「帰ら」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 帰ら[動詞]
期間内に帰ら  勘三はまだ帰ら  美智ちやん、もう帰ら  家へ帰ら  那須へ帰ら  人未だ帰ら  万里未だ帰ら  明日は帰ら  十時だが、まだ帰ら  四畳へ帰るか帰ら  金を持って帰ら  下宿へも帰ら  家へつれて帰ら  元となり、遂に帰ら  そんなら帰ら  なに孝助殿が帰ら  拾ふたりする、もう帰ら  六時にはもう帰ら  仕事半ばで帰ら  小父さん、もう帰ら  故郷へは帰ら  もう一度金沢へ帰ら  本国へ帰ら  東京へ、帰ら  故郷へ帰ら  一週間も帰ら  アメリカに帰ら  東京に帰ら  一別三年一日三秋君何ぞ帰ら  私は、帰ら  細工が帰ら  それに乗せて帰ら  心境に帰ら  状態に帰ら  三娘は帰ら  家庭へ帰ら  改築が終っても帰ら  北の国からやってきたのに、むなしく帰ら  うちに帰ら  広小路まで帰ら  お国に帰ら  カチユーシヤ早く帰ら  花相撲に帰ら  邸へは帰ら  戦場へ出ていって、ついに帰ら  小屋に帰ら  家に帰ら  本貫に帰ら  夜になっても帰ら  んやぞ、二度と帰ら  錦を飾って帰ら  お国へ帰ら  行つたとて帰ら  不治の病を惹き起こし、帰ら  手術しに帰ら  無理に帰ら  ために帰ら  私は別れて帰ら  君が帰ら  東京に送って行かれて帰ら  それからちゃんと見附かって、帰ら  時ちゃんが帰ら  そんなら、帰ら  人を、帰ら  さきに帰ら  使いに走らしたのに、まだ帰ら  丞はまだ帰ら  時雨堂へ帰ら  江戸へは帰ら  阿波に入って帰ら  今夜は帰ら  キミ子は帰ら  三日も帰ら  のものを包んでやって早く帰ら  稼ぎに出ていて未だ帰ら  一度も帰ら  隠れ家に帰ら  兄貴はまだ帰ら  お家へ帰ら  気持にされて帰ら  四年だから、帰ら  志、生きて帰ら  京に帰ら  僕はもう帰ら  ぢや帰ら  いつか昔しの様に帰ら  日は追えども帰ら  七時頃でなければ帰ら  先に帰ら  氏が帰ら  僕が帰ら  城内に帰ら  時代が帰ら  君の帰ら  甲州へ帰ら  ポケットに入れて持つて帰ら  古巣へ帰ら  長久に帰ら  相場で買って帰ら  私はどうしても帰ら  傍へ寝に帰ら  今日も帰ら  丞は、帰ら  丞の帰ら  ヲダハラへは帰ら  一しょに帰ら  里方へ帰ら  庵に帰ら  所へ行って帰ら  門番が帰そうとしたが、どうしても帰ら  一月も帰ら  今日中には帰ら  露一つ一つ空に帰ら  早打がきているのに、帰ら  掉っては帰ら  奥様の、帰ら  旅行に出られないかもしれないが、ともかくも帰ら  亭主が帰ら  国へ帰ら  世界に帰ら  英国へ帰ら  都合で帰ら  日本へ帰ら  かえるに程すぎて帰ら  つて国へ帰ら  夜は帰ら  世界へ帰ら  月日は帰ら  錆は磨いてもさうか知ら帰ら  辰刻になっても帰ら  風が吹かなきや帰ら  喬生が帰ら  夜豊子にもう帰ら  話に帰ら  巣箱に持つて帰ら  米は、もう帰ら  万吉の帰ら  家へも帰ら  ほうへは帰ら  順二郎が帰ら  今更実家へも帰ら  兄きが内へ帰ら  城中に帰ら  時太刀を取って帰ら  あなたが帰ら  者は、まだ帰ら  郷里に帰ら  時、とても帰ら  僕は、帰ら  ヲダハラなんかに帰ら  当分吾家に帰ら  そこへ潜っているから、帰ら  人間世界に帰ら  四人は始めて帰ら  現在借りてはゐるが暫く寝に帰ら  小屋へ帰ら  新橋へ帰ら  小言をいったとて帰ら  十日も帰ら  田舎へ連れて帰ら  二日も帰ら  見物を止して帰ら  使いに出でていまだ帰ら  お里へ帰ら  母親の子守唄を思い出すと、やはり帰ら  サイは帰ら  江戸へ帰ら  一年も帰ら  から三日にもなるのにまだ帰ら  ところへ帰ら  東京へ帰ら  松崎の、うっかり帰ら  この間御覧なすって帰ら  縦して帰ら  ようだが、とうとう諦めて帰ら  行つて五日も帰ら  滝野は、遅くまで帰ら  云へども帰ら  田舎へ帰ら  ちやんは帰ら  方へ帰ら  熊はまだ帰ら  自宅へも帰ら  それを奪られましたと言って唯おめおめとは帰ら  あと片づけがすんでも帰ら  女中がよびに来たけれども帰ら  帰っておいでなされず、いまだに帰ら  窪川鶴次郎はまだ帰ら  無事にや帰ら  野を抜けて帰ら  治つたら、早く帰ら  故国へ帰ら  府へ帰ら  農に帰ら  恵那へ帰ら  紅燈に行きてふたたび帰ら  外国から女を連れて帰ら  遁れ帰ら  殆ど家へは帰ら  からさめて帰ら  弥へ帰ら  フーリと共についに帰ら  使者はまだ帰ら  一緒に帰ら  九郎は帰ら  夕食に帰ら  私が少し早く帰ら  顔をして、帰ら  僑居に帰ら  逢はで帰ら  小田原へ帰ら  翌朝まで帰ら  まんま九段へも帰ら  庭に植えるまでは帰ら  夜が更けてゐるのに、未だ未だ帰ら  二時頃まで帰ら  晩は、帰ら  いっしょに帰ら  熊本へ帰ら  もとへ帰ら  都尉を与えて帰ら  うちへ帰ら  三晩も帰ら  一度は帰ら  二人とも出かけて行ってまだ帰ら  なつて帰ら  まさか手ぶらで帰ら  晩になっても帰ら  癒って帰ら  お国は帰ら  近江へ帰ら  博士は、帰る帰ると言ってなかなか帰ら  火星へ帰ら  いまは帰ら  妻を帰ら  姫路に帰ら  吾平爺は帰ら  娘を帰ら  用意だけさせて置いて、すぐに帰ら  時計を見て、もう帰ら  今晩は帰ら  一人ででも帰ら  母さんはたつて帰ら  アが帰ら  産みに帰ら  軍師諸葛亮の帰ら  都へ帰ら  つけでなければ帰ら  佐渡まで帰ら  昨夜はたうとう帰ら  周一はまだ帰ら  急に帰ら  品物にして持って帰ら  山の上に、ぬいで置いて帰ら  熱海へついたら、帰ら  私も帰ら  彼女を帰ら  ためには、要するに、帰ら  以上は、必ず帰ら  明日往くにしても、帰ら  助が帰ら  邪魔ならまた来ると云うと、帰ら  兄もまだ帰ら  南郷庵に帰ら  山中へも帰ら  ままでは帰ら  面目を立てて帰ら  浦賀へ誘われると帰ら  用があるなれば別段帰ら  私は今更帰ら  今更江戸へも帰ら  屍となって帰ら  島田が帰ら  往って帰ら  お前が帰ら  きり、帰ら  正気に帰ら  儘には帰ら  門を跨いでは帰ら  仇を討たんでは帰ら  半年も帰ら  アお父さんが帰ら  相談が出来ますが、帰ら  親父の帰ら  四十年も帰ら  掻されては帰ら  汝が帰ら  華岡医師に帰ら  本能に立ち帰ら  ひと、帰ら  あんた一緒に帰ら  家へは帰ら  四日も帰ら  二三日うちに帰ら  許に帰ら  函館まで持って帰ら  午近くなっても帰ら  今まで帰ら  私はもう帰ら  夜になると帰ら  英はいよいよ帰ら  浦賀へは帰ら  一人が帰ら  至急東京へ帰ら  籠に帰ら  神のものに帰ら  徒らに帰ら  けふこそは帰ら  鎌倉に帰ら  気が附かずに帰ら  夏は帰るにも帰ら  思つたので、帰ら  さへ出れば、帰ら  外へさえ出れば、帰ら  つて、立つて帰ら  一本火を附けて帰ら  家へ運び帰ら  夜おそくまで帰ら  十時頃までは帰ら  無理に呼び帰ら  あなたにそうして帰ら  子は早く睡りしに、帰ら  づ家に帰ら  今は帰るに帰ら  ままに帰ら  享けて帰ら  二日待っても帰ら  お客も帰ら  われは帰ら  明け方まで帰ら  正太は帰ら  何度郷里へ帰ら  夕飯には帰ら  お前はもう帰ら  点呼だろう、すぐ帰ら  点呼だらう、すぐ帰ら  天地に帰ら  風が強いのでまだ帰ら  君も帰ら  鄙ごころ、またと帰ら  宇之さんは帰ら  父様が帰ら  名主へでも預けて帰ら  私はもう連れては帰ら  金を貰って帰られるか帰ら  手ぶり編笠で帰ら  多助が帰ら  圓次郎が帰ら  事があって、ひょっと帰ら  アきまりが悪くって帰ら  替え玉として帰ら  僕は帰ら  俊は帰ら  燈火が点いても帰ら  九時に成っても、未だ帰ら  お仙がもし帰ら  お仙ちゃんが帰ら  学者たちを帰ら  甲州へは帰ら  京都へは帰ら  亀山へは帰ら  満足に連れて帰ら  足でとぼとぼ歩いて帰ら  物を持って帰ら  以て帰ら  伊勢へ帰ら  故郷へは帰るまいと思います、帰ら  わたしは帰ら  今まで死んでも帰ら  独りで帰ら  赤坂へ帰ら  佃が帰ら  金蔵どのはまだ帰ら  まま、まだ帰ら  里へ帰ら  父親に話したら、あの帰ら  薬をもらつて帰ら  今日、はやばやと帰ら  フランスへ帰ら  コートへ帰ら  古巣へ帰れども行きて帰ら  古巣へ帰れども、行きて帰ら  から家へ帰ら  部屋へ帰ら  母は帰ら  二度とは帰ら  姿には帰ら  中から拾って帰ら  巴里へ帰ら  里へ行ってまだ帰ら  だって当分は帰ら  ここへは帰ら  訊して帰ら  此処へ帰ら  復び渓中に帰ら  ペエテルブルクに帰ら  道に帰ら  甲府まで帰ら  お松を連れて帰ら  君ちゃんは帰ら  アメリカへ帰ら  ようなものの、もし帰ら  有野村へは帰ら  そのまま母屋には帰ら  様子を窺うて帰ら  女房は帰ら  前置きに帰ら  秀勝をやっと帰ら  わたくしは帰ら  わたくしは逃げなければなりませぬ、帰ら  行列の練って帰ら  今夜中に帰ら  杜に急げども、帰ら  暮れぬれども未だ帰ら  事とて共に帰ら  あんたが帰ら  廻つてもう帰ら  俺、もう、帰ら  薬鑵を持って帰ら  海へ帰ら  二人連れが帰ら  今晩はまだ帰ら  ナゼもっと早く帰ら  時刻までに帰ら  遊び過ごしてしまって、早く帰ら  福富はまだ帰ら  空手で帰ら  邸へ帰ら  いやでも帰ら  それで帰ら  江戸へも帰ら  遠廻りをして帰ら  医者が乗って帰ら  屋敷へ帰ら  許へ帰ら  無事に帰ら  幾日も帰ら  尾道に帰ら  日が暮れても帰ら  是非家に帰ら  夜に入って帰ら  何もつかまえては帰ら  持参して帰ら  築地へ帰ら  菊は帰るにも帰ら  仙台へ帰ら  中途で帰ら  銀座には帰ら  爺さんを帰ら  三枝未亡人は帰ら  竹内氏は帰ら  んだから、持って帰ら  これを持って帰ら  房州へ帰ら  古巣へ帰れども往きて帰ら  国へも帰ら  当分は帰ら  ことを突き留めて帰ら  自分に早く帰ら  幾年か帰ら  夜に入らざれば帰ら  都へも帰ら  三時間で帰れば帰ら  ここへ帰ら  智積院へ帰ら  噛りついても帰ら  人に帰ら  部屋に帰ら  ところは、帰ら  お父さんな、まだ帰ら  どっちも帰ら  父はまだ帰ら  きり一度も帰ら  満足に帰ら  貞子が出て帰ら  いますぐ行くからと言って、帰ら  夜おそく帰ら  から、帰ら  無事で帰ら  単純に帰ら  外に出ていって帰ら  一週間ほど帰ら  大隅に帰ら  頼春もまだ帰ら  柳斎は、帰ら  ウ父上も帰ら  船が帰ら  のも、帰ら  七兵衛が帰ら  まんま、まだ帰ら  陳が帰ら  一刻も早く立ち帰ら  夜も帰ら  のやら、帰ら  頭をそうそうに立ち帰ら  うちは帰ら  貴方が当然帰ら  宅へ帰ら  実家へも帰ら  病状など訊いて帰ら  月うちは帰ら  月内は帰ら  ッきり六波羅へも帰ら  詫びをして帰ら  わびをして帰ら  西郷どんがいつ帰ら  熊胆を取って帰ら  帰りを待っていたが、なかなかに帰ら  当りをつけて帰ら  傾聴して帰ら  あたいが帰ら  何かを渡し、もういいといっても帰ら  こころを観て帰ら  エチオピアへ帰ら  方で帰ら  つもりで帰ら  喧嘩しても帰ら  んじゃねいから、帰ら  三杯ぐらゐで切上げて帰ら  部屋へは帰ら  うちに、帰ら  蒙古へ帰ら  定子はもう帰ら  あれぎりで家へ帰ら  それぎり屋敷へ帰ら  片割れを死なして、往きて帰ら  受取証は持って帰ら  今度は二度と帰ら  登和は帰るにも帰ら  館へ帰ら  市丸はまだ帰ら  今朝まで帰ら  三人はいまだ帰ら  夜が更けても帰ら  晩も帰ら  今朝になってもまだ帰ら  年内には帰ら  それぞれ家に帰ら  藤吉は帰ら  左内らはまだ帰ら  娘ひとりで帰ら  小僧が帰ら  神に帰ら  働きに帰ら  実感に帰ら  晩から家へ帰ら  坂井屋へ帰ら  道を訊いても帰ら  宿へ帰ら  今夜から宅に帰ら  貧民窟にも帰ら  ゆうべから屯所へ帰ら  きょうになっても帰ら  小判をなぜすぐに持って帰ら  後悔していましたが、今さら帰るにも帰ら  今さら江戸へも帰ら  先へ帰ら  それから寺へも帰ら  お父さんがまだ帰ら  これも帰ら  我が家へも帰ら  わたしが帰ら  伊勢で病んで、ついに帰ら  吉野へ帰ら  ヴェニスは、再び帰ら  重吉さんも案外早うに帰ら  妾、もう帰ら  十時ごろでなければ帰ら  伯母御はまだ帰ら  主人方へ帰ら  喜太郎様が帰ら  印度にいてまだ帰ら  日方様会社より帰ら  粘土に帰ら  女は帰ら  水は二度と帰ら  下宿まで歩いて帰ら  正月になって帰ら  であるから、早く帰ら  京都へは、帰ら  廊へも帰ら  生徒を帰ら  主人はまだ帰ら  注射をして下さって帰ら  ゲートルをほうり出して置くので持って帰ら  奥さんだと帰ら  直ぐに帰ら  三次へ帰ら  都へは帰ら  車夫が帰ら  煩いから、帰ら  黒川能を得て帰ら  京極御殿へ帰ら  故郷へなんぞ帰ら  助も帰ら  徒歩いて帰ら  クリストフさん、帰ら  ザビーネを帰ら  家を出ては帰ら  母親は帰ら  げにもてなして帰ら  上つて閉ねて帰ら  此処に来て儲けて帰ら  其中から儲けて帰ら  場に帰ら  信清さんを帰ら  泊つて家へは帰ら  私、早く帰ら  ミルちやんは帰ら  サア、帰ら  の、帰ら  本心に立ち帰ら  一足先に帰ら  横浜へも帰ら  突留めて帰ら  今晩は夜通しかかっても探して帰ら  夕方雛鳥が帰ら  興味を失い、そわそわしだし、もう帰ら  僕は歩いて帰ら  じきどうしても帰ら  男、さうして帰ら  ジョーンは帰ら  彼を帰ら  洞窟に帰ら  帰つたり帰ら  古巣へ帰れども、往きて帰ら  方へ飛び帰ら  向こう岸へ帰ら  父さまが帰ら  伯父さんが帰ら  私が帰ら  今夜にでも、帰ら  昨晩も帰ら  そりゃあ、帰ら  これで帰ら  ぷをしながら、もう帰ら  我が家に帰ら  元気をつけては、早く帰ら  今日はぜひ帰ら  一人も帰ら  壮士ひとたび去ってまた帰ら  二把燃やし尽くすまでは帰ら  昼も帰ら  内地へ帰ら  恙なく帰ら  宮はどうしても帰ら  ようにと思いまして帰ら  かたがた京へ帰ら  ほうへ帰ら  正金が持つて帰ら  伴れて帰ら  学若し成らずんば死すとも帰ら  村へ帰ら  使いが泊まって帰ら  一軒きりしか商売がなくて、もう、帰ら  もとに帰ら  いつでも帰ら  自分は遂に帰ら  印象を持つて帰ら  室内へ帰ら  末までに帰ら  母呼びたまえり、もはやうち捨て帰ら  顔で帰ら  二階へ立ち帰ら  噂以来紅子は帰ら  郷里へ帰ら  錦子は帰ら  お家へ連れて帰ら  終汽車に帰ら  中で帰ら  うしほに語りやがて帰ら  面染めにけりいづこ踏みいかに帰ら  ひかりの帰ら  春がすぎても帰ら  二時が打っても帰ら  家まで帰ら  一夜も帰ら  一所に帰ら  流連して帰ら  買つて居たが、さて帰ら  酔つて居ながら、帰ら  われも共に帰ら  我も帰ら  からすぐ帰ら  駒橋に帰ら  実家に帰ら  生家に帰ら  十二時過ぎまで帰ら  人間へ帰ら  よねは帰ら  佐藤さんが帰ら  里に帰ら  珠を復さずばついに空しく帰ら  燕に帰ら  人を食わずにゃ帰ら  社宅へは帰ら  犬が帰ら  僕らは帰ら  口を結んでは帰ら  女として、ありがたくお聴きして帰ら  文世高が帰ら  用たしに行ってまだ帰ら  二日ばかり帰ら  惣七が帰ら  松屋惣七どのは、帰ら  お父つぁんは、すぐ帰ら  仕事へは帰ら  ほんとうに若松屋へ帰ら  若松屋へ帰ら  二年も帰ら  朝になるまで帰ら  掛川へ帰ら  伸子とが、そろそろ帰ら  オメオメとどうして帰ら  日本へは帰ら  言洩らさず聴いて帰ら  からもう帰ら  父つあんはまだ帰ら  食道へは帰ら  せがれはまだ帰ら  親戚へ出かけられ、直ぐ帰ら  時間になっても帰ら  根拠地へ帰ら  現実に帰ら  京都には帰ら  男は帰ら  まま芳子をつれて帰ら  僕が下りていくと、急いで帰ら  見舞いに帰ら  ままむなしく帰ら  シコと背負って帰ら  任地へ帰ら  ゃらねえもんだで、まだ帰ら  此処を通らないじゃ帰ら  素中に帰ら  鎌足はいつかな帰ら  いいとも、帰ら  体で帰ら  頃あちらへ帰ら  /″\故郷へ帰ら  びつくりして帰ら  徒歩にて帰ら  女が帰ら  あなた達の帰ら  松本まで帰ら  病室には帰ら  お前は帰ら  屋根越しに持って帰ら  街から再び帰ら  父から電報が参りまして、すぐかえれ、帰ら  監房へ連れて帰ら  故郷に帰ら  病院に帰ら  文子は二度と帰ら  私達が帰ら  ひとこと怒鳴つて、さつさと帰ら  何物へ帰ら  正月には帰れと言って来ても帰ら  一刻も早く帰ら  つて此方には帰ら  光は帰ら  床に帰ら  天野は帰ら  夜遊に出て帰ら  母はもう帰ら  叔母は帰ら  父が久しく帰ら  ジュネーヴに帰ら  夕食まで帰ら  湖水を渡って帰ら  都に帰ら  事を言いて早帰ら  顔さげて帰ら  武男が帰ら  そこで帰ら  子のいまだ帰ら  武男君はもう帰ら  父子ただ二人、再び帰ら  戦地に帰ら  私がすぐ帰ら  徒爾に帰ら  冷静さに立ち帰ら  室に帰ら  云つたつて今晩は帰ら  家には帰ら  甲斐路を帰ら  日本に帰ら  少年は、早く帰ら  少年が帰ら  出来次第東京へ持って帰ら  熱海ホテルへ寄って帰ら  不意に帰ら  塋墳へ帰ら  聚楽へ帰ら  妹が、待っているから、早く帰ら  そのまま部落に帰ら  三十枚でも書いて帰ら  東京へも帰ら  原稿を書きあげて帰ら  わたし一人では帰ら  俺も帰ら  霊が帰ら  幸子は帰ら  私は別段帰ら  銅鑼部屋へは帰ら  宿舎へも帰ら  なかへ帰ろうにも帰ら  彼女はかさねて帰ら  船人らふたたび帰ら  伴れ帰ら  神マルスに帰ら  郷里へも帰ら  綱雄はついに帰ら  店へ出て来て帰ら  一緒にいては帰ら  帝国ホテルに帰ら  附近まで帰ら  夕飯過ぎまで帰ら  ものは帰ら  二段のぼれば恐らくは生きて帰ら  自分は濡れて帰ら  だんだん家へ帰ら  源氏物語に、帰ら  倍加されただけでむなしく帰ら  手ぶらでも帰ら  井戸端に帰ら  注意すべきは、持って帰ら  滅多に帰ら  心に帰ら  メリーが帰ら  わたくしは、もう帰ら  診察にも帰ら  僕に帰ら  者が、買っては帰ら  金にして帰ら  所労で出られませんと答えて帰ら  半日もいずれにか出あるいて帰ら  私は帰ら  別荘へ帰ら  夕食には帰ら  病癒えざり帰ら  姿に帰ら  吾子も帰ら  一年あまりも帰ら  愛犬が淋しく帰ら  素直に帰ら  美留藻はまだ帰ら  青柳へ下って帰ら  下宿へはまだ帰ら  容易に帰ら  のに呆れて帰ら  視察して帰ら  但馬どのが帰ら  六年は帰ら  九年間は帰ら  云つてお医者さんは帰ら  私たちも、もう帰ら  何方か国へ帰ら  から尚更帰ら  今年自分が帰ら  今年は帰ら  誰も帰ら  家郷に帰ら  宏は帰ら  里去りて往きて帰ら  母親に話さずにも帰ら  二十日市へ漕ぎ帰ら  今は帰ら  許に留めて帰ら  大地に帰ら  朝十時位までには帰ら  時が来れば歩いて帰ら  十一時頃までには帰ら  宅へも帰ら  矢田さんが、まだ帰ら  電話をかけ、どうしても帰ら  こと、一方ならず、帰ら  から魚籃にて帰ら  まま自分が帰ら  寄宿舎へ帰ら  わたくしはどうしても帰ら  雨が降っても帰ら  期限通りに帰ら  何うしても帰ら  つても帰ら  夏彦は帰ら  奇怪とは存じながら、せんすべなければ立ち帰ら  後へ帰ら  高遠城下へは帰ら  町へ帰ら  揃つて郷へ帰ら  帰らない時には帰ら  弥勒に帰ら  行田に帰ら  寺へも帰ら  生活に帰ら  今週は帰ら  道を帰ら  日田に帰ら  隊へは帰ら  現金に帰ら  田舎に帰ら  船室には帰ら  つて家へ帰ら  斗丈庵へ帰ら  茶屋へ帰ら  明日もまだ帰ら  念を押して帰ら  十吉もまだ帰ら  往って、帰ら  目から、帰ら  天へは帰ら  天にも帰ら  お昼を食べてしばらく遊んで帰ら  内に帰ら  公を引留めて帰ら  陸地を指して急ぎ帰ら  宅に帰ら  もの故郷に帰ら  善吉は帰ら  又八は帰ら  理由で帰ら  宮本村へは帰ら  朝まで帰ら  土に帰ら  二十八日に帰ら  山刀一梃を与へて帰ら  何気なく過ぎて来た帰ら  幼心に行きて帰ら  私もすぐ帰ら  次郎は、まもなく帰ら  宴会に招かれて更けるまで帰ら  実家へ帰ら  胸へ帰ら  三日せねば帰ら  酒ばかり飲んで帰ら  ひとつきも帰ら  四晩も帰ら  男を一応帰ら  家へは帰ったり帰ら  毛嫌いして帰ら  子供は帰ら  川上機関大尉が帰ら  今夜中に書いてくれなければどうしても帰ら  身を受取って帰ら  大沢さんも帰ら  休みには帰ら  悔むとも帰ら  後悔しても到底帰ら  悔んでも帰ら  永久悔むとも帰ら  鳥巣庵へは帰ら  今思うても帰ら  三日目までに帰ら  明日中に帰ら  方へは、帰ら  暇乞して帰ら  真赤に咲くに二度と帰ら  故郷へ帰るぞよ帰ら  夜になって帰ら  先生が帰ら  其男を出して帰ら  品を握って帰ら  雪がふり出し、帰らうにも帰ら  雪がふり出し、帰ろうにも帰ら  五年でも帰ら  私を帰ら  滅さないでは、どうしても帰ら  ッ切り今以て帰ら  明後日で無ければ帰ら  確かに帰ら  大阪へ帰ら  朱紫城へ帰ら  姿と、到底帰ら  真直に帰ら  教室へ帰ら  徒歩で帰ら  わが家へ帰ら  戸口からも帰ら  身では帰ら  首にして、帰ら  晩になるまで帰ら  下宿へ帰ら  きのふより駆りとられて、まだ帰ら  王子が帰ら  ように飛んで帰ら  一日も早く帰ら  遁げて帰ら  念仏を唱え立ち帰ら  夕方に帰ら  世間話をしてやがて帰ら  萩を苅りに行き、さて帰ら  霜がもう帰ら  地球へ帰ら  んですとも、帰ら  お仙、どうしても、帰ら  方丈に帰ら  晩とうとう帰ら  父が帰ら  一処に帰ら  ちやんは、帰ら  わが家へは帰ら  一人で帰ら  小学校からまだ帰ら  間東京に帰ら  からって、そう早く帰ら  笛が帰ら  所有に立ち帰ら  自宅へ持って帰ら  介抱して帰ら  箱書を頼んで帰ら  もの、帰ら  日本には帰ら  男だけを帰ら  友を帰ら  雁は帰ら  雨に濡れて帰ら  二人で帰ら  ように申しつけて帰ら  何日も帰ら  おれは帰ら  三時、でなければ、早くても帰ら  朝早く帰ら  おらあ帰ら  輪になって帰ら  おじいさんは、もう帰ら  下宿へ泊って帰ら  俺を帰ら  彼女たちもまだ帰ら  自分の急いで帰ら  ともちゃんに帰ら  彼は帰ら  伯父伯母が帰ら  女の子を帰ら  羽黒へ帰ら  何にも見ないで帰ら  日一日、まだ来ないか、まだ帰ら  しゃもう帰ら  朝になっても帰ら  一両年前に帰ら  住居にも帰ら  ものの帰ら  才さんはまだ帰ら  先きに帰ら  浩一が、生きて帰ら  盛岡に帰ら  伴出して帰ら  室へは帰ら  夕方までに帰ら  兄が帰ら  花菱に酔い潰れて帰ら  晩に帰ら  むじなどもが安受け合いを、真にうけて帰ら  たしかにオレは生きて帰ら  姉を促して帰ら  つて、帰ら  はんが連れて帰ら  間の悪い思ひで立つて居たが、やがて帰ら  家へは持つて帰ら  きりいまだに帰ら  一人、歩いて帰ら  言葉ひとつ掛けてやれずに帰ら  息切れも大ぶ鎮まって来たので、そろそろもう帰ら  療養所へ帰ら  自分は帰ら  由良へ帰ら  水沢まで持って帰ら  自宅へ帰ら  上に、帰ら  手に帰ら  蘇格蘭巡遊中で暫くは帰ら  その間は帰ら  様にして、只食べるばかりで帰ら  嬰寧の長く帰ら  終つて、帰ら  下宿に帰ら  村へは帰ら  それっきり夜おそくまで帰ら  大字に帰ら  一艇も帰ら  から一幕は見残して帰ら  某は帰ら  上藩地へ帰ら  そうに帰ら  ことして、あきるまで帰ら  手をとりて行きて帰ら  翌朝になっても帰ら  余興に帰ら  携へて帰ら  齎らし帰ら  好い加減にして帰ら  住家へ帰ら  フランダースに帰ら  串刺しにしながら帰ら  寝床には帰ら  三十分位で帰ら  今夜もそっと帰ら  本国に帰ら  あなたの帰ら  今に至りてなお帰ら  「詩」に帰ら  ように、少しもいためないで持って帰ら  女中を帰ら  君は帰ら  あちこち廻って帰ら  船にて帰ら  迎いに出しましたら、とくに帰ら  蝋燭一挺買つてネ、直ぐ帰ら  今度こそ本当に、帰ら  永久納谷家へは帰ら  十日に帰ら  二人が来ても帰ら  音絵を帰ら  ひとが帰ら  内に、帰ら  島は、帰ら  邸へも帰ら  もっと早く帰ら  方を見ますと、まだ帰ら  おじいさんの持って帰ら  駿府には帰ら  内へ帰られぬと書いてあるが、どうして帰ら  父は帰ら  今晩は、帰ら  偶然国へ帰ら  休みが来れば帰ら  二人が帰ら  今夜は、帰ら  夕飯までに帰ら  かい、よう帰ら  宅には帰ら  のを待ったが、とうとう帰ら  時、帰ら  只今ようやく帰ら  身分へ帰ら  国際労働会議より帰ら  氏は帰ら  病気にでもなるならば帰ら  タクシーで帰ら  アパートに帰ら  確めて帰ら  お前が附いていながら、なぜ引張って帰ら  我は帰ら  夫の帰ら  雄波よせかけよせかけ帰ら  叡山には帰ら  呉が帰ら  暁方まで帰ら  暁方までは帰ら  幾度か帰ら  翌日も帰ら  首をくるりと廻して帰ら  いなかへは帰ら  用件を済まして帰ら  明夕は立つて帰ら  諸国を経巡って帰ら  翌日一日じゅう待っていよいよ帰ら  ともちゃん、帰ら  飽和状態に立ち帰ら  程にして帰ら  館へと帰ら  館へは帰ら  代に帰ろうとて帰ら  処迄帰ら  のに帰ら  鳩ぽつぽ啼いても帰ら  形に立ち帰ら  城へ帰ら  兄はまだ帰ら  末が帰ら  席上でも、どうしても一旦は帰ら  銀行から家へ帰ら  午頃になっても帰ら  十一時ごろまでは帰ら  処へ帰ら  ミヤゲにもたせて帰ら  それを戴いて帰ら  注射をして帰ら  過去へ帰ら  我輩はしかし帰ら  仕方なしに帰ら  むりに王子を慰めて帰ら  こんどは、生きては帰ら  私、帰っても帰ら  夜更けまで帰ら  機会を失し、帰るに帰ら  ありがとうございますが帰ら  荷物を置きに、帰ら  元へは帰ら  道へお帰ら  二人では帰ら  翌日、帰ら  所有でない、男らしく帰ら  方船へ帰ら  ぢやないか、未だ帰ら  いつそこへ帰ら  



前後の言葉をピックアップ
嘉右衛門  かえよ  還ら  孵ら  かえら  返ら  孵り  還り  帰り  カエリ


動詞をランダムでピックアップ
待ちかまえ恥ぢよこせつい助から取りやめ済ませろもうかれ借り上げ遅れれ買い被っ有難がるしらさてりかえし引っかいむちうつほこるつきぬけふくらす追い回す搖れる
形容詞をランダムでピックアップ
新しかっひくくっ気づよく乏しけれ高かっやむなき苦しゅう物淋しかっわろきわずらわしせつなき力強きすげなくしめっぽかっ麗しきおそろしゅう捗々しき馬鹿らしい高から幅広し