「心地よ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
形容詞

~ 心地よ[形容詞]
いよいよ心地よ  ら心地よ  から心地よ  居心地よ  ゑひて心地よ  さ心地よ  こう心地よ  さも心地よ  いと心地よ  もう心地よ  

~ 心地よ[形容詞]
若い彼女には心地よ  征服の心地よ  彼は心地よ  中に心地よ  七兵衛は心地よ  気候の心地よ  刻々の心地よ  これほどの心地よ  水の心地よ  のは心地よ  板敷きに心地よ  それを心地よ  暫らく彼はいかにも心地よ  さまを心地よ  夫は心地よ  ぬくもりを心地よ  三人は心地よ  枕に心地よ  王は心地よ  二人とも心地よ  茶の間を心地よ  二郎は心地よ  束の間の心地よ  太陽も心地よ  おばあさんは心地よ  肩を心地よ  春暁の心地よ  敷藁を心地よ  ように心地よ  寝床の心地よ  

心地よ[形容詞]
心地よげ  心地よさ  心地よかりそう  



前後の言葉をピックアップ
故国  コココ  ココココ  個々人  ここだ  心地  心地好  ここちよ  心地好い  ここちよい


動詞をランダムでピックアップ
のけ呉れる見定めるからげる弁じもちこたえる見渡せるみちびか気ばる気色ばん立かかる呼び出し名付けはなしあう打ち破っこおれ毀れる跳ば積もりさがり
形容詞をランダムでピックアップ
感慨深い気味が悪かっねたましいわびしけれうら若けれ余儀なき眠たき広かろ疎ましい険し青く悔しくっ平たき清けあまし無いまっしろいほろにが容易し卑しけれ