「尺八」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

尺八[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
尺八を吹く  尺八の譜本のようなものが一二冊載っていたが  尺八でも吹いている  尺八吹きの部屋のあり  尺八の趣味があるといい  尺八の手をやめ  尺八も客も忘れて  尺八の穴みなビューッと鳴って  尺八を聞きながら  尺八もその影すらも見かけない  尺八の細音にからんでいる  尺八を携えている  尺八を吹くでも  尺八を持っている  尺八がお好きとみえる  尺八を取って  尺八を取り上げて  尺八の音が静かに訪れてきた  尺八を吹き立てて  尺八を逆しまに持って  尺八や一節切の音がゆかしくもれて聞こえた  尺八をながしてあるく  尺八を吹けば  尺八で追分吹くや  尺八までが添えてあった  尺八の音の聞えたる  尺八の符本にある  尺八を元に戻し  尺八のことを思いだした  尺八がかかっていましたね  尺八を吹いていた  尺八のことを調べてみると  尺八を取りに  尺八を吹くとか  尺八ならすこしひねくった  尺八が吹けるね  尺八を買うだけの  尺八を買わない  尺八の名があり  尺八を吹かれたという  尺八の名がある  尺八だというという  尺八を十二作ったが  尺八は一尺一寸以下八種ある  尺八は音の高度を示す  尺八を持っていた  尺八に至っては  尺八の音を度々聞かされていたし  尺八を持ち出してきて  尺八の音の顫えが夢のように通って来て  尺八を學びゐたれば  尺八でも吹いて  尺八の譜を抱へては音楽室に入つてピアノに向つてゐる  尺八にのらない  尺八を吹いて遊んでいたが  尺八の音がそこから聞えだした  尺八を縦に突き  尺八を持って  尺八の音が聞えて来る  尺八を持った  尺八をもって渡りあう  尺八をふいているか  尺八にするにしては  尺八が聞え  尺八の音がします  尺八の音色に引かれて  尺八は我が家のすぐ窓下に来て  尺八の音色がいよいよさやかに聞えます  尺八を聞いています  尺八が行ってしまった  尺八を好んで  尺八が吹ける  尺八は持ったけれども  尺八を貸せ  尺八を借りて  尺八を借り  尺八を竜之助に突返して  尺八の借  尺八の流しによって人の報謝を受けた  尺八をお貸し申した  尺八を吹いた  尺八は幼稚なトロイメライを奏でて  尺八を放して  尺八が音をたてて落ちましたな  尺八をふいて歩いている  尺八とくる  尺八の中に隠してありました  尺八に小柄を隠して  尺八に仕込んでおいた  尺八を吹き出した  尺八に余音をこめて  尺八を捨てました  尺八を教えられる  尺八のいわれを聞かされた  尺八を吹いている  尺八を膝に置いて  尺八の音が起りました  尺八の音色が忘れられません  尺八を一本求めたいが  尺八を求めてくれました  尺八の歌口をしめしました  尺八と刀とを荒っぽくそこへ投げ出した  尺八の音色に聞き惚れて  尺八の音が聞えました  尺八を吹いて  尺八の名人がその時分おいでになりました  尺八の音に引かれて  尺八が鳴ろうと鳴るまいと  尺八の音に聞き惚れて  尺八を片手に持って  尺八の音を流して歩く  尺八を携えて出かけました  尺八を振り上げて  尺八であったとは言いながら  尺八を持っていない  尺八の歌口を嘗め嘗め  尺八を小ひ  尺八に似て  尺八を合せる  尺八などを腰へさしこんで  尺八は持っているが  尺八を堪能か知らないが  尺八を吹いておりますね  尺八を聞いておりましたよ  尺八は何を吹いていたんだい  尺八のことに心得のある  尺八を好くし  尺八についてのたしなみがあると見なければなりません  尺八のわからない  尺八を吹くといった  尺八などはわからない  尺八を吹ける  尺八の音が聞えた  尺八を取ろうともしない  尺八は少し離れた  尺八の音がしだしたりする  尺八の時だけが問題になる  尺八が手にさわり  尺八を机の上に置いた  尺八は外曲を吹くべき  尺八の一曲も終ったと見えて  尺八を吹き鳴らしている  尺八の音の起った  尺八の音がする  尺八でも吹こうという  尺八を取っているらしいから  尺八の音を聞いたからといって  尺八を見せなくってもよかり  尺八の音に驚かされて帰るだけでは  尺八が癇にさわって  尺八の音を耳ざわりにしたり  尺八を聞かされては眠れる  尺八の音までも目の敵にしている  尺八の音に気を揉みましたけれど  尺八の音を聞いた  尺八を聞いている  尺八の音は止んでおりました  尺八はお吹きにならない  尺八が折りました  尺八の音に聞き入る  尺八の音に聞き入っていました  尺八の音が起ってから  尺八に耳を傾けておりました  尺八の音がやみました  尺八の音が聞え出してから  尺八の燃え  尺八を取り直して  尺八のすさまじい風流人の姿は見えず  尺八に片手をかけようとすると  尺八をただ一つおとし  尺八の歌口がこの画の邪魔をしている  尺八でなし  尺八の音などが聞こえてきた  尺八で首ふり三年ということがあるが  尺八を携えて  尺八を取り出しました  尺八の音を聞かせてやりたいと思った  尺八を吹いてるな  尺八を吹き終えた  尺八などもおいてあり  尺八と箏でやって見たいと  尺八が主になる  尺八ばかりではまとめてゆけないから  尺八に譲っても  尺八の方の人が残っていたが  尺八をふところに家を出ていく  尺八を吹き  尺八を持って出ていく  尺八をおじさん達に教えていた  尺八の音の特異な因子を研究する  尺八に対して音締めを直している  尺八でも吹く  尺八の音の達く  尺八の音が微かに聞えたので  尺八を膝に突き首を垂れた  尺八は本式に稽古した  尺八の稽古に浮身をやつし  尺八の稽古といえば  尺八を吹いていました  尺八を手にして  尺八の音でもって  尺八を構えて  尺八の大先生が住んでいる  尺八を習おうという  尺八とかいうものは性質と見えまして  尺八の音につれて恋いしい  尺八などをキツと描いた  尺八の改良した  尺八も吹く  尺八は宗さんのひまでいる  尺八が馬上に跳返った  尺八を弄びたるが  尺八の音の流るるを聞きて  尺八を吹かせて  尺八だの聞いてゐたら  尺八の音響学的研究をされて  尺八を合わせてもらいに来る  尺八を吹き初めた  尺八の名手である事を父に告げた  尺八を取り出し  尺八の名器玉山を発見した  尺八で合せて行く  尺八を取り出して  尺八を仕舞って  尺八を見ると  尺八を霊前に捧げ  尺八も嫁をもらったら  尺八を受け取る  尺八をカタに煙草を貸りてく  尺八を抜き出し  尺八に言い  

~ 尺八[名詞]1
啓吉は尺八を  上には尺八の  うちで尺八でも  神田の尺八を  二階の尺八  音や尺八は  先方は尺八の  虚無僧の尺八の  せせらぎに似た尺八の  今の尺八も  右手に取ったるは尺八に  不用意に似た尺八の  耳覚えのある尺八の  あなたの尺八を  阿波侍へ尺八を  どことも知れず尺八の  手に尺八を  悩みを送る尺八の  身も尺八が  丞は尺八を  妙な尺八の  下手な尺八を  稽古の尺八や  城下さきを尺八を  義経神社で尺八を  九月は尺八を  月のかげに尺八の  これは尺八の  それは尺八  枝は尺八を  不思議に尺八の  君に尺八を  上宮太子が尺八を  八分だから尺八  書に尺八を  倉院の尺八は  一管の尺八を  嚠喨たる尺八の  市木さんは尺八を  琴古流の尺八を  俺は尺八でも  暇さへあれば尺八の  三味線や尺八に  野面から尺八の  汝は尺八を  爽やかな尺八の  ような尺八の  外では尺八の  余音を残して尺八が  親父も尺八が  父弾正は尺八を  自分も尺八が  手から尺八を  助の尺八を  汝の尺八は  手にした尺八が  彼は尺八を  おまけに尺八と  小柄は尺八に  部屋で尺八を  一管の尺八に  絹に逢ってから尺八を  父から尺八を  とき隣室に吹いている尺八の  しめやかな尺八の  煤色した尺八を  一本の尺八を  中で尺八を  そこに尺八の  一管の尺八  あなたの尺八の  銀様は尺八を  ような尺八を  手に持っていた尺八を  刃でなくて尺八  そめに振り上げた尺八の  今宵は尺八を  京外れで買うた尺八の  虚無僧が尺八を  天吹といふ尺八を  音は尺八に  琴と尺八を  煙草入れや尺八などを  程度まで尺八を  父が尺八の  父が尺八という  誰やら尺八を  今でいう尺八を  相当に尺八についての  あれだけに尺八を  例の尺八の  手を動かせば尺八が  いまの尺八の  部屋に坐って尺八でも  宵に尺八の  ここで尺八を  気持で尺八を  ハタと尺八の  ほのかにも尺八  助は尺八を  白衣に尺八の  体をひらいて尺八に  腰には尺八を  宿で借りた尺八を  隣に尺八を  色物には尺八の  誰か尺八を  書類や尺八なども  部分は尺八に  夜になると尺八を  門口などに立って尺八を  じいさんは尺八を  人が尺八を  三味線や尺八の  男が尺八を  彼の尺八の  倚って尺八を  男は尺八を  自分は尺八の  時分ひとが尺八を  夜は尺八の  自己流の尺八を  私の尺八の  修蔵様は尺八が  私から尺八を  笛とか尺八とかいう  自分で吹く尺八の  木地屋から聞こえて来る尺八は  普化僧が尺八を  生前好んで尺八を  かすかに思ひも掛けぬ尺八の  次には尺八を  男先生の尺八だの  前に尺八の  留学生もなげくべき尺八の  歌寿に尺八を  表玄関に這入って来て尺八を  おいでになる尺八の  好きだったので尺八を  ハンケチで拭いて尺八を  表を尺八で  武丸は尺八を  武丸の持つ尺八を  茂七の尺八も  袋入りの尺八を  袋から尺八を  人の尺八に  

~ 尺八[名詞]2
その尺八  あの尺八  淋しい尺八  浅し尺八  始終尺八  とにかく尺八  この尺八  やはり尺八  ふと尺八  やがて尺八  頻りに尺八  それほど尺八  暫く尺八  黄色い尺八  やっと尺八  悠然と尺八  なく尺八  間もなく尺八  珍しい尺八  

複合名詞
車庫二階尺八教習所  尺八教習所  尺八指南  尺八乞食め  当時尺八  尺八一つきり  壱尺八九寸  独り尺八  一日尺八  尺八老人  尺八老  尺八そのもの  ナニ尺八  尺八中興  いま尺八  尺八ゃどこへどう  尺八氏  尺八上手  代り尺八  毎日尺八  



前後の言葉をピックアップ
しゃくにさわら  しゃくにさわり  しゃくにさわる  赤熱  灼熱  酌婦  折伏  釈放  借間  釈明


動詞をランダムでピックアップ
瘠せ増しはやし流れ着いしけれ生れ変っはれあがほかなり申し込んたのしみしこっ払込ま切り伏せ目だた終えるいそぐ始めろぶち込む叩き込め敬え
形容詞をランダムでピックアップ
疾しよわよわしい七面倒臭いあかるくっとろい冷たし腹ぎたないはしこく親しくっはげしかっうすき恨めしゅう悲しゅうさかしまめまめしき悪賢硬きわざとがましく舌たるい恨めしくっ