「心ゆく」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 心ゆく[動詞]
ために心ゆく  雑草を心ゆく  さを心ゆく  自由とを心ゆく  ビールを傾けて、心ゆく  私は心ゆく  間に心ゆく  起臥して心ゆく  墓へいって、心ゆく  神に向かって取りすがり、心ゆく  者をほんとに心ゆく  方々、心ゆく  地をじっと心ゆく  移つて、心ゆく  茶人達と心ゆく  自分に返って、心ゆく  今はただ心ゆく  そこで心ゆく  貴族趣味とは、心ゆく  山をあるき廻って、心ゆく  関聯して居まして、如何にも心ゆく  感情を、心ゆく  著者は、心ゆく  家に、心ゆく  マドレエヌと共に心ゆく  あゆを心ゆく  から、心ゆく  のに驚きつつ心ゆく  駒足をひたと停め、心ゆく  食物を心ゆく  根性に至るまで心ゆく  明日は出でて、心ゆく  如何に心ゆく  喜悦でもあつたが、心ゆく  花と咲いて、心ゆく  さとを、心ゆく  兎に角彼は心ゆく  ことが心ゆく  重力で心ゆく  ゑで心ゆく  音折々に聞えて、心ゆく  愍然さを心ゆく  束だけでも、心ゆく  白砂青松相映じ、心ゆく  氣を心ゆく  事実で、心ゆく  それから、心ゆく  十分の、心ゆく  間、心ゆく  心は、何時の間にか心ゆく  一郎は心ゆく  蔭から、心ゆく  口の焼けるまで心ゆく  さも忘れて、心ゆく  身の上話をきいて、心ゆく  菊王も交じえて、心ゆく  ものがおに心ゆく  中に心ゆく  琵琶湖を心ゆく  今日ばかりは心ゆく  丘にて、心ゆく  名残りに、心ゆく  スロープも、心ゆく  こんどは心ゆく  三日を心ゆく  ときこそ心ゆく  今夜は、心ゆく  昔馴染に逢って、心ゆく  上で心ゆく  於て、心ゆく  わたしは、心ゆく  我が心ゆく  銀様は心ゆく  彼女は心ゆく  彼は心ゆく  銃猟談をよむほど面白く心ゆく  子さえ出来たので、心ゆく  マニ教東京遷座由来記を心ゆく  さびが、心ゆく  凄惨味を心ゆく  ことを、心ゆく  悽惨味を心ゆく  魅力を、心ゆく  旧友とこうして心ゆく  漁つて、心ゆく  偉大な、また最も心ゆく  小舟をうかべて、心ゆく  湖で心ゆく  一軒家で心ゆく  本統に遠慮なく心ゆく  ここに心ゆく  句作境涯に心ゆく  ことにして、かれは心ゆく  吸殻を心ゆく  膝に心ゆく  トリップを探してまた心ゆく  流れを、心ゆく  未來の心ゆく  佛蘭西で心ゆく  酔漢が心ゆく  情趣を心ゆく  落合つたらどんなに心ゆく  からだを抱いて、心ゆく  最後に心ゆく  飯屋へ入って心ゆく  ひとりで心ゆく  事情を得心ゆく  のは、心ゆく  四五時間も心ゆく  手で、心ゆく  土で心ゆく  空気を心ゆく  風光を心ゆく  風景を心ゆく  わが身も心ゆく  一曲を心ゆく  腰をかけて心ゆく  我を射るとも、心ゆく  今は心ゆく  姉に縋りついて心ゆく  場所に於けるよりも一層しつくりした、心ゆく  解放感、心ゆく  渠は心ゆく  ラストシーンもまた実に心ゆく  ときに心ゆく  齒にわびしけれど心ゆく  寂寥を心ゆく  身を投げて、心ゆく  飮みながら心ゆく  夜、心ゆく  ごちそうを食べ、心ゆく  数日かなりを、心ゆく  空は、心ゆく  融合までを、心ゆく  スッカリお打ち明けして、心ゆく  声さえ包まずに心ゆく  病気に心ゆく  伊太利人に心ゆく  少女の心ゆく  ことであるが、心ゆく  



前後の言葉をピックアップ
心行か  心ゆか  心行き  心行く  こころゆく    こころよ  快い  快う  快かっ


動詞をランダムでピックアップ
追いまくり悩まそすさり色めき解き放っ囲んいなない広まら振りかぶり困りきりまじえるやってくる看做さ調子づい取りつけろ投げ込みかつぎ上げるなでつけるつれこも押しかえさ
形容詞をランダムでピックアップ
速くっ堪えがたい少なけれなにげなし空々しい硬したまらなくうしろめたかっはがゆく馬鹿臭く慌しく生臭く悲しけれ遠慮なきひどき強からえがらっぽい聡い恐ろしいむなしい