「忍ぶ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 忍ぶ[動詞]
人もなし、忍ぶ  日本男子のよく忍ぶ  昔を忍ぶ  誓ふ、忍ぶ  気持を忍ぶ  濃やかなるを忍ぶ  世を忍ぶ  風は忍ぶ  やつは忍ぶ  包物を持って、忍ぶ  森に隠れて、忍ぶ  迫害を忍ぶ  人目を忍ぶ  ことや、忍ぶ  事は、忍ぶ  からざるを忍ぶ  彼女を忍ぶ  おのれを屈して忍ぶ  情勢は忍ぶ  ことはなお忍ぶ  此處に斯く忍ぶ  にしあれば忍ぶ  彼に対して忍ぶ  限つて乏しきを忍ぶ  曳戸があいて、忍ぶ  それ人目を忍ぶ  ことを悦んで忍ぶ  箭を忍ぶ  誹謗を忍ぶ  ために、忍ぶ  同様にこの到底忍ぶ  立場からは忍ぶ  消息を忍ぶ  公常人の忍ぶ  ざる所を忍ぶ  人眼を忍ぶ  頭痛あるを忍ぶ  虫を忍ぶ  肩疼み、強て忍ぶ  促迫し、尚忍ぶ  これ能く忍ぶ  能く忍ぶ  苦をも忍ぶ  古を忍ぶ  酒を盗みに忍ぶ  ところを忍ぶ  大名屋敷へ忍ぶ  寝間へ忍ぶ  仲の町を忍ぶ  衝突があって、忍ぶ  男子として忍ぶ  政治については黙して忍ぶ  愛は忍ぶ  何事も忍ぶ  のは忍ぶ  んは忍ぶ  背後へまわって忍ぶ  差別をつけるはまだしも忍ぶ  考えをも忍ぶ  それを忍ぶ  さを忍ぶ  切實に忍ぶ  切実に忍ぶ  たきを忍ぶ  これを忍ぶ  ここに忍ぶ  われなお忍ぶ  事を忍ぶ  あはれ昔時を忍ぶ  幾年もの艱苦を忍ぶ  點まで堪へ忍ぶ  もとにゐて忍ぶ  ひと息、堪へ忍ぶ  苦を忍ぶ  耐へ忍ぶ  奥へ忍ぶ  身を忍ぶ  わたしは忍ぶ  上で忍ぶ  あたりを忍ぶ  夢を忍ぶ  面前でさえ忍ぶ  構えであったが、忍ぶ  情に引かれて忍ぶ  不愉快を忍ぶ  小屋へ忍ぶ  故郷を忍ぶ  畔に忍ぶ  面子を捨て、忍ぶ  むかしを忍ぶ  辺を探ろうとして忍ぶ  水は、忍ぶ  職務は忍ぶ  浮世を忍ぶ  保存するは尚ほ忍ぶ  夜になると忍ぶ  匂ひにしみて、忍ぶ  神楽をするに、隠れ忍ぶ  床下へ忍ぶ  から物がないからとて忍ぶ  身を窶して忍ぶ  一、忍ぶ  ところを考えて、しばらく、忍ぶ  屈辱に忍ぶ  それはまだ忍ぶ  男が忍ぶ  目を忍ぶ  口から忍ぶ  下を忍ぶ  淡路島、忍ぶ  賊の忍ぶ  内にも忍ぶ  おれには忍ぶ  魔睡や忍ぶ  夢や忍ぶ  苦しみは忍ぶ  足音を忍ぶ  すべてを忍ぶ  虚言を忍ぶ  不自由を忍ぶ  音がするさみしく忍ぶ  音を忍ぶ  車から、忍ぶ  食器も間に合わせを忍ぶ  恥辱を忍ぶ  何に忍ぶ  木綿襷心にかけて忍ぶ  ことはやはり忍ぶ  ことは、忍ぶ  娘も忍ぶ  ふるさと人をいかに忍ぶ  病気もしいて忍ぶ  病苦も忍ぶ  生涯を忍ぶ  ままで忍ぶ  故人を忍ぶ  亡き人を忍ぶ  ことは思ひいづや忍ぶ  から、忍ぶ  方をされても忍ぶ  木蔭に忍ぶ  下に忍ぶ  不快を忍ぶ  悪を忍ぶ  巴里に遊んでその古えを忍ぶ  言ひながら、露忍ぶ  闇から忍ぶ  つれ/″\に忍ぶ  趣味からさえ云って到底忍ぶ  のを忍ぶ  美妻イゲルナに忍ぶ  程度まで忍ぶ  逢はないとか、忍ぶ  前に近づいて、忍ぶ  二時と忍ぶ  不便を忍ぶ  春が忍ぶ  彼女は忍ぶ  すすきのなかに忍ぶ  ものの忍ぶ  いまは忍ぶ  飢寒を忍ぶ  袖に包まば忍ぶ  冬子も忍ぶ  幸蔵主が忍ぶ  個人も快く忍ぶ  殺風景も忍ぶ  時には忍ぶ  なほこれを忍ぶ  空を眺めて涙ぐむ行くも帰るも忍ぶ  事を忍べば忍ぶ  一時を忍ぶ  芸術家が最も忍ぶ  国家としては忍ぶ  女が忍ぶ  潜門から世を忍ぶ  ことが多い、或は忍ぶ  如何にしても忍ぶ  語弊を忍ぶ  好色をも堪へ忍ぶ  古詩を吟ずるも、遂に忍ぶ  駕籠、忍ぶ  苦しみを忍ぶ  屈辱をでも忍ぶ  靜かに忍ぶ  昔今更に忍ぶ  肌を忍ぶ  風情が忍ぶ  夜だってたえ忍ぶ  隅に忍ぶ  坊さんが忍ぶ  六部が忍ぶ  恥辱を受け、忍ぶ  跫音を忍ぶ  露路を、忍ぶ  不品行を犯し、忍ぶ  内から忍ぶ  若い娘さん達にとって、忍ぶ  境遇を忍ぶ  犠牲は忍ぶ  予算措置をも忍ぶ  痛苦は忍ぶ  事とは知りながらなお忍ぶ  苦痛でも忍ぶ  罪のみは忍ぶ  伝六のとうてい忍ぶ  苦痛を忍ぶ  私情を忍ぶ  憤懣を忍ぶ  ために忍ぶ  忍び音に泣き忍ぶ  この世を忍ぶ  次郎吉別荘へ忍ぶ  時反対側を歩いていた、忍ぶ  世間を忍ぶ  惡臭を忍ぶ  圧伏を忍ぶ  災厄を忍ぶ  困窮を忍ぶ  御前なり、忍ぶ  平服で忍ぶ  ものぞとは思い忍ぶ  島が忍ぶ  涙を呑んで忍ぶ  生活を忍ぶ  皮肉をも黙つて忍ぶ  煩累を忍ぶ  苦しみに忍ぶ  四辺を忍ぶ  困難に堪へ忍ぶ  凉味を忍ぶ  



前後の言葉をピックアップ
忍び寄る  忍び寄れ  忍び寄ろ  忍笑い  忍び笑い  信夫  偲ぶ  しのぶ  しのぶ  篠笛


動詞をランダムでピックアップ
示し下げん放そ欲ばるちょろまかさ攻めかけよくもんつきささっまっとうしよむれよ芽だつ産み付け即けなえる追いつめろきか掴まん増したたむ
形容詞をランダムでピックアップ
めまぐるしものみだかくぬるからなるう厳しからつたなうあしゅうとげとげしく薄ぎたな面白かっ狂わし柔かうしつこし旧い覚束無悪くっ柔かい深けれめずらしくっ頼もしかっ