「弱り」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 弱り[動詞]
ものが弱り  うまい考へが続かないので弱り  株が弱り  のだが、もう弱り  押へられて、大弱り  忠興もさすがに弱り  のだが、しかし弱り  病いに弱り  それを聞いて大いに弱り  何んだか弱り  なかで弱り  へとへとに弱り  無一物の弱り  から少なからず弱り  これにはまったく弱り  逃げ迷い、弱り  気の弱り  照りに弱り  危いくらい弱り  身体さえ支え切れないほど弱り  男ですがね、弱りました、弱ったとも弱り  方で弱り  女も弱り  ように弱り  野辺に鳴弱り  もつとお弱り  繁吉は、弱り  密かに弱り  ボクが弱り  阿古十郎に見られ、弱り  強情にも似ず、すっかり弱り  六匹だけ取り離したばかりなのに、あの弱り  アタリがつきません、弱り  そいつあどうも弱り  人間は弱り  わたしも弱り  方が弱り  意味で弱り  全身も弱り  からだが弱り  女房は弱り  圭一郎の弱り  立現われて、ひどく弱り  すつかり弱り  ことになりますと、ちと弱り  雨には弱り  気持の弱り  祖父が弱り  電池が弱り  私は弱り  大王も弱り  物なく、弱り  熊がすっかり弱り  眼がわるくて弱り  囚人も大弱り  馬は弱り  収入係は弱り  疫病にかかって弱り  ものは大弱り  急に吹き出したくなって弱り  金には弱り  喘息にかかって弱り  作は大弱り  彷徨つて、弱り  乱暴に取り扱いなさるので、弱り  なつて、弱り  何ともいわない弱り  そうだ、弱り  行つて、弱り  強心剤を与えて、弱り  まり遠かったのでずいぶん弱り  殊にこのごろの弱り  石亭先生の弱り  三吉も弱り  私は全く弱り  身体も弱り  しまわりで弱り  与八は弱り  みんなひどく弱り  何という弱り  足は弱り  珍殿も弱り  気がして、弱り  忙がしいんで弱り  そいつは弱り  ものまでができかかって来るという弱り  吉田の弱り  狼には弱り  奴は弱り  君は、もう弱り  且又、弱り  犬に取りまかれて、実に弱り  婆さんが弱り  悲鳴は忽ち弱り  森川夫人は弱り  今、弱り  通りに弱り  旦那様も大弱り  少年は少し弱り  力が弱り  疲労を覚えてどうにも弱り  おからだがいよいよお弱り  人にとっつかまっては弱り  塩の弱り  川村様も弱り  神経が弱り  死骸みたいに弱り  身にこたえて弱り  僕が逃がしちゃってね、いやはや大弱り  これには弱り  のは、逃げ出したがって、逃げだしたがって、弱り  のには弱り  何もとらないので弱り  勇仙が弱り  心の弱り  父親も弱り  政治性が弱り  家主はいかにも弱り  二人ともに弱り  のに少し弱り  拙者も弱り  日本が弱り  旅のつかれで弱り  おかみさんも弱り  途もなく弱り  問題が少しも進まないので大弱り  息子は弱り  殆ど泣かぬばかりに弱り  人が欲しくって弱り  一槍毎に弱り  年なのでめっきり弱り  二日ばかり弱り  事ですけれども、弱ったには弱り  病苦の弱り  筆者が弱り  力落しでお弱り  頃、目立って日に日にお弱り  頃にわかにお弱り  苦労とに弱り  因縁とでもいいたげな、弱り  手を待ってる弱り  咲の弱り  底では弱り  視力は弱り  反動で弱りに弱り  クリストフは弱り  二人とも弱り  吉公は弱り  から体がたいそう弱り  奴はあんなに弱り  足首を痛め、弱り  相手を説き伏せたらよいか、弱り  邪視力も大いに弱り  気絶せんばかりに弱り  彼らの弱り  作三郎も、弱り  ンので、弱り  看病に弱り  意識は余りに弱り  病気に弱り  落胆すまいと思うほどに弱り  指導に弱り  ことで弱り  病気かなんかで、弱り  乞食みてえになって、弱り  体が弱り  両親とも弱り  のに弱り  責め殺されもせず、弱り  寒気とに悩まされて弱り  それは弱り  体も弱り  ように、蒼白い弱り  重荷に弱り  本はなかなかないので弱り  春よりはお弱り  位な弱り  ことに弱り  ために見る見る弱り  極端に弱り  名は、この弱り  私は、弱り  これには実に弱り  読み苦くって弱り  はい、どうも弱り  精神も弱り  P公が弱り  息が続かなくなって、実に弱り  ことはありません、弱り  こいつには弱り  大雨に弱り  先生は弱り  肉体の弱り  急に弱り  時さも弱り  彼はもうすっかり弱り  心が弱り  自身の、まだ弱り  このごろ急に弱り  人だらけで弱り  心がつかれ弱り  精神的に弱り  始めは弱り  平田は弱り  おれも、かうからだが弱り  早や弱り  天狗も弱り  今ほど脆く弱り  僕も弱り  大沢がすっかり弱り  血だらけになっていても少しも弱り  身体の弱り  玄関は弱り  僕は弱り  から、弱り  腹をすかせて弱り  身も弱り  あとでお弱り  助郷にも弱り  光も弱り  ために、弱り  頃はめっきりお弱り  君の弱り  気分に襲われて弱り  もので、実に弱り  いつまでも眠れないで弱り  左なきだに弱り  豆ちゃんが弱り  汲々として弱り  連行して、弱り  香港へ下されちまいましたので弱り  腹から糞が出て来て、大弱り  のだけれど、さほど弱り  ためにぐったりと弱り  気持に弱り  心身ともに弱り  幾度も弱り  実質的なので弱り  私も弱り  そでにとりついて泣かれ、大弱り  私が弱り  制限で大弱り  マホー瓶は、弱り  もっとお弱り  ものがなくなって大弱り  葉色が悪くなり、弱り  本さえなくて大弱り  苦労を嘗めつくしてきて弱り  骨が折れたので弱り  十分で弱り  力や多少弱り  ことをしてしまって、弱り  氏が弱り  旱に弱り  來ないとなると一寸弱り  さとに弱り  後にいよいよ弱り  大蛇もいよいよ弱り  女中が大弱りに弱り  ン出されたら、弱り  んで弱り  イエニーが弱り  



前後の言葉をピックアップ
弱々しくっ  弱々しゅう  榎原  よわら  弱ら  よわり  弱り目  弱る  よわる  弱れ


動詞をランダムでピックアップ
受け取っ呼べ居残っ誤らせる御すちかよるやけん帰ら突出す突きぬける踏込んえぐれおきろ張り込もしんぜよかたよらすけれ待ちこがれる殺せ
形容詞をランダムでピックアップ
切なかっあしく賑にぎしいおさなきまめまめしいてあつい忌わしくなつかしかっ遠くっぽきわすれがたくあえない堅うくだらな極まりなしたわいなき女々し賢しく心地好きくど