「従っ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 従っ[動詞]
教に従っ  方向、従っ  ところに従っ  いのちに従っ  方法に従っ  生産に従っ  力を有すると考えておりますし、従っ  もの、従っ  こと、従っ  意志に、従っ  観念は従っ  のであり、従っ  偽であり、従っ  のであって、従っ  傾向性が従っ  ところであり、従っ  真である、従っ  ことを聞いた、従っ  ことができず、従っ  造物であり、従っ  詩僧に従っ  原理に従っ  内面的性質に従っ  性質に従っ  言葉に従っ  鮮明であり、従っ  原則に従っ  収斂級数で表わされ従っ  どこまでも従っ  建仁元年法然に従っ  それに従っ  家にのみ引込み、従っ  意見に従っ  意味に従っ  殺人光線灯をもってつき従っ  のである、従っ  私は従っ  自然に従っ  料理がまた従っ  ことは出来ないし、また、従っ  アイデアに従っ  規則に従っ  ルールに従っ  一般的見解に従っ  ぼくが従っ  意に従っ  ところがあり、従っ  作法に従っ  上側にはみ出して来るから、従っ  一昨日まで、従っ  購買力に従っ  本心に従っ  通念に従っ  社会的事情に従っ  仕事に従っ  成立せず、従っ  精神が、従っ  意味を解しかねているので、従っ  訳語に従っ  方則に従っ  論理に従っ  勧めに従っ  当人ではなく、従っ  知識はあるまい、従っ  地域伝統に従っ  精神状態は従っ  山稜も従っ  想いをし、従っ  愛用し、従っ  形態、従っ  見出し、従っ  両者は従っ  動機に従っ  ことが出来、従っ  それは従っ  理由は従っ  実践的と考えられるか、従っ  学問は、従っ  認識は、従っ  選択原理に従っ  歴史科学的概念構成は従っ  自然法則に従っ  乙に従っ  徳川に従っ  ものではない、従っ  実験的な、従っ  方法と従っ  相応し、従っ  所以に従っ  日本にとって、従っ  不安は従っ  反対せざるを得ず、従っ  宿命に従っ  思想水準だと考え、従っ  増大し従っ  容易であり、従っ  技術的範疇に従っ  キケロに従っ  本を持っているというだけで、従っ  胚芽となり、従っ  位、従っ  あとに従っ  市女笠を捧げて従っ  から、一旦従っ  唯々諾々と従っ  忠告に従っ  から、従っ  意志に従っ  老人に従っ  展開も従っ  大家で、従っ  主人に従っ  命令に従っ  道理に従っ  正業に従っ  命令に快く従っ  事、従っ  農業に従っ  生産労働に従っ  曹操も従っ  混乱せしめ従っ  形式に従っ  指示に従っ  勅命に従っ  傍に従っ  手に従っ  われに従っ  旨に従っ  紂王に従っ  光があるので、従っ  説に従っ  任務に従っ  混雑、従っ  ものに従っ  階級闘争に従っ  お供に従っ  家族から家財まで従っ  計略に従っ  徐州は従っ  求めに従っ  法則に従っ  身分に従っ  要求に従っ  本能に従っ  自分の従っ  張宝に従っ  特質を知らず、従っ  黄祖に従っ  下知に従っ  劉皇叔さまに従っ  彼等は従っ  上人に従っ  自己解釈し従っ  もっと断片的に従っ  ブルジョア的常識に従っ  名であって、従っ  おかげで従っ  プランに従っ  抽象的であり、従っ  夫であって、従っ  別な、従っ  ものを、従っ  内で従っ  つけ旋律に従っ  のだから、従っ  有用性を認めず従っ  ことであり、従っ  之は従っ  資本主義体制の、従っ  塗りは従っ  地質構造、従っ  陣中に従っ  表面は従っ  劉玄徳に従っ  将士も従っ  観念論的認識に従っ  上にも従っ  人に従っ  命に従っ  孔明に従っ  ことばに従っ  耽溺しやすい、従っ  ナアと思ったけれども枉げて従っ  わけでもなく、従っ  ことに従っ  ぼんやりそれに従っ  自分もその言いつけに従っ  目的に従っ  特に科学的体系、従っ  忠実に従っ  学術的惰性に従っ  事物であり、従っ  戯曲の深く正しく、従っ  一目瞭然で、従っ  防止し従っ  その後に従っ  三、従っ  クリーニング業に従っ  言に従っ  文献にも伝わらず、従っ  これによってつき従っ  松屋松吉とが従っ  間でも従っ  慣用に従っ  口約束に従っ  政宗に従っ  希望に従っ  紹介に従っ  文学的傾向に従っ  規準に従っ  もので従っ  感じに従っ  わたしは従っ  住民も従っ  持合わせず、従っ  流感に冒されず従っ  後に従っ  審美判断に従っ  あり得ないこと、従っ  気持になって大人しく従っ  カフェーに入らず従っ  武蔵は従っ  言葉、従っ  体質、従っ  性格に従っ  実感が強く、従っ  唯々として従っ  覚書に従っ  場としての、従っ  技術と従っ  量的に引きもどされ従っ  実験も従っ  独立で、従っ  政治的傾向に従っ  時に、従っ  時期から云っても遅く、従っ  職業に従っ  主題に従っ  直観に従っ  ことが出来ず、従っ  唯物史観も従っ  常識的で従っ  哲学自身の、従っ  代表すると考え、従っ  夫は又従っ  概念に、従っ  統一連帯関係を、従っ  カントに従っ  アリストテレスに従っ  精神に従っ  イデオロギーは従っ  科学の、従っ  文化は従っ  夫は、従っ  通用しないから、従っ  肯定であり、従っ  時から武蔵に従っ  彼の申出に従っ  習慣に従っ  敵に従っ  素直に従っ  すすめに従っ  庶民には、従っ  刑事が従っ  支倉に従っ  背後に従っ  御意に従っ  産業に従っ  風習に従っ  理由も従っ  品々が時に従っ  探鉱に従っ  こころにさえ従っ  環境に従っ  地面が踏みに従っ  ほんとうに忠告に従っ  幾人かはつき従っ  みな盛装して従っ  さむらいたちがつき従っ  時から、相離れて、つき従っ  記述は従っ  概念に従っ  ポアンカレに従っ  唯々と従っ  尊氏に従っ  連絡はなく、従っ  神に従っ  指導に従っ  頤使に従っ  近くなると思うにつれ、従っ  のは従っ  約束に従っ  主観そのものである、従っ  主観にぞくすと共に従っ  これに従っ  思召しに従っ  芸術的良心に従っ  方に従っ  ままに従っ  驚異と、従っ  例に従っ  ガスケル老人に従っ  古墳発掘、従っ  教授団切り崩しが、従っ  もので、従っ  国家的に従っ  ものも従っ  生活に従っ  認識物を、従っ  ものと見るからであり、従っ  熱心忠実に従っ  道拓きに従っ  案内に従っ  クリストフに従っ  詞に従っ  社会的機能を与えられ、従っ  良心に従っ  一も従っ  言葉どおり正直に従っ  のではないか、従っ  権威を一層強め、従っ  戦争が起らず、従っ  なかったので、従っ  体得するに至らず、従っ  御殿へも従っ  胸をとどろかせながら従っ  心にはたやすく従っ  慣例に従っ  源氏に従っ  若い女房だけが従っ  弁信にまかせて従っ  こともわかりきっている、従っ  大臣は従っ  運命に従っ  流行に従っ  車で従っ  院へ従っ  世の中のならわしに従っ  流れに従っ  あとから従っ  車に従っ  哲学に従っ  順序に従っ  ものが従っ  のに従っ  世界的水準に従っ  何某大使に従っ  念で従っ  志望に従っ  物質は従っ  機械論的決定論を、従っ  ものであり、従っ  問題が至極当然な、従っ  歴史性とは従っ  弁証法を、従っ  ことを、従っ  意味であって従っ  歴史、従っ  矛盾関係に這入り、従っ  ことが出来又従っ  概念的存在ではなく従っ  独立性を持たない、従っ  世界観の、従っ  経済的に従っ  意味し、従っ  報道であろうと、従っ  共産主義だから、従っ  承認せず従っ  ものも亦、従っ  重宝で、従っ  一致協力、従っ  他ならず、従っ  ことの、従っ  頑固に、よく従っ  上まで上っていなかったので、従っ  機にふれ、時に従っ  みな自然に従っ  交流的律動に従っ  出来心に従っ  力であり、従っ  分科的であり、従っ  曲率に従っ  のも、従っ  注意せず、従っ  世間から承認を与えられないので、従っ  個人主義的に従っ  時間も亦従っ  反映し、従っ  変化し従っ  厳密でなく従っ  存在原理である生命現象は従っ  規定に従っ  文化とに従っ  岸辺に従っ  地理書に従っ  隷属とを、従っ  根拠もなく従っ  一歩その後に従っ  社員は従っ  労働に従っ  階級運動に従っ  自分たちの従っ  矩に従っ  方向に従っ  静粛につき従っ  ウイリアム征服王に従っ  原文に従っ  判断に従っ  範疇に従っ  方程式に従っ  意識をもたず、従っ  手伝に従っ  勧告に従っ  しろに従っ  将軍に従っ  表現され、従っ  指図に従っ  彼女に従っ  組立に従っ  耕作に従っ  良人に従っ  シ格に従っ  なのだから、従っ  開拓に従っ  教諭に従っ  研究に従っ  苦しみも従っ  気まぐれに従っ  ただ一つの要求に従っ  計画に従っ  旧習に従っ  果までも従っ  均等にし従っ  出陣列に従っ  自らを流し従っ  プロレタリア文学運動に従っ  資質に従っ  拘泥せず、従っ  基準に従っ  孫にまで従っ  古名に従っ  学名も従っ  援け、つき従っ  彼に従っ  指揮に従っ  順序によって従っ  除族されとる、従っ  水夫が従っ  研鑚に従っ  魂に従っ  車をひいて従っ  活動に従っ  天然に従っ  事に従っ  跡に従っ  ぞろぞろとつき従っ  一行に従っ  彫刻は従っ  標識に従っ  法律に従っ  正反対で、従っ  説話は最も古く、従っ  構造や従っ  存在する、従っ  存在から最も離れており、従っ  づまり、従っ  ものは、従っ  歴史哲学から発生し、従っ  文化概念、従っ  解放は従っ  個性概念は従っ  可能であり、従っ  のも従っ  視点に従っ  問いは従っ  ことが出来ず従っ  問題は従っ  現実内容でしかなく、従っ  定義し得られず従っ  決定するから、従っ  固執し、従っ  動力は従っ  人々は従っ  無関心な、従っ  複雑であり、従っ  物理学的概念ではなく、従っ  自然科学は従っ  衆は従っ  観想的に、従っ  通俗化とは従っ  伝習化であり、従っ  伍長に従っ  犬とが従っ  狼とが従っ  合図に従っ  ことに黙って従っ  自分がまだ従っ  心持に従っ  欣然として従っ  昭公に従っ  孔子に従っ  師であり、従っ  結果に従っ  何となく安心して従っ  言葉には、いつもすなおに従っ  風土に従っ  人がなく、従っ  侍者の子孫といい、従っ  ところが欠けており、従っ  常識に従っ  ことでなければならぬ、従っ  まことに従っ  先験主義であり、従っ  認識される、従っ  ヘーゲルに従っ  一般的法則として捉えられている、従っ  機能に従っ  役割に従っ  ものであり得ず、従っ  糸も従っ  必然に従っ  今まで従っ  信長に従っ  オービットに従っ  一大飛躍をとげ、従っ  後へ従っ  工事に従っ  噂も冷めようし、従っ  それにも従っ  考えに従っ  資本がない、従っ  十人近くいる、従っ  身体も衰え、従っ  その後へ従っ  暗示に従っ  内容も従っ  型に従っ  郷に従っ  具備していないから、従っ  貢献をしたであろうし、従っ  境界がなく、従っ  採用され、従っ  言葉を知らず、従っ  必要がなく、従っ  設計に従っ  ニュートンの法則に従っ  離心率を有しているので、従っ  温度もまた従っ  一部分しか出版されず従っ  どれにも、従っ  影響を及ぼし、従っ  であるから、従っ  規律に従っ  後からつき従っ  採集に従っ  其にきちんと従っ  地球も従っ  思想問題として、従っ  表現能力や従っ  数学的要求に従っ  ものが、従っ  儀礼に従っ  ラジオ体操も従っ  自分たちに従っ  枝葉も従っ  枝葉もまた従っ  助も従っ  それで従っ  思想に従っ  諫止に従っ  ことはなく、従っ  黙然として従っ  二三歩その後に従っ  密貿易なぞに従っ  ほうへつき従っ  さしずに従っ  老中筆頭松平知恵伊豆様につき従っ  行列に従っ  行列につき従っ  あとにつき従っ  気になれず、従っ  労賃は、従っ  ことは出来ず、従っ  量は極めて少く、従っ  其後に従っ  ために、おおむね似ており、従っ  のは、極めて当然であり、従っ  人口と、従っ  増加と、より若く従っ  百万を越え、従っ  プロットに従っ  さが浅くなり従っ  救出作業に従っ  それぞれ持役に従っ  形態に従っ  是正し従っ  同一であり、従っ  うち最多数の、従っ  欲望に従っ  のであり従っ  勤労、従っ  幼死を遂げざるを得ず従っ  扶養され従っ  表明もせず、従っ  駕賃も従っ  事となり、従っ  意を注いで、従っ  命令にも従っ  信徒が従っ  場所も従っ  後ろへ従っ  いつまでも後から従っ  こともなく、更に従っ  説明し、従っ  三十年来商業に従っ  たるを知り、従っ  伝統に従っ  歴史に従っ  形に従っ  生活の設計も従っ  モティーヴからあらわれ、従っ  発生させず、従っ  注文に従っ  女も従っ  米をもって来るべきであり、従っ  さしひきがきつく、従っ  あすこがのこり従っ  左右太が、従っ  幕臣が従っ  運動も従っ  から俗称にも従っ  風俗に従っ  二天記に従っ  うわさも従っ  ように思われ、従っ  ことが、従っ  智的生活に従っ  信長につき従っ  媒介するから、従っ  理解し従っ  成立せしめ従っ  解釈に従っ  性能に従っ  国粋的省略法に従っ  執拗に、つき従っ  そこには従っ  理論に従っ  



前後の言葉をピックアップ
従お  したがお  下書き  遵っ  したがっ  シタガッテ  下刈  遵わ  したがわ  従わ


動詞をランダムでピックアップ
聞入れよ講じる叩き起さむしゃぶりつくくらさやめるほのめかす名づけれ蔽う切り換える打ち合わせる占めすくわ差し向け追い掛けれなじもこだわりはべら引き渡しゃ引き摺り込も
形容詞をランダムでピックアップ
清々しき人懐こい腹だたしくじれったくっ細うやむないか黒い速くほしくっぬく物珍しき早けれがたき赤けれわずらわしかっ軽いうまくっおっかなくっあぢきなき