「心がけ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 心がけ[動詞]
ことをひたすら心がけ  ように心がけ  ことをよく心がけ  怪談劇を書いてみたいと心がけ  それだけを心がけ  今道に入ろうと心がけ  今日特に私たちが心がけ  十分に心がけ  手本として学びたいと心がけ  心に語りたいと心がけ  ことを心がけ  めにもと心がけ  平素よく心がけ  無駄に疲れまいと心がけ  さら恥ずかしいと思うまいと心がけ  善をおこなおうと心がけ  修業を心がけ  感心な心がけ  やうに心がけ  観点を守ろうと心がけ  進歩的であろうと心がけ  大学当事者は心がけ  やうに、心がけ  公平ばかりを心がけ  用心専一に心がけ  味噌を上げたいと心がけ  前からも心がけ  生活表現を心がけ  善将にならんと心がけ  これをと心がけ  先に心がけ  一番大切にと心がけ  方も、よく心がけ  材料ばかり心がけ  日は心がけ  私が心がけ  勉強を心がけ  ことだけ心がけ  あげたいと心がけ  仕方がないから、心がけ  見学を心がけ  のだが、久しく心がけ  俳諧を、心がけ  ことだけ語ろうと常に心がけ  方を心がけ  正しく生きようと心がけ  特別費を心がけ  生活態度を心がけ  専一に心がけ  絵図を心がけ  ことをのみ心がけ  間断なく心がけ  つてはならぬと心がけ  信用を取外すまいと心がけ  劇作を心がけ  慈悲を心がけ  礼式も心がけ  これはかねて、心がけ  一念職に殉じようと心がけ  挨拶だけをして行きたいと心がけ  手を覚え込もうと心がけ  随時発散を心がけ  一番乗りを心がけ  鉱脈をさぐろうと心がけ  供養を捧げたいと心がけ  後生を心がけ  ようにと心がけ  旅をしてみようと、心がけ  場合には、慎んで控えていようとは心がけ  者こそ心がけ  もんだと心がけ  おとのうてみようと心がけ  自分が心がけ  成熟をしようと心がけ  平和にと心がけ  道楽として、心がけ  それを心がけ  西国を廻って来たいとは心がけ  豊富にしようと心がけ  二は、別段心がけ  さをいつも心がけ  事を心がけ  用意まで心がけ  始終を聞いてみようと心がけ  拙者も心がけ  大人物らしく振舞おうと、心がけ  もので、さすがに心がけ  機会を少しも失うまいと心がけ  安定を心がけ  幾年ならず心がけ  お力にならなければと心がけ  努力せねばならぬと心がけ  ためにもよろしくないと思って、親しもうとは心がけ  良人にしてみたいと心がけ  様にと心がけ  効果を収めようと心がけ  山道を心がけ  それに触れたくないと心がけ  樹立を心がけ  理解しようと心がけ  克服すべく心がけ  金を儲けたいと心がけ  さを譲るまいと心がけ  落ちこぼれをめぐんで貰おうと心がけ  向上を心がけ  不幸としないで愉しむことに心がけ  理解を広くしようと心がけ  様に御心がけ  ものを心がけ  奴を心がけ  咳ひとつ聴き落とすまいと心がけ  花やかにと心がけ  奉仕を心がけ  概括的展望を心がけ  候ようにと心がけ  有之候えばぜひにと心がけ  アカシを立てようと心がけ  修養を心がけ  再会は心がけ  妻を探してやろうと心がけ  書きぶりを心がけ  常時火の用心を心がけ  ものと心がけ  開拓を心がけ  一と心がけ  不充分ながら心がけ  父上も心がけ  一に心がけ  尖端を心がけ  堅実さとを心がけ  勇者に見せよう見せようと心がけ  ことをしようとお心がけ  返却を心がけ  青年を描こうと心がけ  許りと心がけ  しこたま飲もうと心がけ  実現しようと心がけ  口にありつこうと心がけ  その後も、心がけ  居所を心がけ  よう、心がけ  女の子に遇ったならば返してやろうと心がけ  ように、心がけ  数年前から見たいと心がけ  家内とも心がけ  ことに心がけ  候儀を好んで心がけ  候よう英国にては心がけ  諸事新式を心がけ  聖禁を犯そうと心がけ  捕捉を心がけ  工合に暮して置こうと心がけ  平気になろうと心がけ  大事です、よく心がけ  家も、心がけ  一生懸命に心がけ  ためにそろそろ心がけ  こと、心がけ  不明ですが、心がけ  分は心がけ  鎮静薬も心がけ  ようと心がけ  修業は、常に心がけ  諸君も心がけ  優等品をと心がけ  完成を心がけ  人足仕事などを心がけ  培養を心がけ  こちらでも心がけ  物をと思って、心がけ  古ででも心がけ  安静を心がけ  親切に心がけ  人にたのんで心がけ  ことをしようと心がけ  日頃何一つ心がけ  一豊の妻を心がけ  汽車が出るともう眠ろうと心がけ  芽をのばさうと心がけ  素養を心がけ  改築を心がけ  概念をよく観ておこうと心がけ  分析に何かと心がけ  場合に備えて心がけ  伝説があるかと思って心がけ  生きることを心がけ  学問も少しは心がけ  看過さず、早く心がけ  嫁をなどと内々心がけ  生活を楽しもうと心がけ  馴致しようと心がけ  態度になりたいと、心がけ  てゐなければならないと心がけ  何を學び、つとめてどう心がけ  横尾にも話して心がけ  

名詞

心がけ[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
心がけがやがて人生全体に対して公平無私であろうとする  心がけを暴露する  心がけを持ち続けてゆけば  心がけのよい娘や芸者を見て下さい  心がけというものをとかれた  心がけとしてとかれた  心がけといふものがある  心がけの段になると  心がけが足りないと  心がけの良否で非常な差を生ずる  心がけにおいて称すべき  心がけも等閑にすべからざるは無論なれども  心がけから内儀さんの賃仕事を手伝ったり  心がけを言ひ含める  心がけでなくてはならないと思う  心がけをもとう  心がけともいえるが  心がけを有っている  心がけからでなくては発生し得ない  心がけと存じます  心がけを忘れずといつた  心がけが美食には必要となります  心がけだとすると  心がけとなりたる  心がけの在る  心がけを要求する  心がけから云えば  心がけが発達して来た  心がけの牢人があると  心がけも床しゅう覚えていましたわ  心がけをほめた  心がけもあった  心がけで俺も感心した  心がけならそれでいいから思う  心がけさえおありなされば  心がけがみえまする  心がけを見こまれて  心がけになれば  心がけをよく養生をしていりゃ  心がけじゃ物にならねえや  心がけにはほとほと感心いたしました  心がけでは何をしても  心がけのよい女性たちの念願だと思うが  心がけがある  心がけに感心し  心がけもあり  心がけを忘れている  心がけで斬っては  心がけが違っています  心がけかと思い  心がけで失敗した  心がけが潜んでおり  心がけからだろうと思う  心がけなどがよく現れた  心がけを持って  心がけのある  心がけが悪かったせいだと観念致しました  心がけの百一さえあってくれりゃ  心がけのよい娘さんの手で育てられているから  心がけだけは忘れなかった  心がけと言っても  心がけのいい子は今ごろあり  心がけも変わるとみえるよ  心がけが違う  心がけがよくねえからでげす  心がけのほどもまずまずあまり上等ではござらぬ  心がけとによつて  心がけはよく表われる  心がけの女で夫の処致を夢さら悪く思う  心がけをもち  心がけのいい見物とをかねそなえた  心がけを忘れない  心がけを以てここへ参加して来る  心がけがかわいく思われ  心がけであることをほめなどする  心がけに感心なされました  心がけを感心なされました  心がけがよくわかりました  心がけだけは失われていなかった  心がけさえして置けば  心がけというやつがそこにある  心がけと賞めるもあれば  心がけでやってくれるから  心がけはいつの世にも貴いものだと思います  心がけに納まろうとしている  心がけを訊ねた  心がけも生活も労働もその社会にふさわしいものにし  心がけが示される  心がけはもちろん学徒に限った  心がけとが説かれた  心がけについて話していただけませんでしょうか  心がけを聞く  心がけにも拠っている  心がけとしてやっていた  心がけを侑めるくらゐで  心がけを持つて  心がけで立派な行動であるからして  心がけがすっかりかわって  心がけを持つ  心がけでやってゆく  心がけがよいからでもあります  心がけがあるらしい  心がけが窺えると思う  

~ 心がけ[名詞]1
お前の心がけの  庶幾する心がけを  民の心がけという  重要な心がけとして  いちばん大切な心がけ  自分の心がけが  扱ふにつけての心がけといふ  扱ふ心がけに  一段の心がけが  大切な心がけで  上にもわからうとする心がけが  恋愛にとって欠くべからざる心がけ  士君子の心がけにおいて  著述等の心がけも  何かで償いたいとの心がけから  殊勝な心がけを  人間の心がけ  自立する心がけを  温容とも心がけとも  人間たちの心がけが  機会にまかせて買う心がけを  後妻は心がけの  母たちの心がけの  武人の心がけを  茶人の心がけ  殊勝なる心がけと  人間最高の心がけを  ふうにする心がけが  バカに心がけが  順吉さんの心がけ  大道を歩いてゆく心がけが  貴様も心がけは  女の心がけが  ようにと心がけが  仏のみ心がけ  親切な心がけを  外へ持ち出さなかった心がけとは  人々の心がけによる  わけを知ろうとする心がけの  みんなの心がけが  武術の心がけも  日頃の心がけが  未来にかけている心がけが  夫婦の心がけが  はつさんの心がけには  ことは心がけの  医術の心がけが  者が心がけが  日頃の心がけも  立派な心がけ  王になろうなんていう心がけが  晴々とした心がけかと  ような心がけ  調和を保つべき心がけから  相当の心がけを  相当に心がけの  武者の心がけ  こっちの心がけが  お前の心がけには  お松さんという心がけの  役人の心がけ  妻子に仕送る心がけだけは  陥穽を避ける心がけと  あなたの心がけ  文化住宅を営もうなんていう心がけは  商売柄に似合わず心がけが  覺と心がけと  自覚と心がけと  人の心がけは  珍らしい心がけの  後学に資する心がけが  教育するの心がけを  細君の心がけが  ような心がけの  小鳥になった心がけが  先生は心がけの  日頃の心がけという  人間万人の心がけ  掛声や心がけでは  美事の心がけと  行いすました心がけに  作歌上の心がけを  自分の心がけも  学徒の心がけが  学徒の心がけとして  道を学ぶ心がけとが  この世で心がけの  平生の心がけが  ふだんの心がけが  ときの心がけについて  本人の心がけにも  それを心がけとして  植ゑて置く心がけを  行儀作法の心がけの  殊勝な心がけ  やうにといふ心がけ  立派な心がけで  惡人にならない心がけを  中心に話すなどという心がけが  次郎君の心がけが  殊勝な心がけが  脱しようといふ心がけ  作者の心がけという  不断の心がけが  平生から心がけも  

~ 心がけ[名詞]2
この心がけ  正しい心がけ  どんなに心がけ  そんな心がけ  やさしい心がけ  ありがたい心がけ  その心がけ  まことに心がけ  めずらしい心がけ  いい心がけ  よい心がけ  そういう心がけ  全く心がけ  善い心がけ  じいっと心がけ  あの心がけ  なかなか心がけ  美しい心がけ  あんな心がけ  いったい心がけ  珍しい心がけ  尊い心がけ  其の心がけ  わるい心がけ  たのもしい心がけ  せつな心がけ  

複合名詞
心がけ一つ  心がけしだい  心がけいかん  心がけ次第  へん心がけ  日頃心がけ  余り商売柄心がけ  



前後の言葉をピックアップ
こころえる  心得ろ  心置き  心覚え  心掛り  心掛けよ  心掛け  心掛け  心掛けれ  心がけ


動詞をランダムでピックアップ
飛びまわっ浴びよ探れるすりつける吃りさらけ出す止めろ動きだせ釣れ代えろ仰せつけよ射し込んぬすみ合える蒙るやくしふとれみくだし食いもちあがら
形容詞をランダムでピックアップ
みれんがましい世知辛いすばしこいひどく温か晴がまし香しくっむさくるしき相容れなくしたしかっいざと大きき痛々しい小うるさい悔しく薄う慕わしいはらだたしく水っぽく