「居ら」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 居ら[動詞]
なにをして居ら  手紙を出さずには居ら  つても居ら  誰も居ら  何にも居ら  英和辞書には出て居ら  当惑せずには居ら  柳宗悦さんたちのやって居ら  世界に居ら  云はずには居ら  私達は驚かずに居ら  つたのでかう尋ねずには居ら  笑はずには居ら  笑はずに居ら  發達して居ら  進歩して居ら  境遇に居ら  支那に居ら  主人だけが持って居ら  店に居ら  暴行を加えられたと思って居ら  何人も連れられて来て居ら  夫人はもはや死んで居ら  女房も持って居ら  外に佇みなんかして歩いて居ら  気にもならないで居ら  処に居ら  想夫恋をひいて居ら  年月恋をなして居ら  寵愛して居ら  事なんかを夜っぴてはなして居ら  近所に住んで居ら  ものだと思って居ら  小松殿につかえて居ら  車で送って居ら  示現して居ら  ものとして居ら  会はずには居ら  五十を過ぎて居ら  自嘲して居ら  芹川は居ら  下女一人外使うて居ら  弁解もして居ら  帯をしめて居ら  恐怖を覚えずには居ら  腹ができて居ら  瞶めて居ら  つては居ら  英文科に居ら  東京に居ら  歌はずに居ら  勉強に努めて居ら  誰れも見て居ら  挨拶をせられて居ら  失望ばかりしては居ら  心踊らずに居ら  僕はまだ死んで居ら  海底都市に居ら  わびやは居ら  蟄居して居ら  観察して居ら  鼠も居ら  人でなしは、居ら  当にして居ら  志を持って居ら  平然として居ら  事が分っても、じっとして居ら  息遣いを見て居ら  一匹も居ら  殘り居ら  思ツて居ら  田舍には、とても居ら  迷はずには居ら  私はさう思はずには居ら  母さんの考へて居ら  つて指導して居ら  際に居ら  会釈して居ら  照して見て居ら  天井にもつかずして居ら  福寺に止まって居ら  誰れも居ら  聖が居ら  庭を通って居ら  容易に覚えて居ら  餘程注意して居ら  家には居ら  幸福に思はずには居ら  世界に生きて居ら  同情せずには居ら  志貴山に居ら  中に居ら  どこに居ら  平気で居ら  教師は居ら  中にも居ら  御覧になって居ら  家来達にくれぐれもお諭しになって居ら  場に居ら  事実を信じまい信じまいとなさって居ら  証拠を掴みたがって居ら  往来をなされて居ら  張り感動せずに居ら  下に居ら  宅に居ら  躊躇せずには居ら  事実をつき留めずには居ら  現存して居ら  一室に居ら  現在生きて居ら  連載時代から愛読して居ら  覚悟して居ら  林檎賣が出て居ら  彼は憐れまずには居ら  人格を有して居ら  僕等は食わずにゃ居ら  ことなどを執しては居ら  食はずにや居ら  此処に残って居ら  何処に居ら  寸分も生かして居ら  誤解して居ら  平穏に生きて居ら  神を信じて居ら  楽しみに待つて居ら  氏も黙って居ら  氏が居ら  精神病者も居ら  明けっぱなしで居ら  一緒に居ら  真直について居ら  羽の生えて居ら  評価して居ら  余りものを考へずに休んで居ら  囘顧し居ら  逗留して居ら  影響を受けて居ら  室に居ら  人の居ら  実行して居ら  清貧に志して居ら  見張りをしても居ら  気を張りきつて居ら  愉快で居ら  気を張りきって居ら  こいつは飲まずには居ら  シヤツも着て居ら  工場は動いて居ら  片附いて居ら  日本は出来て居ら  両手で覆わずには居ら  ように齧りつかずには居ら  念に打たれずには居ら  民を統べて居ら  軍に居ら  窮地に陥れて居ら  傍に居ら  想像すると、居ても立っても居ら  來ずには居ら  食はないでまたと居ら  私を無論思い出して居ら  あなたはおぼえて居ら  独身で居ら  若者も及ばぬほど働き居ら  此儘ニは居ら  行く末を思い、ぞっとして、いても立っても居ら  一定して居ら  兵としか居ら  中に出て居ら  これが凝つとして聞いて居ら  目に掛けずには、居ら  編輯部に勤めて居ら  胸が、どきんどきんと騒ぎ立ち、いても立っても居ら  中で、いても立っても居ら  そちも定めて存じて居ら  身をかたきと恨んでは居ら  やうに生きても居ら  介は居ら  ひつて居ら  夢として書かれて居ら  一葉もついて居ら  經驗を有して居ら  喜びを感ぜずには居ら  ちの今日でさえ、いても立っても居ら  吉里の居ら  敬服せずには居ら  生活をして居ら  延岡に居ら  ことだと云って居ら  思いになって居ら  ものも入って居ら  服装を持って居ら  理解しながら書いたり読んだりして居ら  人も居ら  悪事については全く気づかず居ら  混り居ら  太夫が居ら  心耳にとどまって、いても立っても居ら  そこにそんなにべったり坐り込んで居ら  橋本関雪さんが居ら  講究されては居ら  眞理を含んで居ら  爲めに妨げられて居ら  算へられて居ら  新聞を読んで居ら  ように低く言って、しばらく黙って居ら  右眄もして居ら  かい涙をこぼして居ら  主にそうして居ら  精女は居ら  小じわ二つも入って居ら  日を送って居ら  あたりまで濡れて居ら  眼をとじて居ら  明け暮れあんなにいとしがって居ら  安土に居ら  手を載せて見て居ら  から飽かずに見て居ら  眼も放さずに見て居ら  商ひして居ら  小説を書かねばいけないときまって居ら  地面は固って居ら  海は流れて居ら  空気は透きとおって居ら  ときまつて居ら  家に居ら  上に居ら  周囲に居ら  行司は誤っては居ら  心を碎いて居ら  ことを信ぜずには居ら  微笑をせずには居ら  のを感ぜずには居ら  私がもし居ら  地蔵様が立って居ら  尋ぬれども居ら  遠慮しても居ら  晏如として居ら  商賣して居ら  一刻も見ては居ら  ものには居ら  鴉も居ら  犬も居ら  裸で居ら  方にもお馴れしても居ら  ままこうしても居ら  お立ちになって居ら  わりになろうとなすって居ら  お住いになって居ら  心に持つて居ら  居眠りなどして居ら  今時人力なんて曳いて居ら  祖父も居ら  蔵して居ら  自分を思ひ出さずには居ら  ものに構って居ら  柱よりたよって来て居ら  晴々と行って居ら  あやを見て居ら  被衣をかぶって居ら  自分でよんだりして居ら  ようにして居ら  欄干によって見て居ら  すすり泣きをして居ら  心持を以てきいて居ら  中にもよろこんで居ら  事だと思って居ら  身の上を思って居ら  意得なんかを云って居ら  様に話して笑ったり泣いたりして居ら  人形をしっかり抱いて泣き伏して居ら  しずかにやすまって居ら  おろしてしまいたいと云って居ら  力を入れ居ら  話を思い出して笑わずには居ら  眉をひそめながらも笑わずには居ら  そっぽを向いて、暫く黙って考えて居ら  気にして居ら  近来は少しく取り違えて居ら  部屋にも居ら  厠にも居ら  場にも居ら  ここに居ら  心にかけられ居ら  出勤前だといつて居ら  それを素晴らしくやってのけて居ら  者は居ら  見物人が居ら  活躍して居ら  皆云わずには居ら  古典的文献的価値を認めて居ら  サムナー博士の居ら  大役を命じ給うて居ら  率ゐて居ら  雄心を愛して居ら  恥かしいが、まだ枯れて居ら  不思議を感ぜずには居ら  伯林に居ら  人間だったら、見ちゃ居ら  研究せられて居ら  読者の知って居ら  秘密を洩らして居ら  生活もして居ら  独にてたひらかに居ら  机にすりつけて居ら  感情を持って居ら  憤慨して居ら  顔して居ら  熱海に居ら  事は沢山あるがゆったりして居ら  干渉して居ら  気のりがして居ら  独りで居ら  得々として居ら  あれほど論じて居ら  心持をまだかなり沢山持って居ら  意識とすると云って居ら  何でもなくああやって居ら  両親は話して居ら  寂寥も感じずに居ら  浅薄さで生きて居ら  斯うやって置いて居ら  独りでは居ら  独りで居ずには居ら  時が来るだろう、と云ってじっとして居ら  限り安心して居ら  さに泣いて居ら  頭を下げずには居ら  浮れずに居ら  絵描きは立っても居ても居ら  覺えて居ら  疲れたらしくて居ら  祖母上が来て居ら  ように思って居ら  ためと云うから、と考えて居ら  只家賃を払って居ら  水津さんが待って居ら  ハンケチを出して居ら  陸援隊はまだ出来て居ら  洋行して居ら  堕落せずに居ら  熱中して居ら  ことを覚えて居ら  直視して居ら  恥を感じずに居ら  愛を持って居ら  平静で居ら  破損を苦しく思って居ら  開成山に居ら  顔をして居ら  激させて居ら  あまり痛わっても居ら  ようにして休んで居ら  ゆっくりあれで遊んで居ら  スイッチを押して居ら  承知して居ら  心配でいても立っても居ら  粋者も居ら  何ものかで支えて居ら  ツて見ても居ら  調査されて居ら  研究されて居ら  廣く知られて居ら  却ってそなたののびのびして生きて居ら  肚を立てずには居ら  ぢろがずには居ら  みんな、だまって居ら  記憶に残って居ら  記憶には残って居ら  感じを持って居ら  記憶して居ら  寺で、描いて居ら  意見を出して居ら  類に属すると見て居ら  歩を進めて居ら  ようにでもして居ら  御大名で居ら  ことも言って居ら  善事をしたと思って居ら  葛先生が居ら  一人も居ら  一人で行って居ら  あれにはなかなか行って居ら  確信して居ら  いつまでも生きて居ら  辛抱して居ら  のですから、居ら  いま仕事はして居ら  病人にばかり構って居ら  すべてを心得て居ら  食傷して居ら  出鱈目を言わずには居ら  断定して居ら  退屈して居ら  むきになって書いて居ら  どこかに持って居ら  廻りになるとか、おっしゃって居ら  帰京なさって居ら  今日は居ら  静かにして被居ら  聽いて居ら  のをどうしても離さずに持つて居ら  困窮して居ら  此奴一人しきゃ居ら  一刻も耐えて居ら  巴里にも居ら  保養して居ら  方に居ら  ものを持つて居ら  屬して居ら  明かになって居ら  うにと、考えずには居ら  神が占めて居ら  家にも居ら  其ひつぎのみこに択ばれずに居ら  邑に隠れ居ら  具へて居ら  位置に居ら  形を残して居ら  研究して居ら  折て居ら  公家達が居ら  精通して居ら  位に居ら  やつて居ら  考を持つて居ら  考を持て居ら  國に居ら  決つては居ら  はいつて来て居ら  なんかに書いて居ら  賞揚して居ら  たくさんは居ら  子と称して居ら  南郷庵に居ら  抔と考えて居ら  作衛は居ら  変名を使うて居ら  今様合せを催して居ら  競争意識を持つて居ら  体得して居ら  追求して居ら  抜き手をきつて居ら  抄して居ら  使命を執り行ない居ら  何時まで立っても居ら  大夫が居ら  宅にも居ら  近辺に居ら  頭が下らずには居ら  しみ/″\感じずには居ら  肥つては居ら  あなたが居ら  芸術ばかりで生きて居ら  側に居ら  山平殿も恐れ入って居ら  皆な知って居ら  上酒が戴いて居ら  府内にも居ら  此の世に生きて居ら  余り一人で居ら  兄さんに叱られたけれど、どうして泣かずに居ら  気がすると、居ても立っても居ら  こともあり、又は現はれて居ら  苦を脱して居ら  意義をも認めて居ら  思いで居ら  あのころはよかったな、といても立っても居ら  座に居ら  紐を解かずには居ら  一刻もじっとして居ら  母を思わずには居ら  致命的であるかを考えずには居ら  ことを祈らずに居ら  憎悪を感ぜずには居ら  晴したいと思わずには居ら  心持に、ならずには居ら  のだと、思われずには居ら  恨みとを持たずには居ら  感銘を受けずには居ら  父とは、段々心細く思わずには居ら  戦慄を感ぜずには居ら  心持を懐かずには居ら  ことだと考えずには居ら  世の中に生きて居ら  力点として居ら  説明して居ら  皇后宮に居ら  ことが起ろうとじっとどっしりして居ら  野口君の居ら  のを待つて居ら  夢を覚えて居ら  胸に湧き返って座っても居ら  關係して居ら  先生が居ら  防禦をして居ら  來て居ら  用ゐて居ら  行はれて居ら  字音の考へられて居ら  のはどうも未だ熟して居ら  何も居ら  まさか夜の明けるまでそうして居ら  一人で、どうして居ら  涙をためて、聞いて居ら  汚名も受けずには居ら  矛盾を感ぜずに居ら  恍惚境に居ら  落付いて居ら  處に居ら  十四号室に居ら  教会に居ら  潜伏所にも居ら  日本に居ら  ゆっくり腰を下ろして居ら  汗を拭いて居ら  客を眺めては居ら  客に尋ねて見ずには居ら  救つてやりたいと考へて居ら  んで居ら  文に記して居ら  ことを、述べて居ら  身に付き過ぎて居ら  出だといつて居ら  一作として居ら  懐しまれて居ら  特筆しよう、として居ら  何かを仰向いて見て居ら  却つて恐縮らしくいつて居ら  稱して居ら  了へて居ら  關係を有して居ら  感化を受けて居ら  矛盾しては居ら  斯うして居るからには踏みつけられては居ら  事は聞かずに居ら  家で足して居ら  素足で居ら  一定はして居ら  混和して居ら  混和されて居ら  なごやかに微笑んで居ら  人は知って居ら  金に困って居ら  小林静雄氏が見つけて居ら  都市に居ら  使用して居ら  格別改良されて居ら  佛教に達して居ら  確立して居ら  事をして居ら  席に居ら  敢てして居ら  特に之を愛するというまでに至って居ら  亘理城に居ら  血の道で久しく煩って居ら  僕が見えて居たら居ら  考えは働いて居ら  僕は泣かずには居ら  可哀相で居ても起っても居ら  のだと申さずには居ら  気の毒に思わずには居ら  惨めさを思わずには居ら  傾向が在ると思わずには居ら  目標を置かずには居ら  起縁に成って居ると思わずには居ら  把持して居るだろうかと思わずには居ら  さを思わずには居ら  催眠力を恐れずには居ら  事を認めずには居ら  発見せずには居ら  無事で居ら  傍らには居ら  今はいづこに居ら  まつりごとをして居ら  月読命の治めて居ら  方で居ら  元来天子様の持つて居ら  此魂を持つて居ら  孫で居ら  日神の居ら  神の居ら  祭りをして居ら  何か考へて居ら  大祓へというて居ら  天子様の居ら  神が居ら  形をとる、といつて居ら  渡辺仁氏が居ら  發表されて居ら  もの、とても始終仲よくして居ら  常識を逸して居ら  辺を歩いて居ら  咽喉を通して居ら  せみは居ら  伊勢崎に長くも居ら  から何うも居ら  己も別れたくはねえが、居たくっても居ら  屋敷には居ら  何時までも居ら  みんな笑わずには居ら  一位に居ら  比量界に居ら  聖教量には居ら  夜伽をして居ら  ために生きて居ら  方も居ら  片時も居ら  みなさんもよく聞いて居ら  之が見て居ら  表われては居ら  會計主任は居ら  悪口を書いて居ら  仕事をして居ら  一人で居ら  者が居ら  自白をきいて居ら  ことを知って居ら  私はもう坐っても立っても居ら  言つても居ら  まりも無えに極まって居ら  心を騒がさずには居ら  待遇をして居ら  室内に居ら  もう一度ゆっくり逢いたいといって居ら  何をして居ら  クラブに居ら  今どこに居ら  部屋に居ら  邸へ帰って来て居ら  クラブから出て居ら  まま出て居ら  優勝して居ら  出勤して居ら  やうで、どうも唯見ては居ら  女で居ら  素人下宿に居ら  のだと常に言って居ら  人がいうと言って居ら  なかに、おはいりになって居ら  生前よくこう言い言いして居ら  お笑いになって居ら  婿様とがお寝になって居ら  蜀地にも居ら  銭塘にも居ら  矢張り恐悦して居ら  熱心に見上げて居ら  伊勢の国に居ら  ぴちぴちして居ら  御館に居ら  暮しを続けて居ら  姫は、立っても坐ても居ら  さが、憤らずに居ら  外に、居ら  輝きが、思わずには居ら  續けて居ら  姫は、立つても坐ても居ら  語には、馴れて居ら  腰を落着けて居ら  姫は立つても坐ても居ら  外に居ら  黒みやつれては居ら  想ひ浮べずには居ら  心配して居ら  お仕事をして居ら  のを、かねがねとてもいやがって居ら  人も言って居ら  指摘して居ら  此状勢を保って居ら  安楽椅子にふんぞり返って居ら  軍団長の居ら  ユツクリ遊んでも居ら  変装して居ら  煙草店を出して居ら  高等学校へ通って居ら  うちに居ら  ドクトルが居ら  オイ正木さんは居ら  機関銃を撃たれては眠っても居ら  ものが少しも行われて居ら  おしで居ら  月がさして居ら  話をして居ら  閑静でよいと云って居ら  熱心して居ら  大弓を引いて居ら  後向きに立って居ら  こまこま云付けて居ら  許でもなく遊んでも居ら  何かして居ら  先生をして居ら  千葉先生が居ら  いきさつに接して居ら  生活経緯を見て居ら  専念して居ら  嫁して居ら  使者の、立つても居ても居ら  弁へましては、どうもかうして居ら  寐て居ら  ものであるというて居ら  念を発せしめずには居ら  実世界には居ら  実社会には居ら  感に堪えながって居ら  掩わずには居ら  清吉は居ら  主人は居ら  眞面目に認められては居ら  から、見ても居ら  それら應用的部分が全く含まれて居ら  功勞をして居ら  まつて居ら  理想として居ら  孔子の居ら  要求して居ら  全然具備して居ら  泪を流して居ら  發布されて居ら  一致して居ら  お酒を飲まずには居ら  血はかかつて居ら  ものは常に心得て居ら  業を受けて居ら  嫡男が居ら  稀には出て居ら  尊長の居ら  ものとはなつて居ら  注意して居ら  沢山に持つて居ら  殘缺して居ら  學に居ら  謀反氣を出して居ら  意見をもつて居ら  徹底して居ら  まんまで居ら  迷ひ居ら  二人で居ら  噫、居ら  学にも通じて居ら  姫君には申して居ら  上に坐って居ら  小説を書いて居ら  冒険には適して居ら  忠誠をさえ疑って居ら  ぢつとして居ら  命の居ら  孤立して居ら  確實に知られて居ら  明記されて居ら  手を著けて居ら  戯作者を以て任じて居ら  動揺せずには居ら  期待して居ら  母様また黙って居ら  一寸も酔って居ら  次の間に泣いて居ら  節傍に居ら  教職に居ら  やりとりして居ら  松下さんは居ら  こちらに居ら  簡単に考えて居ら  罪を犯して居ら  確乎して居ら  出になりまして、じっと暫く見て居ら  殺害し居ら  電車は通じて居ら  結果連れて行き居ら  頼みにして居ら  誤解をして居ら  念を持っていたかをよく知って居ら  起動して居ら  一日も居ら  そばに居ら  失敗だったかも知れぬ、といても立っても居ら  胸はいま、立っても居ても居ら  うっかりしても居ら  大入道が沢山居ら  考えを加えて居ら  一日一日を生きて居ら  記憶がうすくなって居ら  御礼だけかいて、済まして居ら  紋附きでも、すまして着て居ら  ちらしてあるいて居ら  程有効に役立つては居ら  真面目顔で着て居ら  事をよく云って居ら  自分に侍らせて居ら  げに着坐して居ら  一度は斬って居ら  兵藤氏が居ら  あなたと共に、こうして居ら  職に居ら  陸には居ら  驚愕安然として居ら  /″\匿しても居ら  二人仲好く暮して居ら  者に憎まれて居ら  亭主は居ら  ア極って居ら  んですか存じませんが、居ら  私は生きては居ら  東京には居ら  会社に勤めて居ら  納得させようと、お努めになって居ら  いつでも黙って居ら  事を、おっしゃって居ら  平気でおっしゃって居ら  お客様におっしゃって居ら  がっかりするとでも思って居ら  大声で歌って居ら  嘲笑したりして居ら  お家に住まわれて居ら  私をからかって居ら  眠らいでは居ら  瞬時も止まつて居ら  顫へて居ら  から呑気で居ら  疑惑を認めずには居ら  これまたばからしくて居ら  ようでいて、実は一向に解って居ら  蚊は居ら  顔もして居ら  風はして居ら  歴史に出て居るか居ら  いつまでも見つめて居ら  お隣に住んでいて、じっとして居ら  関心で居ら  自ら政論家をもって居ら  物を着て居ら  斯うして居ら  現はして居ら  猶予して居ら  病人を引き取って居ら  つてランプなしには居ら  庄にも居ら  謁見して居ら  奴も居ら  町に居ら  内地には居ら  気の毒で、見て居ら  延長だと考へて居ら  物狂ひで役人をして居ら  目的として居ら  ことを考へて居ら  興奮せずには居ら  閣下は、どうかして居ら  別府司令官が居ら  眼を着けて居ら  身許詮議などをしちゃあ居ら  三四人しか居ら  發見して居ら  人が居ら  三年も居ら  決意を洩して居ら  帝の居ら  烏も居ら  一体蚊も居ら  蚤も居ら  主張して居ら  抵抗はずに居ら  茶を啜って居ら  傍近くに居ら  師匠は黙ってきいて居ら  工夫ぞと心付いては居るにも居ら  ワアワア泣いてなど居ら  方は熟して居ら  ようには乾いて居ら  名古屋に居ら  ベースウオーター街二十番地に住んで居ら  あいて居ら  発表後報告にも接して居ら  才に富んで居ら  雑言をやめ居ら  罪も犯して居ら  身ぶるいが出ずには居ら  校歌というて居ら  免状を持つて居ら  校歌といふて居ら  六寸しか伸びて居ら  大奥様から秘密を承わって居ら  可哀想で見て居ら  私にはもう見て居ら  申訳を言わずには居ら  存在して居ら  ろしがらずには居ら  気持にならずに居ら  カンジキを穿いて居ら  悸とせずには居ら  から、入ってしばらくでも居ら  二年もくらして居ら  いつまでもさうして居ら  身を寄せて居ら  中にうごめき居ら  明くる日あると思ふと、明けると凝つとして居ら  一日聽いて居ら  にぎやかにやられては、とてもじっとして居ら  林美雲先生などが居ら  所に居ら  馬に跨って通って居ら  かっかっと熱いので、寝ても坐っても居ら  谷山さんの居ら  加味して居ら  いつ迄漬かっても居ら  髪を束ねてしつとりして居ら  何うかして居ら  母様が居ら  者も居ら  半分眠って居ら  己は生きて居ら  それを聞かずに居ら  於いて、戦って居ら  自ら番頭以上を以て居ら  身震をせずには居ら  血液も流れ入って居ら  一言も記し居ら  顔から眼を外らさずには居ら  無尽燈を思ひ出さずには居ら  ことも申しては居ら  事を思わずには居ら  彼女はじっとして居ら  空元気さえもう長く張りつめて居ら  受身許りでは居ら  ひとりで居ら  やうな、ゐても立つても居ら  ような、いても立っても居ら  社長さんと其の話して居ら  月給を頂いて居ら  様で居ら  負んで居ら  奥様に似て居らつしやるでせう、さうして居ら  内々注意して居ら  敵の如く憎んで居ら  苦心焦慮して居ら  恩恵深くて居ら  何か書いて居ら  鼓吹せねばならぬと言うて居ら  今日参って居ら  木曽駒をお持ちになって居ら  駕籠に乗って居ら  交際して居ら  逸見多四郎先生も居ら  気絶して居ら  侍は居ら  紅屋に居ら  思い遊ばして居ら  それを思わずに居ら  心に思うて居ら  ひそかに探し居ら  意識して居ら  音は聞けども聞いて居ら  地位に居ら  実感を以て思い当り、いても立っても居ら  心を恨まずに居ら  同情しないでは居ら  もの、どうして驚かずに居ら  苦笑して居ら  紳士諸君も居ら  大使も居ら  それからオブリアン君も居ら  経を読まされてもだ、それに平然と堪えて居ら  癒っちゃ居ら  煩悶して生きても死んでも居ら  句はまだわかって居ら  将来を恐れて居ら  信用して居ら  つても居られず、立つても居ら  私ゃ居ても、起っても、居ら  筆を持つて打ち案じて居ら  納涼して居ら  なつて暫く泣いて居ら  翁も一寸考えて居ら  首傾けて考えて居ら  者たちをどうして痛おしまずに居ら  私はもう生きても居ら  妖魔に魅入られて居ら  其方を待ち兼ねて居ら  てゐたればこそ、居ら  用を足して居るか、居ら  まり成功して居ら  毎日探して居ら  傍にでも居ら  あなたを恋しがって居ら  登山服着て居ら  屋敷に居ら  ロンドンに居ら  所にも居ら  くりとかけて居ら  ヂツとしても居ら  一切わかって居ら  目を通して居ら  一切わかつて居ら  気持では居ら  存して居ら  独占して居ら  本を読んで居ら  事をやらかして居ら  百日をなぐさめ居ら  解放されて居ら  一言も費して居ら  脚を踏まずには居ら  逍遙博士はまだ生きて居ら  すきになれずには居ら  支持して居ら  事を又更に思わずには居ら  持して居ら  栄を見ないで居ら  耳を傾けずに居ら  汝とても、少しは分つて居ら  気にかかり出して、ゐても立つても居ら  圭一郎が居ら  講義をして居ら  管理して居ら  其現場に駆け付けては居ら  つては、緩くり寝ても居ら  露ばかりも持つて居ら  医術も開けて居ら  銅貨を持つて居ら  十間位しか離れて居ら  色を帯びて居ら  友は居ら  粱稈に居ら  しかに居ら  土間に居ら  落着いて居ら  此処には居ら  シャーシャーとなんぞして居ら  もので居ら  それ自若として居ら  河田は居ても立っても居ら  気を揉んで居ら  劇場も有って居ら  城内には決して居ら  城中には決して居ら  何時迄も笑って居ら  料理ばっかり食べて居ら  大分酔って居ら  岡本に住んで居ら  仕事に従って居ら  三度目は我が居ら  不機嫌そうに言い、しばらく考えて居ら  自慢をして居ら  緊張して居ら  蓆を敷いて居ら  残念でしたと言って居ら  髪を長く伸ばして居ら  厄介にならず活きて居ら  此方に居ら  揃つて口を開けて居ら  村には居ら  ところに居ら  ひけ目も感ぜずに居ら  父上は、まだ帰って居ら  何を思って居ら  ことを話して居ら  涙を流さずに居ら  浜名湖に行くと云って居ら  根に持って居ら  神経的に動かして居ら  狂人扱いをされて、黙って居ら  静養して居ら  黙想して居ら  京城とやらに居ら  経営して居ら  私はいても立っても居ら  百花楼に居ら  過重して居ら  誰よりも、或は優れて居ら  院躬ら其を知り過ぎて居ら  何等参与して居ら  時代とは考へられて居ら  準備をして居ら  質を備えて居ら  熊谷さんが言って居ら  禮を申さずには居ら  看護婦をして居ら  タイピストをして居ら  二三度太息をついて居ら  開業して居ら  触診しながら、見つめて居ら  腫物だと思って居ら  病室にはいって居ら  大方は察して居ら  北君、居ら  のが待って居ら  のが待遠しくて、ほんとに釣れるまで待って居ら  凭つても居ら  ウヰスキーを飲まずには居ら  庵を結んで居ら  康頼でも、やはり居ら  自分の信じても居ら  ぢくつて居ら  喰べずとも生きて居ら  友達とでも行かなくっちゃあ居ら  けらかんとしても居ら  彼那小人が居ら  五つと書いて居ら  ものであると信じて居ら  二階に居ら  怯じて居ら  後入唐をして居ら  本を書いて居ら  ものを擧げて居ら  のを引いて居ら  病を擧げて居ら  講究して居ら  教授をして居ら  明かに使つては居ら  大師が受けて居ら  ことを書いて居ら  茨木猪之吉氏も居ら  ウエストン夫妻も居ら  耳を傾けて聴いて居ら  素志を持つて居ら  拘束されて居ら  湯が沸いて居ら  天窓から嘗めて居ら  窘んだといふて立つて居ら  別に気に懸けては居ら  働手、かうしては居ら  筆を持って居ら  材料も、あつかって居ら  思想をもって居ら  作家の居ら  両氏が居ら  外国のものも沢山こなして居ら  神経を持って居ら  お前によく似て居ら  どこにも居ら  牛馬は居ら  我国には居ら  決心をして居ら  眼付をしては居ら  批判して居ら  嵎夷に居ら  上にも忘れては居ら  和尚様の突いて居ら  お金博士、なぜ黙って居ら  さなどは又一向通じて居ら  あと千四五百をあまして、出かけようとして居ら  入ろうなどいって居ら  上に立てられて居ら  気で居ら  前に浮んで来て、いても立っても居ら  代りに働いて、どうにか居ら  師団に居ら  何処を見るともなく睨んで居ら  何でも呪って居ら  其方を見て居ら  兄さんの乗って居ら  彼様に立って居ら  明かにされて居ら  半分は居ら  現実生活をあやつって居ら  手紙を書かずに居ら  癖になって居ら  可哀想にくすんで居ら  住まいにずっと居ら  国に居ら  知して居ら  倉内君の居ら  左手に居ら  邸に見えて居ら  子供さんが居ら  無頓着で居ら  結果のみを考へて居ら  部曲民を含んで居ら  通曉して居ら  母様も堪えて黙って居ら  弟やらを抱えて居ら  ちゃんと時を知って居ら  相模屋に居ら  梅林へ行って居ら  一ばんうまいと言って居ら  某を、もう嫌って居ら  遺憾なく備えて居ら  滞在なされて居ら  以前からお計らい下されて居ら  智謀すぐれて居ら  ことは致して居ら  時死んで居ら  彼女は立っても居ても居ら  それを察して居ら  影だに止めて居ら  門番は固より居ら  登場して居ら  理解を持つて居ら  ひとりも居ら  態度で生きて居ら  理想を持って居ら  其真相を知り居ら  文学運動だけに止まつて居ら  天を仰がずには居ら  安易さを以てひっそりと打眺めて居ら  青島に居ら  違背しようとはして居ら  何うしても坐って居ら  ものは居ら  家内どもは居ら  大名の居ら  家臣団も居ら  事件を嗅ぎつけて居ら  内縁関係を結んで居ら  夜食をやって居ら  帝国ホテルに居ら  止宿人は居ら  アパートに居ら  ものと信じて居ら  ひとは知って居ら  しかと覚えて居ら  とこ被をして居ら  何をなさって居ら  許に居ら  生田花世さんも居ら  うちにも凛として居ら  何処にも居ら  腹の中に居ら  野心を持っていない、と叱って居ら  世間から馬鹿にされまいと思って努めて居ら  うつむいて泣いて居ら  ここには居ら  談笑して居ら  演習だからして居ら  所有して居ら  頭に残って居ら  上で落ち着いては居ら  うじッとして居ら  事でもを強く感じて居ら  人が生きて居ら  自由で居ら  間おぼえて居ら  一寸でもおぼえて居ら  忠臣で居ら  玄関にかなり立って居ら  生地にも居ら  講師をして居ら  レアリズムに認めて居ら  資格で居ら  皇命として居ら  纏きつけておいて、常に離さないで暮して、こんなにこがれないで居ら  丸刈にして居ら  感心して居ら  琵琶記とを間違え居ら  情熱を包んで居ら  才能を持つて居ら  五七調にそろひ居ら  此称呼を負うて居ら  くにぬしに持つて居ら  もとはそうはっきりとして居ら  感情をも動かし居ら  時間などきまって居ら  嘲笑して居ら  銀行に居ら  楽みもなく暮らして居ら  裡に保ち続けて居ら  青年で居ら  浴して居ら  見出し、或は見出そうと仕て居ら  名を書き留めて居ら  ひまには覗いて居ら  勉強して居ら  気がふれては居ら  御主人も居ら  指環をして居ら  蒐集して居ら  性格をもって居ら  趣味をもって居ら  著書も持って居ら  永年糖尿病をもって居ら  いくつか集めて居ら  咳こみに苦しんで居ら  うごきを、知って居ら  袴ときめて居ら  一緒には居ら  話頭を向けずには居ら  偉人押川方義氏が居ら  傍ら鶏を飼って居ら  庭に居ら  目にして立つて居ら  役所へつとめて居ら  朝夕縫物にいそしんで居ら  お父さんがついて居ら  やうにして立つて居ら  土神はもう居ても立っても居ら  そちらに居ら  同居し居ら  誰か居ら  一文も借りて居ら  七日も生きて居ら  行つて居て居ら  側について居ら  いつまで川水を汲むでばかりも居ら  ひとりで楽しんで居ら  聖職を持つて居ら  發行して居ら  とつて居ら  ことを、再びきいてみずには居ら  誰かついて居ら  いまは、はにかんでばかりも居ら  仕事屋さんで居ら  血こそつながつて居ら  母親にや、但し余り似ても居ら  不自由は致し居ら  震へ居ら  里にも居ら  道も通うて居ら  水面に居ら  氷上に居ら  つもりで居ら  言ふことはきいて居ら  ことを申して居ら  歎かはしいと常に申して居ら  指折り數へて待つて居ら  めて共に居ら  恐怖を感ぜずには居ら  努力して居ら  なつて居ら  一しよには居ら  一しょには居ら  寐ても居ら  あそこに居ら  両親はもう居ら  垣間見をも許されて居ら  引籠つてばかり居ら  輪郭は整って居ら  眠りを続けて居ら  一緒にさへ居ら  そりどこぞに、貢いででも居ら  涙見せずに居ら  半日でもそうして居ら  村に居られなくなりや居ら  お方が居ら  ものを持って居ら  一部を表して居ら  襷を持って居ら  九郎助は立っても坐っても居ら  輩一切夜分は居ら  謙遜でなければ居ら  悟りが開けて居るか居ら  坐りになって居ら  つくりになって居ら  お方は、まるで、ずば抜けて違って居ら  にこにこ笑って居ら  身動きもせず坐って居ら  ばつかし来て居ら  頃京大に居ら  幸田博士も言って居ら  一日机にとりついて居ら  二人泊って居ら  囚はれて居ら  苦情も持つて居ら  先生も、そう言って居ら  夫人の居ら  居度いと思っても、黙っては居ら  米国に居ら  茲に居ら  口外せずには居ら  鳥巣庵へも帰って居ら  知らぬ顔で居ら  待遇などが仕て居ら  居間へ行っても居ら  虎井夫人さえも居ら  読者が知って居ら  一点も持って居ら  更グズグズは仕て居ら  先ア活きて居ら  此の世に居ら  仆れもせずに立って居ら  職業では用いずに居ら  事を感じずには居ら  孤独を感ぜずには居ら  心は若すぎると思わずには居ら  感じがしないでは居ら  今度いつしよに居ら  新聞社に勤めて居ら  ように書いて居ら  宮内氏も書いて居ら  令を下して居ら  あすこにや居ら  食ひ欠いで居ら  我も持て居ら  中にじっとして居ら  やつて、喜んで居ら  それをやって居ら  喫んで居ら  一度位しか出掛けて居ら  輸入して居ら  施行されて居ら  宮殿を有して居ら  整して居ら  暫時じいっと考え込んで居ら  奥書院に居ら  あすこに居ら  ちやあ居ら  主人は立っても居ら  哀れや分って居ら  大事にして居ら  身を諦めて居ら  ぎよくはござれど狭い、小さい、見て居ら  黙然として居ら  眼などが開いて居ら  うっかりとして居ら  生涯つつましく暮して居ら  ことを信じて居ら  うしては居ら  按摩が尋ねて来たら、堅く居ら  不精から買い出しをいやがって居ら  瞳は居ら  思いも掛けて居ら  先生が生きて居ら  他事を考えて居ら  心を引かれて居ら  気をとられて居ら  教授室に居ら  徴候はあらわれて居ら  状態を続けて居ら  歩き喋り考えて居ら  ままで居ら  一本松にも居ら  辺には居ら  此處に居ら  気象を持つて居ら  お方はいつもゆつたりして居ら  奥にひきこもつて居ら  退屈の思ひをなさつて居ら  つて一日打ち興じて居ら  さうに微笑んで居ら  耳を傾けて居ら  しんから尊敬して居ら  将軍家にお仕へ申して居ら  ひいきになさつて居ら  あらたまつて御礼を申して居ら  にこにこ笑つて眺めて居ら  げに眺めて居ら  んとして居ら  ただ目を丸くして居ら  御書見なされて居ら  調べなされて居ら  光を発して居ら  たへて居ら  床につかれて居ら  顔を見つめて居ら  京都に居ら  蓮胤と申して居ら  方を見廻したりなどして居ら  態度も堂々として居ら  頭は禿げて居ら  呟やかれて居ら  きよとんとなされて居ら  右大将さまにもまさつて居ら  読誦なされて居ら  朝夕怠らずお仕へ申して居ら  頬に走らせて居ら  控へて居ら  慎重に正しくいつくしんで居ら  厳粛のお心づかひをなさつて居ら  将軍家はいつもかうして遊び呆けて居ら  和田左衛門尉さまの居ら  笑ひさせて居ら  のいて居ら  巍然燦然と聳えて居ら  寄寓して居ら  武州時房さまも居ら  首座に居ら  つてうなだれて居ら  顔をなさつて居ら  屋敷に移り住んで居ら  ためぶらぶら歩いて居ら  日頃、念じて居ら  手助けをなされて居ら  大臣が居ら  加担して居ら  揃つて武勇には勝れて居ら  呆然として居ら  心にかけて居ら  心が、わかつて居ら  ひとりで呟いて居ら  お気が立つて居ら  坂を越して居ら  やうに覚えて居ら  首肯なされて居ら  しんから恐縮し切つて居ら  先登かけて居ら  はつて居ら  遊び暮して居ら  お歌もしつかりして居ら  心淋しく存じて居ら  事ばかり御案じなされて居ら  眉をひそめて居ら  享楽をなさつて居ら  伺候して居ら  首を傾けて居ら  そこに居ら  身をやつして居ら  心をくだかれて居ら  満足して居ら  当時こそひどく落ちぶれて居ら  首を振つて、しきりに興じて居ら  大がかりのものくらゐに考へて居ら  学問をなさつて居ら  つて首肯いて居ら  鬱々として居ら  思召しなされて居ら  反対なされて居ら  祖母さまになり切つて居ら  問ひかけて居ら  新年を待ちこがれて居ら  刑事責任を負わしては居ら  當時に生れ居ら  證據が見出されて居ら  あちこち繰ってしらべて居ら  一日一日を送って居ら  様子が見えず、かえって打ちしおれて居ら  東洋人であると、しらばくれて居ら  小田島は尚更じっとして居ら  フランスには居ら  材料を持って居ら  主人とは思ひ居ら  一枝も咲き居ら  共同に達し居ら  啓示されては居ら  人は居ら  読者諸君のよく知って居ら  始めから思わずに居ら  捉へて居ら  此処に居ら  今何をして居ら  事を書いて居ら  づ意識的目的を有して居ら  事を少しも論じて居ら  特に論じて居ら  鑑賞心をもって居ら  寵愛遊ばされ居ら  諦らめても居ら  特色づけて居ら  車を降りて立ち居ら  藩には居ら  読心術を心得て居ら  生活を振返って考えずには居ら  小説をよく書いて居ら  検事をして居ら  有様を知って居ら  土地にも居ら  死人は居ら  お金をそんなに持つて居ら  幾も居ら  嬌態を作って、こう云わないでは居ら  倉蔵は居ら  日輪に向かいて居ら  此方もまアかうして居ら  之を認めて居ら  三年間病臥して居ら  呼吸して居ら  スヤスヤと眠って居ら  左右に振り続けて居ら  何か云うて居ら  昏睡に陥って居ら  一緒に聞いて居ら  所謂ヨボヨボ状態に陥って居ら  生活に陥って居ら  月日を送って居ら  皇太后宮亮林直康氏等が来て居ら  現在生存して居ら  処には居ら  喜多宗家に居ら  位知って居ら  吹聴して居ら  地に居ら  惡口をきいては居ら  名を出して居ら  贊成して居ら  理想を持つて居ら  観想を抱いて居ら  理想にも叶って居ら  決心して被居ら  唇をそらしても居ら  信吾も居ら  手帳に書きとめて居ら  辟易したと云って居ら  册には説いて居ら  境界に居ら  豐太閤に勝つて居ら  堆積して居ら  基本として居ら  擧示されて居ら  自意識に上せて居ら  ことが無いには限らぬと思はずには居ら  ピツタリと相合して居ら  支配しては居ら  しか存して居ら  意識機關を有して居ら  破片しか殘つては居ら  我慢して居ら  粥を啜っても居ら  何か呟き居ら  解決がついて居ら  何週間も生きて居ら  余りよくって被居ら  方では被居ら  酷肖て居ら  心持で居ら  熟達して居ら  敬服して居ら  餘り知られて居ら  長をして居ら  推奬して居ら  尤も承知して居ら  當時上海に居ら  勢力をもつて居ら  出入して居ら  多くもつて居ら  奉職して居ら  にしもいほりし居ら  へんおどろいて居ら  感心もして居ら  支那語で言って居ら  趣味を有して居ら  づねて身をつつしみ居ら  人おもひ居ら  襲ねて居ら  眼を開いて居ら  重要視されて居ら  人をよくしてばかりも居ら  物が書いて居ら  せいで居ら  お節は、困らないで居ら  金をつかっても居ら  女子に病んで居ら  鬼ばかりは居ら  一寸も入って居ら  気がして、居ても立っても居ら  一行半句も出て居ら  滯在して居ら  舌を出して居ら  先輩で居ら  上屋敷に居ら  若殿が居ら  江戸詰をして居ら  等級も知って居ら  君侯の居ら  江戸に居ら  滞在して居ら  藩邸に居ら  政務を論じ居ら  事を知って居ら  教授して居ら  着席して居ら  公使を久しく勤めて居ら  是正もして居ら  人々も加わって居ら  最近病臥して居ら  行つたものは居ら  気持ちを失はないで居ら  当初から覚悟して居ら  域にすらも達して居ら  それは似て居ら  意味において、しつくり、むかひあうては居ら  つくりと、むかひあうては居ら  用ゐられて居ら  何も出て居ら  一枚も残って居ら  此如來を信ぜずしては生きても居ら  宣教師も居ら  甲斐絹問屋につとめて居ら  暴悪神として居ら  ズーズーでやって居ら  ものの自ぼれて居ら  それこそ立っても居ても居ら  違いないであろうと思うと、立っても居ても居ら  顏をして居ら  十八人も居ら  序文を寄せて居ら  と金田一先生わ書いて居ら  ちゃんとこうして生きて居ら  そめにも生き伸びて居ら  明瞭記憶して居ら  見かけしたよりやつれて居ら  柱として居ら  働きをしたいとは土台思って居ら  塵一つ落ちて居ら  医者様が持って居ら  んと怪しまずには居ら  知らん振りをしては居ら  無意味だ、して居ら  真実一致はして居ら  其処までは行って居ら  為て居ら  悲しみに沈んでばかりも居ら  馬鹿らしいと笑っても居ら  あなたが悪くすねて居ら  同情申して居ら  安心して居ら  から可笑しいと申して居ら  何か隠して居ら  たしかに気が狂って居ら  真蒼で、ひどく取乱して居ら  まともには聞いて居ら  勘違いなさって居ら  ひとりで笑って居ら  元気で居ら  姿になって居ら  考えになって居ら  王さまこそ、どうかなさって居ら  嫉妬をなさって居ら  喜びなさって居ら  ひそかにねらって居ら  待ちに待って居ら  ひとりでひがんで、すねて居ら  愛と潔きとに居ら  ちゃんと言葉を持って居ら  中に、固く握って居ら  一人では居ら  不愉快にならずには居ら  士が居ら  さを感じないで居ら  従事して居ら  能く馴れては居ら  父親も居ら  仁右衛門も居ら  成績であると云って居ら  あちらこちらと反して見て居ら  ときからひとり変って居ら  気持なんかで居ら  楽んで居ら  位置には居ら  発表して居ら  私が見て黙って居ら  これはこたえて鳴らずに居ら  到着して居ら  ちゃんとがんばって居ら  うちを思いやらずに居ら  隨へて居ら  から眼を著けて居ら  ものと解して居ら  採集して居ら  ものだと思わずには居ら  不満を感ぜずに居ら  廿を過ぎて居ら  着物きて居ら  知らない中では無し、黙っても居ら  中にばかり居ら  世人が考へて居ら  記録して居ら  子規居士時代から俳句を詠んで居ら  福田井村氏が居ら  芋銭先生が居ら  短冊を持つて居ら  芋銭先生はほめて居ら  のか、居ら  養父母は居ら  息女万姫君を妻せ居ら  敬服しないでは居ら  力には、うたれないでは居ら  終つてシビレを切らして居ら  中川君が待つて居ら  わたしも生きては居ら  マダムが居ら  親方立聞して居ら  鬱憤を洩さず知らさず居ら  黒河内警視総監が居ら  ために行って居ら  意味をなして居ら  はずみを打って居ら  万人とも好かずには居ら  むっつりとして居ら  不承知か、ええ情ない、黙って居ら  親方立聞きして居ら  いつまで怒ってばかりも居ら  父様はまだ寝て居ら  欝憤を洩らさず知らさず居ら  胸がしくしく痛んでいても起っても居ら  妾が居ら  臥て居ら  暴風雨にそうして居ら  目に見ねばこそ威張って居ら  汝はそれでも生きて居ら  深入りしすぎて居ら  径路を示して居ら  第一義に置いてばかりも居ら  岬に立つて居ら  暦を持つて居ら  不安状態に居ら  是国に居ら  お側にさへ居ら  内地にも居ら  内科教授をして居ら  平生に復して居ら  前に座ったっ切りで居ら  目をこらえて居ら  それで生きて居ら  反感を持たずには居ら  家にお委せなすって居ら  関は疑わずには居ら  守山に居ら  鳴海に居ら  国府に居ら  論文をも見て居ら  一定し居ら  整然として居ら  行をしては居ら  云ふて居ら  心が乱れて居ら  執念くさまよい居ら  成功して居ら  のを見ては居ら  二人か居ら  一人しか居ら  処女で居ら  うつかりして居ら  鶴吉は居ても立つても居ら  邸には居ら  一刻も居ら  量をちやんと保つて居ら  關心で居ら  編輯をして居ら  私にとっては腹一杯食べずには居ら  家屋を買い取って、住んで居ら  ものを用いて居ら  述懐して居ら  不思議に思はれて居ら  來なくても居ら  ものだと信じて居ら  若王子にも居ら  八百三に永く居ら  儒者が居ら  二人位ずつ居ら  旗本の住んで居ら  一着持って居ら  顔を見せて居ら  そこにも居ら  なにをやって居ら  自分が居ら  ことを考えては被居ら  祝福せずには居ら  事を云って居ら  点には一応触れて居ら  事を考えて見ないでは居ら  編纂なされて居ら  とき、たいへん疲れて居ら  かいこと亡者が居ら  ところまでに達して居ら  素養を持つては居ら  意見を持て居ら  素養も持つて居ら  親んで居ら  先生の持つて居ら  明確に認めて居ら  おつきあひをして居ら  經て居ら  此懷疑的傾向すらも含んで居ら  今までそんなに心掛けて居ら  一つも居ら  それは居ら  厭がって居ら  目なども大きく見開いて居ら  



前後の言葉をピックアップ
オヨリデキヌ  およる  およろ  及ん  およん  折ら  織ら  おら  おら  オライオン


動詞をランダムでピックアップ
すいとら言祝ぎ寄りつこ嘉する帰ら攫わ突き通せ擦りむくひろがろ打ち解けよ混ぜっかえすひきこもっ徹り一皮むける噎ばつっぱしる這い出で歩み寄り掛合っ買わせ
形容詞をランダムでピックアップ
たゆくそこはかとなき軽し姦しき騒がしく嬉しき物恐ろし繁くあどけなかっ猛だけしいかるい憎く見にくから床し騒がしけれにくけれ名高かっ心もとなかっ甚だしきたらしく