「巣」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
巣やつくろはん  巣をめぐる  巣の奧には何が住んでるか  巣付いている  巣のようなところに無理に一緒に置く  巣から分かれる  巣がどうのと云っていた  巣を張ってまってた  巣がかけられないからだらうとの  巣を突きとめる  巣掻いた蚕がさわぎ立ってゐるので  巣掻きが一片附いた  巣を持つ  巣を持っている  巣で蟻を運ふや  巣をつくり  巣をくふ  巣をお前にやろう  巣は風に吹き靡かされて  巣のやうな喫茶店も廻つてみた  巣とかいう観がある  巣へさはると  巣の幹線となる  巣にへばりつかぬ  巣だけはなるたけ避けて通るかに見える  巣を出たばかりの  巣を買ったり  巣を定めようとする  巣にこもり  巣の中を喘ぎ喘ぎ歩いていく  巣を指先でつっ突いたり  巣から取り出されたばかりで  巣の袋をかけて置きましたが  巣などが残る  巣を探してまわる  巣をかけていた  巣もはらずに  巣喰うた惡魔の無意識の中にも戰ひ  巣でもあり  巣を見付けた  巣は小さな笊のような形をしていて  巣をかけないで  巣を払ったりしてくれました  巣喰う憎悪に餌をやって育てており  巣を鷹が覗く  巣をウォッチしたり  巣をもつ  巣のようなものを透して  巣のやうなものを透して  巣の卵を覗いてゐる  巣を作つてゐる  巣を建設するといふ  巣と消えて剰  巣の裡にかけられてあった  巣を除けながら  巣をかける  巣に帰り損ねた  巣喰う情実のくもの巣をはらって  巣に騒見く  巣へもどる  巣から焼け出されてしまったので  巣にいた  巣を採ってから  巣を発見するまでが  巣を捜しに行く  巣を捜すには  巣にいる  巣へ運んで行く  巣は近いと叫んだ  巣を持っているので  巣の距離を測定する  巣の入口まで行くから  巣は甚だ近いと思うが  巣の方角を定める  巣のある  巣を掘り出さなければならない  巣をこれに包み  巣を見つけただけであるけれど  巣と一しょに押し込んで置いたが  巣のように架っていて  巣を荒されちまった  巣でぼろぼろに朽ちていた  巣を見つける  巣にかへり  巣があるだけだ  巣に敷く  巣を造るには  巣の材料の事などは考へもしない  巣の中にかたまりにな  巣に固ま  巣の中で過し  巣をつくつたり  巣の中にゐる  巣が近くに固まり  巣からずつと離れた  巣の中には七百から八百までの虫を含んでゐる  巣に帰る  巣の中に隠退する  巣は最後には切れた  巣に触ると  巣を見る  巣のついた  巣から出て  巣をつくる  巣を見つけ出して  巣を忘れずに  巣や苺のある  巣に帰つて来た  巣があるよ  巣を見つけてゐる  巣から来た  巣の中の人口が殖えて  巣分れの群れと云ふ  巣分れをした  巣に帰ると  巣の中に残つてゐて  巣のやうに使はれる  巣に着く  巣に残つてゐて  巣として使ふ  巣分れの群蜂を形づくる  巣が一面にかかっていて  巣をくむ  巣を作っていた  巣のような我家へ帰って行くより  巣を食う  巣ばかり取って歩いている  巣が造れる  巣を定めない  巣を食っていて  巣のごとく並んだが  巣にかかるまで  巣が真似して  巣にもぐった  巣のように丸めこんであった  巣になる  巣を営んでいた  巣をつくって  巣に籠りて  巣を営みありき  巣に籠りたる  巣に足を踏み込んだ  巣のことを本紙で書いた  巣から見ると  巣と懸合いをしている  巣の方でひとりでに覚える  巣がうまく真似声をする  巣に帰った  巣が甚だ眼障りになる  巣もともに動揺した  巣に触れた  巣を払う  巣を築いたり  巣へ腰をかけました  巣をかけた  巣にはひって  巣で顔を撫でられたが  巣でもありやしないかと思われる  巣が張り  巣にいて覚えたろう  巣とほこりのどっさりたまった  巣にまみれてころがっていた  巣の中に少くとも六つ七つ位ずつのこされる  巣のように走っている  巣に入るでは  巣がつくられてゐました  巣がつくられていました  巣を乱された  巣を潜って  巣にして  巣を借りて  巣を自分の物にしてしまう  巣にあみてそだちし  巣の外に三つのドアがある  巣のような一つの高い建物の内部にある  巣すでに破れて  巣のようにもじゃもじゃした  巣のやうな家がいくつもならんでゐる  巣と化し  巣を造ったり  巣をかけたわ  巣や瞳孔の栄える  巣に落葉が一つ幾日も懸っていたりした  巣の下の物を食わない  巣をいとなみ  巣へしのびよって  巣を突きとめ  巣がある  巣のやうな大路小路にひろがり  巣その巣に小さな卵があると  巣くはれた  巣をこはされて  巣をつくれ  巣その巣をうつくしく飾る  巣を染めた  巣のない鳥にも似ている  巣を蹴  巣を探  巣にして居る  巣は直ぐ判りました  巣に化けて  巣もある  巣を張りめぐらし  巣へ三晩もとめて置く  巣を営もうというので  巣にかかって悶えている  巣が営める  巣を造っている  巣喰っている  巣を営む  巣喰っていたが  巣にもすでに破綻が来て  巣喰ったカフエの灯影やレコオドの音が流れていたが  巣まで踏み  巣となろう  巣におられず  巣をはる  巣を張りまわして  巣のようになって  巣を造りました  巣を造って働いた  巣でつくった  巣となつてし  巣をかけ  巣がかかる  巣となつたかを知らない  巣に留りて  巣の懐かしさとして愛着する  巣をくい  巣へ入ってさ  巣居して  巣と申せば  巣を喰っている  巣喰うて居ると  巣が落ちてきたので  巣をつくっているが  巣の奥にいて  巣から顔だけピョコピョコ出す  巣にひっかかった  巣にかかった  巣をかけにゆく  巣を張った  巣のように走り凹んでいる  巣喰う事を奨励致します  巣は東側の外壁に弔り下げてある  巣をぶら下げると  巣を塵で太らした  巣を喰ひ  巣をかけてゐた  巣へ飛戻つて来る  巣がいくつもかかった  巣のように海から織り出されて  巣を喰ってもいるし  巣を探していた  巣が破れながら懸っていた  巣の中にからまりあって  巣を離れて  巣喰うてみようとする  巣を掛けた  巣はございますので  巣のように取乱した  巣のように垂れ下り  巣まで落ち延びたものの  巣籠っていた  巣から振落されて動けずにいる  巣から落ちた  巣のように這っている  巣のように東京の地下を這い廻っている  巣がひ  巣に引つか  巣はまだ新しくほころびてもゐなかつた  巣のなかに潜り込んでしまうが  巣に潜り込んで鳴いている  巣を組まないで  巣から這い出した  巣に入口を二つ持っていて  巣に棲っている  巣に棲んでいる  巣にはふれる  巣へ伴れて往かれて  巣をくう  巣に掛った  巣をくっている  巣が張られている  巣をかけに来る  巣から順に一羽ずつ放してやっても  巣を食ってしまった  巣のように張られ  巣から追い出して  巣の番をしている  巣が光り輝いてゐた  巣ぐらいはありましょう  巣の中に納まり返りながら  巣にかへれ  巣を作るに適して居る  巣なり家なり  巣や穴なども作るらしい  巣を破っては  巣がぼろ布のようにぶらさがっている  巣の無数の穴のようにうねりうねって  巣のことで彼女を打つ  巣をはった  巣の中で蟻がどんな声で泣き悲しんだかという  巣あぶりということもした  巣のように乱れているが  巣を取る  巣から来る  巣のあたたまる  巣の中においしい蜜を貯へて居りますが  巣から飛び出す  巣を突きくずすと  巣をかけるだらう  巣を拵えこんで  巣に羽ばたく  巣が見える  巣を作っていて  巣のあったと思う  巣になった  巣の内へかけての  巣なのかも知れない  巣を世間にあばく  巣を造る  巣にしてしまった  巣籠ってしまう  巣のように縦横無尽に残る  巣が三つ四つある  巣からはなれて降りるから飛びあがる  巣のありかはわからない  巣が無数に砂の中にならんでゐて  巣のようにほうけ出し  巣喰った白首は依然隠顕出没して  巣となって亡びてしまった  巣のような店を張っていた  巣を荒されるとは気がついていないでしょうね  巣を教えてくれた  巣からはなれて  巣をかき廻した  巣に戻つて来る  巣を張って  巣の塔形をなす  巣を作りて  巣に坐りなおした  巣の中に生れようとも  巣に帰したい  巣に帰したいという  巣へ帰りたくてやった  巣や雲を焚く  巣の中で眠っている  巣をつくった  巣をくっていて  巣のやうに出来てゐる吊り  巣がかかって  巣を作している  巣の穴から抜取っていた  巣を探しに歩いた  巣を造るか造らないに  巣を作る  巣へ引上げようとかかると  巣に引き入れて  巣を替えたとか聞いた  巣を換えた  巣を人に見せないという  巣を作っているらしい  巣が頻りに鳴いています  巣へ帰った  巣を引搦ませて  巣を懸けて罷出た  巣を拡げている  巣を見て  巣の影になるから  巣の店を打った  巣を被って  巣を指して  巣であると云った  巣にひっかかると  巣の糸に蟋蟀が引掛って宙にぶらさがった  巣が到る  巣が懸っているという  巣を喰っているという  巣がいてね  巣などが雑然と載っている  巣も焼き払われてしまったので  巣はこはす  巣をかけて  巣にかへる  巣にこもる  巣を出て  巣へ逃げる  巣をあむ振を認めしが  巣に入る  巣とこそ戲れし  巣くへる  巣を失ひし  巣をしとる  巣にも花にも朝露がキラキラと光って  巣を營み  巣を作らうとはせぬ  巣といふものは見た  巣を中心に圏を描いて  巣をくふも  巣を営ましめる  巣に卵をくはへ込む  巣なども其近くに在る  巣を作らう  巣にして育った  巣は水車番の柚太が探してきた  巣へと花ちる  巣のような血脈に上気し  巣のように張り廻らされた  巣離れていった  巣離れていつた  巣を食っている  巣をくっていた  巣を作ってやり  巣籠りをしている  巣を探させた  巣で育つという  巣は見付からなかった  巣から時鳥の卵を捕って来て  巣に育ちながらも  巣に娘ひとりを残して置いては  巣喰うてゐる  巣を替へて  巣のやうに澤山空に向つて淋しく竝んで居る  巣へ帰る  巣に糠のくっついた  巣に包まれてござるほどの  巣を打ち払いながら  巣をくった  巣が張っている  巣くふ  巣を分けながら  巣はどうなる  巣の気分を与える  巣と言うべきだ  巣を食い  巣をとびだすと  巣があるかと思うほどだった  巣の雛鳥をあやぶむ  巣喰って肥え太った  巣にとびこむなんて  巣につながっている  巣をこえてゆかねばならぬ  巣につくまでに  巣にしのび寄って行く  巣のあたりになる  巣のあたりにあるって  巣も近づいて来た  巣の方に近づいた  巣にたどりついた  巣でもあった  巣へ帰って  巣を食って生きて来た  巣の方が遥かに意義がある  巣のようにもつれた  巣などを採つて来て呉れるので  巣をつくつとる  巣があるかも  巣を変えております  巣のなかに棲んでいる  巣を払ひのけたので  巣を直覚した  巣は蜘蛛の貪慾まで清潔に見え  巣を見つけ  巣に戻って来るが  巣の如く織り出されたる  巣が見える枯れた  巣は世の外にそっとしておきたい  巣を鼠の影がちょろちょろ出入りしている  巣を食って  巣にたてこもって  巣に隠れて  巣に帰っていると見えて  巣の中から引き出した  巣を作り  巣に搬ばれた  巣の住民に横領されたかも  巣に還つて来る  巣にひとしい幕府の古屋台をゆすぶっている  巣になっている  巣のようにいってしまう  巣をこし  巣の内の雛が親鳥の来る  巣をかけるに及んで  巣の如く袖褄を引いて居た  巣の所在を人に知らせるから  巣へ自分の卵を産んで  巣の中にある  巣の内外に積んでおく  巣が破れて居るとか  巣にした  巣となりつつある  巣をしている  巣をくうていたが  巣のやうに根気よく包んで居る  巣を見つけ出した  巣も卵も捨てて  巣の中から親鳥が一羽飛んで出た  巣を覗きに行った  巣といって  巣のあった  巣を織るではないか  巣を食っていた  巣を醸して  巣へ人間を入れた  巣を見つけて買い取りましたよ  巣を造って  巣だ半透明な緑の蜘蛛が森いっぱいにミクロトームを装置して  巣の巧緻な形に驚いたり  巣があわただしく動搖すると  巣で取り巻かれている  巣がすっかり粉をかぶっている  巣や煤がいつ  巣が顔にこびりつく  巣を食っていながら  巣をかけるだろうし  巣を作っていますから  巣を掛けよる  巣を組んでいる  巣を変えてしまった  巣を換えてしまったので  巣をつくっている  巣を作ってしまった  巣がイレズミされてゐる  巣へひきあげる  巣のように配線してあった  巣を組んでいるから  巣かと思ったよ  巣に居ながら  巣のような処へ引掛った  巣を食っているか  巣を変えたらしいので  巣を食ったり  巣をくっているってますから  巣を探しながら  巣を作っている  巣を食っているので  巣を貰つて来て煎じて飲ませたりした  巣をかけては  巣に生涯を託してみなければ  巣を作つてくれた  巣を組んでゐる  巣をくっていようとは  巣のようにくしゃくしゃとなり  巣を突いた  巣を見付け出した  巣を見出すという  巣をその梢に托していると見えて  巣を掛けている  巣の中を見る  巣の底には例の楊の綿を厚く敷いて  巣の外へ突出していた  巣は空っぽになっていた  巣の中を覗いていた  巣を窺う  巣を掛けて住もうという  巣が出る  巣をかけるに  巣が腐れかかっていた  巣ともちがう  巣を掛ける  巣とはちがう  巣の作り方をする  巣を掛けて  巣だけはかける  巣を載せる  巣の写真などを見ても  巣で我慢をしつけている  巣の見える  巣を掛けていた  巣の下を出たり入ったりしている  巣から引っこ抜いて  巣喰うていた  巣を作ろうとして  巣が四方に張られてあるので  巣へ寄って  巣を出やしてね  巣のように皆目当が立たなかった  巣のようになっている  巣へ帰ってほどない  巣となっている  巣を見つけました  巣をさがしあててゐる  巣をそのまま持つてきた  巣だといわれる  巣を選んだ  巣でないことはわかっているが  巣を乗取る  巣は名香の薫が靡く  巣の張りつめた  巣の中から捕獲して来は来たものの  巣にしていた  巣へ連れ込まれた  巣へ上がって  巣へもぐり込んだ  巣から本を持ち出して来て  巣へ飛び込み始めた  巣からうなった  巣を覗いた  巣を渡る  巣の中に茫とある  巣にかかって  巣が張られていて  巣に引っ掛かったが  巣から遁れたにしても  巣に顔を包まれては  巣に啼いた  巣の真中にじっとして  巣の僅かな微動にも緊張した  巣を張ろうと  巣がつきものとなっている  巣の真中に逆様に控えている  巣で蝉取りの道具を拵えて遊ぶ  巣を揺ぶって  巣にかかれば  巣の中央に持ち返り  巣の破ける  巣を張ってしまう  巣に珍らしい光景を見出した  巣を払い落そうとしている  巣の糸に絡まってしまうか  巣の蜘蛛が見えない  巣から垂れた  巣に見えないなと思うと  巣から地面に落ちて  巣に出てくる  巣を張らして楽しむ  巣の前に立つて  巣を張っている  巣を造り  巣だと考へる  巣に煤がたまって  巣の中に営々として築いてゆく  巣を作りしならば  巣があって  巣のように根を張ってる  巣を見のがしてなる  巣のやうに綱梯子がかかつてゐる  巣を食わないらしい  巣を食った  巣の中に運び込まうとする  巣をも見よう  巣がゾロリと顔に掛った  巣を捜しましょう  巣へ戻ると思うから  巣を探る  巣の魔窟だと思えば  巣をくいたがる  巣と言われる  巣などを試みた  巣であるかも知れない  巣の内と打保の間の激湍で釣れる  巣を突きとめておけ  巣までひっかかっていました  巣の楠の枯枝に日は入りぬ  巣らしいものがかかっている  巣は見た  巣をつくりはじめました  巣にねていると  巣はゆれて  巣へもどった  巣をひっかきまわした  巣喰っておる  巣の眼は円くて睨み続けている  巣の眼瞬きは迅くて  巣は再び手にはいるまいと思い  巣は赤裸の時分からそだてたので  巣の中で身じろぐ  巣へと運んで行った  巣をもっている  巣を喪い  巣が営まれた  巣をもつている  巣を喪ひ  巣がありました  巣となった  巣の中にうずくまっていた  巣をくひはせぬか  巣を嗅ぎ出した  巣を入れ  巣の中にはいっています  巣をくって  巣といっても  巣を嫌がるというよりも  巣が持来たされ  巣となろうとしています  巣を作って眠るか  巣を構えておりまして  巣のなかにとびこんで  巣をあらす  巣にとびこみました  巣の方へ帰って行った  巣というより  巣から蹴散らかしてしまう  巣が奴にやられた  巣のかけ  巣が雑木の梢に沢山在るらしく  巣であつたことを見る  巣と棘を払ひのけながら  巣が二三度顔にまつわり付いた  巣を移し  巣の中にいる  巣を張るべき  巣を空間に織り出したいという  巣の中にこもる  巣を食いはじめた  巣を張る  巣にしない  巣を見詰めたり  巣のようにうずくまって  巣はまだ雨滴に輝いて  巣の外に出て  巣を張りて住む  巣だと言って  巣のようになった  巣になっていると見えて  巣にかへりしかひの見えぬかな  巣隠れて数にもあらぬ  巣ばかりを作る  巣から飛び立つ  巣を覗見たる時感じ給ふ  巣のように思わせ  巣も造れない  巣を追われた  巣を樹木の高き枝に作る  巣へ降り立とうとする  巣より遥かに離れた  巣にありつく  巣へ舞い戻って来る  巣を食うという  巣のようになっていて  巣を片づけていた  巣に戻って行くと  巣のようにかたまって竦んでいた  巣の中から出て来ていて  巣のような小さい本箱が並んでいた  巣喰っているとするならば  巣喰ってる  巣のどの線にも該当しないという  巣を見出すくらい  巣を張りつめた  巣に露の玉が光る  巣のように四方八方に交錯している  巣のように垂れ  巣を狙って  巣喰っているらしく  巣をつくっていました  巣の中に入れておく  巣へ上って  巣の中へ入れておきなさいと言いました  巣の方へ飛んで帰って行きました  巣から落ちていた  巣へ連れて行ってやった  巣から飛び出しました  巣の中をきちんとかたづけ  巣をつついたり  巣を思わせる  巣が張られてあり  巣を見届けてくれよう  巣に対する空飛ぶ  巣へ運ぶ  巣をちょぴりと結んだだけでは  巣を作ると  巣の話をした  巣をもって帰って来て  巣の夢を抱いた  巣をかきまわしたりはしない  巣を見せてくれた  巣のような一種名状すべからざる  巣を落した  巣になって  巣の中に生きているかの  巣を探索している  巣をつくっていた  巣の中で育てられた  巣を造った  巣を造ったじゃないか  巣ができあがりますと  巣ほどに細く見える  巣のように周囲にぶら下っていたし  巣のように見える  巣をくむが  巣で生まれた  巣の底へ釘一本置きて  巣を出でて  巣は身體いちめんなりああ巣がしめやかにかすみかけし  巣と二元的に考える  巣に返って吐き出し積んで  巣を作って  巣から見出した  巣から人に必要な物件を見出す  巣を穿ち  巣を掘って  巣だった銀杏の樹のあたりを通りかかった  巣見たやうな中に燻つて居ながら  巣にいるごとし  巣のように四通八達していて  巣の中で卵をあたためてをりました  巣のやうに四通八達してゐて  巣にばさと落ちて  巣をつくりますよ  巣を飛び出して  巣に帰つてみますと  巣のようにもじゃもじゃになっている  巣籠りなどを吹く  巣に借りていた  巣を造らん  巣のなかに赤児が泣いている  巣から救い出して来たなどという  巣にいたという  巣が一つ懸  巣を岩角にかけてゐる  巣の話が出て  巣を打ちこはせる  巣によぢ登つてみせるぞといひふらした  巣を離れる  巣を隈なく探し廻りました  巣を食うぞ  巣でおった  巣へ這入りこんで見とどけよう  巣へ乗りこみながら  巣がところどころのっかっている  巣にひっ掛った  巣を灼くという  巣は濡らされませんでしたろうかねえ  巣をつく  巣を食つていつた  巣になったといっても  巣についた  巣のように語られている  巣を失った  巣から取った  巣を営んでいるからね  巣を捜す  巣をつくりはじめる  巣をつくりはじめたな  巣をつくるのに  巣をかけはじめる  巣には必ず目印をつけて置く  巣に吊るす  巣に興味を失う  巣を営んでいるかを  巣の上へ降りない  巣から一町か一町半も離れた  巣を発見する  巣から直接には飛び上がらない  巣を捜しあてる  巣をつくってやりました  巣が気に行ったらしく  巣に等しい都市であるかといふことと照らし合して  巣の中とは夢にも知らないで  巣喰っていた  巣喰う一種の盲愛があり  巣を作ってい  巣のようなモヤモヤの中から雪白の歯を露わしているが  巣へくはへて走りました  巣をさして  巣へいつて  巣へ行きました  巣をお通りなさいました  巣の様に多角形的にひしめき集る  巣をくつて我ものにして居  巣とする  巣にほどこされた  巣を作りたいなどと  巣は今にいたる  巣の下側に取り付いて  巣の工事は前に見た  巣のすぐ向う側に真紅のカンナの花が咲き乱れている  巣を来年の夏までこのままそっとしておこうと思っている  巣を底まで掘り返してみた  巣が一羽おどろいた  巣に忍び来て  巣から出る  巣を見てゐたが  巣のような頭髪のなかにつきこんで  巣をつくつ  巣や埃もそこだけはありありと目に見えている  巣が百千ある  巣に踏みこんで  巣としてしか残つてゐない  巣を焼き尽くしてく  巣を散らすがごとく  巣を払い落した  巣の在所が知れました  巣の中で野獣の眼を覚した  巣まで飛び  巣がこいしくなって帰ってくるよ  巣に帰って  巣喰うべき暗示の座が成り立つだろうかと  巣に引っかかって  巣を作らせた  巣は時代の広汎な現実を包みかねる  巣が張つてゐるではないか  巣のなくなった  巣のない渡り鳥と同じ運命におちいった  巣ほどの光線をも透さぬ  巣の多い明神さんの拜殿へ持つて  巣にたどりつき  巣を期待する  巣に運び入れ  巣の外へ出し捨てる  巣の辺で発芽するか  巣にかえりました  巣の張っている  巣を眺めた  巣も動かない  巣の露は消え  巣をかけている  巣なんかかけて  巣のようなものを手や指につかんで  巣へ入り込んだ  巣になっているらしかった  巣がけしている  巣からさらってきたという  巣の入口で眺めて居た  巣にでも辿りついたという  巣をぬすむ  巣に余っている  巣を出入りしている  巣のような頭をした  巣は慌てて  巣の外に見せて  巣などが殊に気に入りました  巣をかへせ  巣をぞかけ  巣の掃除でもさせておけば  巣をつたつて走る  巣をつたって走る  巣をかけてをり  巣へはこぶしたくです  巣の中へはいって  巣からまたちょろちょろはい出して  巣へもどって  巣へかえりました  巣から羽ばたきしながら飛び出す  巣のなかのくものように坐りこみ  巣う懸けたつ  巣は其のまはりの草もろくに生えぬ  巣が下っている  巣の美しい色の羽毛がそこから散り込んで来る  巣が出来上ると  巣に長居をする  巣を立った  巣の中に入って休みます  巣を造らない  巣の造れる  巣の造られる  巣を造るに  巣を造りはじめました  巣を造ってしまいますと  巣について卵を産みました  巣をくつてゐる  巣に包まれた  巣では無いやうに思はれます  巣がかかっているほどにしか見えなかった  巣にひっかかる  巣をつき破る  巣をかまえました  巣と云っても  巣のように見えた  巣のように縦横無尽にひっぱりまわされてある  巣へ餌を運んで行く  巣で見えない  巣のぬくみ  巣とはよく云った  巣についてぬくまった  巣のような迷路にはいっていた  巣を喰つてゐる  巣へ追いこみやがった  巣激しく臭ひ  巣にむかふが如く  巣くへり  巣を作れり  巣となりし  巣なるフィレンツェの町建てられし  巣でもあばいた  巣や蜘蛛の網にまでひびいて行った  巣のようなひびが八方にひろがり  巣を食つた所を想像する  巣のようにかさかさになって  巣より逐ふ  巣を營める時よりさきのデロといふともかく強くはゆるがざりしなるべし  巣に擇ばれし  巣をこしらえられて  巣喰う古狸がいてね  巣のやうな髪と云ひ  巣を捕りに  巣のやうな三椏の蕾ひらく  巣を喰い  巣が来て鳴く  巣を毀した  巣を毀された  巣の中に眠ってる  巣と煤が鐘乳石のように垂れ下っていて  巣が破れている  巣がかかるかもしれない  巣くひて  巣を作るの  巣に休みゐたる  巣より引離して  巣くふあり  巣くひ  巣を擧げしは  巣となり  巣の池沙紀の多他那美狹城の楯列の陵狹木の寺間の陵拆雷拆く  巣となして  巣を組みかけてゐる  巣に持ち込む  巣をしつかと結びつける  巣から飛び出し  巣のように横たわっている  巣のまわりに餌をあさり歩く  巣から羽ばたきとんで  巣を構えて住んでいた  巣喰っているばかりであった  巣は懸る  巣のやうに隠れたかの  巣へ戻れなくなる  巣が見るに堪えず居るに堪えなくなる  巣をかけたかわい  巣のようだと思う  巣をつくりはじめた  巣が林で啼いている  巣が見出せない  巣を見るばかりで  巣に近づく  巣を捨てて  巣のやうになツてゐて  巣からはね出したんで  巣に大望の卵を孵す  巣を壊された  巣を営んでいる  巣から離れた  巣は思ひの  巣から飛びたつ  巣に寝た  

~ 巣[名詞]1
蜘蛛の巣の  仙女とが巣  鼠の巣の  燕の巣が  女郎蜘蛛が巣を  藁屋ばかりで巣が  みんな帰るべき巣を  さは巣の  蜘蛛の巣が  蛛の巣で  精彩ある巣を  なかに巣を  燕の巣を  蜘蛛の巣は  不良少女の巣の  窖とか巣とかいう  蜘の巣の  蜘の巣に  蜘の巣だけは  鳥の巣の  自分達の巣を  二羽ながら巣に  魍魎の巣の  蜘蛛の巣を  今しがた蜜蜂の巣から  ひばりの巣を  垣根などに巣の  くもの巣などが  雉の巣を  蜘蛛が巣を  身内に巣  怪塔王の巣  罪悪の巣でも  雲雀の巣を  開放された巣の  感情に巣  小鳥の巣を  たくみな巣を  青鷺の群れて巣を  たましひの巣の  小鳥の巣の  上に巣を  一つの巣を  蜘蛛の巣と  荷抜屋の巣  渡り鳥の巣を  二人は巣に  協会内に巣  くもの巣を  山鳥の巣に  かんじんな巣から  ぬきやの巣に  鳥は巣  ことは巣を  ことよりも巣を  地蜂の巣を  自分の巣へ  蜂は巣が  ところに巣を  時計で巣の  真綿と共に巣の  蜂を飛ばせたけれど巣は  真綿をくわえあげて巣の  奥から巣を  上衣を脱いで巣を  泥棒の巣  蜘蛛の巣か  住吉村の巣を  蟻の巣で  あいつの巣を  鳥の巣も  思想の巣にか  鳥は巣に  綿で出来た巣は  蜘蛛の巣  絹の巣の  此の巣の  いふ風にして巣の  いくつもの巣が  自分の巣からずつと  一つの巣の  それ等の巣は  行列虫の巣を  方法で巣を  毛虫の巣を  鳥の巣や  此の巣は  蜜蜂が巣に  蜂には巣が  中に住む巣を  ことを巣  蜂は巣の  為めの巣の  蜂は巣に  一部分は巣に  移民隊が巣  梢に巣を  そうに巣を  雀の巣の  女の巣を  蜘蛛の巣ばかり  自由に巣が  弁天島あたりに巣を  梟の巣の  コーンと啼いた懸巣が  猛獣毒蛇の巣に  病の巣  愛の巣を  猿の巣に  二の巣を  熊蜂の巣に  此処は巣  何時か懸巣の  ところで懸巣と  程懸巣が  藁条を抜きとっては巣に  彼の巣も  蜘蛛の巣に  六角形の巣を  やうな巣  二銭銅貨位の巣を  六角形の巣には  くもの巣で  天狗の巣でも  何処の巣に  くもの巣と  くもの巣に  のが巣の  寄生虫の巣  心に巣  臨時に巣が  小鳥が巣を  そこを巣に  鵲の巣を  ち髪を巣に  隅の巣の  不潔な巣の  蜜蜂の巣の  乱賊の巣と  枝に巣を  蜘蛛の巣や  各々の巣を  於て巣を  伝統の巣  荒鷲の巣へ  小鳥の巣が  くもの巣の  ひばりの巣  慘酷に巣  蛙が巣を  やうな巣を  鷲の巣を  今は巣の  諜報機関の巣を  山蟻の巣を  曲者の巣を  松太郎の巣は  惣嫁の巣も  谷中三崎町に巣を  愛の巣が  体に巣  愛の巣  虫も巣  愛の巣にも  裏町に巣  機関銃の巣まで  江戸中騒乱の巣と  仲間の巣の  同心目明しの巣の  罪悪の巣に  罪悪の巣の  糸にからみついては巣を  巨大な巣を  下にありが巣を  土地に巣を  簔虫の巣で  鼠の巣と  鼠の巣にて  ねずみの巣と  雌鶏は巣に  自分たちの巣の  鳥が巣を  蟋蟀の巣へ  学者の巣を  そこに巣  飯島あたりに巣を  むかし神月の巣  ウィルソンの巣  鳥の巣を  悪魔の巣の  遁辞に巣  熱病の巣と  蚤の巣の  蚤の巣を  蚤の巣に  綿屑みたいな巣を  元の巣へ  蜘妹の巣が  ギャングの巣を  それに巣を  一度ぐらいは巣  乞食にだって巣は  山科に巣  子雀は巣から  風で巣から  ほととぎすが巣を  自分では巣を  ほととぎすの巣  底土の巣から  ように巣に  鳥の巣には  怪物の巣へ  帽子にゃ巣を  心に巣を  まま蜘蛛の巣が  小鳥の巣から  下へでも巣を  わしを巣から  間の巣の  蜘蛛の巣ぐらいは  家庭という巣の  これ開墾者の巣なり  ちっぽけな巣や  蟻の巣の  鳥の巣  すずめの巣の  鶏の巣から  鶏の巣へ  謙信が巣から  蟻の巣を  くもが巣を  虫の巣を  雀の巣  野犬が巣を  愛の巣の  乞食の巣に  打保から巣の  彼等の巣  胸に巣を  彼らの巣  訥朴な巣を  嫌悪の巣に  思つた愛の巣を  ところへ巣  ひばりの巣が  とこを見なければ巣の  蟹の巣が  階下に巣  獣が巣の  自分の巣を  かな蜘蛛の巣で  女が巣を  病氣の巣からは  元の巣に  さ三丈の巣を  母親は巣に  家鴨の巣の  頂の巣の  雀が巣を  羽毛で巣を  恋の巣を  わたしの巣が  中に巣を  霧の巣  鳩の巣の  これが巣  アメリカ人を取巻いて巣へ  アメリカ人を巣に  吉原に巣を  どこへか巣を  西郷山に巣を  奥では懸巣が  どこの巣へ  悪人どもの巣  悪魔が巣を  雀の巣などが  山小屋の巣も  そりと巣の  人に知られぬ巣を  燕が巣にか  しぐれ二十日鼠は巣に  餌を食べさして巣へ  燕も巣に  鷲の巣にか  愛の巣とこそ  花ふむも巣  天井に巣を  蜘蛛の巣にも  綾錦の巣を  鶯の巣が  つて来て巣を  隣どうしの巣といふ  粗雑な巣を  よその巣に  二人で巣を  場処にでも巣を  自然の巣といふ  間を巣に  鴉の巣は  頌懸巣  せみの巣の  自然の巣へと  一室に巣  人達ばかりが巣を  森に巣を  雄鶏の巣を  底で巣  鶯の巣で  霊鳥の巣は  鶯の巣から  鶯の巣に  笠に巣  網代笠に巣  蜂が巣を  蜘蛛の居ない巣の  此宿にも巣を  海賊の巣  陰謀の巣の  里あたりに巣を  方に巣が  土小屋五六其額に巣  山上の凹みに巣  隅に巣  悪党どもの巣  野鳥の巣は  おだやかな巣の  粋人の巣と  天狗が来て巣を  顔色を変えて巣を  吸血鬼の巣が  高氏にすぎない巣の  材木に巣  恐竜の巣の  恐竜の巣に  恐竜の巣を  蜜蜂の巣なんかも  恐竜の巣  奴等の巣に  怪人ラウダの巣に  伝染病の巣でも  趣の違った巣を  私の巣の  マムシの巣の  トクリバチの巣などを  虫が巣を  魚の巣が  鶯の巣の  筒の巣の  鐘撞堂新道に巣を  七つの巣を  ふだん鳶の巣が  子供の巣は  鼠の巣を  長者町へ巣を  四国町あたりに巣を  手の届かない巣に  一庵の巣に  権利者の巣に  他の巣の  羽蟻の巣に  ものの巣に  暴民暴徒の巣の  主人の巣  鳥の巣へ  殻は巣の  汁を吸うて巣に  野心の巣に  怪物の巣と  屋根裏に巣を  昔から巣を  日から巣も  急に巣の  野伏の巣と  微妙な巣を  近所に巣を  一角に巣を  足長蜂が巣を  北条残党の巣  燕の巣へ  土となるまでの巣を  動物が巣に  薩摩屋敷に巣を  張り渡つた蜘蛛の巣の  渡つた蜘蛛の巣が  蜘蛛の巣で  危険の巣  間に巣を  ところにも巣を  蜘蛛が間違えて巣を  八幡前に巣を  堤寄りに巣を  狐が巣を  奴らが巣を  空寺に巣を  髪全体シラミの巣の  鳥の巣が  其枝を掻きよせて巣の  門前に巣を  誰が巣を  そいつの巣は  いくらも巣を  蜘蛛の巣かと  小説家の巣に  獣の巣の  鳩が巣を  白骨に巣を  旗本屋敷に巣を  ねずみの巣の  樹上の巣に  蟹の巣を  白柄組が巣を  内に巣を  雲雀の巣の  蜜蜂の巣を  鳥は巣を  夜が明けたら巣  中ほどに巣を  地上に立っていても巣の  方へ向いた巣の  簡単な巣を  三戸分ぐらいの巣が  巣箱はなくとも巣を  熊ん蜂が巣を  四十雀の巣とも  庭に巣を  箱の巣は  小鳥の巣とは  無法な巣の  土の巣を  サンショウクイが巣を  何か巣が  コカワラヒワの巣の  故郷の巣から  胸に巣  どこかへ巣を  陰虫が巣を  先刻坂本町の巣を  天狗の巣の  孑孑の巣の  飽きが来て巣へ  鳥は巣へ  悪魔の巣  狐狸の巣と  自分としての巣を  山雀の巣  文字通り慰安の巣  燕の巣の  クチバミの巣  昼寝の巣を  赤髯の巣  盗賊の巣を  土竜の巣  一羽を巣の  ここを巣に  南京虫だらけの巣へ  南京虫の待ちくたびれている巣へ  自分の巣から  彼の巣から  海燕の巣  木に巣を  化物の巣  海蛇の巣を  嘴を揃えて巣に  葉くもの巣に  精巧な巣を  傲然と巣の  女郎蜘蛛の巣で  蜘蛛は巣を  蛾が巣に  ために巣の  完全な巣を  足が巣の  姿が巣に  糸で巣から  夕方から巣に  家へ巣を  先に巣を  惡人の巣  鵠が巣を  雷鳴の巣  頭脳の巣の  燕は巣を  蜜蜂の巣が  娘っ子の巣を  燕さえも巣を  梁に巣を  私を巣の  毒蜘蛛の巣をも  もとの巣へ  ばさりと巣を  犬神の巣の  浮浪者の巣と  蜘蛛の巣などを  渓流魚の巣  蜘蛛の巣まで  鷲の巣の  鷲の巣  鷲の巣は  つばめは巣を  雀の巣を  二人は巣  自分の巣へと  地上の巣を  はつきりした巣を  隅にも巣が  襤褸の巣と  來て巣を  俺等の巣を  屑で作った巣を  香木の巣の  城内に巣を  鼠の巣に  鼠が巣を  鼠の巣が  枝をかき集めて巣を  鼬の巣の  俺の巣を  鼬の巣に  自分の巣の  自分の巣に  蔭に巣が  残りを巣から  卵のはいっている巣が  鳥で巣の  悪魔の巣で  貧乏人の巣  みずから紡いだ巣の  団体が巣を  君の巣  スペイン離宮に巣を  病的徴候の巣  窪地に巣の  土に巣を  枝には巣を  野蛮人の巣  狐の巣の  香具師の巣  盗人の巣の  今夜は巣を  木の根に巣を  己れの巣へ  己れの巣に  地点は巣に  胆吹山に巣を  蠹の巣の  綿の巣を  上で巣を  梁の巣に  頬白の巣が  甲羅を乾しに巣の  カナリヤの巣の  其処に巣  おでん屋に巣  毎年熊蜂が巣を  細かな巣を  先に附けて巣の  胸にも巣  烏が巣を  ウイリイは急いで巣へ  烏の巣の  めじろが巣から  夜だかは巣から  鴨は巣  鳥には巣  場末に巣  地上の巣に対する  啖いながら巣へ  仏が巣を  それ以上蟻の巣を  乞食の巣の  仲間の巣に  銀歯組の巣  悪の巣の  五人組強盗の巣を  長屋に巣を  鳥で巣を  りっぱな巣を  枝に巣が  蜘蛛の巣ほどに  クモは生れながらにして巣を  伏せ居る巣の  豚は巣を  血管の巣は  雀が巣  育児の巣と  窓に巣を  鼠の巣から  地中に込み入った巣を  鼠の巣  山鳩の巣に  上の巣の  鷲の巣にば  妻鳥と巣を  ここへ巣を  鶉が巣を  鶉は急いで巣に  裏通りに巣  鶴の巣  愛の巣に  座敷に巣を  鷲の巣が  鷲の巣から  鷲の巣に  鷲の巣によ  雌が巣を  狸の巣を  ホースケ蜂が巣を  待合の巣に  崖上に巣を  便衣隊の巣へ  鴉の巣が  野良狐めが巣を  雀の巣は  家根に巣を  やうに巣を  入口に巣を  蜜蜂の巣から  ころ小鳥の巣を  うちで巣を  私ら少年はもうもずが巣を  平気で巣を  それに巣の  それを巣に  子がもずの巣を  訳で巣を  雲雀が巣を  直接には巣の  これも巣から  いくつもの巣を  鳥の巣と  猿の巣を  押し合いへし合いながら巣  悪徳の巣に  悪徳の巣の  そこへ巣  二三十人ほどは巣を  狐でも巣を  ぶんの巣へ  ぶんの巣を  狐の巣へ  蛭の巣を  南京鼠の巣の  大な巣を  自分等の巣と  我々の巣に  山に巣を  逆様に巣の  葡萄いろをした懸巣が  妾が巣に  根もとに巣を  文学青年の巣に  コオロギが巣を  雀の巣が  野犬の巣の  犬の巣に  闇の巣としてしか  おのれらの巣を  あちこちに巣を  葉蔭に巣を  自分の巣まで  幾重ねにも巣を  もとの巣が  もぐらの巣  おまえたちの巣に  んじて巣  衷に巣  蜘蛛の巣ほどの  妾の巣  妾さんの巣の  憩ひの巣  憩ひの巣を  憇ひの巣  憇ひの巣を  不用として巣の  水車小屋の巣に  奥に巣  虫の巣の  一軒の巣を  蛛蜘の巣  蜘蛛の巣も  ところに巣なんか  俺の巣へ  家であり巣  罪悪の巣  鳩の巣に  ところに巣が  うちに巣から  有様を巣の  一緒に巣を  谷を挟んで巣を  自分の巣にでも  鶯の巣を  鬼どもが巣を  棟の巣を  そこに巣を  頭に巣  蜘蛛の巣などが  わたしの巣をかへ  罪びとは懺悔の巣をぞ  鳥と巣の  ねずみは巣から  天井裏の巣へ  部屋に巣を  鶏たちが巣から  彼女は巣から  鳩の巣といふは  葦剖も巣  雲雀の巣は  蜘蛛は巣が  化け物が巣を  浪人の巣  店頭に巣を  天井の巣の  つばめが巣を  家にも巣を  つばめが巣の  ここに巣を  完全に巣を  雌鳥は巣について  日比谷邊りに巣を  一隅に巣を  悪魔が巣  貞操道徳の巣では  生殖生活と巣を  夫婦の巣  彼等の巣を  何かの巣の  ゴリラの巣  ほかへ巣を  あいだ海鳥の巣に  電気が巣  小雀の巣へ  自分の巣について  子供の巣の  崖腹に巣を  外道の巣へ  獄に巣  邪惡の巣と  邪惡の巣  蛇の巣でも  蛇の巣や  二者を巣より  目を生まんとて巣を  人たる者の巣に  鴉の巣を  足長蜂の巣の  地主が巣を  杉山に懸巣が  つて雀の巣を  ことを覚えてゐる巣を  自分自身の巣の  中に巣  雛とともに巣に  鳥に巣  惡人の巣と  鷺の巣の  空論の巣と  二三日軒下に巣を  葉を巣に  自らの巣を  蟻が巣の  五百城先生の巣から  京吉の巣  類が巣を  執念く巣  元の巣が  軒に巣を  五重の塔に巣を  ところはのみの巣の  悲劇の巣は  男の巣  白鷺の巣  壺の巣が  今度見つけた巣は  鳥の巣に  恋の巣に  病菌の巣か  鳥がおどろいて巣から  蜂が巣から  ここらに巣を  

~ 巣[名詞]2
その巣  狭い巣  同じ巣  殊に巣  決して巣  其の巣  すばらしい巣  古い巣  あの巣  もし巣  まだ巣  大きな巣  夥しく巣  この巣  暗い巣  暖かい巣  楽しい巣  いい巣  わざと巣  新しい巣  一々巣  わが巣  やはり巣  沢山巣  どうして巣  もう巣  根強く巣  どんな巣  きっと巣  いわば巣  多く巣  始終巣  汚い巣  むさくるしい巣  温かい巣  淋しき巣  臭い巣  悪く巣  おなじ巣  そっと巣  小さな巣  早くから巣  しがない巣  まるで巣  人知れず巣  なく巣  古き巣  ちらりと巣  せっせと巣  本当に巣  たのしき巣  美しき巣  特に巣  よく巣  

複合名詞
巣喰つて  こないだ一巣発見  巣だらけ  巣啣  巣居知風  鳥ゆゑ巣  はじめ巣  巣獵  天狗巣  巣散らし  岩巣  燕巣  天狗巣病  巣食つて  巣守  巣蓋  巣喰  巣立  づ巣  巣取り  明巣  神産巣日  巣食ふところ  ぃらりきぃらり巣  一群巣  巣湖  烏巣  烏巣そのもの  烏巣焼打ち以後  巣ナリ  巣ウ  巣みたい  ため南巣  間ニ巣ハシム可カラズ  ぱいになつて巣  ねずみ巣  巣林子  明巣覗  巣居  巣の  巣穴  一歩巣  巣つたの  巣喰つてしまつたの  かな巣  愛巣心  守つた巣  巣みたい髪  巣燕乳花如掃  巣燕乳  巣父犢  巣兆等  時巣  二家族巣  黄巣  黄巣傳  賊首黄巣  巣さん  巣造り  巣材  山懸巣  みんな巣  巣口  巣籠  いつか巣  つて巣  魚巣  巣だらけ煤だらけ  巣食  武巣さん  武巣  巣形  産巣日命  巣替え  巣食つた  明巣覘い  巣父  巣居却風穴處知雨郷  巣帰り  巣ぐるみ雛  巣だい  家族づれでいつもきまった巣  蜘蛛巣  国巣  鳶巣城  巣松  破れ巣  つて巣喰  二羽巣立  巣状  岩巣だらけ  巣子  巣どころ  巣食つた栗鼠  いま巣  巣守り  巣越し  巣餅  鳩巣  賊黄巣  鶉巣  巣兆  巣さ  去年巣  巣訪問  一番巣  二番巣  三番巣  うち一番巣  巣狙  巣かもめ  むかし巣  巣竹  つた巣卵  巣ぐらゐ  鶯巣  白巣  巣がらみ  産巣日神  次神産巣日神  鸛巣  巣天  別石巣比  宮伊波禮部井氷鹿飯肩巣  石巣別  命神宮神御衣神産巣日  神神産巣日  命神産巣日  宮高しり高巣鹿  産巣日  宿禰和久産巣  巣だらけ庭  産巣  カナリヤ巣  吉城郡坂上村巣  弾巣  鳶ヶ巣  鳶ヶ巣以下  あき巣  



前後の言葉をピックアップ
簀の子          酢のもの    素足  すあま  スアリ


動詞をランダムでピックアップ
くみあげる息せき切付け出す渦巻い突っ返さはい出すひねり出さいいきかせるつつんふさぎ通いつめる負けよふせり恋しなつかしま心得るおりかさなっ張り詰め巡らすぶらさげる
形容詞をランダムでピックアップ
しおらし穢かろ粗く羨ましいまだるっこし騒騒しいっぽから容易く悪から硬くっまたとなかろまぎらわしい疑い深辛抱強こかっ卑しから好い女々しく好いたらしい