「安んぜ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 安んぜ[動詞]
境に安んぜ  良民堵に安んぜ  国家を安んぜ  地位に安んぜ  小安に安んぜ  平和に安んぜ  聖慮を安んぜ  生活に安んぜ  心を安んぜ  來つた傳統的のものに安んぜ  そこに安んぜ  小康に安んぜ  きの算筆のみに安んぜ  疎通ぶりを考えてみると、どうも安んぜ  叡慮を安んぜ  良民其業に安んぜ  堵に安んぜ  一日だも安んぜ  小成に安んぜ  作者小成に安んぜ  生涯に安んぜ  当時生に安んぜ  天分に安んぜ  民衆を安んぜ  民を安んぜ  叡慮においても安んぜ  誕なりと言われて安んぜ  村民を安んぜ  要求に安んぜ  衆情枕をさへ安んぜ  故郷に安んぜ  



前後の言葉をピックアップ
やすん  休ん  安んず  安んずる  やすんぜ  安んぜよ  やす子  屋住  痩せ  痩せよ


動詞をランダムでピックアップ
やってき救い出そ沸こ悩み抜か湧け蔽っ潜める卸さ照りゃいやさ噎ぶ生まれでめこ持ち去ろ噴き出そおがみたおし流すかどわかそ結びつけれほすれ
形容詞をランダムでピックアップ
目敏くほど遠いすすどいならびなき速かれおびただし真白う胸苦しそそっかしいけだかく優し弱弱しいはかなき微笑ましきいわけなく心無し高かれうらめしかっ痛ましけれ