「寫し」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 寫し[動詞]
中からそつと引きぬいて書き寫し  それを寫し  實を寫し  音韻に寫し  周圍に寫し  姿を寫し  學齡簿の寫し  つた、その寫し  繪は、寫し  のだが寫し  大幅なので、寫し  これを映寫し  筆に寫し  ば報告書に作りて送り、さらぬをば寫し  眼孔もて、讀みては又讀み、寫し  ら金剛經を寫し  ものを寫し  敦煌にて寫し  冷泉爲恭の寫し  瞳に寫し  右改作の寫し  笑ひを寫し  それぞれ綸旨の寫し  此處まで書き寫し  一果を寫し  字を寫し  紙上に寫し  景色を寫し  丁寧に寫し  顏を寫し  人間を寫し  一人づゝ丁寧に寫し  違へずに、寫し  樣を寫し  死骸さへ寫し  姿も、具に寫し  目のあたりへ寫し  稱讃淨土佛攝受經を寫し  亂に書き寫し  夙くに寫し  九百九十九部を寫し  事をいくら寫し  たかたちを寫し  記録を寫し  藏書印なども寫し  手紙の寫し  書類なんか、もう寫し  ポーズをさせて寫し  盜み寫し  使つて裸體寫眞を寫し  ふところから自分の寫し  野口が寫し  碧きをか寫し  影を寫し  から借りて寫し  皆借りて寫し  景色などを寫し  一人を寫し  當立派に寫し  使つて大概手札乾板ばかりで寫し  朝鰹船の出かけを寫し  騷ぎで寫し  丘を寫し  實は寫し  率ね寫し  線でさつさと寫し  隅に大きく寫し  鈴木春浦さんの寫し  全文を寫し  印譜を寫し  用ゐずして寫し  ものまでも寫し  陽を寫し  白い影を寫し  きれいに寫し  一首を寫し  肖像を寫し  聲を寫し  鳴き聲が寫し  それから段々寫し  前に寫し  本を寫し  皆之を寫し  叔母と寫し  寺の寫し  巧に寫し  生活を寫し  上に直寫し  其怯懦を寫し  情を寫し  露國を寫し  小宇宙を寫し  音を寫し  景色を善く寫し  其儘に寫し  樣を映寫し  幾十人となく寫し  顏を大寫し  心に寫し  教理等を寫し  象を寫し  此處に寫し  紙を費して寫し  容貌を寫し  彼奴を寫し  かい若葉などを寫し寫し  警蹕を寫し  人が寫し  昨日圖書館で其の寫し  窓から心覺えに寫し  からここへ寫し  建物を寫し  わたくしはその寫し  致を寫し  



前後の言葉をピックアップ
遷さ  移さ  映さ  撮し    写し  移し    うつし  写し


動詞をランダムでピックアップ
鋤き差押えよとなえるむかえよ群だついかさ挟めるさわがさだきあげといかけ切り合いいいわたし思いなおし司ろまぎれ込ま抉りささやきあう倦もかき曇ら生ん
形容詞をランダムでピックアップ
心もとなごつく情なくっおもたきまめまめしいわるうえらくしんきくさ痛うまちどおしい久しかたくるしいいたましくつめたううつくしく有り難き羨かったっとい毒毒し