「存する」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 存する[動詞]
大将と存ずる  媒介者として存する  ものが少なからず存する  大義の存する  滋味が存する  間に存する  ところに存する  在て存する  責任に存する  埒も明こうと存ずる  ものが存する  理由が隠れて存する  意味において、存する  何に存する  うちに存する  私はまた存する  神が存する  神は存するかどうか、そして、もし存する  ことに存する  存在しなかったならば、存する  後にも存する  ものの存する  浄福の存する  不可分のものに存する  それにのみ存する  完全性が存する  完全性は存する  真理が存する  異種性が存する  根拠が存する  味が存する  差異が存する  共通感覚が存する  優越的に存する  客観的実在性が存する  必然的存在が存する  知覚が存する  観念が存する  身体なしに存する  精神なしに存する  他を離れて存する  ために存する  詩にして存する  快楽の存する  男が、現に存する  面目を存する  本も存する  そこに存する  表現的實質に存する  アイヌ間に存する  竪穴の存する  遺跡に存する  今日迄遺存する  孔の存する  目を存する  痕を存する  如くに存する  儒家にも存する  愍然と存ずる  ここに存する  矛盾が存する  主観に存する  普遍的に存する  けなげに存ずる  情しみじみかたじけのう存ずる  連関を存する  ものに存する  ものハ仕方なけれども猶存する  主観が存する  辺をそう存ずる  気の毒に存ずる  熱意の存する  言葉でないと存ずる  遺憾と存ずる  使をせられなば存ずる  どこに存する  対立が存する  体系に存する  処に存する  内に存する  古来から存する  相違が存する  社会階級性が存する  意味で存する  理由が存する  幸福と存ずる  区別が存する  内にこそ存する  享受の存する  制限が存する  場合に存する  社会的意義が存する  事実に存する  潰瘍の存する  シャルムの存する  絃の存する  生命の存する  他に存する  眞に存する  其中に存する  品位の存する  白骨を存する  疑いを存する  一点にありて存する  風を存する  天性に存する  はじめて至親の存する  辺にありて存する  ここにあって存する  忝のう存ずる  種子を存する  尚書中に存する  矛盾の存する  抱へたう存ずる  奉公をも致さうと存ずる  神妙に存ずる  道はないと存ずる  容易かと存ずる  拙者は存ずる  國民に存する  コップ表面に存する  正倉院に存する  大変遺憾に存ずる  ひとり肉食者のみに存する  風格に存する  色彩そのものに存する  発揮するに存する  莫然一物の存する  作者の存する  ものと存ずる  近ごろ迷惑に存ずる  従前どおり伊豆屋伍兵衛を引き立てて然るべく存ずる  意義の存する  点に存する  首尾一貫が存する  茲に存する  ヒッカカリが存する  資本制から独立させるかに存する  考え方が存する  組織性に存する  番頭達が存する  大義名分振りが存する  島に存する  卑怯に存ずる  家にあって存する  心にあって存する  加養をしていただきたいと存ずる  そこにあると存ずる  古語に存する  所々に存する  なごりを存する  意義も存する  罪ではないと存ずる  自体に存する  調和に存する  ゆくところに存する  経験するかに存する  全て小学校に存する  旧観を存する  記憶に存する  肯定に存する  認識は存する  段階とが存する  信用が存する  制度の存する  こととは存ずる  手沢の存する  習俗口碑を存する  言伝えの往々にして存する  真意の存する  現代に存する  性格は存する  戯曲の存する  連関の存する  からんと存ずる  殘を存する  佛典も存する  逕庭の存する  個中に存する  謀犯慾望のあって存する  ところにあって存する  あらたかとが存する  今も存する  悌を存する  一形式として存する  玉を存ずる  法律が存する  禅機の存する  武士道と存ずる  都へ求めにやろうと存ずる  恰好と存ずる  教訓が存する  一理の存する  本源は存する  根性の存する  奉行に逢ってなさるがよろしかろうと存ずる  たくさんに存する  ことと存ずる  内容に存する  可能性が存する  事情も存する  役目御苦労に存ずる  傾向の存する  声調に存する  遺児功臣多数が存する  湛遠慮の存する  正当であると存ずる  価値が存する  自然界に存する  命は助けておきたいと存ずる  存在に存する  信仰に存する  一定条件が存する  批判に存する  客観的に存する  不調和が存する  最後のものが存する  つながりが実際に存する  手中に存する  迷惑と存ずる  其實記憶中に存する  意識中に存する  一点に存する  原因が存する  独立に存する  主知主義に存する  政治性に存する  ものは存する  左右兩側に存する  宦官の存する  宦官を存する  なり逕庭が存する  舅姑が尚ほ存する  父母が存する  氣分の存する  功利的感情に存する  以て存する  時にも猶存する  今も依然存する  何処に存する  詩才ありて存する  薩摩に存する  心に存する  意味ありて存する  根本のものに存する  中に存する  観念界に存する  実体に存する  現象界に存する  イデヤに存する  智に存する  此処に存する  ものであるかに存する  原理に存する  情熱に存する  印象的表象に存する  信実の存する  飯に存する  至情を存する  家内にありて存する  武士道の存する  見識の存する  理由の存する  青空の存する  表現に存する  表現的意義が存する  肉体の存する  外に存する  箴言の存する  武田が存する  方がよいか、または、存ずる  ものがたりなど、伺うておきたいと存ずる  高氏がしてやろうと存ずる  まことに、うれしゅう存ずる  晩節を存する  趣意の存する  余裕の存する  たしかに有って存する  義務と存ずる  迷惑に存ずる  もと太陽中に存する  空気中にも存する  復讐心の存する  正義の存する  志の存する  足あとの存する  社会に存する  ムク犬が存する  土左衛門の存する  錫杖が存する  君逝けり、存する  名声の存する  人間が存する  今日世に存する  きものの実際に存する  今なお存する  進歩に応じて存する  姿を存する  思いつきと存ずる  稚気が存する  和気の存する  事情の存する  聖衷に存する  名を出したくないと存ずる  愚物が存する  危険が存する  殻が存する  正成が存ずる  大神の存する  上にも存する  疑問を存する  苦衷が存する  量目の存する  偽物をつくり、さんざんにかけ悩まそうと存ずる  表現されるかに存する  窮屈とが存する  一端かと存ずる  祝著に存ずる  心得と存ずる  出御苦勞に存ずる  聊案外に存ずる  ことのみに存する  長浜まで参りたいと存ずる  忝けのう存ずる  職分と存ずる  知恵が存する  別に心あって存する  神通川とあって存する  品、有難くは存ずる  快楽中に存する  意味が存する  関係はかつて存する  支那等に存する  人に存する  民族的信仰の存する  中心興味の存する  橋梁に存する  連続性が存する  遺憾に存ずる  美をも、存する  能整合者たるに存する  ここへ参るまいと存ずる  前言を取消すと存ずる  大変と存ずる  道徳に存する  所に存する  線にのみ存する  農民が存する  僻地に存する  科学的機能に存する  凡そ観念の存する  名の存する  使命が存する  恐縮に存ずる  逸見多四郎先生と存ずる  此処に来て見たく存ずる  松菊なお存する  欠点が存する  眼の存する  今日我記憶に存する  道の存する  技術が存する  詠嘆に存する  名分が存する  機微に存する  農耕に存する  こと、よろこばしう存ずる  攻撃なさるかと存ずる  観念の存する  御身に巡って参ろうと存ずる  風景が存する  芽出度う存ずる  情緒が存する  悪魔が、存する  反映させるかに存する  矛盾に存する  絶縁に存する  形式論理的自己同一性にこそ存する  自己独立性が存する  人格に、存する  階級に存する  統一を持つかに存する  いるかに存する  統一に存する  イデオロギー性格と共に存する  なかった処に存する  新聞であるかに存する  絶対とが存する  チヤームの存する  恐怖耳底に存する  優劣が存する  形に存する  理由は、依然として存する  推論に存する  媒介に存する  絶対媒介に存する  残株を存する  郷名として存する  上に存する  古形を存する  ゆえんも存する  無数に存する  下層に存する  為政篇に相並んで存する  学而篇に存する  貴重さが存する  美にして存する  記録に存する  千万に存ずる  昼寝で当て込みの存する  保全法くらいは是非嗜み置かねばならぬと存ずる  泰親かねて存ずる  御沙汰もあるまいと存ずる  泰親の存ずる  教学も存する  二重性が存する  自ら旨しと存ずる  申さむと存ずる  地を存する  肉体的享楽の存する  リズムの存する  手もとに召し仕いとう存ずる  召仕ひたう存ずる  遊戯的分子を存する  面白味の存する  処に存ずる  自然根絶やしになろうと存ずる  人が存する  感覚は依然として存する  電場に存する  物に存する  空間に存する  基礎に存する  普通人間にも存する  精神科学に存する  利用を存する  疑問が存する  器を離れて存する  例外は存する  為に存する  義を存する  歴然として存する  地上に存する  心の存する  天意の存する  おのれに存する  他人に存する  思想に存する  虚にのみ存する  秘訣の存する  傑作によって存する  われわれによって存する  生気が存する  性命が存する  因素が存する  算木も現に存する  西洋の存する  文に存する  絵に存する  ごとの存する  不安心が存する  僅に存する  一まわり致してみたく存ずる  地球の存する  口碑に存する  爰に存する  国風を存する  衷心に存する  残念に存ずる  歴史の存する  旧態を存する  後裔に多く存する  栄養が存する  我邦に存する  セガンチニなどに存する  法規の存する  法則ありて存する  地に多く存する  澁千萬に存ずる  祝着に存ずる  徳川の存する  筆記に存する  価値標準が存する  名を存する  採用するかに存する  弊根の長く存する  於て存する  誤謬の存する  把握に存する  発生期に存する  苦楽が存する  非暴力に存する  解明力に存する  古老の存する  街路樹の存する  並立して存する  思いも存する  両者が存する  真実もって存ずる  一貫して存する  一致が存する  社会的迷信が存する  科学性も存する  といふところに存する  誇りも存する  佛教以前からして存する  一致とが存する  所以が存する  党与なお存する  妙味が存する  ように存ずる  真実性が存する  良心の存する  今もなお往々にして存する  知識に存する  美が存する  茶道が存する  好みも小さいかと存ずる  いずれかが存する  お願いしたいと存する  処方を存ずる  大義名分の存する  荒野とも存ずる  おん可懐さを存ずる  神とも存ずる  責任が存する  現在に存する  本質は存する  自己主張に存する  可能的自己性に存する  自己表現に存する  中心が存する  還元するに存する  自己表現であるに存する  克服が存する  區別の存する  本質的特徴は存する  悲劇は存する  なりとも、すでに存する  類型の存する  自己主張、に存する  本質が存する  點に存する  成就するに存する  可能的自己であるに存する  概念的普遍者に存する  可能であるかに存する  側にのみ存する  破棄に存する  動作に存する  ことにのみ存する  永遠性は存する  盡きぬ淨福は存する  余に存する  障壁の存する  理勢ありて存する  近く朝鮮に存する  ものを存する  名称の存する  地に存する  近くに存する  さが存する  多量に存する  温度が存する  付近一体に存する  實證の存する  歴史に存する  至真の存する  過去を存する  タシナミの存する  関心が存する  宇宙間に存する  時の存する  民間に存する  人知以外に存する  世に存する  毛虫は真に存する  記憶中にありて存する  接近して存する  理ありて存する  疑点の存する  俗間に存する  現今俗間に存する  法の存する  意志の存する  記憶の存する  主意の存する  理が存する  承知と存ずる  如才はないかに存ずる  精神尚ほ存する  動機の存する  半面を存する  真価の存する  資質に存する  純朴を存する  心うれしく存ずる  信仰の存する  眞價の存する  むるが為に存する  弊風を存する  古俗を存する  今日現に存する  事物ありて存する  怪の存する  何處かに存する  感情意氣を有したものの存する  感じを常に存する  心を存する  ものは世に存する  所以のものが存する  人あつて世に存する  樹が存する  表面に存する  通則が存する  ことが存する  活力にして存する  氣の存する  筋腱のみによつて存する  意志のみによつて存する  ことの存する  氣息の存する  氣が存する  塞せずして存する  光明が存する  人の存する  交渉の存する  農村の存する  目的が存する  汚点が存する  困難が存する  過程にのみ存する  多数に存する  かなたに存する  世界にのみ存する  真実が存する  方向にのみ存する  長所の存する  事業に存する  斯に存する  外聞と存ずる  手に存する  其内に存する  先づ自然に存する  自然に存する  脈絡の存する  因の存する  習慣を存する  見聞に存する  原因の存する  史蹟六つまで存する  島嶼の存する  写生に存する  東洋的特徴の存する  意の存する  十分に存する  形式にさきだつて存する  興味は存する  那辺に存する  整斉に存する  からうと存ずる  広狭にありて存する  觀に存する  唯一性に存する  御意に任せんとは存ずる  人間に存する  面が存する  解釋に存ずる  変則的状態に存する  逸話も存する  今日西洋に存する  ヤソ教の存する  余熱を存する  地方に存する  国にも存する  今日インドに存する  唱導精神の存する  天稟の存する  深慮の存する  価値を存する  志を存する  一節を存する  点々として存する  金庫を明けたいと存ずる  勢力の存ずる  現実的であることに存する  内面性は存する  かすかに存する  微かに存する  教行は存する  田楽風を存する  何れも存ずる  塚穴につきて往々存する  場所に、比較的のんびりと遺存する  何ゆえ疎略に存ずる  点に懸って存する  愛の存する  関係の存する  本懐に存ずる  一物の存する  相違の存する  家風に存する  意匠に存する  方寸に存する  根底に存する  此點に存する  論証が存する  客観性に存する  



前後の言葉をピックアップ
ぞんじあげ  存じ上げる  存生  存じ寄り  存じる  ぞんずる  存ずれ  ぞんぜ  存知  ゾンド


動詞をランダムでピックアップ
とどろかしかくれる仕舞いまみれ料っ均しおこれる見届けるえがこ飲みゃほつれよつから具わり投げ棄てる擂ら絞ら煙たがっもちだす掛け合お
形容詞をランダムでピックアップ
口惜しかっ見よかれかたくるしく目出度けれいとしくっだるけりゃ厭わしい情なしつらかれねむたい黴臭く激しけれ眠くっ辛かれ暖かしか黒い口さがなきだだっ広くっ見苦しゅう寒から