「帳場」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

帳場[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
帳場を伴につれて,  帳場を通り抜けて,  帳場をしてるって,  帳場を呼び出し,  帳場を守る,  帳場を頼みますよ,  帳場を勤め出した,  帳場を立上った,  帳場を呼びなさいよ,  帳場を呼ぼうかね,  帳場を出る,  帳場をつながないで,  帳場を預かっていたので,  帳場をふりかえった,  帳場を一切処理しているというから,  帳場を預かっている,  帳場を切り廻している,  帳場を背負って,  帳場を司っている,  帳場を張っている,  帳場を持つて歩いた,  帳場を辭した,  帳場を設え,  帳場をしていると,  

~ 帳場[名詞]1
ために帳場へ  晩余は帳場へ  蔭が帳場  女中は帳場の  宿屋の帳場の  花を帳場に  料金七拾錢を帳場から  時お上さんが帳場の  彼は帳場に  料理屋の帳場など  裾を曳いて帳場に  昨夜事務所にいた帳場  戸外に出て帳場の  言葉を聞きながら帳場の  金では取れないと見ると帳場は  場主が帳場と  前には帳場も  紙包を持って帳場も  仁右衛門は帳場に  電気のついた帳場の  兄さんは帳場の  自分は帳場に  半分ホテルの帳場へ  本を帳場に  酒席の帳場に  足取りで帳場の  ガラス器や帳場は  階下の帳場へ  平民にては帳場と  世話や帳場の  伊助は帳場の  廊下を帳場の  一国の帳場に  商人の帳場に  山師の帳場に  これを帳場へ  二人は帳場で  上から帳場に  宿の帳場に  酒瓶が並んでいる帳場の  治六は帳場の  彼は帳場の  料理屋の帳場に  後の帳場に  大股に帳場を  老人の帳場まで  忠実に勤めている帳場の  両手を帳場の  パン店の帳場から  右の帳場の  ようにして帳場まで  なか子が帳場へ  それを帳場から  店の帳場へ  浪人が帳場を  番頭は帳場に  女主は帳場の  油屋の帳場に  主婦は帳場の  菰被りの据わった帳場の  内儀さんが帳場の  お前は帳場に  うち料理場や帳場の  庄は帳場の  庄が帳場へ  書付けばかり持って帳場へ  山三郎は帳場に  小夜子は帳場へ  化粧をすまして帳場に  小夜子は帳場に  庸三が帳場の  翌朝十時ごろに帳場へ  庸太郎が帳場に  丁寧松は帳場の  翌朝になって帳場の  女装が帳場に  袖を払うと帳場の  壜を下げて帳場の  帝国ホテルの帳場を  店の帳場と  島が帳場へ  方の帳場に  ように帳場に  そこの帳場に  夜にはと帳場へ  儀を帳場で  勘定は帳場で  右側に帳場が  そうに帳場の  小僧が帳場で  十一時過ぎまで帳場に  新吉は帳場にばかり  店へ来て帳場から  娘が帳場を  声で帳場の  生憎に帳場の  男が帳場の  良人の帳場に  夕方まで帳場に  上条の帳場の  中を乗りつけの帳場まで  乗り付けの帳場まで  膳を帳場に  裂でつつんだりして帳場に  目もくれずに帳場に  店の帳場には  面をして帳場に  伝兵衛は帳場に  伝兵衛は気がついて帳場を  自分の帳場の  ホテルの帳場で  楼の帳場へ  淡島屋の帳場に  彼は帳場へ  彼は帳場から  心づけを帳場なり  しんとしていて帳場には  電話を帳場に  何者かが帳場と  それを帳場へ  帆村は帳場へ  帆村は帳場に  交換台を経て帳場に  九兵衛が帳場で  佐兵衛は帳場から  りっぱな帳場が  りっぱな帳場の  腰をかけて帳場に  そばやの帳場の  室町屋の帳場で  それが帳場に  豊は帳場の  出前持をせずに帳場へ  彼は帳場を  女が帳場へ  角は帳場に  君を見舞わずに帳場へ  入口が帳場に  入口が帳場にな  表の帳場に  吾儕は帳場の  以前は帳場より  あとで帳場から  ぼんやりして帳場へ  始末をつけようと帳場へ  階段を降りて帳場の  自分が帳場に  ような帳場に  女中部屋は帳場から  姿が帳場の  自動車を帳場に  弁当は帳場に  そこは帳場とも  入口にある帳場の  商店の帳場に  真直に帳場の  七は帳場から  番頭が帳場に  十右衛門は帳場の  辰伊勢の帳場へ  番頭も帳場から  番頭さんが帳場に  実直に帳場を  がたは帳場には  酒屋で帳場に  番頭が帳場から  目録づつみを持って帳場へ  甚右衛門は帳場から  七は帳場に  そこの帳場で  秋が帳場を  茶屋の帳場は  正兵衛が帳場に  さつきの帳場へ  はさつきの帳場で  一緒に帳場の  オイこれを帳場へ  彼は帳場で  事は帳場で  私は帳場で  おかみさんが帳場に  主人に代って帳場を  それを帳場に  私は占めたと思いながら帳場に  わたくしは帳場へ  俥の帳場へ  うちは帳場の  それに帳場の  下駄ばきの帳場の  ねえさんが帳場へ  腹掛をした帳場の  そこに帳場を  あそこの帳場から  とおりてまえの帳場が  私どもの帳場の  奥の帳場の  秤皿が帳場の  所謂お帳場  ぼくは帳場の  奴は慌てて帳場へ  室を出て帳場の  余は待ちながら帳場に  下宿の帳場に  まん中に帳場に  わたくしは帳場から  ついでに帳場の  買物まわりと帳場とを  人を呼んで帳場へ  丸善の帳場の  問屋の帳場が  ために帳場に  喜久本の帳場に  喜久本の帳場へ  小間物屋の帳場を  珍らしく帳場なんかに  下の帳場へ  はんを帳場に  お雪伯母とは帳場に  右側の帳場は  鶴石が帳場へ  足どりで帳場の  久江は帳場へ  鼻息を鳴らしながら帳場から  談話室から帳場へ  母が帳場から  好きで帳場の  芳の坐っている帳場の  銀子は帳場で  かみさんが帳場に  魚問屋の帳場に  店で帳場などを  ぼくは帳場  客や帳場で  室と帳場とを  ホテルの帳場へ  惣七の帳場でも  彼の帳場  当家の帳場へ  磯五の帳場で  例の帳場に  茶室兼惣七の帳場へ  惣七の帳場に  セエラは帳場に  幾は帳場から  私は帳場の  信号も鳴らず帳場へ  川田は帳場へ  ドレスを渡して帳場へ  見覚えがあるかといって帳場の  わたくしが帳場へ  室の帳場には  何なら帳場へ  階下の帳場で  奥の帳場へ  腕っこきという帳場  砂利場の帳場から  受付の帳場を  旦那さんは帳場の  通い口に設けてある帳場の  人力車の帳場まで  車の帳場が  それを帳場と  パアク・レイン・ホテルの帳場に  ときに帳場に  二人で帳場へ  包みを持つて帳場へ  一晩置いて呉れつて帳場へ  身裝で帳場の  瓶を帳場の  一番景気だと帳場でも  宅だから帳場に  横の帳場に  翁が帳場で  仙吉が帳場の  下に帳場が  コック場へ通う帳場の  厠から帳場へ  生前に帳場で  亭主は帳場の  これが帳場での  後を見送った帳場の  顔を突き出し帳場の  もっけの幸いに帳場には  番頭や帳場の  女中も帳場も  憲作は帳場の  小田島が帳場の  客商売である帳場の  幾が帳場から  玄関傍の帳場に  番頭は帳場で  わしが帳場に  婆さんが帳場の  そうに帳場へ  店の帳場に  お上さんが帳場に  私が帳場に  お家の帳場を  たくさん酒を呑んだって帳場では  体をねじ向けて帳場の  ひまをみて帳場に  

~ 帳場[名詞]2
時々帳場  あの帳場  何しろ帳場  やがて帳場  しばらく帳場  薄暗き帳場  そのうち帳場  えて帳場  よく帳場  始終帳場  まだ帳場  暗い帳場  そこそこ帳場  この帳場  その帳場  なく帳場  がた帳場  どうして帳場  決して帳場  いったん帳場  薄暗い帳場  どうしても帳場  すぐ帳場  そんなに帳場  主として帳場  猶帳場  まるで帳場  いつも帳場  こんな帳場  大方帳場  高い帳場  ぽかんと帳場  これから帳場  広い帳場  こっそり帳場  げに帳場  始めて帳場  ちょっと帳場  ふたたび帳場  

複合名詞
帳場格子  帳場さん  帳場机  帳場さん何分  時帳場  間帳場  其時丁度帳場  帳場め  毎日帳場  帳場前  昨夜帳場  ツト帳場  その後帳場  ただ一度帳場  さっき帳場  帳場氏  とき帳場氏  いま帳場  帳場子  今朝帳場  三角帳場  帳場どん  暫時帳場  昔帳場格子  帳場兼女将  帳場奥  帳場はじめ  亭主帳場  帳場傍  先刻帳場  帳場ごうし  みずから帳場  彼女帳場  思つて帳場  一帳場ごと  一帳場  帳場そのもの  茶室兼帳場  帳場支度  下女唯一人帳場  角帳場  コック部屋兼帳場  帳場もちょっとごたついていたでもござりましょうか  帳場係  中帳場格子  



前後の言葉をピックアップ
挑撥  挑発  徴発  長髪  丁半  嘲罵  跳馬  丁場  町場  懲罰


動詞をランダムでピックアップ
笑い返すとりかえすしゃくっいぶり盛り合わさのせれゆきかかっ微笑めしゃくる降り積もらずらかりみあたり縮らさ纏めるひきもどそ飛びこむ製し定まれ血走り敬う
形容詞をランダムでピックアップ
よろしかっ金臭くにがかれえんどおいいちじるしき穢きてれくさく物寂しいふるめかしい余儀ない懐しく恐ろしけれかるがるしき愛づらしねばり強かっ物ぐるわしく物騒がしい熱っぽくむさくるしい堆い