「干」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 干[動詞]
露が干  潮の干  貰つた、干  ものより、よく出来てゐる、干  朝は干  茹章魚、干  口が干  蕨、生干  嚥み干  氷、干  やうに干  波をわけて干  冷酒をついで、干  ちよの下女のであろうか、干  ほうへ行き、干  口にくわえた干  褞袍を着せられて、生干  二分間ほど干  完全に干  沼の干  審判に干  絃歌が聞こえ、干  光で、干  中に干  人冠に干  綾子は干  そこまで来ると干  十字ではなく干  涙なんぞは干  飮み干  汐の干  大塩湖の干  みな、干  中に、干  皮が干  それこそ干  前に小く蹲んで、干  前に小さく蹲んで、干  薄氷がひとりでに干  水も悉く干  袂しほれて干  田舎から持って来た干  骸の干  夕食には干  水が干  残飯を干  喉の干  鍋や、干  五分もすると又干  さからいうと、一旦干  肉は干  孫策は、干  ぎゅッと締めつけると、干  樊能を突き殺し、干  あらたのもしや、たのもしや干  議論が干  間でその干  者もあれば、干  水の干  島が干  油揚や干  のに干  方から干  二人、干  其ノ干  背戸に干  鶏や、干  時、干  どろどろになって、干  喉を干  來り、やがて干  海神が干  黒焦げに干  洪水も全く干  酒を飲んだり、干  荷車は干  細あく切って干  咽喉へ干  頃には、よく干  大川の満ち干  王子比干  咽喉が干  脣の干  唇の干  顕栄を干  塩、干  何だかこう干  わし等親子四人が干  百姓奴等は、干  百姓は、干  それが干  のか、干  茶と、干  潮汐の干  二回の干  ために生ずる干  ものはすぐ干  掃溜を探した干  手が、干  中納言朝忠卿は干  人をおどろかしたと云うが、その干  我々は、干  これなら干  描写でも、決して干  子孫の干  竹であんだ干  勇士の干  大豆と干  一合ばかりと干  花、干  秋風や干  軒には干  酒を持ち、干  腰に干  糸瓜のごとく干  露も干  卵とか干  卵についても干  おれどもを、干  田は干  潮が干  潮は干  麹、干  つた水たまりやどぶを干  主人自らは干  飯、すなわち干  上にこぼれて干  梅庵、いやさ不干  交る招き入れていたお干  粟、干  乳房を干  一に干  二品で、干  西洋の干  論は干  カラカラに干  それがすっかり干  讃岐へもどる干  弥太も干  何であれ、おなぐさみになればうれしいとか申しまして、干  魚、干  からだじゅうに干  縁側の干  二階の干  幾尋の干  芋、干  鮫の半干  夏は干  人は干  衣類の干  握飯なり、干  姉様が、ぶらぶらと甘干  肉體は、干  間に干  皆色も干  たまへと、干  声の干  時雨、干  おのれの干  ようにつるされた干  職業が干  芸術家でもなく、最も干  まりにはっきりしていてあまりに干  魂が干  養液を失って干  ことは、干  ように光った干  今まで干  果実はたいてい干  心の干  ために干  荒物屋に入って、干  身体は干  実行とは干  む月に干  浴衣などが、干  ように干  黴の来た干  前に坐って干  いずれも干  少量の干  くさやの干  頤の干  手水鉢へ干  色になり干  やうな干  のどが干  焦慮し、干  晋の干  今日になりますと、干  楚の干  東晋の干  当時、干  ことであるので、干  ように、干  女も干  山駕籠と干  朝獨り干  数本の干  八百屋に干  同志の干  不在、干  外米でも干  毎日朝から晩まで干  年歯より早く干  上に置いてあった干  蒸鮑、干  洗つた仕事衣が干  これは干  庭芝だの干  大堀が干  大堀の干  そのまま薄らいで干  凝りては消ゆる干  口は干  二人の干  温茶を含んで、干  玉も干  雫の干  涙の干  二人とも干  曼陀羅の干  植物の干  毬華葛の干  頃から、干  流木の干  液体が全く干  蟹と、干  見事な干  麦の穂は黄色く干  頭の大きい干  問題に就いては不干  政治に干  真水には干  薑の干  砂糖一斤、干  著者不干  陽気に干  汝に干  一つ抱へて、干  艶に干  問題として生きながら干  の啼く干  管をつなぎ、干  晉の干  はず刈り干  故意に干  水や、干  預金が干  一束の干  夜なかに干  血をにじませて少しく干  方は干  兄は、甘干  大分政令に干  ときは全く干  陽に干していた、干  分量しか、干  声までが、干  熱海の干  一部に必ずと言ってよいほど干  あまだいの干  最高の干  ますの干  他の干  ふうな干  クサヤの干  さにおいて干  ぎがれいなどが、なんと言っても干  ふぐの干  パンと干  きれいに干  殆んど干  鼻液が干  口が時々干  のはないか、干  いわしだの、干  好意の干  夕間暮、生干  



前後の言葉をピックアップ
パーヴェル・パヴロヴィッチ  パーヴロヴィチ      非決定    干さ    緋牡丹  


動詞をランダムでピックアップ
連れ出そ凌がうけつけるいかり基づけ芽ばえ引越しきめろ事えよ皮肉るとんがっころべ出しゃばっ折れ合うてらせるつみこま刈りとるうつしとりはたらかし
形容詞をランダムでピックアップ
近しくくるしい明きよきゃ重いかるがるしく物珍し快けれつらき痛ましせつなおおい煙くわびしい惨し情深いこわけれなごりおしあったかともい