「寄る」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 寄る[動詞]
死なめといひて寄る  下へ這い寄る  足もとにむらがり寄る  玉琴は這い寄る  そこへ寄る  流儀にでも寄る  傍へ寄る  姿で駈け寄る  学校へ寄る  途次、寄る  近くまで来るから、寄る  小皺の寄る  事に寄る  側へ寄る  夕汐とに流れ寄る  暮羊居に寄る  ヨタヨタと寄る  店に寄る  小舟に寄る  五時半には必ず寄る  云ひ寄る  どこかさぐり寄る  室から流れ寄る  ガ事に寄る  慕ひ寄る  から理づめの相撲で、突っぱって寄る  幼子にとっては、寄る  帰りに寄る  宅に寄る  家に寄る  傍に寄る  蛇眼をすえて寄る  しろへ寄る  渭之津城へ寄る  はりと寄る  是非サイゴンへ寄る  傍さ寄る  客の寄る  窓際へ寄る  前に寄る  松が枝には舞い寄る  北京に寄る  北京へ寄る  日さへも靡き寄る  者などが寄る  そばへ寄る  傍らへ走り寄る  穴蔵部屋に寄る  大股に寄る  乳へでも狂い寄る  ツカツカと進み寄る  飲み屋に寄る  女どもは寄る  中に寄る  魚屋へ寄る  梢に寄る  魚の寄る  周囲に寄る  家へ寄る  んじゃねえ、寄る  作家が寄る  ひと足進み寄る  ほうへ寄る  汀へ寄る  三人、寄る  所へ寄る  茶店へ寄る  ところへ寄る  どこか、まだ寄る  どこへ寄る  教室のかへりに寄る  ところに寄る  必神の寄る  這ひ寄る  枕頭へ寄る  宿へ寄る  興奮もすさまじく、寄る  前に泳ぎ寄る  つめ寄れば寄る  下宿へ寄る  そばに寄る  勞働を寄る  ロータスに寄る  おれだけは無論寄る  さをきかせて寄る  さで寄る  のでござんすとて寄る  樹を伝って慕い寄る  年が寄る  花笑あえかに寄る  垣根際に寄る  叫聲をあげて、かけ寄る  シアトルに寄る  銅鉾を叩いて馳せ寄る  馳け寄る  耶馬台へ近か寄る  傍にかけ寄る  窓まで駈け寄る  頃では寄る  色を変えて寄る  料理を取寄る  女たちは寄る  香りだけに慕い寄る  小皺が寄る  枕許へ寄る  前へ寄る  慶祝気分で寄る  方へ走り寄る  港に寄る  どん/″\人が寄る  関羽は駈け寄る  市人は、寄る  波の寄る  西日の這い寄る  氣の寄る  右へと寄る  旅宿へ寄る  前も寄る  帰り掛けに寄る  一洵居に寄る  側に寄る  杉戸が流れ寄る  人が寄る  皺が寄る  役人につめ寄る  とおりお金が寄る  しずかにねらい寄る  ていを見るより走り寄る  長崎に寄る  群り寄る  部屋へ寄る  ッと寄る  怪紳士が寄る  方に寄る  窺ひ寄る  針千本が寄る  野心があつてねらひ寄る  野心があってねらい寄る  人は、寄る  舸が、丁度流れ寄る  ほかに寄る  つたのか、寄る  バラック飲食店へ寄る  有らっせまいで、寄る  復た寄る  水草に寄る  暇乞に寄る  アメリカへ寄る  途中ニュー・ヨークに寄る  年が寄らうが寄る  村へ寄る  めぐり合って、すがり寄る  年の寄る  旅舎へも寄る  婦人も、いかに寄る  顔が見たくて、寄る  火事見舞を言いに寄る  人でも、寄る  留守見舞に寄る  別れにばかり寄る  町では寄る  小腰をかがめて進み寄る  方へ進み寄る  其方に向けて、じりじりと寄る  衝と駈け寄る  方から次第に巻いて寄る  頭を垂れて、少しずつ、巻き込みながら繰り寄る  みんなそばに寄る  ここへ寄る  人の寄る  上段の構えでジリジリと寄る  あっちへ走り寄る  垣根に寄る  内に寄る  膝行り寄る  声を掛けに寄る  ミルクホールへ寄る  言ひ寄る  覘い寄る  まま、するすると寄る  静粛に駆寄る  兵が忽ちに慕い寄る  これも光りに寄る  書店へ寄る  敵はむらがり寄る  西に寄る  本署へ寄る  かい、そのうち寄る  方へ寄る  やうに寄る  ように寄る  三人が寄る  鱶の寄る  傍へと慕い寄る  角は、寄る  それと並び寄る  ように迫り寄る  右へ寄る  それを慕い寄る  ことを知っているけれども、寄る  傍へも寄る  傍に走り寄る  此方に走り寄る  酒屋へ寄る  仕事場へ寄る  岸へ寄る  ところ、寄る  蔭には寄る  そこへ走り寄る  急に寄る  とこに寄る  もっと近くへ寄る  採集に寄る  味方などは、寄る  傍近く寄る  お礼に寄る  酉に寄る  カレワラに寄る  后たちが、いたわり寄る  鼠賊が常にねらい寄る  流れも寄る  二人とも側へ寄る  何者かがすがり寄る  圏内へ漂い寄る  声をしるべに尋ね寄る  珈琲店へ寄る  キャフェに寄る  火蓋を切ってやろうというので、寄る  敵も寄る  足利へ寄る  荒物屋へ寄る  影を捕えようとして駈け寄る  麾下へ寄る  眼の寄る  種はおどろいて駈け寄る  時に寄る  亀吉もつづいて駈け寄る  山荘へ集まり寄る  あらまし近々と寄る  藤吉はいざり寄る  道とは言いながら寄る  とくに駈け寄る  ふたりは直ぐに駈け寄る  留吉があわてて駈け寄る  そばへ進み寄る  蘭は何とも言えず、寄る  贈賄の寄る  窓側へ寄る  岸へ流れ寄る  根に寄る  向うから寄る  それが寄る  皺の寄る  浪の寄る  ように聞かされて、寄る  身体壮健であったけれど、寄る  處へ居坐り寄る  跡を埋めに流れ寄る  ところへ涼しくさっさと走り寄る  專横を憎んでゐたので、寄る  玉藻の寄る  近くへ寄る  身辺に寄る  何しに寄る  音もなく流れ寄る  そつちへ急いで駈け寄る  多磨太はずかずかと寄る  忘れ物もあるし後で寄る  窓へ寄る  褄をちらりと捌いて寄る  身を起して、寄る  首すじに寄る  ぢりとつめ寄る  岸に駈け寄る  真中に進み寄る  鎌倉へ寄る  荷物を取りに寄る  渚へ寄る  歌が、寄る  から、寄る  己れを見かけて慕い寄る  六条院へ寄る  何日でも寄る  居所へうかがい寄る  所へも寄る  同情は多く寄る  一月許りは、寄る  それは、きっと寄る  もつひの寄る  身を投げたなどとは思い寄る  小舎へ寄る  小野へ寄る  我齢の寄る  数瞬きながらいざり寄る  問ひ寄る  女房共、寄る  失なひて寄る  爺が寄る  隣人に似寄る  人に懐き寄る  異性にしていい寄る  魚が寄る  源之助は寄る  人間業とは思はれぬばかりに、走寄る  雪男居に寄る  安宿に寄る  辺りに寄る  暇があつたら寄る  血が寄る  明治三十九年窓に寄る  左右から這い寄る  たづね寄る  此処に寄る  幾人かおり、寄る  眉が寄る  春彦はまたつめ寄る  春彦は又つめ寄る  根岸へも寄る  こっちへ寄る  顔が寄る  逍遥した道すがら寄る  急速に寄る  風の寄る  自分の寄る  餘りに寄る  濱のはるけきに寄る  餌料を求めに寄る  蜜に寄る  茶店へは寄る  近所まで寄る  デパートへ寄る  一足二足進み寄る  友人がいるから一寸寄る  それから何週間もの間、寄る  寵遇を寄る  夫婦で寄る  麦を喰いに寄る  片隅に流れ寄る  何でもない、ただ寄る  立皺の寄る  立浪の、寄る  浜へ寄る  カンバーランド湖水地方などに寄る  年波の寄る  ところにも一寸寄る  医院へ寄る  病院へ寄る  灸へ寄る  挨拶に寄る  Lへ寄る  ルパンへ寄る  マルヤへ寄る  バーでも寄る  それから見舞に寄る  とこへ寄る  母上と共におくやみに寄る  年始に寄る  葉亭へ寄る  帰りだとて寄る  言ひに寄る  親方がちょいちょい寄る  浦は這い寄る  洋服屋に寄る  かくまで語らい寄る  裾引きてまどに寄る  業倶楽部などでは寄る  傍へ進み寄る  処へ寄る  人間が寄る  匐い寄る  ゼリーで寄る  云ひて寄る  ここに寄る  戸口に寄る  魔が寄る  そつちに寄る  それから床屋に寄る  それきり傍へ寄る  私から云い寄る  途に寄る  目の寄る  寒い風だとて寄る  人香に寄る  我を忘れて駈け寄る  様を寄る  あらめと思へども寄る  片方へ寄る  顔に何となしに寄る  川前といふところにそそいで寄る  人可懐くいそいそ寄る  桑港へ寄る  踏石に駈け寄る  ウチへ寄る  静かに進み寄る  眉がきりりと寄る  ぱじまるのと、寄る  最初妻恋坂へ寄る  連雀町へ寄る  耳へ寄る  双方、ひたひたと寄る  暇があったら、もしかすると寄る  帰りにはきっと寄る  世間ぢゆうが、寄る  つて、寄る  扉に寄る  羽生に寄る  わきに寄る  自分から側へ寄る  漂ひ寄る  常世の国からは、ゆくりなく流れ寄る  和やかに寄る  身近く寄る  縄を拾い、ぶらりと提げ、じりじりと寄る  牢人仲間では、寄る  掛に寄る  それから折々内に寄る  親にのみは懐き寄る  きしに寄る  ここにも寄る  露骨に云い寄る  網を破って、うかがい寄る  休みに寄る  顔色となって、今にも、寄る  時とは、寄る  班超も寄る  誰とて思い寄る  鳥巣庵へ寄る  人々は、寄る  さりげなくいい寄る  喫茶店へ寄る  骨が寄る  帰途に寄る  品物が流れ寄る  人妻に云い寄る  女房に云い寄る  懷き寄る  銚子を運んで寄る  窓側へ駈け寄る  入口に寄る  青城子居に寄る  濡れに寄る  陳和卿も寄る  それは寄る  鹿の寄る  縞を乱して駈寄る  家族は困り切って、寄る  俄かに慈しみ、へつらひ寄る  逼ひ寄る  窓際にかけ寄る  山にいっても、寄る  ほうは、寄る  ことを言いに寄る  時分はよかったなんて、寄る  襲ひ寄る  どこへ行っても、寄る  半蔵はいち早くかけ寄る  あたりに寄る  われらの寄る  一所に寄る  与力から下岡っ引きに至るまで、寄る  性格に慕い寄る  そっちへ寄る  是非チロルへ寄る  くせに、もう寄る  彼女も寄る  珠が寄る  驅け寄る  歩行いて寄る  私が寄る  ッ、寄る  ように駈け寄る  他人に寄る  二人は互いに駈寄る  茶店へ駆寄る  うちに窺い寄る  山口などへ寄る  なぞ鱶の寄る  浦には寄る  父上一閑様は寄る  それからおきせにいい寄る  奴等が寄る  一同騒然と駈け寄る  動転して、流れ寄る  汀に飛び出し、流れ寄る  隠居夫婦も寄る  われも寄る  両手で這い寄る  それが突然走り寄る  話に寄る  私に駈け寄る  真実云ひ寄る  音もなく、寄る  われがちに集い寄る  近くまで寄る  隅田川にも流れ寄る  欄干に寄る  此岸に寄る  菊そばに寄る  若月紫蘭邸へ寄る  石焼豆腐へ寄る  野犬の寄る  四五間近く寄る  静かに寄る  音を立てないでしのび寄る  彼女に寄る  くじらが寄る  から此方へ寄る  ようにじりじりと進み寄る  軒へ寄る  名古屋にも寄る  タンペイに寄る  どこかへ寄る  れんぼの思ひに、寄る  恋慕の思ひに、寄る  下方衆はもう寄る  娘に云い寄る  前後に寄る  わきへ寄る  鹿も寄る  まわりに這い寄る  満潮に流れ寄る  お稽古に寄る  音に寄る  其方へと走り寄る  ホルテン港へ寄る  百姓は寄る  枕辺に寄る  そつと寄る  列へ駈け寄る  千歯に寄る  仲が善くて寄る  按摩の寄る  屍骸に駈け寄る  



前後の言葉をピックアップ
より分け  より子  より江  より目  より糸  選る  因る  撚る    夜々


動詞をランダムでピックアップ
うっちゃる書き立てるつけあがりしさっ還っ引きちぎいいよどみ伺お架かり渡り歩くとどろかなくせよ知り抜き作り出せいとおしん先んじよ腐せおちぶれる不貞腐れしのげ
形容詞をランダムでピックアップ
ずるう手荒い青う手広く心安かろ鈍くせんな粗けれまるし擽ったかっこの上ない下らな豪けれあぶなっかしい快くのろくさい怪しから近しく