「寂し」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 寂し[動詞]
それは寂し  貴女も寂し  

形容詞

~ 寂し[形容詞]
なき寂し  ない寂し  何だか寂し  つて寂し  しきりに寂し  若々しい寂し  さ寂し  いかにも寂し  ひどく寂し  一寸寂し  定めし寂し  夥しい寂し  ひどい寂し  なく寂し  こう寂し  山家寂し  郭公寂し  日寂し  もと寂し  いかばかり寂し  いかに寂し  空寂し  ゑ寂し  秋風寂し  夕ぐれ寂し  あはれ寂し  大変寂し  難い寂し  何となく寂し  優しい寂し  また寂し  静けさ寂し  果てしない寂し  心寂し  いつも寂し  はかない寂し  やるせない寂し  安い寂し  此寂し  ぼんやり寂し  深い寂し  ひとつ寂し  闃寂し  淡い寂し  心細く寂し  しろ寂し  やがて寂し  きっと寂し  それほど寂し  ぱり寂し  もう寂し  がた寂し  もの寂し  強い寂し  間寂し  悲しく寂し  ふと寂し  やはり寂し  切なく寂し  しか寂し  如何にも寂し  草取り寂し  さうな寂し  余り寂し  寧ろ寂し  たまらない寂し  無く寂し  しおらしい寂し  どんなに寂し  堪えがたい寂し  明るい寂し  少し寂し  いつものように寂し  から寂し  円寂し  すこし寂し  結局寂し  同時に寂し  ら寂し  ちょっと寂し  美しくも寂し  がたい寂し  たいへん寂し  激しい寂し  深き寂し  知らない寂し  何やら寂し  しんと寂し  まり寂し  独り寂し  世にも寂し  みと寂し  ぞっと寂し  かえって寂し  気強く寂し  顔寂し  いくらか寂し  癖寂し  ひとり寂し  物足りない寂し  無い寂し  程寂し  まだ寂し  声寂し  物悲しい寂し  浅ましい寂し  ちの寂し  けた寂し  酷く寂し  みな寂し  とても寂し  頻りに寂し  さらに寂し  

~ 寂し[形容詞]
海山の寂し  ことの寂し  旅の寂し  一種の寂し  心は寂し  咳が寂し  浪江は寂し  別の寂し  心の寂し  人を寂し  孤独の寂し  さと寂し  妙に寂し  ものの寂し  闇の寂し  町の寂し  空の寂し  此世は寂し  一味の寂し  一抹の寂し  頃の寂し  彼の寂し  雪駄が寂し  父も寂し  一種空虚な寂し  男は寂し  さや寂し  おまえの寂し  なかを寂し  娘さんは寂し  お前の寂し  彼は寂し  梅の寂し  嬰児ちゃんは寂し  底の寂し  光も寂し  男の寂し  治六が寂し  如何に寂し  周囲の寂し  ことに寂し  節子の寂し  差し向いの寂し  時の寂し  自分の寂し  ように寂し  田舎を寂し  にわかに寂し  病床の寂し  子供たちは寂し  瑠美子は寂し  瑠美子を寂し  庸三は寂し  一脈の寂し  松女は寂し  留守の寂し  ときの寂し  者の寂し  生活の寂し  果敢さと寂し  ための寂し  のが寂し  私を寂し  日曜日の寂し  歌声の寂し  人間の寂し  求馬の寂し  貞松院が寂し  オルガンティノは寂し  異郷の寂し  これ以上年寄りの寂し  顏の寂し  若い女の寂し  環境の寂し  生活から普遍の寂し  洋燈は寂し  婦人は寂し  曾根は寂し  倉は寂し  死期までの寂し  額を寂し  正太は寂し  種は寂し  豊世は寂し  あいだの寂し  伸子に対する寂し  女性の寂し  伸子は寂し  芳は寂し  鞦韆は寂し  却つてあなたを寂し  ぐひの寂し  自分自身の寂し  間毎の寂し  世の寂し  夜なぞは寂し  雑木林の寂し  びどく私を寂し  野は寂し  君は寂し  暗夜は寂し  顔は寂し  女中が寂し  根本に寂し  自身の寂し  芭蕉の寂し  十七世紀日本の寂し  事の寂し  旅人を寂し  光つて旅人を寂し  隅の寂し  厭世の寂し  正勝は寂し  小次郎は寂し  顔色を寂し  實に寂し  うちに寂し  馬鹿に寂し  程の寂し  うしろ姿の寂し  墾地の寂し  平凡を寂し  安心と寂し  品は寂し  後の寂し  食事は寂し  立ち姿の寂し  日盛りの寂し  婆さんが寂し  私は寂し  流石に寂し  石ころ道を寂し  鶺鴒が寂し  一人ぽっちの寂し  姥は寂し  跡の寂し  ところという寂し  本能的の寂し  空気まで寂し  あとの寂し  音は寂し  悲しみや寂し  バラック生活の寂し  地蔵さまが寂し  一人の寂し  平野の寂し  二人きりの寂し  異境の寂し  山吹は寂し  何という寂し  枝が寂し  幅四尺の寂し  それを寂し  ものには寂し  山家は寂し  日本人を寂し  何か寂し  真昼の寂し  内心の寂し  夜長の寂し  夜更けの寂し  袖も寂し  家族の寂し  以前の寂し  旧の寂し  婆さんは寂し  三日の寂し  意外さと寂し  そうに寂し  秋の寂し  若い妻子が寂し  姫君の寂し  人生の寂し  何といふ寂し  のちの寂し  心からそこに寂し  姿が寂し  人世は寂し  余りの寂し  郊外ほどの寂し  其時の寂し  のを寂し  退屈さと寂し  後姿も寂し  境遇を寂し  姫君は寂し  夜の寂し  あまりの寂し  所とが人を寂し  三の宮だけは寂し  玉鬘夫人は寂し  顔も寂し  自然の寂し  ことを寂し  深夜の寂し  他国ものの寂し  中の寂し  ころは寂し  叔父さんは寂し  写山楼の寂し  靜かな寂し  花の寂し  路名も寂し  一生の寂し  独りぼっちの寂し  姉の寂し  うちの寂し  景色の寂し  民弥は寂し  彼女の寂し  手前の寂し  冬ぞ寂し  冬の寂し  其夜は寂し  言つて伯父は寂し  ぢや寂し  それも寂し  告別式は寂し  姿も寂し  その後の寂し  前の寂し  女の寂し  日中に寂し  ものは寂し  自分一人の寂し  から幾十の寂し  悲哀は寂し  母の寂し  子としての寂し  国境の寂し  いかんとしても寂し  違つた環境の寂し  中を寂し  野山を寂し  懐中も寂し  夕暮時の寂し  寂蓮が寂し  一色の寂し  心持ちや寂し  我は寂し  いまの寂し  誰も寂し  塚越は寂し  生活には寂し  一行は寂し  天来の寂し  白は寂し  道の寂し  床の寂し  雌鷄の寂し  柵の寂し  四郎は寂し  夢見る人の寂し  心持が寂し  声は寂し  声も寂し  隔りの寂し  不思議なほど寂し  風の寂し  人の寂し  二つは寂し  なにかしら寂し  日常日々の寂し  可哀想に寂し  むやみに寂し  しかしその寂し  戸外の寂し  いふ空虚や寂し  生涯の寂し  道子は寂し  雨の寂し  及川は寂し  微笑は寂し  何処か寂し  ようは寂し  世は寂し  不気味さとも寂し  あれは寂し  恋は寂し  凝視むるうつくしき黒瞳にも寂し  

寂し[形容詞]
寂しさ  寂しそう  寂しみ  寂しがるくせ  寂しから  寂しくそ  寂し気  寂しがりの者  寂し一  寂しもわく  寂し日  寂しゑわ  寂しの  寂しがっていること  寂しすぎる事  寂しがり屋  寂しがっている庸三  寂しがらせるから  寂しがるの  寂しがつて  寂しがってよめの所  寂し相  寂してゐ  寂しませる位  寂し過ぎる事  寂しがる癖  寂しがる憾み  寂しゅうござりましょう  寂しがります  寂しがらせる為  寂し心  寂しがっていらっしゃい  寂しがっている面影  寂しがっておいで  寂しがって神仏  寂しがる人々  寂しがって騒いでいること  寂し暮坂峠  寂しすぎると云  寂しき死  寂して仕様  寂しがらせる書物  寂しとし旅  寂しとすわれ木の葉  寂してふ世の常  寂しがること  寂しがりや  寂しがらせて御覧  寂しも八  寂しゑ  寂しがりの  寂しくちやぶだい  寂しがるを慰めむとや  寂し笑み  



前後の言葉をピックアップ
錆色  サビエット  サビエットリング  錆声  淋しから  寂し  さびし  淋し  淋しい  寂しい


動詞をランダムでピックアップ
迎え撃ちそなえる呼ばわるさそいあわし来なさり撫ぜ若がえっ昂れ聞き分けるげしょ助ける衒わ掘り題すれ捨置けみなぎっ気づかい立ちすくまよびかける
形容詞をランダムでピックアップ
はらだたしい聞きづらうらがなしき安かっなう丸から心安しもろきうれしきすさまじかっものさびしくつましき思しうけれ拙かろめんどくさあおく遽し度しがたいすずしい