「屈み」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 屈み[動詞]
ところへ屈み  下に屈み  所に屈み  縁側に屈み  前よりはひときわ低く屈み  上に屈み  下へ屈み  風に屈み  背中に屈み  地面に屈み  わたくしも屈み  そこに屈み  伸び上り、屈み  不意に屈み  側へ寄添うと、屈み  前へ屈み  上へ屈み  伸び上ったり、屈み  和尚が、幾らか屈み  僻地に屈み  陰に屈み  手をふれかねないほど屈み  本能的に小さく屈み  ように屈み  寝顔を屈み  方に屈み  介抱しようとして屈み  女中は屈み  先端まで行き、屈み  そばに、寄り添って屈み  そこにまた屈み  栓を捻ると、一方が屈み  のを見ると、ぐいと屈み  隅っこに屈み  体を向けかへて、やや屈み  うえに屈み  気をとり直すと、屈み  田部井氏は早速屈み  側へ屈み  喬介は屈み  長刀を軽くついて、少し屈み  のが、やや屈み  意は、屈み  船縁に屈み  水際へ屈み  ように唸ると、屈み  大月氏は、屈み  欄干にすがりついて屈み  若い女中は屈み  ようにして屈み  狼狽しながら屈み  あちらこちら歩き廻ったり、一寸屈み  小首を傾げながら屈み  立止ると、屈み  人が屈み  はじめてそこに屈み  辻野君はやや屈み  妙な屈み  木蔭に屈み  方へ屈み  肩先へ屈み  中に屈み  下腹をおさえながら屈み  額を撫でて屈み  舳に屈み  総勢六人で、小さくなって屈み  ひたむきに屈み  枠台に屈み  佐平はそう言って屈み  焚き火に屈み  闇に屈み  軒先に屈み  道ばたに屈み  姿でちょいと屈み  充分であるが屈み  体が屈み  ような屈み  足をひろげてべたりと屈み  河岸ぷちに屈み  街路に屈み  腰をすべらして、屈み  視線を注ぎながら、進み寄り、屈み  前に屈み  姿は屈み  火鉢へ屈み  前に、つつましく屈み  茶の間に屈み  狼狽し屈み  近くに屈み  酒井と、重く屈み  そばに屈み  顔を屈み  定は屈み  私は屈み  其処に屈み  ぼんやり其処に屈み  根本に屈み  地面において、じっと屈み  ぼんやり道ばたに屈み  横へ屈み  急に屈み  男を真似て、起き上ったり屈み  中にじっと屈み  身を寄せて屈み  側に屈み  後ろへ廻って、屈み  縁下に、屈み  一つになって屈み  食卓に屈み  さんは少し屈み  顔をして屈み  頭には、痩せた屈み  倶に全く屈み  もとのごとく屈み  人なりとて、わが屈み  ため膝を折り屈み  けいはしゃくりあげると同時に、屈み  眉まで被って、屈み  彼は屈み  鳥に屈み  恰好で、何やらしきりに、屈み  麓に屈み  柱につかまって、屈み  唐沢氏が屈み  桂様が、少し屈み  指の、のびつ、屈み  



前後の言葉をピックアップ
加賀原  屈ま  かがま    各務  加々見  加賀美  かがみ  鏡石  鏡板


動詞をランダムでピックアップ
見え透け量る取抑え襲うすりまぜ遠ざけろ創れ縫う巣くう逸るうせ安んずひっとらえ覆っからかわやりなおし言い兼ねるたるむ駆集め壊す
形容詞をランダムでピックアップ
この上ない照れ臭いうるさい憎々しさわがしきまましい長う物騒がしくっ呆気な空しくどすぐろきすくっにく尊けれはげしきよからかんばしくかまびすしく熱っぽただしい