「寄席」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

寄席[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
寄席へ往こうと思って  寄席へ伴れてってくれるか  寄席に出かけた  寄席へ行く  寄席に行く  寄席がだんだん這入らなくなって来る  寄席などが雑然と並び  寄席の楽屋に行くと  寄席があるでしょう  寄席はたいてい聞きに回った  寄席の高座から彼のクリティクを講演させたとしたら  寄席に行きぬ  寄席もまた巴里ならでは見られぬ  寄席に異らねど演芸は極めて高尚に極めて新しき管絃楽またはオペラの断片にて毎夜コンセルヴァトアルの若き楽師来つて演奏す  寄席で蝋燭の芯切りをし  寄席の青柳亭が看板の灯を卸す  寄席の番組がわりでも触れて歩くらしい  寄席ではほとんど聞いた  寄席の広瀬も焼けてしまったであろう  寄席では殆ど聞いた  寄席の広瀬も焼けてし  寄席の高坐にあがる  寄席の前坐なんぞと  寄席の衣裳の綺羅を棄てた  寄席に客が来なくて  寄席の話をした  寄席の事を知っていたので  寄席のまえを過ぎて  寄席があって  寄席へ出たり致しました  寄席の芸が街に溢れてゐる  寄席が東一番丁にあって  寄席など御立寄りの機会もあるまいと思いまして  寄席の前の汚い床屋から往來へ聲をかける  寄席へ押しかけたり  寄席へ行って  寄席へでも行ける  寄席へも行きそびれた  寄席の看板などが目についた  寄席から帰って来た  寄席へも入った  寄席へ行った  寄席を強請られると  寄席へ入って行くと  寄席を出ると  寄席へ入ったり  寄席などで彼の聞き覚えのある  寄席へも入ってみた  寄席へ入って  寄席へ入ってみたりした  寄席へ案内されたりした  寄席ぐらいへ出て食える  寄席へ出る  寄席へ連れて行ってやると言って  寄席を上がった  寄席のようなものがあった  寄席のようなうちの中へ飛びこんだ  寄席の話をきいた  寄席は旧い言葉を語る  寄席へ行ってしまうと  寄席の時間が来ていなくなり  寄席やと花月の方を指しながら  寄席へ出かけた  寄席へ出かけたが  寄席へ行くと  寄席を仕切って  寄席へ出開帳はしねえ  寄席に行って  寄席にても折々顔を見合す  寄席に赴き  寄席へお出になる  寄席の近くへ往くんださうだ  寄席のもとあった  寄席について語るべき  寄席にこれという特別の親しさをもっていなかった  寄席へ一緒に遊びに行ったり  寄席でする  寄席を出る  寄席へ連れ出す  寄席の下足の話があったが  寄席が一軒あった  寄席もやめて  寄席へは南麟よりほかに誰も出なかった  寄席の看板がいつでも懸っていた  寄席の前まで来た  寄席へ講釈を聴きに行った  寄席はつい小半町行くか行かない  寄席としてはむしろ上品な気分を客に起させる  寄席もしくは講演を開く  寄席か劇場の楽手になり  寄席にいても  寄席がはねて帰る  寄席にも芝居にも行かず  寄席も芝居も見ませんが  寄席へ出かけて行った  寄席がはねた  寄席へ手品を見に行った  寄席などに行った  寄席で聴いたしかおどりとかいう  寄席に出で  寄席でやる  寄席へでも行った  寄席に行くにも  寄席が繁昌する  寄席に大景物ということがあった  寄席で紙鳶をひき当てた  寄席は殆んど焼けてしまっていたので  寄席にも比較しようが  寄席がある  寄席の高座にのぼる  寄席へ昼寝をしにゆく  寄席の手品でちょっと舞台へ呼び上げられて  寄席へ集まっている  寄席と違う  寄席で落語家がやる  寄席へ入る  寄席てえものは前座からきく  寄席へ戻って  寄席で時間をつぶして  寄席という寄席に通いつくしたと  寄席や芝居へ通う  寄席の人気にも相当の影響をあたえたらしく  寄席のビラが貼られていた  寄席で聞いたりする  寄席にも出て  寄席に出したりした  寄席と吉原の中鈴木という寄席と二軒掛け持ちがついた  寄席へ掛け持ちに行こうとすると  寄席へ行かなければならないのに  寄席までくっついていって  寄席まで駆け出して引き返していって  寄席へまわるのに  寄席へおいでなさる  寄席へ疲れを休め  寄席へその幕を掛けとおす  寄席の木戸番の高く客を呼ぶ  寄席のボビノで開くべきであろう  寄席へも私はたまに行った  寄席もしばしば行き  寄席へ由井氏と共に行った  寄席では喜劇にまでこれを使用し  寄席へ来るに  寄席へ続き  寄席に這入った  寄席に行かないと寝附かれない  寄席の帰りに腹が減って  寄席へも行った  寄席でも聴きに行く  寄席の楽屋から召し捕られて  寄席のほうが向くだろう  寄席の落語を聴く  寄席へでも行って見ようか  寄席で聞いて  寄席でも覗くべ  寄席へでかけて来た  寄席よと浮かるる  寄席である新京極の富貴亭の定連株になつてゐる  寄席で或るイタリア人の手先で作り出す  寄席に通つてゐた  寄席の楽屋に行つてゐなければならない  寄席に通って  寄席の楽屋に行っていなければならない  寄席にかわった  寄席の色ものへ連出して  寄席へ出かけるより  寄席の主任をやつて居つて  寄席で出た  寄席に来た  寄席などに行く  寄席がありましたっけ  寄席にちょいちょい這入って覗いて見た  寄席に出る  寄席で頻りに煎餅を喰べ乍ら落語を聞いて居た  寄席に出た  寄席にでも出るより  寄席なぞのビラが崖地の上から吹いて来る  寄席の角から花川戸の路地に這入れば  寄席の芸人が口に上る  寄席を引退するといふ  寄席は何処へ行つても割は席に取られて  寄席の主人が来て  寄席がありましたが  寄席の主人となつて高振  寄席が衰亡すると  寄席は発達する  寄席があります  寄席といふ寄席を大凡歩いて  寄席をやめてしまひ  寄席へ出た  寄席では主に手踊りなど見せていたらしいが  寄席もひと廻り巡演しただけで  寄席へまで看板を曝した  寄席へ出て  寄席へ出演した  寄席へ演した  寄席へも進出して  寄席へ出ても  寄席でこれが客席へ這い出したので  寄席の歴史の中へ再びとは生まれてこなかった  寄席へと響いていった  寄席の楽屋などへ馬車をお停め遊ばしてはいけません  寄席へはいっさい出ないから  寄席へ連れて行かれたり  寄席などの下劣な芸人は白扇で額をたたいて  寄席には漫談をやっている  寄席へなぞ金さんと一緒に来てなすって  寄席なぞでよく私と二人のとこを見かけたって  寄席がありました  寄席はありましたが  寄席へ行かれます  寄席へただ一度連れて行って下さいました  寄席のしじまは挿絵に見られる  寄席のお客には迎えられず  寄席の儲かる  寄席からうかがわれるので  寄席の夜らしい耶蘇の太鼓が耳につく  寄席にあてているこしらえだったが  寄席のちらし  寄席へうつして  寄席へ出かけていった  寄席の高座ではフロックを着た  寄席はどうなるかと云う  寄席は依然として旧時の状態を継続している  寄席はやはり漫談や漫才の舞台となるであろうか  寄席の聴衆は自宅から毎晩わざわざ通って来る  寄席の読み物の劇化が行なわれる  寄席の読み物に限るという  寄席の読み物は出さなかった  寄席の高坐から  寄席の高坐に求める  寄席で一生を終わって  寄席の高坐で売り込んだ  寄席の高坐が  寄席についてしばしば問い合わせを受ける  寄席のおしゃべりをする  寄席はどんな物であったかと云う  寄席を普通の保養場所と心得ていた  寄席へでも行く  寄席は劇場と違って  寄席がとかくに不振の状態にある  寄席は繁昌した  寄席はこんなものであったかと云う  寄席の種類は色物席と講談席の二種に分かれていた  寄席の入費は木戸銭と蒲団と烟草盆あわせて  寄席は客席に大ランプを吊り  寄席へゆくには  寄席の下足場にはめいめいの下駄の上に提灯が懸けてあった  寄席の下足番はよほど馴れていなければ勤められない  寄席へゆく  寄席へゆくと話しながら通る  寄席に逼塞して  寄席にあらわれて  寄席があった  寄席の経営者は米と云う  寄席へ来た  寄席があり  寄席にはいってみたり  寄席へ行つたことがあります  寄席は常に講談ばかりで落語や義太夫は掛つた  寄席が三ヶ所ほどあります  寄席の内部をお話すると  寄席に行った  寄席で聴いたは  寄席へは行かぬが  寄席の前で一台の幌車にお出合なされました  寄席などで歌ふ  寄席へ入つたり芝居の立見をしたりなどしては  寄席からしきりに客を呼むでゐるしやがれ声が聞えた  寄席へ雇われて  寄席の前で客を降ろすと  寄席で働いている  寄席の切符くれても  寄席へ引っ張られて行ったりなどした  寄席へばかり行っていた  寄席もあまりにも食傷したから  寄席の片隅に見出された  寄席の淫乱という尊称をあえて奉ってくれた  寄席を愛で  寄席の高座へばかり上がりたかった  寄席で連夜勉強していたならば  寄席の世界のよさへ彼らを連れ込んでくるという  寄席での収入を補い  寄席を打って歩いた  寄席がじつに多くて浪曲をかけていた  寄席でひらいていた  寄席のおかげであると言わなければならない  寄席にでも行く  寄席にでも行きましょう  寄席といえば  寄席らしい感じがしたし  寄席とかへ始終行つてゐるらし  寄席の下足番とは違って  寄席になりましたが  寄席にやられてゐました  寄席がはねて  寄席の声帯模写にもしばしば私の声の声色が登場して  寄席のボビノで聞くべきであらう  寄席の引き幕の古びた  寄席へ通った  寄席で見る  寄席に出るなどの  寄席で唱ふ  寄席の明き株を買ってやろうなどと言ってくれる  寄席の真中にたった一人取り残されて  寄席を聞いてる  寄席に小勝が出てる  寄席の一番太鼓がドロドロドロンとすぐ八百春の後のほうで鳴りはじめた  寄席に早替りする  寄席のことなどおもいだしている  寄席もお客がこなかろうし  寄席ばかり打っていたので  寄席のびらばかりが古く新しく面白可笑しく貼り交ぜられていた  寄席へいったって  寄席の前座さんはすっかり楽ができて  寄席でも十五日間小圓太のかよってくる  寄席まで独り言ちながら歩いていった  寄席の掛持が増えた  寄席でお前さんを聴いた  寄席へはでかけてゆかなかった  寄席の数が増えてきた  寄席の前へ立って  寄席の前へ立った  寄席を打った  寄席の真打とは比べものにならないほど  寄席へ行くまでかかり  寄席ではあるが  寄席へ揚げられた  寄席はあった  寄席からお銭のとどく  寄席の高座には吃驚する  寄席でも襖障子を取り払ってしまい  寄席は圓朝一人を出演せしめた  寄席へ呼ばれた  寄席や座敷へとかよっていた  寄席のお客は増えていた  寄席へでかけていった  寄席の写し絵などで幾度も見せられた  寄席や旅人宿は殘つて居ます  寄席などへ遊びに行きますと  寄席へは連れられて行きましたが  寄席から逃げて  寄席をたのしんだ  寄席も焼け  寄席へ出かける  寄席で声帯模写をやり  寄席のいらっしゃいのように聞こえるが  寄席の広告が貼られ  寄席のはじまる  寄席などへ参ると  寄席へでも出られたら  寄席の見物人が手品師の技術を見る  寄席へ通う  寄席が休みであったことから考えると  寄席で聞いた  寄席で曲弾をした  寄席のある  寄席の高座へ出る  寄席へ行くとか  寄席も退屈したと云う  寄席の下足番をしていた  寄席の話ばかりしている  寄席へ行かないかと  寄席でもこの人の持ち味は出ず  寄席が街裏にあったと聞きますが  寄席へ現れ出したと思ったら  寄席に出ていた  寄席を出てから  寄席がもつ  寄席にも現れ  寄席で涙をこぼした  寄席へゆかない  寄席の飯を食って来ている  

~ 寄席[名詞]1
俺を寄席へ  活動写真や寄席に  舊友と寄席へ  活動や寄席は  お父つぁんが寄席の  芝居や寄席の  玉の井館ッて云う寄席が  講釈の寄席は  引ぱり出して寄席の  左側小紅亭とよべる寄席に  五十吉は寄席で  ただ一軒という寄席の  近所の寄席の  ものを寄席では  果てが寄席の  場末の寄席の  フォルベルゼエルの寄席の  てめえがこさえた寄席に  師匠を招く寄席の  二人で寄席の  僕も寄席の  うしろに寄席が  学問をしたり寄席へ  要素をもつ寄席の  アプレゲールの寄席など  義太夫の寄席で  一緒に寄席へ  晩方から寄席へ  気楽に寄席へでも  講釈の寄席から  芝居や寄席へも  芝居や寄席へ  晩に寄席に  増に寄席を  中入り前に寄席を  講釈の寄席へ  たまには寄席へも  夜は寄席へ  色物の寄席へ  広小路の寄席へ  本場の寄席へ  木原店という寄席を  現代の寄席は  婆さんが寄席へ  父も寄席の  父が寄席へ  父は寄席へ  昼間から寄席を  毎晩色ものの寄席へ  俺が寄席へ  九段下の寄席にても  日頃窃に寄席に  圓朝や寄席の  誰も寄席へ  屹度どこかの寄席の  浪花節の寄席の  近間の寄席で  近所の寄席へ  本郷の寄席を  中に寄席の  隣に寄席が  日蔭町の寄席の  伊勢本という寄席へ  そこは寄席としては  目白下の寄席の  いつでも寄席  営業は寄席  どこかの寄席か  人に連れられて寄席などに  中にも寄席に  浪花節の寄席が  所々の寄席に  大阪中の寄席は  場末の寄席にも  人の集る寄席が  われわれは寄席へ  もとより寄席では  ソモシイ劇場という寄席が  従令活動写真か寄席へ  子供は寄席よりも  時刻だから寄席へ  私は寄席は  寄席という寄席に  レコードや寄席で  阿部川町の寄席と  中鈴木という寄席と  吉原の寄席へ  郷の寄席まで  吉原の寄席まで  ハネて寄席へ  仕入れに寄席へ  木原店の寄席で  ほうぼうの寄席へ  あとの寄席も  中には寄席も  しょんぼりした寄席の  芝居や寄席も  浜松町の寄席へ  モンマルトルの寄席では  側の寄席に  ように寄席に  癖が附いて寄席に  東裏通りの寄席へ  別の寄席へも  活動や寄席も  近所の寄席でも  ときから寄席の  講談を寄席で  矢場よ寄席よと  唯一の寄席  どこかの寄席で  毎夜市中諸処の寄席に  四時過には寄席の  小石川指ヶ谷町の寄席にかは  小石川指ヶ谷町の寄席に  活動か寄席へ  云ふ寄席の  今迄寄席で  其金高だけ寄席に  長左衛門という寄席が  芝居や寄席などに  抜裏なんぞの寄席に  頃まで寄席に  其娘が寄席で  国技館や寄席なぞの  手前東橋亭とよぶ寄席の  私は寄席を  持の寄席は  言ふ寄席が  江戸の寄席といふ  蔓こつて出て来たので寄席を  花井於梅が寄席へ  於梅は寄席では  郡部の寄席へまで  これらは寄席では  賑江亭という寄席へ  東京の寄席へも  のち今日まで寄席の  楽屋から寄席へと  東京の寄席へは  小屋でも寄席でも  優が寄席に  場末の寄席などの  東京の寄席には  三丁目にも寄席は  方の寄席へ  彼はある寄席の  頃の寄席の  昔から寄席の  それが寄席から  山の手の寄席の  三階とを寄席に  紅梅亭という寄席へ  大抵の寄席の  万長亭という寄席へ  頃の寄席は  頃は寄席の  正月には寄席の  一月興行には寄席の  葺屋町の寄席へ  狂言作者が寄席の  出所を寄席の  ランプの寄席で  今日では寄席の  明治時代の寄席について  明治時代の寄席は  芝居と寄席を  晩には寄席へでも  今日の寄席が  近所の寄席へでも  近所の寄席は  これらの寄席へ  江戸時代の寄席は  一夕の寄席の  大抵の寄席は  提灯をさげて寄席へ  場末の寄席に  東京の寄席に  色物専門の寄席が  東京の寄席の  田町の寄席へ  辺だけでも寄席が  妹等と行く寄席の  時彼は寄席に  頃東京の寄席で  ところの寄席の  東街の寄席などで  向うの寄席から  世界の寄席へ  さんは寄席  世界の寄席の  隣の寄席で  団治が寄席へ  顔付けの寄席へばかり  神田の寄席  私に寄席の  年少から寄席を  吉本の寄席で  居所変わりで寄席の  一般の寄席は  檜舞台の寄席へ  吉本系の寄席へ  どちらの寄席も  うちの寄席へ  大勝しては寄席での  場末の寄席を  未知の寄席が  私は寄席にでも  其処らの寄席にでも  牛込で寄席と  古風な寄席  芝居とか寄席とかへ  下足番や寄席の  後に寄席に  付人をつけて寄席に  ラジオや寄席の  矢張りモンパルナス裏のしよんぼりした寄席の  盛んに寄席へ  近頃市中の寄席  場末の寄席で  そこの寄席に  下に寄席が  間も忘れない寄席の  チャチな寄席に  今度ばかりは寄席の  さじゃ寄席も  首ッ玉へ巻きつけて寄席へ  下町の寄席ばかり  間の寄席の  お供をして寄席へ  供をして行く寄席の  生甲斐を感じた寄席の  四谷杉大門の寄席の  どこの寄席でも  千代鶴という寄席まで  一軒チャチな寄席の  神田の寄席で  掛持の寄席の  #かしこの寄席と  結構の寄席じゃ  麻布古河の寄席を  狸穴の寄席の  中流の寄席  ひとつ問題は寄席の  中流の寄席では  寿亭という寄席へ  浅草の寄席から  出演できなかった寄席の  第一流の寄席は  二階から寄席や  大入り客止めの寄席の  ときに寄席の  今でも寄席や  兄に連れられて寄席などへ  銀座邊の寄席へは  庶民が寄席を  今は寄席も  きえさんは寄席と  富貴といふ寄席で  牛込亭てふ寄席に  幹に寄席の  聚合する寄席などへ  日本へ来て寄席へでも  どこの寄席も  ないしょで寄席へ  東京の寄席で  玉の井館という寄席が  法善寺の寄席の  何も寄席  おでんやには寄席の  劇場や寄席や  木原店という寄席の  名がついて寄席の  紅梅亭と云う寄席に  順子さんは寄席も  飽きもせずに寄席の  十と云う寄席へ  定員五十人などと愛すべき寄席が  のち睦の寄席へ  ものが寄席に  今の寄席へ  ほんとうの寄席の  庭とをもったいろものの寄席が  路地を踏んでゆく寄席の  のち睦派の寄席にも  頃は寄席にも  助五郎は寄席の  

~ 寄席[名詞]2
この寄席  卑しき寄席  あんな寄席  いい寄席  或寄席  ぞろぞろ寄席  薄暗い寄席  なんだか寄席  やはり寄席  よく寄席  あの寄席  いつも寄席  その寄席  そうした寄席  もう寄席  ひさしく寄席  何だか寄席  よしんば寄席  好い寄席  もちろん寄席  さして寄席  どうしても寄席  小さい寄席  全く寄席  段々寄席  ある寄席  いたましく寄席  こういう寄席  同じ寄席  もう少し寄席  大きい寄席  これから寄席  たぶん寄席  しばし寄席  単に寄席  古い寄席  ことに寄席  広い寄席  決して寄席  およそ寄席  どの寄席  よく寄席  まだ寄席  いわゆる寄席  しがない寄席  我が寄席  明るい寄席  

複合名詞
つて寄席芸人  寄席芸人  芝居寄席  寄席帰り  国立寄席  寄席通  寄席入り  寄席仕込み  寄席どころ  寄席一つ  夜寄席  現代的寄席芸術  一人寄席  高等寄席  寄席なぞ  寄席芸  浪花節寄席  人寄席  移つて寄席興行主  ナンセンス寄席  寄席気分  寄席在  寄席芝居  私たち寄席  寄席興行その他娯楽  寄席藝人  一つ寄席  その後寄席以外  マア寄席  そりゃあ寄席  五十年来寄席通  毎晩寄席  寄席珈琲店  昼寄席  寄席あたり  思つて寄席  言つて寄席  明け寄席  一たび寄席  寄席営業  寄席ぐろてすく  寄席出演失敗以後  それぞれ寄席  寄席稼業  大正寄席風物詩中  秋色寄席懐古  寄席風景  寄席文学  寄席朧夜  みんな寄席  寄席毎晩  此寄席  今晩寄席  友達づれで寄席ばい  寄席ファン時代  頃寄席  毎晩毎晩寄席通い  寄席囃子  寄席ファン  寄席通い  寄席修業  寄席修業者  寄席随筆  寄席明治篇  寄席不況時代  寄席文化講座  寄席青春録  寄席噺子  寄席文化  寄席熱  寄席的  寄席党  前寄席  ふるさと寄席  寄席宮志多亭  師匠さん寄席  寄席廻り  寄席中継  名乗り寄席  一ころ寄席  寄席話術  寄席文化向上会  寄席風物詩  拾遺寄席囃子  寄席冊記  寄席音曲  



前後の言葉をピックアップ
寄せ  止せ  よせ  与瀬  寄せ  よせ  余勢  余生  寄せ掛け  よせかけ


動詞をランダムでピックアップ
思いあわせれ腐らす含まそびやかす切り落し申出よやめもりつぶし惚れ込み逝かこやすもりあがりせいしつけろねじまげ摘ん杓っ発か交わりことなり
形容詞をランダムでピックアップ
宜しくっ激しく肌寒き面白からくす根深い幼かっ弛うかんばし危う汚らしかっとおかれいまいましかっ花々しく図太き空恐ろしきはずかしくっ似あわしくこうごうしい白き