怒りの念にとらえられた  怒りとで叫んだ  怒りの場合に限っていた  怒りに任してののしり  怒りを招いた  怒りはすまいかと気づかい始めていた  怒りに顔をしかめた  怒りはしたが  怒りを圧し潰して  怒りも遊ばさないで  怒りを爆発させる  怒りをこめた  怒りはあったにしても  怒りの一文を草せられた  怒り苦しんでいた  怒りっぽくなってしまいました  怒りにあって  怒りを激発させる  怒りの発作に襲はれて  怒りの声をなげかけた  怒りなさったとみえて  怒りをなしました  怒りに任せて打った  怒りにうち震えた  怒りを緩和しては  怒りとろうばいの色を散らしながら  怒りとを吐き出した  怒りっぽい性質からと言うだけでは  怒りたっていた  怒りに眼を輝かしていた  怒りに喉をつまらしていた  怒りはことごとくクリストフに向かった  怒りを押えて  怒りの色を浮かべ  怒りの色が現われて居る  怒りも現わすまい  怒りのはげしさにびっくりしたらしく  怒りを含んでゐた  怒りに任せてはさんだ  怒りに慈愛のこもっている  怒りもなくよろこびも  怒りを押し流した  怒りが鎮まらなかった  怒りを見せていった  怒りにゆがんでくる  怒りに酔っていた  怒りを押えようと誓っていたからである  怒りはしないだろうか  怒りに対する恐れが黒い影となって泥んでいた  怒りが燃えたった  怒りやした  怒りの眼を燃やしてゐた  怒りもして過ぎ  怒りに燃えながらも  怒りは急に膨脹しました  怒りは静まった  怒りの叫びを発した  怒りもするし  怒りに狂ひ  怒りと憎しみに燃え  怒りが二人の腹の中に夜昼渦巻く  怒りもすれば  怒りとにふるへる  怒りしを見んは  怒りとも悲しみとも恥ともはた喜びともいいわけがたき  怒りのとける  怒りを発せり  怒りを発せり  怒りになつて往つておしまひなすつた  怒りをおし耐えた  怒りをまじえた  怒りにあふれた  怒りに任せて書いている  怒りの焔を燃やし続けた  怒りを招く  怒りを抑えかねた  怒りで真っ赤になった  怒りに燃え上がってくる  怒りに満ちた  怒りは露骨に聞こえ始めた  怒りを育てた  怒りを見せた  怒りとで挟み上げられた  怒りに血ばしらせている  怒りの代わりに嘲りと憎みを  怒りがなくなっていた  怒りとを心に感じた  怒りに狂い立って  怒りと悩みに震えていた  怒りて書物を投げすて  怒りをしずめた  怒りを投げつける  怒りを示す  怒りにはならないでしょうね  怒りを感ぜず  怒りのために膝がガタガタ震えた  怒りはまるで私の腹の底をぐらぐらさせた  怒りのやり場がなくなっていた  怒りをかんじた  怒りになったりしましては  怒りは直ぐに尾崎からもつと  怒りやしない  怒りやしないよ  怒りを感じて来た  怒りが腹の中で突っ立ち上った  怒りもした  怒りもしないで笑っている  怒りも消えてしまい  怒りにもえて  怒りを動作に移してなぐりつける  怒りになりました  怒りの色を見せて  怒りはますます烈しくなり  怒りにふるえながらも笑い  怒りながら剣を納める  怒りも覚えた  怒りを抑えた  怒りにもえていた  怒りに百年の運を取は  怒りとがごつちやになつて燃え  怒りに顫える  怒りが走つてゐる  怒りとなった  怒りっぽくなると共に  怒り一方ならぬは  怒りて谷へ抛  怒りに任せて蹴り  怒りが行き  怒りの余り斬らんとす  怒りをなして  怒りを考えたり  怒りも聞かれなかった  怒りが燃えつのる  怒りと恐怖のカクテルの胴ぶるいである  怒りは解けたらしい  怒りの涙をむすんでいる  怒りが乗りうつった  怒りの程が肝に銘じおったか  怒りも一片だにありませんです  怒りでは有るまじと  怒り最早安まっただろとて  怒りを胸に蔵して  怒りっぽくなったり  怒りあるいは泣きあるいは両手に汗を握り  怒りと嘲りを浴せながら  怒りの言葉をもらして  怒りをやわらげるまで  怒りを明日まで持ち越さない  怒りは解けましたが  怒りのために狂乱した  怒りを少しも介意せず  怒りのようもなく笑わせ給う  怒りの形相が完全に消えてしまう  怒りを圭一郎は勿論冀うた  怒りも心の戦いもやみて  怒りを遷さず  怒りに眼が眩んできた  怒りたった人声がする  怒りにゆがんだ  怒りが燃える  怒りがとけず  怒りよ可愛い私の下僕忠実に梶棒をふりあげて  怒りも短時間だ鋭い歯はもつてゐるが  怒りになるでせう  怒りになつていらつしやる  怒りにふるえた  怒りの爆発だったのかもしれない  怒りさえせねば  怒り罵る若者たちを制して  怒りのおびただしいことは信西も大方推量していたが  怒りを語らん  怒りにふるへをののくか  怒りっぽい惣七の口書きをする  怒りがおいおい消えつつある  怒りを感じて  怒りを大きゅうしたかも知れぬな  怒りも感じない  怒りが頭へ込み上げて来ましたが  怒りきつた足どりで門を出て  怒りの発作でそれに答え  怒りっぽさというものだけによって断食芸人のこんなふるまいが  怒りはしないでしょう  怒りに駆られたりしてはならないと  怒りになってよ  怒りも喜びもそをつと秘密にしてを  怒りを宥め  怒りを起こさせようとする  怒りて立てる如く  怒りながら来るよ  怒りはしたものの  怒りもすぐ解けて  怒りによって楽園から追払われました  怒りを現して叫んだが  怒りが燃えつ  怒りとで思わず大声になった  怒りもやれず  怒りに慄わして猛り立った  怒りっぽくなったりするし  怒りを忍びて帰りぬ  怒りに会って  怒りを激せし  怒りはなおさらに悶を加えて  怒りをほしいままにして  怒りの疲労にようやく夜も睡るを  怒りにふれている  怒りが爆発し  怒りが胸へこみあげて来た  怒りをおそれて  怒りにみちた  怒りをもつて  怒りの激しさのやうに感じる  怒りに盲ひて  怒りと蔑みの  怒りを覚えてしまふ  怒りをいだいた  怒りと混乱を与えた  怒りをあらはしかけたが  怒りに変つてゐる  怒りを与えた  怒りをもやす  怒りの裏に休みなく駈けめぐり  怒りも和らいで  怒りのためにギラギラと狂暴な光を浮かべた  怒りを燃して  怒りにやりきれない  怒りは恐らく異常には見えないのでせう  怒りもそこでは自づと忘れる  怒りのもとは要するに卓一を味方にたのむ  怒りを忘れてしまふ  怒りを燃した  怒りが湧いてゐた  怒りを催す  怒り遊ばすものと存じておりましたのに  怒りをあらわした  怒りの中へ我知らず捲き込まれてゐた  怒りを抑えている  怒りを浮かべながら  怒りを和らげる  怒りを蒙  怒りを潜めながら  怒りもしないで笑っていた  怒りながらまけてくれた  怒りっぽいことなどもききました  怒りと恥が彼等の眼に燃えていた  怒りの方が勝っているらしかった  怒りは今でも総身の血が沸えくりかえる  怒りのためにことに鋭く見開かれていた  怒りと懊みで  怒りと憎しみとで口がきけなかった  怒りを抑えきれず  怒りと復讐に燃えていた  怒りが戻ってきて  怒りを抑えきれなかった  怒りを想像して  怒りを昂ぶらせるだけだ  怒りのもどかしさに歯ぎしりした  怒りが絶望の底に沈潜するとさ  怒りのまじりあった  怒りに燃える  怒りに捉えられ  怒りは言語に絶する  怒りが私を捉え  怒りを煽ったりした  怒りと復讐の念がまた戻ってきて  怒りに肩を聳かせて  怒りはしないよ  怒りなすっては困ります  怒りもさっそくに解けるであろう  怒りは嚥み込んでしまって答えた  怒りは縮れた  怒りのためにふるへてゐた  怒りける時楼上に居たれば  怒りが込み上げて来たらしく  怒りの声で云った  怒りに堪えなかった  怒りは頼母を狂気させた  怒りで血走った  怒りと恐怖と屈辱とで躍り上がり  怒りを買っている  怒りを飲み込み  怒りの形相が私をそんなに迄身顫いさせ得るだろうか  怒りを発して  怒りを止めなかった  怒りを我慢する  怒りの感情は発育を遂げる  怒りの色をあらわした  怒りも実は糸子にシゲキされた  怒りはなされまい  怒りに前後をかえりみず  怒りつぽいのもある  怒りに帰す  怒りはここに至って  怒りとに震えていました  怒りはその努力の知られざるに由ってであろう  怒りもいわれなき  怒りはつきなかった  怒りが静まって  怒りが字にまで出ている  怒りは火の燃えついた  怒りと入れ交った  怒りを催したらしかった  怒りをもて余しているらしかったが  怒りに似  怒りは感覚物に附着した怒である  怒りを我以外に放射して  怒りくるっていた  怒りはげしきにたへざれば足なやみ  怒りのかたまりになって  怒りが収まらないので  怒りのあまり足を踏みならした  怒りをまず忘れさせた  怒りなんかひき起こす  怒りがやわらげられた  怒りに身体をふるわせながら  怒りにならないでくださいましな  怒り猛るかしれないと思う  怒りでもするかの  怒りの激情に堪えられん  怒りにしても  怒りにでも遇おう  怒りに触れず  怒りとがごっちゃになっている  怒りとも悲しみともつかぬ  怒りたまふな  怒りは新たに白熱化して  怒りはいつの間にか蘇っていた  怒りの眼付を見ると  怒りも忘れた  怒りを燃やし  怒り恨む事と謗る  怒りだけに立って  怒りを殺す  怒りというものを忘れた  怒りの声を張り上げて  怒りも何処へやら消え去って  怒りと怖れの  怒りや狂わしい元気や悲しいあきらめが金髪の男たちによろこびを与えた  怒りもし  怒りの色も和解の容子も表はさないカテリーナの父親にむかつて  怒りを感じていた  怒りを最も重要なところに集中する  怒りの焦点を定める  怒りを集中する  怒りの焦点がある  怒りっぽくなる  怒りっぽいという批評は必ずしも不当な批評でないという気がして  怒りが完全に私をもえあがらせたば  怒りと不安にゆがんでいた  怒りは素朴なところがありますね  怒りになったかも知れません  怒りの流れるにまかせ  怒りは誤解だといふ説明をかいた  怒りに物凄く変って来た  怒りを感じやしない  怒りとに代えてしまう  怒りで打たれた  怒りに対しては怒りをもって立ち向かえ  怒りを招くという  怒りを感じなかった  怒りでもあった  怒りを感じないではいられなかった  怒りがこみあげて来て  怒りを畏れたりする  怒りに目がくらんだ  怒りに憑かれたが  怒りと憎しみが燃えたっていた  怒りと憎しみを見る  怒りに顫えていると  怒りは怒りをあおる  怒りに胸が塞がって  怒りを押えた  怒りんぼだから  怒りを感じました  怒りは知らないのよ  怒りやらを叩き付けた  怒りと正義をこめて  怒りがこみあげてきた  怒りの眼差は気付かなかつた  怒りのうちに死せる  怒りをもて  怒りをあらはせる  怒りに觸れなば何ぞ罰を朱の都の中にうけざる  怒りにふる  怒りかへつて輕きやを見るをえん  怒りにとらはれし  怒りに護らる  怒りに驅られ  怒りにふさはしき痛みにあらじ  怒りをあらはし  怒りに刺されしか  怒りあらだつさまはさながら立止まりて  怒りをうかべ  怒りを起せし如くなりき  怒りにもえつ  怒りにむかへるごとく  怒りに觸れし  怒りの猛きも  怒りには及ばじ  怒り生じ雜念起らば  怒りを起し  怒りをやはら  怒りと嘲りをあらはせる  怒り易きこと他に類を見ず  怒りの色を外にあらはさじとつとめし  怒りを見ずして  怒りに觸れその電光に撃たれて死す  怒りて自ら苦しむは  怒りを起せる  怒りを招けるより  怒りに觸れる  怒り悲しんで憎むべき  怒りより生る  怒りの火に燃え  怒りの結を解くなり  怒りのために無に歸するを  怒りに刺さるとみゆる  怒りにたへかね  怒りの智をくらまして  怒りの如く直ちに激發する  怒り出したりした  怒りと悲しみにしずんだ  怒りにぶるぶるふるえ  怒りをしずめ  怒りにふるえていた  怒りにふるえる  怒りを避けようとする  怒りはもう消えて居た  怒りが火のやうに胸に燃える  怒りの影が見える  怒りに胸も張り裂け  怒りとで心が顛倒した  怒りも買う  怒りにかけて現実に見つつある  怒りを移し  怒りはますます急になり  怒りはいかばかりなりけむ  怒りに報ゆるの  怒りのあまり悉くこれを殺さんとす  怒りをなだめしごとし  怒りを和ぐるの譽をばローマ人に與へ給へり  怒りなれば義憤といへり  怒りのためブオンデルモンテ殺害せられ  怒りも歎きも  怒り忽ち跡を追つかけたけれども  怒りを発して祟られる  怒りを含んで  怒りを堪える  怒りもしませんでしたが  怒りにならんと  怒りに逆上している  怒りになられた  怒りと嘲りを浮べた  怒りが強く發した  怒りだけを感じ  怒りと嘲笑を浮べた  怒りが強く発した  怒り易い性質を離れて存しなかつたであらう  怒りは爆発した  怒り易くなる傾があるが  怒りは彼の身体の自由を縛つてし  怒りに頸すじを赤くした  怒りのようなものを湧き上がらせていた  怒りが爆発している  怒りのためにつまってしまうかと思うと  怒りっぽさに大いに悩まされなければならない  怒りでどなったが  怒りに燃えて  怒りを加え  怒りを心頭に発した  怒りでそれさえ失ってしまった  怒りを燃え立たせたが  怒りを発したと見える  怒りがなかなかとまらぬらしく  怒りを自制する  怒りも怨みもしやしません  怒りはますます激しくなって  怒りは心頭に発した  怒りもしないらしい  怒りをなだめたが肯かれなかったという  怒りを漲らせながら  怒りに対して父親は張合いもなくうす苦く黙  怒りもすればあわれみもした  怒りっぽいオランダ人の農夫から馬を借り  怒りがあった  怒りの対象となるべき  

~ 怒り[名詞]1
ブルタスに怒りを  事にも怒り  急に怒りの  彼は怒り  ジュピターの怒りの  主人の怒りは  背中から怒りの  そこには怒りも  赫々と燃え立つ怒りに  事実に対して怒りを  純潔な怒りと  藻掻くほど怒りと共に  大人連の怒りを  情熱や怒りに  彼の怒りの  海底超人の怒りの  思つたが怒りも  彼は怒りと  さに対する怒りだけが  役人階級ほど怒り  やうな怒りが  悔いと怒りに  汗の怒りを  茅野雄は怒りを  不思議な怒りを  刹那に発した怒りは  笑いも怒りも  個人的な怒りから  当惑と怒りが  憎しみと怒りに  父の怒りに  金造への怒りが  さと怒りから  馘首を怒り  経に怒りを  鬱積した怒りを  声は怒りに  仁右衛門は怒りの  そうな怒りの  ように怒り  顔から怒りの  それが怒りを  多鶴子の怒りを  ことはよしたが怒りは  手が怒りの  口をふさがれた怒りを  胸の怒りを  神仏の怒りとして  殺伐な怒りに  憎しみや怒りを  訳のわからぬ怒りが  眼は怒りに  詞に怒りを  僕も怒りに  それへ怒り  彼は怒りを  彼は怒りの  キッティの怒りに  老人は怒り  ような怒りを  微かな怒りさえ  秀吉の怒りに  私は怒りの  自ら天の怒りを  幕府の怒りを  憎しみもあれば怒りも  底から怒りが  勃然とした怒りが  吾らの怒りは  恐怖よりも怒りの  わし我々に怒りを  神の怒りでは  瞳に怒りだけを  笑いと怒りを  おやじの怒りが  偉大なる怒りが  奇妙な怒りに  中で怒り  盛り上って来た怒りが  額に現れ始めた怒りの  勘次は怒りの  それは怒りの  何かにつけて怒り  悲しみと怒りに  博士は怒りに  悲しみと怒りの  玄徳の怒りを  讐と怒りに  大島に対する怒りの  憂国の怒りを  相国の怒りに  董卓の怒りは  神の怒りに  日頃こらえにこらえていた怒りを  彼の怒りを  直感的な怒りを  絵は怒りの  呂布の怒りを  関羽の怒りを  友への怒りは  曹操の怒りに  曹操の怒りを  烈火の如き怒りを  惡打を怒り  小人の怒りは  王威が怒りも  領主の怒りに  ことへの怒りが  将軍の怒りに  感傷と怒りを  母公の怒りは  呉侯孫権の怒りは  悲しみも怒りも  馬超の怒りは  同様に怒り  一時の怒りに  一時に怒りを  手が怒りと  血相を変えて怒り  私情の怒りと  呉の怒りを  男女は怒りに  耕一の怒りは  劇しい怒りを  彼の怒りに  反対に怒りを  顔は怒りに  礼子の怒りが  目は怒りに  逆上的な怒りを  逆上的な怒りの  親らしい怒りが  松藏の怒りは  悲しみと怒りが  水の怒りも  私の怒りを  うるささに対しては怒りの  其れを怒りに  私の怒りに  庸三の怒りを  文学が怒りを  憎しみと怒りとの  人の怒りが  人の怒りを  こんどは怒りも  憎しみと嘲りと怒りとの  憎しみと怒りとに  前に怒りと  勃然として怒りの  老人は怒りの  歌もて怒りの  人の怒り  此らの怒りを  男性の怒りに関する  女性の怒りと  巡査は怒りも  私情の憎みや怒りとは  一は怒りの  云つたら怒りや  作衛は怒りに  努力で怒りを  激情で怒り  鰐の怒りを  ジイドの怒りは  信長の怒りに  太閤の怒りに  秀吉の怒りを  行長にだしぬかれた怒りと  家康の怒りを  さとも怒りとも  誰にともつかない怒りが  目マルの怒りん  ひとり路上に坐りつつ怒りに  故人波多野氏は怒り  人間の怒りや  人にして怒り  夫の怒りで  持ち前の怒り  罪で殺されるという怒りが  悲しみと怒りで  女の怒りを  権右衛門は怒りを  子に対する怒りが  虫は怒り  唇は怒りの  少年らしい怒りに  被告の怒りも  小野は怒りも  二つの怒りを  予想外の怒りや  ちやんは怒りや  あんたの怒りん  今度は怒りを  俺等を怒りに  神の怒りは  理不尽な怒りに  絶望的な怒りの  葉子は怒りに  恨みや怒りを  獅子王の怒りに  与平が怒り  何とされても怒りも  一朝祝融の怒りに  父の怒りは  悲しみや怒りや  父の怒りから  千は怒りを  義憤に似た怒り  亮作は怒りに  亮作はつかみかかりたいほど怒りの  息の根は怒りに  労働者の怒りを  幕府祖法の怒り  全身は怒りの  腹に据えかねるほど怒りを  わけのわからない怒りに  葉子の怒りに  目には怒りと  貞世を憤る怒りとで  束を怒りに  一時の怒りを  ちっぽけな怒りは  身にしあれば怒りに  正当な怒りが  私は怒りに  限りない怒りに  言葉に怒りが  眸から出る怒りと  顔は怒りの  彼の怒りは  蘭の怒りに  狂的な怒りを  明かに怒りを  うちは怒りと  世界では怒りに  意味の怒りを  恐れとか怒りとかいう  神の怒りや  家来どもの怒りも  彼が怒りに  私に対する怒りに  方から怒り  清潔な怒りを  倶タイテンの怒りを  女子と怒りも  額奉納で怒りが  妻の怒りを  非常な怒りで  尻をふりまわしながら怒り  女性の怒りという  鹿子は怒りを  口出しを怒りも  詩は怒り  詩とは怒り  得体の知れぬ怒り  様な怒り  底に残っていた怒りや  知識人の怒りといった  なかには怒りの  近頃の怒りの  二十分ほども怒り  怒りをもって怒りを  怒りは怒りを  他人の怒りと  内の怒りと  親方の怒りを  時には打って変って怒りの  狂暴な怒りを  何かわからないが怒りに  権利を認めないかと聞いて怒りを  真っ赤に怒り  勇の怒りの  今木君は怒るかと思ふと怒りも  敬二郎は怒りの  眉にも怒りを  二つ頬を打たれたぐらいでは怒りも  彼の怒りでも  船頭どもの怒りに  驚きと怒りとを  一抹の怒りが  私は怒りは  肩に怒りを  二重三重の怒りを  敬意と怒りとは  剛情と怒りとが  ガスパールが怒りと  直接の怒りから  軽率な怒りから  他国の怒りを  ような怒りに  天神の怒りを  魔神の怒りを  天王の怒りに  制御しきれない怒りに  ひとの怒りを  木に怒りが  タナグ山の神霊の怒りが  山神の怒りに  そいつは怒りの  剣幕で怒りや  それらの怒りや  憎しみや怒りや  僕は怒りも  人々の怒りの  処置にも怒りが  底からしみ出て来る怒りを  者の怒りが  ような怒りや  主膳の怒りは  反撥する怒りとが  本能的に怒りを  私の怒りの  胸につきあがる怒りを  狂乱状態の怒りがを  目が怒りの  目が怒りに  己を怒りも  われの怒り  久美子は怒りに  お前さんは怒り  心頭より発したる怒りでは  癇癪より出でた怒り  子供たちの怒り  群集は怒りを  坊主の怒りを  兄の怒りに  テーブルを叩いて怒り  形相は怒りに  正直にして怒り  信長が怒りに  篤信斎の怒りを  藤作が怒りを  ものかと怒りが  僕が怒りん  字になって怒りを  口が怒りの  ような怒りの  波濤の怒りは  海の怒りは  私は怒りが  女性的な怒りに  裸松の怒りに  裸松の怒りは  松浦の怒りが  新田兵の怒りの  吉之助様の怒りも  巨漢が怒りの  勃然と怒りを  直義は怒りも  人たちの怒りを  一朝の怒りの  一寸の怒りも  喜びとか怒りとかという  涙と怒りで  後悔や怒りや  全身を怒りが  彼は怒りに  照子はかツと怒りに  意識は怒りに  発作的の怒りから  何にとも知れない怒りを  金網を怒りの  自分の怒りを  絶体絶命の怒りが  彼女の怒りによって  理解な怒りだけを  彼女の怒りを  正当な怒りとして  嫉妬の怒りに  彼女に怒りを  母の怒り  大年神の怒りに  家祝融氏の怒りに  牛の怒りの  彼らの怒りを  慚愧と怒りに  自己への怒りと  明らかに怒りと  猩々の怒りは  ケリルは怒りと  底の怒りに  緑鬼どもにたいする怒りに  部下は怒り  王様の怒りに  為政者の怒りや  眼には怒りが  山の怒り  常ならば怒りも  幽かに怒りを  朝の怒りは  風の怒りを  後日の怒りのほどを  時彼は怒りの  二人で怒り  恐れと怒りとで  感情的な怒りの  膝をなでながら怒りに  家じゅうの怒りを  神様が怒りは  言葉で怒りを  極度な怒りを  男女同権未しと怒りの  正直に怒り  君侯の怒りに  父家康の怒りに  殿の怒りを  何ものに向けられた怒り  葛巻に向けられた怒り  未熟に対する怒りで  者の怒りの  痙攣的な怒りの  幽霊船に対して怒りの  勃然として怒りを  祈りと怒りに  くろがね天狗の怒りを  顔に怒りと  恨みと怒りとを  例の怒り  クリストフが怒りに  ハスレルは怒りも  者らにたいして怒り  一同の怒りは  配達夫は怒りに  ぼくはこみあげる怒りを  容易ならぬ怒りの  恨みもせず怒りも  さっきの怒りの  棒を怒りに  恥と怒りで  体は怒りの  細巻の怒りに  栄蔵の怒りが  目に怒りを  顔が怒りに  人たちが怒りは  編輯長の怒りに対する  章一は怒りに  エルマは怒りを  ものは怒り  眼を怒りに  京山の怒りは  人々でさえ怒りの  宇宙を砕きたい怒りに  信子は怒りと  嘆きと怒りが  彼の怒り  孝之進の怒りの  大なる怒りを  ヨブに向かいて怒りを  声は怒りを  どこか怒りを  彼女は怒りに  ドレイクへあてての怒りに  夫人は怒りに  神の怒りを  彼女は怒りを  彼女は怒りで  胸は怒りに  エセックスの怒りに  公衆の怒りは  エリザベスは怒りを  かすかな怒りを  面倒と怒りとで  顔からも怒りが  クリストフは怒りに  海神の怒りを  面と向かって怒りを  天が怒りを  果は怒りて  官吏の怒りに  ヱヴェレストの怒りに  悲しみや怒りの  穏かな怒り  私の怒りは  もとに怒りを  底から怒りを  五郎の怒りは  一度は怒りも  失望やら怒りやら  蜂矢は怒りも  さきほどの怒りも  課長は怒りに  驚愕と怒りを  一端の怒りに  四郎に対する怒りとが  入道の怒りを  何かしら勃々とした怒りが  ような怒りと  博士は怒りも  順造は怒り  ヂオニソスの怒り  悪神の怒りに  信吉は怒り  災難が起ったと怒りの  一族の怒りを  悪罵も怒りも  女としての怒りが  者の怒りは  人々の怒りが  神の怒りの  上に怒りの  神の怒りが  恨みも怒りも  彼等が酔った怒りに  一通りの怒りでは  神の怒り  ぶんの怒りを  うわさ話に怒りを  勇ちゃんの怒りは  僕は怒りに  朝ごとに訪れる怒りと  唐突な怒りの  老人の怒りを  ように怒りの  千登世は怒りを  夫人の怒りを  無闇に怒り  憂えも怒りも  学を好み怒りを  純潔な怒りが  大勢を睨み付けながら怒り  父の怒りが  糞をする怒りよ  喜助にたいして怒りを  顔に怒りが  時おれが怒りさえ  頼長の怒りの  痛恨の怒りを  ひとの怒りに  藝術的の怒りと  せい様の怒りと  悲嘆と怒りが  失望も怒りも  一時に怒りが  私に向けて怒り  彼が怒りの  断食によって生じる怒り  ことを怒りは  ガニマール刑事は怒りの  兄弟分の怒りを  犬に怒りを  さ宛がら天魔の怒りて  夫人の怒りも  神の怒りによって  駭きと怒りとで  身体中を怒りに  感傷的になったり怒り  切歯して怒り  日は怒りを  不法な怒りに  怒り怒りて怒りの  それまで堪えに堪えてきた怒りが  母の怒りや  ふしぎなほどに怒りや  母の怒りの  師直の怒りも  父の怒りを  激越な怒りを  戦慄と怒りを  卓一は怒りを  絶望的な怒りを  直接の怒りを  狂者の怒りと  素朴な怒りを  由子に怒りを  皮肉に怒りを  恨みと怒りと  眼は怒りの  眼に怒りを  胸もちぎれる怒りを  僕の怒りは  卓一に燃やす怒りも  左門の怒りの  傷心に怒りを  裏切りに怒りを  悲しみとか怒りとかいう  臆病な怒りを  擬装した怒りの  静かな怒りで  何か怒りに  音が怒りを  裏に怒りを  ソーンダイクは怒りも  話や怒り  慰みものになる怒りと  さよりも怒りの  全身にしみて感じた怒りは  健全な怒りと  柳は怒りと  人々の怒りは  私は怒りと  私は怒りを  フェリクスの怒りを  感情は怒りと  激烈な怒りが  なかに燃える怒りを  殺戮者の怒りを  僕の怒りを  好奇心と怒りの  意体の知れぬ怒りに  お父さんだつてきつと怒りは  処女の怒りは  威嚇の怒りに  俺は怒りは  處女の怒りは  目科は怒りも  常識的な怒りが  搏ち殺すべしとて怒り  弥よ怒り  らに怒りの  怨みと怒りで  不信と怒りを  心を以て怒りを  何んな怒りの  自分に敗けて怒りを  姑女の怒りを  人間の怒りを  動作をしなければ怒りの  ソメ子の怒りも  オナラへの怒りは  王君の怒りに  刑部明神の怒りに  烈火の怒りに  のもあれば怒り  ジユピターの怒りに  ヤツ子の怒りは  さと怒りとに  彼の怒りも  羽生の怒りは  二三日致しますと怒りが  泣き笑いと怒りと  本当の怒りを  今までの怒りに  泥をぬるといって怒り  前の怒りは  後の怒りは  作用中の怒りを  自己中に起る怒り  上から怒りを  いっさいの怒りを  人の怒りなんか  言葉を聞けば怒りでも  自ら想ふだに怒りの  子供の怒りに  恐怖と怒りとが  恐怖と怒りは  敵に対する怒りは  又野は怒りの  唐突に怒りを  事と怒り  ことの怒りだけに  涙も怒りの  一度も怒り  あまり嫉妬の怒りを  嫉妬の怒りを  日頃の怒りも  博士に怒りを  無愛想な怒りや  顔に怒りの  意味で怒りを  どこに怒りの  一つ選ばなければならない怒りの  私の怒りが  笑いもせず怒りも  文面は怒りの  断末魔の怒りに  怒りに対しては怒りを  君の怒りを  ふしぎに怒りを  私は煮えくりかえる怒りに  人の怒りという  ヤス子の怒りと  アジアの怒りの  団長は怒りに  武は怒りに  木原藤次は怒りを  ちゃんは怒りん  かげで怒りん  ような怒りは  希望や怒りやらを  母の怒りが  憎しみと怒りは  憎しみと怒りと  女帝の怒りの  みなはだかにて怒りを  汝は怒りに  復讎の怒りかへ  さま衷より怒りに  しづめし獸の怒りに  精神は怒りに  汝の怒りに  振り動かして怒りを  ものは怒りを  血と怒りの  蛇の怒りに  ユノネの怒りに  トロイアの怒りの  中にみし怒りには  上帝の怒りをや  對する怒りと  ボッカッチョが怒り  ため己が怒りの  狂へる怒りよ  際ゼウスの怒りに  ヘラの怒りを  神樣の怒りに  孝廉は怒り  民が怒りの  彼等は怒りの  ヨスエの怒りに  一五六かくて嫉みと怒りに  むるは怒りの  人の怒りの  イベットに対する怒りは  男に対する怒りが  艶な怒りの  実家の怒りも  神の怒りにかけて  庄太郎聞き付けてくわつと怒りを  庄太郎の怒りは  己が怒りに  胎内にて怒りを  アーミデイ家の怒り  困惑も怒りも  大に怒り  神たちも怒りを  最大の怒りを  悔いと怒りを  イヽヱ別に怒りも  人は怒り  表情は怒りに  自暴腹な怒りが  立場からの怒りだけを  彼等の怒り  極度の怒りは  ことはいらんと怒り  六兵衛は怒りも  頑固で怒り  誰に対してともつかない怒りの  すべての怒りが  役人たちの怒り  音に怒りを  人霊の怒りに  驚きも怒りも  喜兵衛の怒りを  顔中に怒りを  母親の怒りに対して  さを怒りも  年寄りの怒り  主人のおどろきと怒りは  

~ 怒り[名詞]2
短い怒り  その怒り  どうか怒り  青白い怒り  さほど怒り  ない怒り  わが怒り  強い怒り  物凄い怒り  かく怒り  大いなる怒り  決して怒り  もはや怒り  激しい怒り  大いに怒り  なく怒り  同時に怒り  なおも怒り  必ず怒り  全く怒り  はげしい怒り  まだ怒り  凄まじい怒り  ひどく怒り  かえって怒り  きっと怒り  サッと怒り  鋭い怒り  苦い怒り  烈しい怒り  この怒り  恐ろしき怒り  時には怒り  男らしき怒り  やっと怒り  きびしく怒り  高い怒り  別に怒り  改めて怒り  ぷりぷり怒り  軽い怒り  真黒い怒り  もう怒り  根深い怒り  さも怒り  遂に怒り  小さな怒り  とても怒り  思わず怒り  根づよい怒り  しだいに怒り  がたい怒り  あの怒り  わるい怒り  そういう怒り  烈しき怒り  そんな怒り  一層怒り  大して怒り  少し怒り  大きな怒り  悲しい怒り  少しく怒り  名高い怒り  いつも怒り  もし怒り  蒼白い怒り  にわかに怒り  大きい怒り  頗る怒り  まして怒り  太い怒り  悪い怒り  いかに怒り  若々しい怒り  はっきり怒り  特に怒り  難き怒り  だんだん怒り  ほしい怒り  虚しい怒り  やがて怒り  いささか怒り  漸く怒り  狂おしい怒り  はじめて怒り  既に怒り  ひねもす怒り  どんなに怒り  淋しい怒り  まるで怒り  つと怒り  つめたい怒り  強く怒り  ある怒り  本当に怒り  激しき怒り  ともに怒り  はげしき怒り  何とて怒り  善き怒り  ようやく怒り  鋭く怒り  とげとげしく怒り  こうした怒り  新しく怒り  ふかい怒り  

複合名詞
怒り顔  怨み怒り  づつ怒り  怒り出し  一通り怒り  其怒り  初め怒り  怒りッ  一生怒り  怒り抗議  心中怒り  怒りかた  怒り心頭  怒り狂  怒り上戸  怒りよう  二六時中怒り  怒り方  ぷっと怒り  散々怒り  物乞ふかたち怒り悲しみ恐れ  一面怒り  づ怒り  鰐怒り餌  旗二郎怒り  怒りやう  女怒り  おん怒り  十二怒り  七怒り  存分怒り  却つて怒り  内心怒り  怒り鼻腔  あふひ怒り蛇  所謂怒り  怒りたま  怒り物  怒り波  怒り給  怒り何物  悲しみ怒り  怒り歎  怒りッ面  怒り恨み  三与吉怒り  怒り声  半ば怒り  さうに怒り  殆ど怒り  怒りゃあしねえよ  怒り鼻  怒り地  怒りはるよつて  怒り等  怒りしわ  怒り兼  苦しみ怒り  呪ひと怒り  怒り顫い  怒り歇  怒りかつ  怒り給はん  怒り狂はず  怒りそのもの  僕怒り  怒り十組  へん怒り  怒りたち  怒り狂つて  怒り虫  怒り其身  怒り昇天  怒り合  山神怒り  怒り玉  怒り狂つた川浪  怒り猛  夫怒り  馬怒り  神怒り  怒り咒  怒り腰刀  怒り性  つて怒り  とき怒り  怒りッぷりが  怒り止むる  悲しみ怒り朝日  怒り泣き  怒りステンカラージン  ばつた怒り  怒り思いの外  怒り鼻の  怒り絶頂  何かしら怒り  肩怒り  怒り怒り  怒り親  怒りよう苦  驚き怒り  怒り付け  怒り出  ひとり怒り  怒り骨髄  怒り争闘  それっきり怒りっぱなし  奴怒り心頭  怒り言葉  怒り諍  怨怒り呪詛  怒り云々  日じゅう怒り  づち怒り風狂  波怒りあらし狂  二一怒り  怒りてい  いま怒り  怒り滿  劇しき怒り  怒り惡意  一三二彼怒り  怒り林中  惡しき怒り  怒り織女  母怒り  怒り諸州  惡しき怒り云々  命怒り猪  つて怒り狂  怒り遊  勃然怒り  日々怒り  



前後の言葉をピックアップ
いからせる  井光  怒り      いかり  いかり  碇ヶ関  怒り肩  怒り狂い


動詞をランダムでピックアップ
更そ形づくら取り寄せる切り伏せよ踏みこむ悖りときあかさ見て取るかもすひねりまわさかする追い付くまきあげる泣込ん揺すぶり取計らわ造りださ報う列しよせかけ
形容詞をランダムでピックアップ
可愛くうすきみわるくいぶかしく憎かっおもおもしく若い短けれなまあたらしいこぎたない優しくっ人間らしかっむなしゅう息苦しくっあやうき薄から危ううほいなくつらから恐ろしく熱かっ