「帰」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 帰[動詞]
それも苦しくてすぐ帰  庭へ立ちながら話してすぐ帰  冬子はもう帰  ことだから、聞かないでお呉れ、もう直ぐ帰  座敷より帰  様子で、目覚めると間もなく帰  ちやんはもう帰  頭にあると見えて、いつも帰  爺さん、本当に帰  布佐女さん来庵、すぐ帰  お前エは、もう帰  朝飯も食べないで早々帰  位ひなら今直ぐ帰  ちよつと帰  八重はまだ帰  赤井さん達はもう帰  家路をさして帰  訪問客とは、いつの間に帰  まま、なかなか帰  行つてもう帰  龍夫は漸く帰  時父はまだ帰  朝から出て、まだ帰  手をあげて助かつて帰  やうに、遅くまで飲んでて帰  血のみに帰  日がまた帰  あんたも、もう帰  お先い帰  から帰えろ帰  てゐて、忽ち帰  心待ちにしましたが、つひ帰  衆、しばらく帰  授業が済むと直ぐ帰  終つて巡査は間もなく帰  俥に乗つかつて帰  ほうが多く、たまに帰  荷ひ帰  

名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
帰つてくれ  帰つてくれと  帰つてゆく  帰つたところだと敬坊がいふ  帰つてみれば  帰つてくると  帰し下さいまし  帰つてきて  帰するといふ  帰する事は出来ぬ  帰つてしまひ  帰つたやうな顔をして帰るといふ  帰つたことを思ひ出した  帰つてしまふ  帰しするから覚えていろと  帰する一切の完全性の観念を有する  帰すれば禍をまぬかるるのみならず  帰んなさいまし  帰する者が雲霞の如く群って来る  帰するがよいという  帰つて参りました  帰つてくる  帰えって来た  帰えらなければならない  帰えって来ると  帰えれる  帰えっていた  帰えって来る  帰えって行った  帰えって髪をときつけていると  帰えれないので  帰えると棒のようにつっぱった  帰えってしまった  帰えらなければいけない  帰えってみると  帰えって来たらしい  帰えって見ると  帰えると嘘を言って  帰えって来ない  帰えって来ないと  帰えって行くと  帰えってくるかも知れない  帰つたので云ひ  帰つて来るまでに  帰と見えまして  帰つたのでせうね  帰つて参りましたが  帰つて下さい  帰つて来るまでは  帰つたことにして  帰つてるから  帰ししませんから  帰ししませんわ  帰するようにいましめた  帰つて来るまで貸しても  帰すれば議論もまたともにやむべし  帰するところあるべき  帰することならん  帰ししてからと云う  帰つてくるといふ  帰することは間違っているとも言い得られる  帰が遅くなる  帰し申せ  帰には渡れなくなって  帰つたかと聞きに来た  帰つてみた  帰するに至りぬ  帰し申す  帰つてしまふと  帰つてくれば  帰つていきました  帰ししますから  帰されたからである  帰しになる  帰しになった  帰する処を知らなかった  帰つてきました  帰するということを知らなければならぬ  帰するところそれがしらの罪も軽くありません  帰するところまったく自己の不明にある  帰へつて行くまでは  帰へつて来ると  帰へつてみなかつた  帰へれやしない  帰へつた方がい  帰へるの止めるわよ  帰んなせ  帰んなす  帰ねんさかい泊めてくれ  帰つてる  帰つたよとかおつしやい  帰んなすった  帰しを願います  帰することができる  帰つちやふぞ  帰し申した  帰つたり田舎の温泉にゐたりして  帰するところは単一国家となり  帰することができます  帰つたつて  帰つたら必ずヤラれると留めたけれども  帰つたわけ  帰つたらムツタアが後の女の人を見たかと  帰つた頃はいつ  帰つてきて裏切の  帰するのだからして  帰つてまいりましたばかりで  帰するところを問う  帰来りし時木曜会の文人僕のために祝宴を開かんとて  帰つてきても  帰つてくるよ  帰つてこなくつとも  帰つた小さな庭もはや夕暮れ近い頃である一日中雨が降  帰んなんし  帰し申し  帰居しみじみしづかな机の塵朝の土をもくもくもたげて  帰すると批評されている  帰しようとする  帰する方針が立つとしたら  帰つたら能く調べて見ませう  帰つてみると  帰つてくるよと育つてゐたが  帰へるのだといふ  帰することになった  帰すると思ひます  帰へる刈りに来た  帰するかの如くに見えた  帰つて行く  帰の対症療法は全く功を奏せなかった  帰へるのを待つて居る  帰つてしまひます  帰するに至るべきなり  帰するものでなければならぬであろう  帰する見方を全く離れて  帰つたら遊びに行つてもい  帰つたさうだとか  帰するものだという主張を意味する  帰するとされている  帰すれば一般に消耗して行く  帰えらないと午食を食い損なう  帰えればなじみのものがあり  帰するが如くに死んだ  帰つたやうに眼をあげて  帰し申すが  帰し申すは  帰を待つ  帰つてゆくと  帰つたら何をなさる  帰するところを知らなかった  帰えれば要る  帰することも頭にない人間のある  帰てみると  帰するわけになるので  帰することが出来る  帰は遅くなりました  帰を聞きによこす  帰になりました  帰えって行く  帰える道みちもわたしはこれがこの男の手ではないかと疑っていたが  帰するところを失い  帰することなれば  帰えすの令を出したる  帰すると否とはその自然に任したりしに  帰つた気がした  帰けん扨も此日の将に暮んとする  帰へつてみると  帰へりを待つてゐる  帰するところは我が夫の意気地のないということに帰着して  帰の計も定まった  帰には寝惚けたる  帰するだろうと考えた  帰するがごとく身を持さねばならぬ  帰えってくる  帰んなすっておく  帰つとんなさい  帰しいた  帰つてきて冷めたい  帰つたら喬にさう  帰署する事になった  帰署する事は甚だ困る  帰んなさる  帰するものがあればこそです  帰んなすって下さい  帰することに定まりておる  帰するところは易筮のごとく人の決心を定むるに過ぎぬ  帰するに大抵みな心より出でておる  帰つていた  帰する事が出来る  帰することはわかっている  帰らっしゃったかと思うて  帰着せられて  帰任せられた  帰つてくれた  帰つてくればよ  帰になった  帰になる  帰するところただ両派に過ぎざるは  帰する恐れなきあたわず  帰つち  帰つてくるから  帰塾した当坐  帰えると言ッてもまさかに素手でも往かれまい  帰なすって御膳を召上ると仰  帰降の誓文をさしだした  帰する者七百人に及んだが  帰を待ち受けていた  帰らっせい  帰つたわい  帰えって来て食べる  帰するので猪の肉をブランデーへ漬けておくと  帰するところを求めようとしました  帰するといって  帰つて来るまでの  帰つたところでこの客はハガキ一本書くでは  帰することになる  帰へられて  帰するかも知れません  帰つて来る  帰つとるぜ  帰するということはまことに種が畑に落ちる  帰つたら直ぐに手紙をくれるといふ  帰えられなくちゃ  帰するように計画をした  帰へつてゆく  帰えると言い出して  帰えろ帰えろ  帰つているかいないか  帰つたことだけ知らせてやりました  帰つている  帰つて参りまして  帰へりを願つて下さい  帰へりを願つておくれ  帰へり遊ばしていた  帰つたらゆつくり話す  帰つてしまふので  帰し申しません  帰つてみ  帰するにしても  帰しできない  帰するでは有りませんか  帰するところに迷っているという  帰て来ましたから  帰つて来るまで  帰つたら相談しとかう  帰へらうとして口説いてゐるわ  帰しちまった  帰になりません  帰つたところで娘が戻る  帰えろうと思ったが  帰えらぬ訳には行かぬ  帰えれなくなった  帰えれるからと言って立ち上ると  帰えろうとしている  帰えるのかときくと  帰えった明日子から贈られた  帰するに及んで  帰つたことがある  帰つた井出という生徒の家へ顔を出してみようと思いたつていたからである  帰つたり帰らなかつたりする  帰つてもらおうか  帰つてくるまでいるか  帰するかといへば  帰幽なさいました  帰つちやあ其足で鳥屋の店へ行つてじつと立つて  帰する日のありと思えば  帰つていき  帰しすると  帰しする  帰するということにした  帰するところも現われようという  帰しはいたしませぬ  帰することはしなかった  帰えすと約束して  帰しはできませんわね  帰ししましょう  帰えるといい出して  帰えって来るという  帰しいたす  帰しになりまして  帰入する  帰するをいう  帰するとすれば  帰しした  帰つたら叱られやしない  帰つてしまはうと思へば  帰しください  帰つてみたら  帰つてきたら  帰する所あり  帰いてかえる  帰つたら是非もう一度こらしめて下さい  帰するの理あらんや  帰へらねばならぬからと  帰つてしまはうかな  帰えろうとした  帰降せしものなるべし  帰する所を知りて  帰降を勧めた  帰すると云ふ  帰すると云わざるを得ないだろう  帰する者あり  帰することを僕は祈る  帰ししては  帰つてくるので  帰つちやいけないわ  帰するなるべし  帰するのでせう  帰つてみますと  帰つてくださいと  帰つて来ると共に  帰するので薩軍は余軍のうち二千余をもって  帰えることも出来ず  帰つて下さいと  帰つてきてしまひました  帰つてきませんでした  帰つてきてしまひます  帰つてきませんので  帰するのであらう  帰つたかは見届けませんでしたが  帰するのが人間の理想だというような迷信がかなり久しい間自分を囚えていたので  帰つた大庭常子の後ろ姿を見送りながら  帰つたことだけ見と  帰するにちがいあるまい  帰臥せられ  帰宿してくれずやという  帰来りて臥す  帰つてくるだけで  帰つたその日にでも発てる  帰つたら俺がどんなに物足らな  帰するところは南風氏の人柄が良いといふところに落ちる  帰するところが同一なものがある  帰つといでよ  帰すって云ってとめておこうかしらん  帰えっておいでる  帰えってくると  帰つたことが分つた  帰する思いは非常に違っていた  帰へれなく  帰へすべきだつた  帰つたやうな思ひで  帰つてこない  帰つてきてくれる  帰つてくれる  帰滅することに一分の安らかさをも感じてゐる  帰へらうと思つてゐたのよ  帰つてこないわ  帰つてくるが  帰つてきてから  帰つたやうに覚えてゐる  帰えるようにとのみ伝えた  帰することはできる  帰するべきであるかも知れぬ  帰つたら早速取り  帰つて下さいよ  帰て来て  帰てから今朝私しが  帰着き我室の戸を叩きしは  帰になりましたね  帰へりしと云ふ  帰えるのが何よりの楽しみ  帰えると云いだしました  帰えるやすぐと祖母にこのことを吹聴しました  帰つたらオヤヂが悦んで  帰するものと考えられますが  帰しになりましたが  帰することを私たちは容易に発見する  帰する結末になる  帰することからみてもうなづかれると思ひます  帰するのは間違っている  帰んなすったかい  帰しなすった  帰つてきてし  帰つてくるからね  帰しなさる  帰する外はありません  帰つてくれろ  帰するようになった  帰ししたくないのよ  帰する日があるにせよ  帰しニ相成  帰すると云いじ  帰する所は肉交の波瀾中に浮沈する  帰すると云って  帰んなすったが  帰つてい  帰えんなさい  帰つたら良いではないか酒場の暖簾から年配の男が首を出して  帰へつちやンだらうお喜乃はほろほろ声になつてゐる  帰するものあり  帰するところを鑑むべし  帰しなければならぬ  帰することが見られるであろう  帰しようとし  帰することは出来まい  帰する関係を発見する  帰することもできるが  帰つてくれちうて  帰するところを知らぬ  帰するであらう  帰つてみる  帰するを見て  帰つたら然う言つて呉れ  帰つたら兄さん寂しいでせう  帰えるのをうす暗い玄関に見送った  帰されなければならない  帰しくださいまし  帰しなすってくださいまし  帰すれども真実の心はありがたし虚仮不実のわが身にて清浄の心もさらになしと親鸞は悲歎述懐するである  帰つてきてからは  帰つてしまひました  

~ 帰[名詞]1
づしつ放しにして帰  所有に帰  なかを帰  昼飯をたべて帰  ライスカレーを食べて帰  用事で帰  酔を持つて帰  家に帰  寄つてなでしこを借りて帰  芥川賞受賞作厚物咲を読んだりして帰  つて凶に帰  散歩して帰  同道して帰  罪に帰  談りながら帰  子分は帰  汽車で帰  家へ帰  東京へ帰  神に帰  平和に帰  廃滅に帰  郷里に帰  医者が帰  我に帰  家へ持ち帰  三宝に帰  ことには帰  念仏に帰  聖道門に帰  浄土門に帰  深更に帰  キミ子には帰  荷ひながら帰  引率されながら帰  昨日長崎から帰  港へ帰  東京に帰  夫が帰  酒屋へ帰  路を鳴らして帰  カフェーに置いて帰  二階に帰  たいさんが帰  広場へ帰  一しょに帰  風呂から帰  十子が帰  工場から帰  病院から帰  お金を置いて帰  島へ帰  学校から帰  宿へ帰  夕方宿へ帰  鼻を鳴らしながら帰  ハーモニカを吹き吹き帰  社から帰  シンガーミシンさんが帰  国へ帰  原稿あずけて帰  パパが帰  先生がかえるまで帰  郵便局から帰  千枝子だけを残して帰  手に帰  迷児にならずに帰  お父さんが帰  稼の帰と  席に帰  彼を引きつれて帰  さんを連れて帰  云ひ棄てて帰  問題は帰  断片に帰  受取を持つて帰  月日は帰らずも帰  住居へ帰  形に帰  喜びで帰  国に帰  海へ帰  其処へ帰  旦那さんが帰  奥さんが帰  君が帰  廻つてそれ迄に帰  辞退して帰  ナンセンスに帰  政府に帰  ここに帰  法華経に帰  十一月に帰  強弱の帰  大蔵省に帰  部屋に帰  野幌に帰  一元に帰  ところへ帰  郷里へ帰  責任に帰  前に帰  一今夜は帰が  シャブリ乍ら家へ帰  陶工を連れて帰  獄に帰  蒐めて帰  如何に帰  ぼんやり時を過して帰  つて宿へ帰  宇都宮公綱宿所にも帰  きりだめに入れて帰  北朝に帰  亜米利加人が帰  吾に帰  都から帰  センイチが帰  ことに帰  俗物常識に帰  批評家無用論に帰  本質に帰  常識に帰  関係に帰  問題に帰  家族制度へ帰  原始化主義に帰  官僚群に帰  分裂して帰  両方から帰  水泡に帰  恃みを帰  風呂屋の帰へ  八百屋の帰  屑屋が帰へ  東京へ帰へ  家へ帰へ  藁店へは帰へ  故郷へ帰  卓に帰  番附を配らずに帰  故山に帰  物騒で帰ねんさかい  二つに帰  行つて呆れて帰  封建制度に帰  詩人が帰  事実に帰  系統に帰  徳川氏に帰  内聞に致すから帰  悄然と帰  短刀を残して逃げて帰  つて郷里へ帰  一つに帰  面目に帰  形骸化に帰  吾家に帰  内へ帰  席へ帰  終つて京都に帰  館へ帰  終局に帰  矢倉沢から帰  部落に帰  咎めの帰  宿に帰  僕西洋より帰  西洋から帰  旅から帰  そこらを歩いて帰  雨宮さんが帰  左様でございますかと云って帰  処へ帰  三時頃に帰  模写説に帰  相対性に帰  責を帰  発展形態に帰  のに驚いて帰  玉砕しないで生きて帰  故郷に帰  他界に帰  償はれたから帰  町へ帰  性得に帰  屹度実家へ帰  不明に帰  静寂に帰  手中に帰  籠に入れて帰  ヒクつかせて帰  照子は帰  制度に帰  わしや帰  云ひながら帰  一目さんに帰  やうに飛んで帰  終つていま横須賀に帰  女房の帰  自宅に帰  先きに帰  関ヶ原旧怨に帰  実家へ帰  男は帰  フアヽザアが帰  横浜へ帰  失敗に帰  法則に帰  概念に帰  つて家へ帰  二十銭宛儲けて帰  先に帰  仕事から帰  頭を刈りに出て帰  われに帰  外から帰  パリから帰  床に帰  機能に帰  連関に帰  仮象に帰  真面目に帰  土産に持つて帰  認識に帰  場所に帰  不用に帰  論争を終えて帰  電車へ乗って帰  切を付けて帰  わが家に帰  合ひして帰  庵室に帰  フリツチイの帰を  ウラジホに帰  庭から帰  二人で帰  林をさまよい帰  真空に帰  時やつと帰  大森に帰  お客様が帰  どっちへ帰  仙台へ帰て  損失に帰  訓されて帰  母娘が帰  宇宙線に帰  道を帰  風にして帰  代り信州へ帰  うちへ帰  適として帰  上士に帰  国邑に帰  学校に帰  心を帰  摩文仁さんは帰  傾向の帰  門下に帰  宿所にや帰  田舎へ帰  もとへ帰へ  ボストンバツクに押し込んで持ち帰  直吉の帰へ  日本へ帰  灰燼に帰  新聞を読んで帰  参拝して帰  性無性に帰  ものを残して帰  げに帰  灯火をふりかざして帰  親爺様は帰  芸者が帰  槍と引替えに帰  画餅に帰  此方へ帰  本国に帰  従容として帰  そこへ帰  いっしょに帰  センチに帰  荷はして帰  浅草へ帰  ひとりで歩いて帰  うちに帰  座へ帰  方へ帰  めつたに帰  アキの帰  要領を得ないで帰  の論結に帰  中心に帰  絶望に帰  狐狸に帰  所為に帰  蛇等に帰  力に帰  これを帰  静謐に帰  草ッ原でころがって帰  馬を駆て帰  品川へ帰  死は帰  奥さんに連れて帰  原因に帰  平静に帰  個別化原理に帰  もとへ帰  分散に帰  生家へ帰  そこに帰  無事に帰  先へ帰  神さんが負うて帰  海路より帰  三の丸へ帰  甲吉が帰  歌つて我家へ帰  烏有に帰  山村が帰  椅子に帰  筑前へ帰  タキシイで帰  彼奴は帰  あたし今夜は帰  士論の帰  論に帰  装飾に帰  深夜に帰  倉田が帰  勢が帰  真赤に咲くに帰  顔貌に帰  平戸へ帰  夫の帰を  唱ひながらに帰  マア家へ帰  一先づ家に帰  平七とは帰  残つて皆一先づ家に帰  良人が帰  化学作用に帰  統御に帰  無に帰  電荷に帰  責任の帰  一字に帰  消毒室から帰  あはれさを覚えて見るに堪へなくなり急いで帰  床屋から帰  仕事先から帰  箱根から帰  新聞紙に帰  教育問題に帰  大使に帰  流行かぶれに帰  二つに依帰  流動に依帰  荒廃に帰  事に帰  生活を取り戻して帰  浄土真宗に帰  処へ出して置いて頂きたいと頼んで帰  天下順に帰  天下逆に帰  健吉くんに帰  籠を持つて帰へ  蛙が鳴いたから帰  内地へ帰  僕が帰  不足とに帰  自分が帰  さうに舌打をして帰  中を帰  ものに帰  僧侶学校に帰  牧師館へ帰  認識論に帰  感性理論に帰  散歩から帰  一に帰  妻にせねば救わぬと云うに帰  買つて家に帰  居間に帰て  飛田が帰  十日振りに帰  巴里へ帰  芸術的感銘をうけて帰  何かで帰  人麻呂京に帰て  俺が帰  毎日あぶれて帰  大丈夫歩いて帰  田辺に帰  一緒に帰  後から帰  港に帰  大阪へ帰  アパアトへ帰  電車で帰  侘住居に帰  官署頽廃に帰  損して帰  つて宅へ帰  大ぜいにいじめられて泣いて帰  夜も帰  お客さんは帰  モトム君が帰  紹介的上演に帰  仏国より帰  智に帰  宅に帰  彼方へ帰  山河に帰  農夫たちは帰  それぞれ家へ帰  エミリアンが帰  女に帰  勝手に帰  一人で歩いて帰  密と帰へ  鋤をとりに帰  勢いの帰  公論の帰  外交から帰  皇室に帰  責任を帰  すべて空に帰  病気になったから帰  原因を帰  づ我に帰  主家に帰  大津に帰  根本に帰  電気に帰  これに帰  暗合に帰  媒介に帰  有意作用に帰  影響に帰  如く家へ帰  聯隊へ帰  言つて家へ帰  留守にして帰  一ヶ月留守にして帰  坂道を帰  其処から帰  自ら責任の帰  父さんは帰  ヱネチアに帰  日光から帰  宗教に帰  思想の帰  懐から見ながら帰  鍵屋に帰  私は辞して帰  フランスから帰  ひと家へ帰  一人連れて帰  大局の帰  明日村へ帰  創造に帰  破滅に帰  立ち上がり謝辞を述べて帰  無欲に帰  人心の帰  山東へ帰  天命の帰  精神に帰  基次に帰  お茶を呑んだりして帰  町から帰  勝利に帰  役宅に帰  東町奉行所へ帰  仮定に帰  刷に帰  結局無用に帰  意嚮に帰  試写室で見せてもらつて帰  実質的内容に帰  後方へ帰  曠野から帰  皆無に帰  巣に帰  点に帰  研究につきて帰  私が帰  一浴して歩いて帰  松山へ帰  実家に帰  価値に帰  下へ帰  畑から帰  仕事を止して帰  山塞に帰  漁から帰  村に帰  車を曳いて帰  つて内へ帰  日は帰  小道を帰  約束をして帰  前後して帰  地に帰  仏蘭西より帰  人達が帰  みちのくまで帰  娘を連れて帰  間に帰  政治的手腕に帰  のに帰  勝に帰  やうに帰  六時に帰  宿坊に帰  日本へ持つて帰  体で帰  行つた親仁の帰に  山へ帰  座に帰  置き手紙をして帰  従兄は帰  片方づつ溝へ投げ棄てて帰  談笑して帰  加減に帰  梓山村へ帰  仏徳に帰  実家へ帰へ  私達は帰  大念寺へ帰  揺籃へ帰  あと一週間もたたなければ帰  虚無に帰  失踪から帰  巳吉が帰  哲学は帰  戦地から帰  腹を立てて帰  自動車で帰  絶対に帰  自然物に帰  社会的価値に帰  由を答えて帰  つて田舎へ帰  状態に帰  それで急いで帰  遊びに帰  虚弱に帰  伴れられて帰  お前が持つて帰  一つ持つて帰  風光に帰  毛に帰  貸間に帰  十一時には帰て  昨夜其甥が帰てから  我宿に帰  伴ひ帰  のを投げ出して帰  寺へ帰  自然消滅に帰  山から帰  働きに帰  展覧会に帰  諸点に帰  按吉がさつさと帰  正味二時間半で帰  お客さんたちが帰  青森へ帰  幕を見ずに帰  置手紙をして帰  熊本に帰  岡山に帰  後赦されて帰  衆目の帰  終へて帰  理由に帰  正直さに帰  山に帰  役人が帰  自己に帰  主人よりよび帰  裏とに帰  自覚に帰  結局歴史記述に帰  今日は帰  早足に歩いて帰  使いの帰  群は帰  坂へ帰へ  東京から帰  先づ命運の帰  権は帰  車にて送り帰  妨げに帰  宇宙創造論に帰  功績に帰  大体人物論に帰  教育政策などに帰  同一性に帰  苦難とに帰  述者に帰  個人的利害に帰  それをついて帰  蒼ざめて寄宿舎に帰  日曜日に持つて帰  中国へ帰  友は帰  十二時前に帰  常世国に帰  神道の帰  みんな九段坂を下りて歩いて帰  独占に帰  実をとりかへして帰  盛岡に帰  寄宿舎時代に帰  渋民に帰  家まで帰  吉野の帰  小川家に導いて帰  甲板より帰  住吉に帰  今度こそ帰  私たちが帰  雪を掻き分けながら帰  母が帰  つて東京へ帰  やつと帰  柳河に帰  生涯にも帰  仙台に連れて帰  金さんが帰  発見に帰  アパアトメントに帰  

~ 帰[名詞]2
早く帰  やっぱり帰  きちんと帰  まだ帰  その帰  正に帰  何気なく帰  さっさと帰  遅帰  遅く帰  むなしく帰  一先ず帰  おそく帰  立ち所に帰  寂しく帰  まったく帰  いつも帰  もう帰  直ぐ帰  きっと帰  時々帰  すぐ帰  賑々しく帰  

複合名詞
帰つたの  帰つて  帰村  帰つて袴  帰つて行  帰著  帰庵  帰つた  帰つた時  つて帰庵  帰つて以来  帰つて貰つた  といつて帰つて  三時半帰庵  九時帰庵  帰庵独臥  無事帰庵  みんな帰つて  帰つてしまつた  二時半帰庵  帰庵病臥二句  従仏逍遙帰自然  さびしさうに帰つて  帰庵休養  十一月一日午後五時帰庵  帰つて行つた  十二時帰庵  早朝帰庵  夕方帰庵  帰つて寝床  寧そ其時帰ッ了  帰ン  九時帰庵  帰つて床  午前帰庵  朝帰庵  十時帰庵  うち帰庵  帰船後  帰宿  帰隊  帰つて貰  十時ごろ帰つて熟睡  帰つた様  帰居  一人帰つて  午後五時帰居  帰つて読書  いま帰つたとこ  みんな帰  持帰ッ  帰つて介抱  つて帰  帰つた私  帰つて夜明し  一時間ぐらゐして帰  今度帰  帰つて何  立ち帰つた  夕がた帰  一得ルコトレ帰  受取つて帰  帰つて晩食  帰つて一生懸命勉強  帰つた後  帰つてお父さん  帰二於浄土一  帰敬  帰西行空  帰米  帰つてしまつて  帰つて行き  帰府  帰えり南天堂  帰えり  たい子さん帰  僕帰  帰えり道  帰えりしな  花見帰えり  帰えり鯛焼き  帰つた事  帰つてゆき  云つて帰  九時頃帰つて  帰つて参つたの  帰つた病気  帰邸  帰つて負傷  十数年帰つて  帰妙法  帰つた者  帰つて午  つて帰つて行  帰つた処  帰つて行つて  づおづと帰つて  帰つた跡  帰つて来  帰城  泊つて白らぱつくれて帰つて  つて帰つて了  帰つて了  帰つた方  帰つて今晩  帰つて一刻  宿石井町桝屋清左衛門方ニ帰ル  帰ル  士帰ル夫  レ帰甚ダ難渋  事故此者早々長崎帰  温泉所ニ帰リ  シヲヒタシ温泉所ニ帰ル  日当山ニ帰ル  浜ノ市ニ帰ル  鹿児ニ帰ル  帰つて人々  帰つて姉さん  帰つて月  何時帰つて  通つて帰  帰つて他  帰つて庵  今し方帰つた許  夕刻帰邸  づ帰つて行  喫つてしまつて帰つて  帰際  帰ら  帰宗  帰衣者富木氏  まま帰府  こと帰  みな帰  夕刻ブラッデイ氏帰校  帰校  帰つたあと  秋公帰  帰つた母親  帰つた奴  行つて帰  帰滅  帰つて泉水  帰つた虹猫  きり帰つて  三帰文  帰つて御覧  帰桑野村  帰つた土焼  つて帰つて  帰船  天命帰ス所アリ泥中  天命帰  帰東  帰リニナルソウダカラ  ぱりして帰つて  帰リテ夕方マデ友トアソビ  学校カラ帰ルト河井ノオヂサンガ清チヤント一シヨニ来テヰテ  帰リニ清チヤント坂道ノトコロデケイ馬ゴツコヲヤツタガ雪駄ヲハイテヰタノデマケテシマツタ  酔つて帰つて  兇変ジテ一元ニ帰ス  それきり帰つて  言つて帰つて行  帰つた人達  万法帰源院  祝ぎて帰らむ  帰つてこれ  帰つて頂戴  帰つて本性  大変酔つて帰つて  帰二正道一勿レ喪二九泉一  言帰正伝  まま帰つて  帰一点  言つて帰つて  帰ル師  里帰  帰つて平気  三十九年五月帰塲せり  一帰塲せり  一帰塲  帰塲せり  帰塲  六日帰塲  一無事帰塲  乍ら帰つて  帰つて翌日  帰大黄芍薬桂枝  三帰礼  買つて帰つて  貰つて十一時帰庵  帰つて夢  今度帰つた時  帰つて一日  帰巴  何時頃帰つて  帰つて火燵  帰つた女神  帰つて彼等  犬帰  おい四度素帰  帰園  三教指帰  ヒヨツコリ帰  帰つて仕舞  夜帰つて  帰つた主人  一昨年帰  帰嚮  言つて帰  つて帰つて行つたの  時帰  帰掛  今度帰つて  帰因  帰つてブラ  帰道  帰趣  去年帰つて  帰つて貰つた女房  帰つて湯槽  帰つた雨  帰つた伊東伴作  帰つてしまつた後  カラ国民ニ帰シ  帰つて田地  云つて帰つて  帰つて母  夫帰  帰つて勉強  帰庵草  帰家穏坐  七月二十二日帰庵  帰つて僅か二夜  帰つて宮中  帰つて言  おこつて帰つて  東帰  帰申候  帰つて静養  即刻帰隊  帰つて烏  帰つて食卓  ゆうべ帰つて  河童晩帰  帰つて飼つた  帰つて黒板  云つて帰つた時  帰つて壁  帰つて一生役場  帰つてら  独り帰  夕方帰  帰つてそれ  二時帰宿  帰ッ  橋向ふから帰つて  つて一先づ帰  さつき帰  帰つたつて可  終つて帰つて  晩帰つて  一人二人づゝ帰つて  帰期  貰つて帰つて  帰つて万一破損  帰つてオルガン  乗舟帰鹿門  夜帰鹿門歌  府帰秦中  帰後余  買つて帰  帰つて病気  帰つてステーション前  帰つて権八  帰つて親  帰つて俺  帰つて父  帰つて行つたの  治つて帰つて  帰つて押花  帰準備  帰途上  帰紐  やつぱり帰つて  思つて帰つて  帰てれ後  たいつり帰  野郎帰  午時帰船  午後三時帰船  帰寓  帰宿謹慎  帰つた商船  帰艇  持帰つてしまつたの  帰つた様子  解散帰村  帰店  帰戒  帰つて東京  帰つて仕事衣  五時頃帰  四時半頃帰  帰仕度  帰家  帰つた人  帰畠  二度帰つて  帰つて調書  帰つた由  吉田氏帰村  ドクトル帰邸  帰阪  あんた帰つて頂戴  帰つて来やあ  帰つて百姓  帰つて了ふか  人帰レドモ火帰ラズ  帰つた林檎  帰つておいで  帰つたつて関  帰神  当分帰つて  無事帰つた  帰つて来ちや  其儘帰つて  帰つた母  アネ帰ッ  帰庵閑坐  帰藩  思つて一先づ帰  チヨンビリ帰家穏座  貰つて帰  五月十九日帰庵  三時帰庵  通つて帰庵  帰仏  帰法  帰僧  帰つて行つた手代  内地ニ帰ッテカラモ親兄弟ハ  帰天斎正一  帰えさ  是非一度帰つて  帰つた自分  帰つた問題  帰つて開業  帰つて一医者  帰つて役場  のんきさうに帰つて  帰衣  八時ごろ帰  帰村一  何時帰つたの  帰つて昼飯  ぱいにして帰つて  云つて帰つて行  昨日帰つて  帰署  判明次第帰署  国論紛々帰著  ヒョックリ帰園  帰島  帰島以来  帰ぐ  なんど帰つて  十時ごろ無事帰庵  帰つた留守  帰つて料つて貰つて  帰つた子供たち  落去伊吹山太平護国寺ニ幸シ留マルコト十八日京師ニ帰ル  言つて帰つた後  帰つて隠居  払つて帰つて  帰つてタイタイ先生  つて帰つたの  ため帰校  二帰思一  帰足  目付帰役  帰藩後  帰住  隊長藤堂帰雲  帰県  帰舎  ソノウチ帰ルデショウ  誉順帰禅定門  雷沢帰妹  一時ごろ帰ッ  独り帰つて  茂チャン帰リマセン  今年帰つて  明日あたり帰つて  帰つた所  帰向  帰つたミッシェル  帰つた当座一年  帰つた当座  帰つた翁  帰つて酔  五時頃帰つて  立帰ッ  唯今帰ッ  何時帰ッ  ウ帰ッ  一灰燼ニ帰シタリ  帰つた日  遁げ帰  帰らさん  持帰  日帰  去年帰つた時  帰つてさ  三帰つて  昼頃帰つて  桐帰  帰つて縁家  帰つた書物  帰つた時分  兄様帰  帰つて下  帰つて短冊  帰つて字引  帰つて誰か  今夜帰  帰つた兵士  言つて帰つてしまつたの  黄昏帰邸  思つて帰つたの  帰つてきた  翻邪帰  家ニ帰ッテ  帰二一心一  走り帰つて信次  帰つて行つた後  今日帰つて  都ハ無意味ニ廃頽ニ帰スベキデハナイ  二十七日無事帰県  さつき帰つたシリア人  スグニ帰ッテ来テ下サイ  無心帰  帰藩中  帰つて独り  帰元  何時帰つた  帰つて爺仁  翌日帰つて  帰つて今後  そく帰つて  帰つて一服  帰つて貰ひたい  帰つた水界  帰つてきた一人  事帰  帰つて独言つた  帰つて稽古  後帰英  其日帰つて  へ乗つて帰つて  帰つて母様  晩方帰つて  二三合買つて帰  洋行帰  一寸帰つた  如ク往ケバ必ズ帰リ来ルモノト予定スルコトヲセザルナリ  空ニ帰ランカ  立帰つて  帰つて一つ汗  酔払つて帰つたの  帰つて今  帰西  大樹帰城  帰ツ  請レ帰二政権一也  匆々帰村  一つ帰  属帰庁  帰レトイウカラ  決シテ江戸ヘハ帰ラレズ  切リチラシテ帰ルマイト  帰ルニシタ  帰ルウチ  帰ッタガ  ルガイイト云ウカラウチヘ帰ッタラ  ソレカライロイロ世話ヲシテ翌日帰ッタ  皆ンナ連レテ帰ッタ  イジョウヲコメテ帰シタ  伊予殿橋マデ帰ッタガ  ウチヘ帰ッテモ三日ホドハ咽喉ガ腫レテ  帰リガケニ行ッタラ  ニ帰ッテ来ヌ  云ッテ帰ッタガ  成立チヲアラマシ云ッテ帰ッタガ  承知シタトテ帰シタラ  人々ガ来ルト云ッテ帰ッタ  是非クワセルヨウニシテ帰シタカラ  兄ハソノ晩逃ゲテ帰ッタガ  云ッテ仲直リ同様ニシテ帰ッタラ  エテ知レヌカラ帰ッタ  昼ハ用ガ有ルカラウチヘ帰ッテイテ  大草ヘモ云ワズニ帰ッタ  兄ガ帰ッタカラ  彼地ヨリ帰ルト礼ヲスルト云ウカラ  兄ガ拾ッテ持ッテ帰ッテ大兄  テカラウチヘ帰ッタガ  帰リガケニ甥ラニ  帰リナサレテ  一先ズウチヘ帰レトイウカラ  翌日帰ッタ  壱人デハ帰リガ気  ッテ連レテ帰ッタ  明日帰ッタガ  ウチヘ帰ッタ  ナガラウチヘ帰ッタ  帰ルカラ  帰ッタラ  女房ハ書置ヲシテウチヲ出ルトコロヘ帰ッテ  連レテ帰ッタガ  ソノ晩ハ何モホカニハ仕事ガナイカラウチヘ帰ッタ  即日帰家  黄昏帰家  皆帰船  帰つてしま  帰つたとこ  帰つて臥  帰つて了ふし  帰つて行つた相  茫然帰つて  明日帰つて  作つて帰つて  帰つて現像  帰掛け  帰つて来升  丁度帰つて  皆帰思  帰思  帰思最  仍頼朝帰  帰つて私達  帰つて伯父  帰つて行つた翌々日  二日違ひで帰  帰つて四五ヶ月  夕方帰つて  帰赴  持帰つて  帰つた学校  帰つて三十分  折角帰つて  帰つて後数年  迯二帰於夫家一  帰つた将門  石女暁冠帽帰  処方シテ帰ル  往つて帰つて  帰つて不安  帰つた爺  帰つた女中  受ケテ境内ニ帰ルニ  汽車アル由キイテ帰ル  臥屋ニ帰レバ陽アタリテ  台八ニ荷ヲツミテ帰ル  帰リハ病人トナツテヰルトカ  払つて帰つて行  先程帰つた  帰つた伝説  帰庵後  国爾帰而足羽御社神司馬  帰つて舞台  踊つて帰つて  帰つて朝飯  まま帰つてしま  帰つて貧窮  帰つて了つた  帰家穏座  午後帰庵  つて帰つた  帰城子居  帰つた儘  帰つて自分  一寸帰つて  成つて帰つて  廻つて帰  酔つて帰つてあなた  買つて帰つた事  逃げ帰つた事  帰つた妹娘  帰つた時昔私  帰つてみな  帰つて汽車  買つて帰つた栗  帰つた順番  帰監  極帰家  つて帰つて行つた  頃帰  帰つた秋田  迎帰  今日帰  残つて帰つて  帰つて夜具  帰天  帰つて仕事  使用ニ帰スルモノトス  紀記己忌帰幾機基奇綺騎寄  帰レ  パレ賢帰人  帰つて消毒  帰つた書類  帰つた両人  帰つた喜楽  まま帰  いつごろ帰  帰つてきたん  帰村当時  帰つて会社  近く帰つて  午すぎ帰  帰つた家  帰つたアド  帰つて小学校  屹度帰つて  側ニウエシ事アリ報恩寺ト云寺ニアリシト云此寺ハ千光国師モロコシヨリ帰リテ  三帰  晩帰  やつぱし帰つて  帰つて金  帰つて電報  帰つて後  帰安  帰安県  帰期勿後黄花節  昼帰  終戦後帰村  帰つた一夜  つて帰つて其所  みんなそれぞれ帰  帰英  帰つて寺田先生  鎮魂帰神  此頃帰つて  帰附  帰つて兄  帰つた話  帰つて家  帰つた合図  江戸帰  帰つてす  云つて一度帰つて  帰つて一ヶ月  昨日帰  貰つて帰つた後  唯今帰つて来  帰つて煖炉  朝帰つて  関ニ帰ル彼島ニ行  レ帰  トシテ夜飲ス酔ハズンバ帰ルコトナシ  帰塾  帰樹  帰つて窓先  七時頃帰  渡つて帰つて  帰つて行つた己  立ち帰  お早う帰つて貰ひま  可立帰  帰つたエンマ  帰つたパーシユーズ  持帰つたの  帰つて往  折つて帰つた山独活  帰つてそつ  帰つた五日目  帰つた父  帰後独坐感慨これ  酔つて帰つた晩  帰己紀記忌幾機基奇綺騎寄気既  帰つたやうに  浪帰  帰つた信吾  帰つた書  東帰後  帰合  淫売帰  帰敬せり  帰つた上  帰つた難波  帰つて本  



前後の言葉をピックアップ
ガール・デュ・ノール  カーン  が床  が解  着ん  来たさ    期生  気比  気がつい


動詞をランダムでピックアップ
引っ掻い揚がる肥す躍りかかり隠れわらわれる啜り重なり合い組み付く折れよたてつけいいつかり通り掛かっやすんぜからまっ温も思い上がらあわせるやどしやせほそっ
形容詞をランダムでピックアップ
鈍し粘っこいふるかれしろくてあつし憎かろぎょうぎょうしく等しから忙しないにくけれほしくっ瑞瑞しい事々しくおしけれふかきすがすがしかっ薄気味悪う回りくどくよしな久しから