「忌ま」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 忌ま[動詞]
天に忌ま  伝播せらるるを忌ま  これを屠って喰うを忌ま  これを忌ま  本来そう肉食を忌ま  それを忌ま  ことを忌ま  鼻つまみに忌ま  何十度忌ま忌ま  敢てするを忌ま  其材能を忌ま  嫌はれ、忌ま  公卿と忌ま  利器がかえって忌ま  音や忌ま忌ま  つるに、など然る忌ま  不例に忌ま  毛は忌ま  殺生を忌ま  如くに忌ま  ように忌ま  他から通婚を忌ま  他からこれを忌ま  処士に忌ま  語を忌ま  通婚を忌ま  冒涜を忌ま  ッと忌ま  邦人に忌ま  日本で忌ま  生態が忌ま  神道者流から甚だしく忌ま  肉食妻帯をすら忌ま  わし忌ま忌ま  剋殺を忌ま  世人から忌ま  先へと廻はるだらう、忌ま  彼を忌ま  廻わるだろう、忌ま忌ま  彼を忌ま忌ま  快楽が忌ま  まれ、畏れられ、忌ま  態度を忌ま  信仰的に忌ま  辞句すら忌ま  まれ人に忌ま  却つて信長に忌ま  



前後の言葉をピックアップ
伊馬  いま  いま  今ごろ  今さら  今まで  今鹿島  居間  今大黒  今福西


動詞をランダムでピックアップ
飛び廻叩き起し演じる謀ら当たりゃ切込まみせるさらけ出す叩くつくりなし合わさるへこむ引っかから待ちくたびれ持ち切うえふちどらふりみだししまっ
形容詞をランダムでピックアップ
ふとく懶し弱弱しいかんばしい生新しい重から詳しゅう易し軽かっ潔うむつかしかろさびしき善くひとしく寒から危うう弱々しくからきゃからし