「尼」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
尼になろうとなすった  尼の姿になって出て来て  尼に成ってしまうと仰し  尼に成った  尼にでも成つた  尼からのぞいた  尼も法然の教えに帰していたが  尼が法然の処に来て申す  尼があった  尼が本国へ帰り下る  尼としてフランシスとクララのごとくに暮らしても  尼になる  尼になんぞなろうと思し召す  尼になんぞなりはしないから  尼になっても  尼の悟りに入つた和泉式部に心安く話かけてゆくので  尼になれという  尼になれる  尼になった  尼は爐を掻いたり  尼の姿あり  尼がその函のことを云っている  尼は面白そうに微笑して  尼が通ってゆく  尼がいた  尼になりたいと云う  尼になりたいとおっしゃっても  尼になるより  尼のような御顔をなすっていらっしゃるから  尼にでもなったら  尼になったって  尼になったという  尼の生活をする  尼が建立した  尼が来り弔って  尼になりて  尼になるべき  尼になるの  尼の願いいと  尼の願いを許すか  尼になるには  尼となられぬ  尼の住みたる  尼住みおり  尼になるべく思いたり  尼の願いを起し  尼は皆目眼も呉れず  尼は顔じゅう真赤にして  尼の泣声がきこえた  尼の顔の上の脂が彼の指先に粘りついた  尼の面の皮にこすられて  尼になやまされて  尼の顔が脂漲っていなかったら  尼の顔に覆面が掛っていたら  尼は見つけていた  尼は阿Qの懐ろをさした  尼は念仏を申した  尼が狗をけしかけやせぬかと思ったから  尼は呆れ返っていた  尼は眼のふちを赤くしながら言った  尼は彼の出鼻をへし折って  尼が邪魔をしたので  尼を満州政府と見  尼は彼等が帰った  尼に見せかけようというので  尼つちよだつたその抱き馴れねえ  尼つ子がふりけ  尼の身の上で居る  尼になり  尼の死骸が有ると云うので  尼がある  尼が教わるという  尼の姿に扮して  尼を見捨てて  尼が二人向うから来た  尼は目を隠さうとした  尼が初春の料の餅をおくつたと見えて  尼となり  尼ごぜんをみたてまつるとを  尼がよくあたり  尼に成ったと云い  尼となって  尼にならねばならぬと考えた  尼になっている  尼は離別しても出て行く  尼にせぬ  尼になるが  尼は此の女をかわいそうに思って  尼かなんぞいるらしいけ  尼のいる  尼のもとに泊る  尼はいくぶん躊躇しながらも  尼はその女のもとに菓子などを持って来ながら  尼は女のところに来ると  尼はことさらに歎息する  尼にその話をはじめて切り出された  尼は郡司の息子をその女のもとへ忍ばせてやった  尼とが夫婦になっていた  尼が祥蓮の地獄に堕ちた  尼を妻とするは  尼になりたい  尼が崎の間だで非常に草臥れ  尼にでも見る  尼が守っている  尼すむ寺は訪はざりしくさぐさの色ある  尼が出て  尼も出て  尼もいかにも喜ばしさうな感激した  尼はそこに冷たい清水を持つて  尼の手から茶椀を取つて  尼と窕子とが歌の話を始め出した  尼の方が歌を書いて見せると  尼の顏をじつと見詰めた  尼の言葉も丁寧に改められて  尼の方に目を遣らずにはゐられなかつた  尼は頭を強く振  尼は説明した  尼のおつとめもすんで  尼の顏を眺めた  尼は一つ一つ珠數を數へながら段々話し出す  尼は話した  尼は念珠を手まさぐりつ  尼の戀愛のことも不思議にもそれに引く  尼の生活に入ってゆこうとしている  尼になってゆくしか生きる  尼の入水を語った  尼になつた事が聞えた  尼になつてアグニアと呼ばれてゐる  尼となった  尼の生涯の方が詩趣もある  尼は清い童貞の一生を送ったと伝えられる  尼は無念無想で経を読んでいられたであろうか  尼は甘い酒のほかに何物をも与えたくは  尼も塩竈街道に植えられて  尼の詠み  尼の名を負わせて  尼が来たり弔って  尼とびいりて抱へ出し  尼に近衛の花の盛り聞く  尼となつて仏事に入り  尼そぎ艶なる  尼とも見える  尼の手をとって  尼はすぐ眼元にやさしい笑みをたたえ  尼と顔を見あわせて  尼にもならない  尼にでもなれ  尼になれだとさ  尼に近衛の花のさかりきく  尼をおやりくださいませ  尼はいそいで  尼の面が驚きに冴えたので  尼の返辞を待ちおりまする  尼へ話しかける  尼の面をじいっと見すえた  尼を退がらせ  尼までほっとして  尼に会いたいと  尼は乳のあたりで痛く感じた  尼も覚一も見えなかった  尼にはちょッと解せない  尼はまぶしげな睫毛をした  尼になろう  尼が来たという  尼となる  尼の住んでいる  尼が燈外庵の庵を出ようとすると  尼は若い尼の耳に口をつけて  尼は池の傍に立って  尼は手を振って  尼が送り届けられているという  尼の姿をしていた  尼の想像ではございますが  尼にしても  尼に寄り添って  尼は覚一を連れて  尼しかいない  尼は眼に見た  尼と覚一には思われた  尼ながら品位のある  尼は覚一を見て  尼もある  尼に成る  尼には未だなっていない  尼もあまり流行りません  尼になるよりはと  尼や雑人たちの中に交じって  尼になろうかな  尼になるほどなら  尼に抱かれて  尼がたずねた  尼も寄りそって来ていた  尼の顔をさがして言った  尼は言った  尼も薄々は知っていた  尼にも唐突に思われたし  尼の仮名文は彼女の力ではいつも判読に骨が折れて  尼となりにけり鏡の下の刷毛をとり  尼の白雪降れる  尼を野守の鏡いく  尼がどうしてただ一人で来られたかと  尼へ床几を与えよ  尼は一礼して  尼が相拍子をつかまつりましょうほどに  尼とは思ったが  尼とはおのずから落ちつきも違っていた  尼は覚一の手をひいて退がってゆき  尼へことばを向けかえた  尼なので色恋などでなくいたわってやった  尼が立つてゐた  尼は僕の部屋へはひり  尼の顏をまじまじと眺めた  尼の手を見てゐた  尼は語りはじめた  尼は僕の部屋から出ていつた  尼は少しあわてふためいた  尼は珠數とお經の本とを蒲團のしたへそつとおしこんでから  尼は眠つたままでにこにこ笑つてゐた  尼はにこにこ笑ひつづけた  尼は小さくなり  尼の形になつてからのお玉が驚かれた  尼が住んでいる  尼の死骸は六畳の間に横たえられて  尼が大切にしている  尼は白い麻の法衣を着て横たわっていた  尼と女髪結とのあいだに色情問題の葛藤が起ったらしい  尼と女髪結とを両手にあやなして  尼がこの寺内にいる  尼などの食いものになった  尼じゃアあるまいし  尼の門に髪をおろしてしまう  尼の話だけにとどめておく  尼は公式の使で円覚寺の壇へ参礼した  尼を待った  尼の機鋒の鋭さを知っているので  尼に振られていた  尼の前へ立ちふさがったと思うと  尼に恋した  尼の寝床に這いこんで  尼という尼もある  尼が言った  尼もまた同じようにして  尼は口籠って  尼が一心に前面の人を見ている  尼が叫びました  尼が呼んだ  尼に縋られた  尼にされた  尼を介抱している  尼の面をよく見たが  尼がかけて来ました  尼にして  尼が一人はいって来た  尼を真ん中にして  尼は云い捨てて立ち去った  尼などともいって  尼が京都へ出てきた  尼が巡遊したと伝うる  尼が若狭から遣ってきて  尼になれるっていう  尼になりてえだの  尼はいうまでも  尼は不良の夫をいさめて  尼になって  尼の奴め驚いて  尼は初めて気が着いたらしく  尼も天王寺の庵室にジッとしてはいられず  尼を連れて  尼はまたこの広い世界へ棄てられた  尼の帰った  尼がお対手して  尼の話した  尼の口が過ぎる  尼も希有なと思うとる  尼の膝に抱きついた  尼の手につれて  尼が畜生道に堕ちる  尼に慇懃な口調で云った  尼はこういった  尼は尼だけにあっさりしている  尼は畳の上にうつ伏せになって死んでいたという  尼となってしまった  尼なんかにもなります  尼になどして  尼にはならずに  尼も起き上がっていた  尼になりました  尼になってしまわれたから  尼になっていながら  尼になって住んでいる  尼になったりなどした  尼の息子の僧が尊い声で経を読む  尼はただの尼とは見えない  尼になりまして  尼などを見ると  尼になったからである  尼の生活にはいる  尼におなりになっては  尼におなりになった  尼におなりになって  尼にでも自分はなろう  尼になってしまった  尼におなりになったって  尼になりたいとも願って  尼の若かりし  尼になろうとしています  尼はうれしさのあまりに病室へ来ては  尼は死んだかもしれないから  尼とが目だたぬ  尼になります  尼にさせようかとも  尼になりたいと  尼になってしまわれた  尼になろうという  尼に変えさせる  尼にあそばしてくださいませ  尼にさせてしまうとしても  尼になどなる  尼の気持ちになって  尼にさせて  尼になったが  尼になると言いだしたが  尼になったと  尼におなりになる  尼になりたいとばかり考えて  尼にでもなって  尼になってしまう  尼にする  尼になるという  尼が聞き耳を立てました  尼の問う  尼さえも知っている  尼も安心したらしく  尼の口早に話した  尼におなりになったという  尼にもならず  尼になっていた  尼になるまでの  尼にさせなかった  尼は子供が母を恋しがって泣く  尼の心境とはあまりにも相違した  尼になろうとしたではないか  尼をうらやましくばかり思っております  尼に逢いたいと言うと  尼のお勤めをするだけの  尼にしていた  尼にも贈った  尼へあなたから御承諾になるならぬを  尼の所へ人をやって  尼が言うと  尼が何か言う  尼は答えた  尼からお言わせになりましてございます  尼にさせる  尼にさせようかなどとも思って  尼の室のほうへ来た  尼は悲しがって見た  尼は几帳で姿を包んでいた  尼はこの役を勤める  尼としてあった  尼の供をして来た  尼は袖を絞るほどにも  尼が調じて出した  尼へ伝えた  尼のめんどうを大将は見てやっていると聞いたが  尼のほうにもにわかに物忌になって出かけぬという  尼も呼びにやった  尼のこの言葉を常陸夫人は喜ばなかった  尼は笑って  尼に話す  尼なども姫君の遺骸のなくなっていた  尼と拾った  尼が二人乗り  尼にしてくださいませ  尼という人は琵琶を弾いて  尼の袴を作りなれた  尼の普通に異なった  尼に姫君の所へ持たせてやった  尼を呼び出して  尼はそばの者に聞き返して  尼の所でうつ伏しになっている  尼の所へ行き  尼の戒を受けさせて  尼の戒を授ける  尼に座敷でのことを報告した  尼は包んで  尼の服で包む  尼の所へ立ち寄りますと  尼にしました  尼などに話しているかもしれません  尼に求めた  尼にさせてしまった  尼になったとか  尼の年若なのを呼んで  尼になすった  尼にはさせなかった  尼の家を訪ねる  尼の戒を授けられたという  尼が初瀬寺に願がございまして  尼が旅疲れで発病いたしまして  尼はどうしてもこの方の命を助けたいと騒ぎ出しました  尼はそれをとめましたので  尼の身に自分はしてしまったと  尼という変わった  尼も出れば  尼の心に成つて居ますと  尼の頭に魔がさしました  尼は全く立ちすくみました  尼が言葉を返しますと  尼はいよいよ気になりました  尼がお給仕に立つと  尼になんかなってはいけない  尼の生活に感じている  尼は当時京都に集まる  尼に泣かれけり  尼の手づくりの花瓶を持っていますが  尼の生活のまざまざと滲み出ている  尼にでもなるという  尼もまだ両手もあり  尼に化けていて  尼のかいた  尼も僕の足音に初めて気がついたらしく  尼はほほえみながら言った  尼に対して丁寧に頭を下げた  尼は何もかも知っている  尼を置き去りにして行く  尼が路を譲ってくれる  尼を尊敬して  尼に対しては一種の敬意と懐かし味とをもっている  尼はきょうも隣り  尼はしずかに歩きながら  尼の顔も唯うす白く見えるばかりであった  尼は僕のそばをついと離れて  尼はしばらく尊像を伏し拝んでいた  尼は僕という路連れのある  尼と別れた  尼の身の上を少しく説明しておく  尼のところへからかいにいくと  尼に対する村の信仰はいよいよ強められた  尼がこの村に足を入れた  尼は言い知れない  尼が村じゅうを勧化して  尼は一人でその小さい堂を守って  尼は地蔵さまを信仰する  尼が托鉢に来る  尼に対して格別に強い信仰も持っていなかった  尼は毎日托鉢に出て  尼の顔をみると  尼に対して更に一種不思議な噂が伝えられた  尼が石地蔵に取っ付くという  尼に対する諸人の信仰も尊敬もだんだんに薄れて来た  尼が托鉢の鉦を鳴らして来ても  尼をどう見ていたか知らないが  尼が石地蔵に取り縋りに来る  尼の怪しい行動を見つけたという  尼をうたがい過ごした  尼の托鉢はかなりに重くなるらしかった  尼に対する村人の信仰がだんだんよみがえって来ると  尼の顔容のだんだんにやつれて来る  尼を迫害した  尼の顔色の衰えはいよいよ目立って来て  尼が托鉢に来た  尼はそれを否認して  尼は死んだ  尼の死を深くいたむと  尼が犬に咬み殺されたという  尼の堂を襲いに行った  尼の倒れていた  尼の死体の傍らに重太郎の煙管が落ちていた  尼の堂を襲おうとした  尼に出逢った  尼の徳操を汚した  尼は白い着物をきて  尼が夜ふけに地蔵さまの近所をさまよっている  尼が一体何をしているかを見とどけようとして  尼はそんなことに気が付かないらしく  尼は安らかに眠られないので  尼は容易にそこを立ち去らなかった  尼はやがて立ち停まって  尼は両手を大きくひろげて  尼のからだは吸い着いた  尼は石をかかえた  尼は何者かをあさる  尼は弱い声で訊いた  尼は更に摺り寄って来て  尼はかさねて  尼はやはりそこにたたずんで  尼の行動に対するかれ  尼が夜ふけに地蔵さまのほとりをふらふら徘徊している  尼が一度その信用をおとしてしまった  尼がその当夜そんな怪しい行動を演じていたという  尼に対する新しい疑惑が再び起こって来た  尼に対する一種の疑惑が又もや強い力をもって  尼の死体を発掘してみようという  尼に対する疑いはいよいよ深くなった  尼を信仰していた  尼が地蔵さまの絵姿をたくさん持っていた  尼は信仰に凝り固まって  尼はどうして死んだ  尼を殺し  尼の死ぬ  尼に関係した  尼は石の仏をかかえて  尼は自分の秘密を覚られた  尼は無論に拒んだ  尼は怪しい死を遂げた  尼を殺した  尼はその地蔵さまに惚れている  尼が地蔵さまに恋していた  尼が犬をなぜ嫌ったか  尼の新しい墓を狸が掘ったとかいう  尼となりて  尼より受け取り  尼にさせた  尼のからだを引き起して  尼と出会う  尼の被物に極まっている  尼の歌がある  尼の歌に答えた  尼の庵も見  尼は修道院を脱け出して  尼そぎ程に頸の辺りで切放してある  尼になって参ります  尼となりゐたりといひ  尼が真実に現世を捨離して  尼は最初の狂熱が醒めた  尼が観音を愛慕する  尼の一面が現われているかも知れない  尼が轆轤車に乗せられ  尼は吠える  尼は叫び出した  尼はまたもや叫び出した  尼の背中をくらわせた  尼は怯まず叫びつづける  尼の肩の上を革の鞭が撲った  尼の叫びと車の軋り  尼を乗せた  尼が燔刑に処せられた  尼はこころしづかに夕の祈祷をささげすぎし  尼ぼとけの  尼の一団が足並みを揃え  尼が走って行く  尼とせん  

~ 尼[名詞]1
様をかえて尼に  あべこべに尼の  剃髪して尼に  心でさえ尼に  聖如房という尼も  一人の尼が  妙真という尼が  年頃同宿の尼が  僧と尼として  私は尼になんぞ  今は尼の  お前に尼に  ちやくれた尼  看護の尼は  看護の尼の  僕は尼が  螺が尼に  ひとりの尼が  事情で尼に  一口に尼に  私は尼に  自分が尼に  ほんとうの尼の  母政子の尼が  母の尼が  園が尼に  園が尼の  里方が尼の  日彼は尼に  昔信心堅固の尼の  一人の尼  絶処を越えても尼に  哀れにも尼の  方で尼の  指先が尼の  凡ての尼は  婆の尼は  老いたる尼が  彼等は尼を  そこらの尼  有髪の尼の  條に尼  私共は尼の  中に尼は  因縁あって尼に  流れに尼の  不思議な尼が  者を尼の  片目の尼を  二人の尼は  在家の尼と  改心して尼に  妻でいて尼に  夫婦関係をつづけながら尼に  貧乏だから尼に  年齢になったから尼に  上を死ぬまで尼に  方法として尼に  頃田舎から上ってきた年老いた尼が  一人の尼かなんぞ  向いの尼の  おばにあたる尼の  僧と尼とが  妻の尼が  時宗に尼を  助けを借りて尼に  行末は尼に  西の宮と尼が  世紀の尼にでも  山叔母の尼  方の尼も  庵の尼  幻滅として尼に  二位の尼の  マスコフキナ夫人は尼に  今では尼にな  西御門なる尼が  娘は尼に  人が尼の  二の尼に  暮笛集では尼が  上品な尼とも  母の尼の  これを聞いても尼にも  お母さんに尼に  芭蕉二の尼に  尊堂におられる尼の  尼自身は忘れている尼の  無口な尼へ  母の尼に  家をでて尼に  姫の尼と  ほとりの尼は  船頭は尼の  子をつれた尼しか  香苞を取り出して焚いている尼も  嫌いな尼には  物売りや尼や  二位の尼に  法均という尼の  上手な尼の  耻しや尼と  ような尼とは  後家の尼とは  さは褪せた尼  小柄な尼で  寢たままで尼の  僕は尼の  聖者も尼も  女も尼にな  善昌という尼が  善昌は尼  善昌という尼は  善昌の尼などの  大阪の尼が  一人の尼の  者で死ぬほど尼に  尼という尼も  のを尼に  襖が開いて尼が  年寄りの尼  年寄りの尼を  子取尼などとも  年齢八百歳という尼が  長寿の尼が  男でも尼に  男の尼に  寺へ入って尼に  未亡人黒田氏が尼にな  引取って養うてくれておった尼を  白山を訪ねた尼の  間淵の尼の  勤行をしておった尼の  それが尼の  発心して尼に  尼は尼だけに  カルメル会の尼と  からだを尼になど  病気をし尼に  ふうに尼に  女房が尼に  主人の尼の  勤めをする尼が  それを読む尼は  未亡人になってから尼に  場合に尼などを  尚侍が尼に  転機にして尼の  お供をして尼に  人生を悟りきった尼に  今は尼  両親に死に別れたら尼にでも  相談をせずに尼に  私をきらって尼に  人は尼に  十分にできる尼に  済松鐘磬済松寺祖心の尼の  形式は尼に  結婚はさせずに尼に  耳をかさないで尼に  思いで尼は  母の尼とが  あなたが尼に  とおりに尼に  尚侍は尼に  姿を尼に  私を尼に  決断して尼に  抗議もあそばされずに尼に  必然的に尼に  心さえ尼に  者が尼に  悲観して尼に  顔にして尼に  髪を切って尼に  盛りに尼に  堂守の尼が  ことに託して尼に  望みどおりに尼に  弁の尼は  弁の尼の  弁の尼を  弁の尼に  弁の尼にも  弁の尼へ  弁の尼が  ただ弁の尼の  弁の尼から  客は尼と  弁の尼  のを聞いていて尼は  もとからいる尼の  弁の尼も  母が尼に  弁の尼なども  奉仕している尼が  少将の尼という  檜皮色の尼の  少将の尼の  少将の尼に  少将の尼を  年のいった尼  あなたに尼の  助けくだすって尼に  母なども尼に  少将の尼は  私が尼に  妹の尼の  手で尼に  妹の尼などに  人を怨んで尼に  下級の尼の  哀れな尼に  日に尼に  皆惜しんで尼には  弟子にしていただいて尼の  妹の尼が  妹の尼は  ような尼の  厠を覗く尼も  修道院や尼の  あとには尼に  落飾して尼に  いずれは尼に  私は尼の  狸が尼に  ままにかの尼を  僕も尼に対しては  僕とならんで行く尼の  僕は尼と  その後も尼は  僕もかの尼の  はかの尼を  その後に尼の  村じゅうを廻っただけでも尼の  直接間接にかの尼を  それを思うと尼が  夜ふけに尼の  巡査は尼の  先年も尼の  夜にも尼に  らは尼が  側では尼の  嫌疑者は尼の  今までにも尼が  直接に尼を  源右衛門は尼の  後に尼は  自身が尼を  疑問は尼と  国には尼に  方は尼  坊主や尼に  主人の尼より  妃を尼に  行いすます尼と  安心じゃというた尼の  腹なる尼の  千手は尼と  髪を尼  わたくしは尼に  世にて尼  心に尼と  三分の一は尼  これらの尼が  うかうかと尼に  種の尼は  天平の尼の  岡本寺の尼が  尼寺上座の尼の  轆轤車は尼を  トラピストの尼は  街道を走って行く尼の  数百の尼が  婢を尼と  剃髪と尼の  

~ 尼[名詞]2
まして尼  この尼  そんな尼  必ず尼  若い尼  もし尼  ほんの尼  その尼  とっくに尼  もう尼  清い尼  かの尼  もとより尼  つい尼  美しい尼  いったん尼  ない尼  ややもすれば尼  ほどなく尼  然尼  小さな尼  小さい尼  なんとか尼  拙尼  何で尼  ぜひ尼  すでに尼  手ずから尼  しいて尼  まだ尼  女らしい尼  いっそ尼  悲しい尼  今さら尼  若き尼  あの尼  決して尼  同時に尼  こんな尼  ある尼  かえって尼  穢い尼  

複合名詞
尼さん  大領沙尼具那以下  亞比西尼亞  亜比西尼亜  尼連河上風  尼連河  尼護法  尼ヶ崎  尼女房達  尼一人  二位尼  尼入道  尼様  尼君  アノ尼様  尼さまン処  尼たち  尼さんみたい  ウルスラン尼院  秀蓮尼庵室  秀蓮尼  すべて秀蓮尼  人物秀蓮尼  息女弥子吟松院冷月居尼  上野殿母尼  尼御前  纒うた尼さん  事尼  女傑野村望東尼  慶尼  尼提  尼院  尼達  貌利太尼西国民  尼ッちょ  尼さんたち  比久尼  尼君達  つた尼さん  マリイ尼  尼様々  麻尼  尼巫子  禅光尼  尼さん達  尼御前たち  後家尼御前  持妙尼  松野殿後家尼御前  持妙尼御前名宛  窪尼あて  佛尼  威尼西亜  荼吉尼  尼衆  乞食尼  トラン尼  加利福尼亜  加利福尼亜湾  修道尼  二人尼  尼さま  摩尼拉海呂宋山  摩尼拉湾  小松智光尼  一山荼吉尼化  荼吉尼法  尼二名  紅蓮尼  女尼  凡僧尼道士女冠  尼山泗水  九尼月見  星布尼  NicholasTrigault金尼閣  妙秀尼  摩尼院  わか尼  尼處  悟つて尼  ばさら尼  草心尼さま  後家尼  草心尼  尼自身  尼前  草心尼母子  きのう草心尼  草心尼どの  荼吉尼天堂  草心尼さ  草心尼たち  尼前さま  草心尼さま母子  曾光尼  野村望東尼  生涯尼  仲尼弟子列伝中  陀祇尼天  乙女尼  尼ヶ崎附近  禅定尼  尼子方  尼長屋  空覚聖尼  尼同様  覚海尼  春渓尼  尼宮様  尼樣  尼更  尼君様  野村望東尼殿  望東尼殿  野村望東尼様  望東尼様  西班尼製  つて尼  馬尼剌  尼御台  一尼  姉妹尼  尼御台さま  尼御台所  内々尼御台所  残つた尼御台さま  母君尼御台所さま  尼竜顔  尼三味線  尼宮大聖寺殿  慧春尼  幼尼  幼尼ひとり  子尼  尼様達  尼此  化尼  覚信尼  ところ太功記十段目尼ヶ崎  尼美人たち  尼美人  尼美人ぶり  尼ヶ崎城  智栄尼  摩尼珠  みんな尼さん  尼ども  尼の  尼巫女  尼刀自  尼婆さん  一尼ら  尼婆  春尼港  尼ヶ崎橋  盤得尼  事実盤得尼  普光尼  その間盤得尼  寂蓮尼  盤得尼全部  寂蓮尼真黒  智凡尼普光尼  盤得尼の  浄善尼  妙栄禅定尼  尼院長みたい  ため尼さん  孫八千足尼  尼君主従  尼用  尼姿  尼女房  アンジェール尼  尼夫人  尼君自身  尼院長  尼装束  尼宮  尼たち二  のち尼  尼額  私自身尼  尼宮の所  則可レ謂二仲尼一乎  三譽妙清信尼  尼君たち  悲しみ尼  以上尼君  尼様たち  尼奥様  尼女房たち  尼姫君  阿仏尼  尼ただ独り  あはれ尼達  尼將軍  仲尼  后摩尼珠  淀屋橋尼ヶ崎町  尼遍路  十尼  過去世婆羅尼斯国  婆羅尼斯  尼上  尼古来教会  尼ずみ寺  谷尼  つて尼はん  清涼尼  仲尼弟子列伝  仲尼篇  足尼一定二賜國造ニ一  尼学校  尼さん女学校  尼校長  尼天狗  大石順教尼  尼振り  順教尼  狸尼一  地蔵尼  蔵尼  いつか地蔵尼  みな地蔵尼  狸尼  尼殺し  禅教尼  ゅうにひとりの尼  尼二人  馬尼拉煙草  尼君一人薄茶  亜剌比亜麻尼  尼ひとり火  尼波羅国  白賞尼  童貞尼  コンスタンツェ尼  此丘尼  妙高尼  衆尼  藤州通善寺尼智首  法銑律師尼戒本一巻及疏二巻  寺僧尼  摩尼  山尼  山尼達  高蔵尼  恵信尼  尼さんがた  尼さん二人  如蔵尼  時尼  



前後の言葉をピックアップ
  編ま  あま  甘酸っぱい  あま  アマ  亜麻  尼将軍  海士  海女


動詞をランダムでピックアップ
心付い煤け祈れる確かめゆるぎ悲しめ叩き込も廻らす留め戦こ使い切っ跳びついおいつめはめよ書入れ申渡すひりつくつっ切り差し掛かれ凹ん
形容詞をランダムでピックアップ
著きおもしろきひろくっ旨う心地よくあたらき腹ぐろい白くっ汚らわしきくかっいさましく潔きまだるっこい硬しほの暗こわしておもうちっちゃかっ