「怒」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 怒[動詞]
就て考へてみても、単に怒  俺は激しく怒  孔雀が怒  アラもう怒  總代さんも怒  魚が驚いて、怒  羅刹の怒  父親は怒  云つて、怒  眼は、怒  僕が怒  なにも、怒  わたしはいささか怒  署長さんも今更怒  伝蔵は、怒  月様は怒  僕は怒  帽子に怒  俄かに怒  初瀬観音聞しめして、怒  成就して、怒  母親は怒  通りに怒  私に怒  目をあかくして怒  彼は怒  のですつかり怒  私随分怒  蹈たくってやりたい怒  芸術家ぶるな、といつて怒  口々に罵りつづけていたが、やがてその怒  人々は怒  調弄はれでもしたと見えて、怒  人はあゝ怒  貴方、怒  夫がそんなに怒  奥様が怒  私が怒  看護婦は怒  罵詈を浴せながら怒  馬鹿だと怒  下手であると怒  行つたのかしらと怒  小僧が怒  かくて怒  獸の怒  旋風の怒  手の怒  阿Qの怒  フレンチは怒  上もなく怒  蒲壽庚は大いに怒  細君に怒  のを怒  やり方に怒  ポオル叔父さんは怒  虫が怒  海は怒  事には、怒  海が怒  人の怒  身口に怒  身の怒  語の怒  意の怒  さへ怒  嘉吉は怒  からずとて怒  蜂が怒  親父が、おそろしく怒  カンカンに怒  味方しながらも怒  決心と抑えた怒  劇しい怒  男だから、またしては怒  震へて怒  藤公がまるで怒  毆ち、怒  力無く、共に怒  皆悪神の怒  眞赤に怒  主の御怒  許りなき怒  何か怒  ほんたうは怒  神エホバは怒  上様にはたちまち震怒  剣林、怒  ツ、怒  次郎はまた怒  彼が怒  對して怒  對しても怒  まんまその怒  足をいためたので、まだ幾分怒  ことを怒  笑つたのか怒  眼のするどい画かきが、ぷんぷん怒  清作が怒  言つて、怒  奥さん、さぞ怒  父は怒  石田が怒  齋藤は怒  さがつたり、怒  女は怒  からうと怒  から帰つて仕舞へと怒  溪は凄じく怒  勃然と、怒  本気で怒  お菊さんが怒  笑ッタ、怒  澱ミテ淵、怒  母親の暴い怒  養父の怒  顔をして怒  カマキリは怒  かんかんに怒  何を怒  排日ヲ怒  ちやんが怒  事は怒  悪口を吐きちらすと、たちまち、怒  暮ても怒  のか、怒  歌は怒  身をふるわせて震怒  帝玄徳は怒  から、そのお怒  父の怒  ハヽヽ何うか怒  長政は怒  前田利家は怒  兀鷹の怒  心頭に抑え難い怒  ような怒  肩へ、づかと遣ると、忽ち怒  言ふとね、怒  飼主が怒  アヤスの怒  心に怒  彼の怒  んじて、憎んだり、嘲つたり、怒  人を嘲つたり、憎んだり、怒  否定せぬ怒  戰と怒  笑つたり、怒  笑と怒  蟹が怒  から前にも記した如く怒  微塵が怒  僕に怒  皆は怒  相手の怒  蟻が怒  聖人の怒  つて、怒  彼等の怒  行つたら好いでせう、一端怒  大洋の怒  ことの出来ない怒  玄竹も少し怒  其中間に立って怒  照子は怒  例外はなかつたし、怒  つて笑つたり、怒  から亭主が怒  父さんは怒  ア、怒  明らかに怒  例の怒  セルギウスに怒  女房は怒  のも聞かずに怒  勝家の怒  神の怒  何をあんなに怒  頼朝の怒  びっくりするとともに激しい怒  梅の怒  神尾主膳は怒  今し方何かに怒  誰へともなく、怒  何を、そんなに、ぷりぷり怒  事も出来ず、わざと、怒  若者達の怒  いふよりもむしろ怒  老母の怒  お客たちの怒  日本語で怒  やうに猛然と怒  旦那様の御怒  先刻までの怒  中には怨も怒  目には怨も怒  恥を与へたとて、怒  苦力の怒  林檎を持つて行かせて怒  げに鳴きさけびながら、怒  猿は、きっと、怒  本能的の怒  気持と怒  私の怒  幕府は怒  不当に怒  それまで怒  一言も言われず、ただ怒  昂奮し怒  ムッツリと怒  ルリはまだ怒  醉うと、よく、泣いたり怒  わが身に怒  つたのと思ひくらべて、そのをりはそんなに怒  時は怒  戸外へとびだしてしまふほど、怒  ジジは怒  脳膸を鎮めずんばあるべからず、怒  大蔵は、怒  ぼくを怒  のをこらへて、怒  芸をだしきつて、やむなく怒  肩が怒  やうに怒  一瞬の怒  水島君は怒  妾は怒  神が怒  殿ノ法印が怒  おん眉を見せて怒  周囲には、激しい怒  偽りの怒  それに怒  弟へ怒  信者が怒  勃然として怒  今度は少し怒  熊は怒  チャラピタは怒  一時は怒  泥水が怒  思つたのか、それとも怒  校長は怒  何を、なぜ、怒  とき、思はず怒  驚きと怒  白娘子に対する怒  諫書を讀んで怒  にわかつて、怒  忠之は怒  時よりも烈しく怒  押し掛けようとした怒  米友が怒  室内はこうも張りきった怒  から、怒  ひとりで怒  一撃に怒  釦を叩きながら怒  それはすこし怒  人形が怒  人が怒  君は怒  恨と怒  先生が怒  母様、それで怒  先生の怒  帝王の怒  狼狽と怒  声をからしての怒  がいの怒  あたし、少し怒  つゆは怒  顏からはなして怒  肩のおそろしく怒  面でさえ、怒  落雷の如き怒  涙を流して怒  目を剥き出して怒  日の如く輝き、怒  怨と怒  非常に怒  ゆのは大そう怒  少年は、怒  和尚さんは怒  ツキ合イニ参リマスト云ウト、猶々怒  猛威をふるって怒  天神の怒  心みな非力の怒  鬱然として怒  從兄弟君、怒  従兄弟君、怒  関係がありますかと怒  電燈屋が怒  牙をがっきと噛み合わせた大怒  独りで怒  ムツと怒  様に怒  ホントに怒  暴言を吐いたり怒  京子から眼を離して、次第に怒  おだやかだけれど真に怒  俺、怒  神經質な、怒  袋あり、怒  燃ゆる怒  正太さん私は怒  分別くさい怒  十の怒  後家が怒  太政官が怒  馬場は怒  柳に対する怒  すつかり怒  山神の怒  あとで怒  薄明が怒  咲子は怒  やうな怒  男の怒  詐取せられた怒  實に怒  肩を怒  右衛門は怒  なつて怒  守一は怒  ためにその怒  渠は良怒  桂班長がぷりぷり怒  事務室へまで押しかけて、かつて怒  食はせてくれるかと聞いたら、すこし怒  怨み多くして怒  事を怒  雷霆の怒  父にも怒  真紅にして、怒  地団太踏んで怒  肩の怒  下等な怒  眼は光って怒  眼には怒  商人はブンブンと怒  少年は怒  麻油は怒  あんた、怒  なつたり怒  痴川は何かといふと愚痴りかけたり怒  声に怒  ときは、怒  笑つたり怒  処の無い怒  径は怒  一日も速かに怒  當に怒  ことで怒  ものはないけど、怒  血管が太く怒  女の子が怒  ひとりが怒  それを怒  方へ怒  そり立ちあがつて、怒  ごとに一々小さく怒  沈黙してゐたが、怒  心頭に発した怒  あいつ、ずいぶん怒  荒海の怒  旦那様、お怒  変心を怒  変節を怒  おとうさんがひどく怒  事実は怒  お父さんが怒  笑ひながら、怒  知つた咲子は怒  盛んな怒  外海の暴い怒  眼は怒  亜米利加ではあるまいし、怒  うちではたいへん怒  道に怒  感覚物を通じて怒  性質の怒  附着した怒  後の怒  カツと怒  白石さんはぷんぷん怒  態度に怒  必死に怒  之を見るとむらむらと怒  ことを聞いて怒  乳母が怒  天女は怒  被告の怒  ために怒  頭を上げると怒  房一は怒  女はひどく怒  私も怒  あなた、怒  アキの怒  僕は、怒  影を映して怒  時どんなに怒  主人の怒  ぢやあ、と怒  別に僕たちに対して怒  おしまひには、怒  姓名は怒  寄生木も隣りの怒  彼は屡々怒  鉄砲玉といふ怒  うちへ怒  おらが怒  ジッとみるのよ、怒  ツかりやがらあなんて怒  からなんて怒  神様が怒  對して、怒  鼠は怒  眼と怒  美智子は無論怒  士は、その怒  のに焦れたり、怒  ぎまわつてゐるところ、怒  中でもとりわけ怒  いままで、怒  ところを見ると怒  彼女は怒  癖に釣れないと怒  兄は怒  ムシヤクシヤして、怒  ざるを見て怒  籠めた怒  者へ怒  かすかに怒  相手が怒  やつたので怒  云えるものの怒  彼自身に対する怒  一生はほとんどこの怒  昔の怒  間に怒  杉田二等水兵は、怒  リット少将は、怒  駒ちやん、怒  ちよつとも怒  天竜川が怒  母の怒  嬉笑にも相感じ怒  そればかりを怒  金氏は怒  葉藏は怒  ベルが怒  念に、怒  数千条の互に怒  コンリナスの怒  美少年コルマックの怒  どら声で怒  代りに怒  同一なる怒  お前は怒  良人の怒  非常な怒  何も怒  思ッて、怒  心を万怒  大に怒  オーガスタス帝は怒  のを見ると、怒  真赤に怒  夜の先生の怒  厭と云いきりたかったが、その怒  助の怒  外國人が怒るであらう、怒  有様を見ると、怒  一人で怒  兄の疑ひと怒  伯父の怒  泡を噛み、怒  云はれても怒  敵を見る怒  亡父の怒  ことを思うと、恨も怒  母さん、怒  心で怒  ほかに怒  絶叫、怒  向日葵は怒  今度はほんとに怒  米屋は本当に怒  豫言者の怒  大衆の怒  つて神の怒  のは怒  誰が怒  今日、怒  ことができる、つまり怒  すべての怒  ことは怒  現はすとすれば、怒  人間は怒  應して怒  譽心からの怒  氣分的な怒  愛と怒  我々の怒  今日では怒  高次の怒  特に人間的といはれ得る怒  そこに怒  のを感じ、その怒  瞹昧になり、怒  ことができる、怒  どん底に叩きつけられるが早いか、たちまち怒  むつと怒  叱責と、怒  私はわざと怒  笑ひだしたり、怒  喧嘩をして起した怒  愉快げに、しかも怒  医者に対して怒  眼に怒  軍人は怒  細君が怒  赤不動の怒  叔父さんが怒  何じやまた怒  お前の怒  詞尻を取って、怒  九郎右衛門が怒  喰はれて、大いに怒  源太は怒  親方様は怒  それを見るとたいへんに怒  彼女が怒  先頭に立つて、ぷんぷん怒  獣達が怒  心は怒  辱しめを怒  山姥の怒  狂暴な怒  それよりもさらに凄じく、寂しい怒  不変鬱勃として怒  心頭の怒  妹たちの怒  いねえさんざん怒  私はめつたに怒  神父の怒  公衆の怒  気にして、泣いたり怒  お前は、怒  本気に怒  氣にして、泣いたり怒  氣に怒  初等闘牛史、怒  何しろ、怒  友人たちは怒  女房はプンプン怒  一尾も怒  亂醉、怒  途端に怒  一言もない怒  皆、怒  一日、乃至、怒  笑つて見たり、怒  笑つてばかり居たり、もしくは怒  氏はしばらくして、その怒  順ざると、怒  大隊長非常に怒  



前後の言葉をピックアップ
イオン化  イオー  イオーヌィチ  いが  逝か  異化  いか  医科  如何  烏賊


動詞をランダムでピックアップ
あざわらいさずける切り裂く尋ね置換えとれれ折れ合っ垂れ下がる色めけつらなれ読めれさわっ占めかわいがら伏拝む澄み切ら立て替え譲る枉げる額づき
形容詞をランダムでピックアップ
興味深かっはなはだしくさやけく露けく暗く若かれえがらっぽくひもじかっ寒けれ豪けれ青白く根深乏しかっしちくどくくどく情深い著しい弛くものたりなおおう