「子孫」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

子孫[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
子孫に語り伝へられる  子孫にまでおよぼすという  子孫だといわれる  子孫といわれる  子孫なからざるべからずと命ずるに因れり  子孫は未だに人身御供を貪つてゐる  子孫に示した  子孫は絶えましたが  子孫は今も細々と家系を繼續してゐます  子孫が事情あって  子孫は皆法然上人の余流を受けて  子孫は果していかに成り行いたか  子孫たるものが必ずしも永くその祖先の前科の責任を継承すべき  子孫のみならず  子孫に伝えた  子孫に伝えたに  子孫のすべてがこれに役せられる  子孫だと言う  子孫にして  子孫を呪い殺していたか  子孫の裔にまで呪詛を遺して死ぬ  子孫に現われて来る  子孫として祀つて居る  子孫として祀っている  子孫の世には北極はとんでもない天の河のはずれを向いて  子孫に伝える  子孫だけが繁殖すれば  子孫の時代のことを考へてはならぬといふ  子孫を得る  子孫の心臓を勇気をもつて  子孫であることを説いてきかせた  子孫を十倍する  子孫までがあなたを祝福し  子孫であると考えてみた  子孫につたえる  子孫を失ったから  子孫であるか判然しません  子孫の殘つてゐる  子孫へ傳へる  子孫のなかに言ひ  子孫の家は私の家から一二町南にあります  子孫に残す  子孫があった  子孫を希はざれ  子孫と家畜に狂醉し執  子孫を教うる  子孫なればその愚なるも  子孫の教育を害し  子孫じゃそうなだのという話を伝えている  子孫じゃなど言わるるものの  子孫だと云い  子孫をお尋ね出しになり  子孫も多いではありましょうが  子孫が数十人名乗りでたなど  子孫に対して私は極度に用心し  子孫ありとはかねがね耳にしていた  子孫にも報い  子孫と云う  子孫をして  子孫に及ぼす  子孫に生き恥をさらさせる  子孫にお辞儀された  子孫の教育を厳にし  子孫は今も月世界の中に住んでいると考えられない  子孫が今もなお生命をつないでいる  子孫にいいつたえている  子孫を残すに過ぎないと思われていたが  子孫に交附されてある  子孫ではないかと思う  子孫に遺伝するを  子孫に圧制卑屈の根性を成さし  子孫としての代數の相違を見出すも  子孫の爲に住宅を建築する  子孫という人に会った  子孫を残したがっている  子孫と名乗る  子孫だと称する  子孫を生んで  子孫の者が住んでいた  子孫の為に残さねばならないので  子孫にまで執念ぶ  子孫といえども  子孫の育成を本務とする  子孫である所の蒙  子孫が犬の子孫に勝つた  子孫に統一される  子孫から成立つて居るといふ  子孫が落伍して  子孫ますます堕落すべき  子孫だなどと説く  子孫だと解し  子孫は永くその祖先の落伍を世襲させられた  子孫を作る  子孫が守る  子孫は後ち  子孫ででもあるかな  子孫だってえ事になった  子孫の絶えない  子孫を後世に遺した  子孫がわが国に留まって  子孫のすべてを示した  子孫の移り住んだ  子孫が所々に現れて  子孫は必ずしも後の陰陽町や芝辻町などにのみ蟄居して  子孫に遺した  子孫の計がいまだならず  子孫の者はもとは皆信じていた  子孫と共に季節の悦びを味わっていた  子孫の祀を受けずに迷っている  子孫の我々として尋ねて  子孫にゆずる  子孫の安否まで考える  子孫の続く  子孫の蕃殖をもお手伝いする  子孫の徳性と健康とを破壊する  子孫を産んでいつた  子孫を美しく繁殖させた  子孫の計未だ成らず  子孫であることが分ったから  子孫は生川の姓を名乗って  子孫に霊気をつたえているに  子孫のために存在したる  子孫の謡曲の相手に招かれ  子孫に遺誡でも垂れた  子孫と称する  子孫ではなくて彼自身であったかも知れない  子孫だか誰だか知れんが  子孫の中にも天皇の血をひく  子孫が今日大富豪であると分っていても  子孫に表現されているという  子孫はどこへどうなった  子孫の中から北村君のような物を考える  子孫に訓辞をたれていられない  子孫のうちでここが最初に復活した  子孫がいる  子孫の実在を信じての  子孫がどこかに隠れている  子孫を地上に繁殖させた  子孫をこの神秘境に限りなく繁殖させよう  子孫たる現代の天皇がどうだこうだ  子孫や帰順者の首長を国ツ神に仕立てて  子孫がスワの大祝として今に相伝えて  子孫がコマ神社宮司家であることになっている  子孫が引き裂かねばならぬ  子孫にとって当時の事情として都合がわるい記事があった  子孫の一人が建暦元年から承  子孫が武蔵の守となって  子孫の分派にもコマ氏があるが  子孫にもコマ氏があるぐらいだから  子孫が武蔵の守となった  子孫がこの遺言をまもり  子孫が山岳宗教と結ぶ  子孫が山伏になった  子孫に臨んでいるかの  子孫が殖えて行くばかりです  子孫を殖やす  子孫を根絶やしにされねばなりません  子孫に傳へる  子孫に傳へると  子孫は侯爵になつたかも知れん  子孫を毆打負傷せしめた  子孫が父祖を毆打して  子孫を證人に立てぬ  子孫が父祖を告訴する  子孫の干  子孫は決して父祖の私惡を告訴する  子孫が父祖から不當非理な迫害を受けた  子孫が祖父や父の御指圖に背く  子孫として祖父や父を供養するに  子孫の意味であるとされた  子孫が繁昌して居る  子孫もみな繁昌しています  子孫は更にこの遺産を増殖し  子孫と自称する  子孫だと悪口せられる  子孫と考へた  子孫として居た  子孫になる  子孫に至るまで  子孫へと果てしなくつづいてゐる  子孫に詫ぶ  子孫であると思っている  子孫には伝はつて居る  子孫のもてなしを受けられる  子孫は今では一人もおりません  子孫を尊敬する  子孫たる土岐頼芸を国外へ追放した  子孫は信長の居候をしていた  子孫にひそかにつたえたに  子孫からこの秘密を買いとったか  子孫を根だやしにして  子孫があって  子孫と称していやがる  子孫と名乗り特別の由緒を言いふらしている  子孫を追った  子孫だけが山奥に残って  子孫を追うに至った  子孫は従者に多くの黄金を背負わせて  子孫が自分の祖神のミササギであると称している  子孫をもって継がせよ  子孫の狐が嫉み  子孫の人達に懇ろに祭られている  子孫をかかえて  子孫に伝えたい  子孫は分布されている  子孫はもう住んでいない  子孫を防衛する  子孫に伝わるとでも申しましょうか  子孫が住んでいる  子孫がそれを忘れてはならないという  子孫ではあったろうよ  子孫が今も栄えてゐるといふ  子孫を未だに有り  子孫は朝廷に仕えてきたが  子孫が後年建てた  子孫の世となっては  子孫が徳川家へ仕えた  子孫もゐたが  子孫から日本語を習得して来たとすれば  子孫かどうかは知らないが  子孫へ無理やりに自分の華やかなりし  子孫が贅沢は覚える  子孫の力をかりて呪ってやる  子孫を解放する  子孫に伝えようの  子孫を斷絶せしめないと  子孫の方もいらっしゃいます  子孫を遺す  子孫にまで禍を遺すかも知れないなどとも思って見る  子孫であるとも伝えられている  子孫とは云いながら  子孫の末を案じたらしく思はれる  子孫に遺りもしよう  子孫であつたかとプチジャンは狂喜し  子孫は続々と現れてきた  子孫がその上に君臨すべき  子孫をたずね出して  子孫というものを持たねばならない  子孫を殖やしませんが  子孫に及ぶの  子孫に残すべき  子孫を託すべき  子孫の繁栄を乞願はしめ給ふ  子孫に残さうといふ  子孫の余栄を願ふお  子孫永く武門の面目として語り継がん  子孫に示さんとするのみ  子孫よりも優っていただろう  子孫が産れて来ると  子孫に伝へられ  子孫を残す  子孫を生じた  子孫相継ぎ弟子相受け  子孫にまで遺ろうという  子孫も才子才女が出来て  子孫を立てずに  子孫も代々田舎にうずもれて  子孫だということをお聞きになって  子孫という家もあって  子孫の者がその俵の尻を叩くと  子孫が大いに栄えたという  子孫なりと称したという  子孫といい  子孫なることの果報を述べる  子孫永く疎略之儀有之間敷候と云ふ  子孫の繁栄する  子孫に対して同情こそすれ  子孫の末々までまるで筋が違う  子孫に累いをなすべき  子孫に累いをなしているでありましょうか  子孫に遺伝するか  子孫相つぐに及んで  子孫がだんだん殖えて  子孫が世襲しなければならぬ  子孫ではありません  子孫永くその賤民たるの地位を世襲せしめ  子孫であろうなどという人もありますが  子孫が今のわれわれの幽霊の行列をながめるであろうという  子孫にとっては全く新しい世界が生まれるであろう  子孫も握手して見れば判る  子孫だとみずからを感じてる  子孫に与えるのに  子孫を産み養い育てる  子孫を護るべしと  子孫に対して新しい習慣をつけさせ  子孫多くなり  子孫は永く落伍者としてそのままに存置された  子孫永く祖先の落伍を世襲せしめられた  子孫のことに思いをいたすべきです  子孫に遺しただろうよ  子孫たる事を認め  子孫を遺そうとしている  子孫に対して持つ  子孫までも安居楽業せし  子孫の実力生活の参考にするが  子孫を導く  子孫に当たっている  子孫にもあたる  子孫の中で福分のある  子孫のうちの最も大きな勢力をもっていたらしい  子孫の末を心配しながら死んだ  子孫にあたった  子孫にあたるという  子孫の目の前に息づいているかの  子孫が繁昌するなら  子孫のために一巻の軸とすると書き添えた  子孫を運びゆく  子孫の運は仏神にお頼みするばかりであるとして  子孫が栄えないなどと言う  子孫のためにもこのままに放任すべき  子孫のためにもこれはゆるがせにすべきでないと思って来た  子孫への愛の深さが思われ  子孫の絶えていく  子孫を広げてもらえば  子孫のためになされた  子孫の殖えると共に  子孫と言われる  子孫を血の悲劇で彩らしめた  子孫に限られてますね  子孫に伝わるのでなくして  子孫なりと自称する  子孫がこんなにまで貧乏になった  子孫で繁昌してゐた  子孫のために娶る  子孫ようやく繁殖して  子孫の繁栄を図ろうとした  子孫に限り  子孫戯れに狼の糞を打ち出せと求めた  子孫と称しいた  子孫に与え  子孫の統率のもとに属せしめられたる  子孫を天師と崇めた  子孫の末までもその尸を捉り去り食うという  子孫の餌として毎日一人ずつくれと  子孫だから世々蛇を族霊とした  子孫に小言をいう  子孫今にその業を伝えて  子孫の為に残すなら  子孫を教育するに  子孫のためかと存じまして  子孫に志をつがしめよ  子孫のため事の顛末書き残しおきたく  子孫にも承知致させたく候えば  子孫かと思う  子孫とせられた  子孫であると言ふ考へ  子孫は此同情に裏切りして  子孫の中から出ている  子孫へと受け継がれて  子孫にたくさん金を遺してくださらん  子孫が埃及にありてなしたる  子孫の代になりまして  子孫の多くが不肖にして  子孫がそうなるか  子孫がこの家憲を守る  子孫に充分の活力を保たせてやらねばならぬ  子孫の教育にわるい結果を残す  子孫のためにと言って  子孫の仇となる  子孫も自ら伸び伸びとして素直に成長し  子孫のために美田を買わずという  子孫にあやまり  子孫の家にみなぎった  子孫の為めとでも云ひませうか  子孫に害を及ぼす  子孫には伝へまいといふ  子孫に怠け者の出る  子孫をもうけ  子孫へ向って  子孫を遺そうとしております  子孫は沢山の加増にあづかつたといふ  子孫が三千人もいたので  子孫を生成する  子孫を熱田の大宮司になしたと云う  子孫だともいう  子孫も顕れるし  子孫のものが欺かれる  子孫がこうした村の状態の源は遠い祖先の政略であったことを忘れて  子孫を畸形の出来そこなった  子孫でしかないように見え  子孫が残っていて  子孫のために美田を買わず  子孫が存在して居るに  子孫が繁殖する  子孫を継ぐ  子孫を継ぎ  子孫を継ぐべき  子孫の腕や注意力がにぶって来たとしても  子孫のために作った  子孫であると伝えられている  子孫で正二位大納言まで行ける  子孫だというが  子孫について尋ねる  子孫の家に俳句を記した  子孫の時代迄も考慮に入れて  子孫にも語り得ざる  子孫が世々その業を繼襲し  子孫の祖先になる  子孫にも伝はるであらう  子孫の遺産になる  子孫の時代に遺すといふ  子孫のしげる  子孫に對しましても  子孫が殖え  子孫を播いてゐる  子孫のやうに茂つてゐる  子孫がそこに幾らも存在していても  子孫に相続させたくなる  子孫がすべてこれを相伝する  子孫の側から云ってみれば  子孫がそこらに遺っておってもしかるべき  子孫だと称した  子孫であることを認めておった  子孫を今に八瀬童子と呼んでいる  子孫というものはひとりこの八瀬童子のみには限らぬ  子孫とも呼ばれ  子孫の末々に至っても  子孫に累をなした  子孫が繁衍するとともに  子孫を殖やして行く  子孫に遺してはならない  子孫の不幸を醸し  子孫の禍源たるを余処に見て  子孫のことを多少でも考えない  子孫の繁盛という事を考えて  子孫まで續けて纏まれる  子孫も既に成長し  子孫の為めに遁る可らざる義務なりと知る  子孫に病質を遺して  子孫を利し  子孫だと云う  子孫だとして著名ではあるが  子孫と称せられた  子孫をふやす  子孫に豪傑を出す  子孫にはろくな物は出ない  子孫なりとの傳説あるによれり  子孫の罪業をのべかつ  子孫に善人なければなるべし  子孫にむくいむ  子孫の過去未來における一切の罪業も法王虐待の一事に比ぶれば  子孫もその徳に浴する  子孫の族長たる有位の人と言ふ  子孫が尚あるが  子孫のある  子孫の流民の芸能の間に潜んで来た  子孫における生の存續の如き或は後の世に遺される  子孫の受けた  子孫を賤んでこれを疎外するに至るとは  子孫が多い様ではありますが  子孫を残しているに  子孫をみれば  子孫がだんだん増殖します  子孫ではなかろうかと申します  子孫だと自ら名告っておりました  子孫だと云われていまして  子孫だと認めておった  子孫だと言われていた  子孫だという旧家は所々にあったが  子孫だということを認めておった  子孫たる穢多寺の住職を疎外したなどは  子孫のクシヤタマの神を料理役として御馳走をさし上げた  子孫であることを説明しようとした  子孫のあふべき  子孫をかくねん  子孫の受くる  子孫の徳に補はれざれは  子孫なるグイーディの一門を指せるなるべし  子孫の養育に関する疑惑によって妨げられる  子孫についてはかかる  子孫の大部分が幼死を遂げざるを得ず従って  子孫がすべて十分に扶養され  子孫の代の珍客に移したのに過ぎぬ  子孫に同じき美しさを賦与した  子孫の中の正統なる村君のやり口を難ずる  子孫相継いで大和朝廷に歴仕した  子孫のない紫の上と別の家のこととを比較する  子孫の繁栄を得た  子孫に対して悲惨なる害毒を流しつつある  子孫の生れいづる  子孫が世々その業を継襲し  子孫に当る  子孫と言い伝えられてますが  子孫はつい近年まで門司に住んでいたが  子孫を彼地に残したと書いた  子孫も椙原氏を称した  子孫だが一風変った  子孫に貽せる  子孫はひどく繁昌した  子孫はどこへか立去ったという  子孫のゆくえを詮議する  子孫は博多へ流れて行って  子孫を蠱惑しようと試みた  

~ 子孫[名詞]1
罔極の子孫に  大正の子孫が  白蛇の子孫  豪族の子孫  頃からの子孫  者の子孫が  国は子孫  狒の子孫は  模範を子孫に  五十嵐大膳の子孫は  九十九完道の子孫は  宣教師の子孫が  職業とを子孫に  前科者の子孫  放免の子孫に  平氏の子孫の  それが子孫に  弓取の子孫は  三千年の子孫の  人民を子孫に  青年が子孫の  吾等の子孫の  太陽の子孫  木虱の子孫を  わたくしの子孫までが  正統の子孫  土地をつたえるべき子孫を  今も子孫の  隱して子孫へ  瀧浪の子孫の  我々が子孫に  それらの子孫の  落武者の子孫  ことを知りて子孫を  乱りて子孫の  蝦夷の子孫  蝦夷の子孫じゃ  蝦夷の子孫じゃなど  兄の子孫  その後売輪の子孫を  移住民の子孫も  蝦夷の子孫に関する  余の死するや子孫が  名人の子孫  名人の子孫に対して  名族の子孫  因果は子孫にも  三河武士の子孫  われわれ臣下の子孫を  彼の子孫に  悪魔の子孫は  下は子孫の  人間たちの子孫は  月人が子孫に  代々の子孫に  高等生物の子孫では  信實の子孫の  信實の子孫としての  人たちの子孫では  とき忍術使いの子孫という  血を分けた子孫を  大西の子孫と  山本勘助の子孫  弥五郎神主の子孫の  二千余りの子孫を  物部守屋連の子孫  直系の子孫だけ  やまとたけるには子孫が  ものを子孫の  われわれ末代の子孫にまで  其伝ふべき子孫の  われわれの子孫と  犬の子孫  神の子孫が  犬の子孫に  天神の子孫から  町人の子孫  犬神人の子孫では  ツルメソの子孫では  土師部の子孫  ショウモンの子孫  朝鮮人の子孫  落伍者の子孫は  武内宿禰の子孫は  斎藤道三の子孫で  雪舟の子孫だって  虎の子孫  者の子孫  毒蛇の子孫の  声聞師の子孫の  前者の子孫の  府坂寄人の子孫の  彼らの子孫は  家筋を子孫に  唱門の子孫  田の神は子孫の  一団に入って活きた子孫と共に  立場と子孫の  血を分けた子孫の  百年後の子孫の  江戸ッ児の子孫の  らの子孫の  野翁の子孫を  公卿の子孫  大尉の子孫を  大尉の子孫  詩魂脈々として子孫に  大名の子孫の  猿田彦の子孫と  彼の子孫では  クマソ土グモの子孫の  おかげで子孫が  怪人物の子孫に  士族の子孫の  切支丹の子孫の  切支丹の子孫が  イブが子孫を  土豪の子孫や  命の子孫が  親王の子孫という  後世の子孫が  後世の子孫にとって  ここの子孫の  丹治氏の子孫にも  左右大臣多治比島の子孫が  以後の子孫が  コマの子孫が  後の子孫が  四天王樋口次郎兼光の子孫  立派な子孫が  種子を撒き散らして子孫を  位を子孫に  父祖が子孫を  次は子孫に  裁判に子孫を  總て子孫が  二には子孫として  やうに子孫を  末の子孫の  正真正銘狐の子孫と  黒犬の子孫  鬼共に子孫は  神の子孫と  狐の子孫として  狐の子孫に  後は子孫に  鯨とりの子孫  孔子の子孫  先祖から子孫へと  自ら神の子孫  住民の子孫には  みじめなど覚えている子孫は  土岐氏の子孫を  豊臣の子孫  自分の子孫に  彼の子孫から  神様の子孫という  神人の子孫  旗本の子孫  山キの子孫を  世に隠れた子孫が  大神の子孫と  自ら大神の子孫と  臣下の子孫が  人の子孫を  神の子孫は  神の子孫だけが  神の子孫を  オーカミイナリの子孫が  亀山天皇の子孫を  多くの子孫を  名和家の子孫は  長者の子孫は  遺伝から子孫を  土着した子孫が  一茶の子孫の  不肖な子孫では  浜田家の子孫が  浜田弥兵衛の子孫の  材料も子孫の  四天王内藤駿河守の子孫が  切支丹の子孫も  人達の子孫から  己達の子孫の  われわれの子孫を  私は子孫  つて一家の子孫を  一族の子孫  支那人の子孫  祭神の子孫  神様の子孫とは  さうな子孫の  移住者の子孫  切支丹の子孫で  切支丹の子孫は  彼の子孫が  加藤肥後守清正の子孫を  お前の子孫という  中で子孫を  佳運を子孫に  これを子孫に  時代の子孫よりも  宗教家業の子孫が  立派な子孫を  カインの子孫は  信長の子孫を  諸君の子孫が  王様の子孫  われらの子孫を  日本に残った子孫も  仲麻呂の子孫  士族の子孫  貧農の子孫  のちに子孫の  太童のごとく子孫が  者の子孫なりと  自ら鬼の子孫と  侍者の子孫と  皆自分の子孫  後嗣ぎの出来て子孫の  エタの子孫  #捕虜の子孫  落伍者の子孫に対して  それを子孫に  いつまでも子孫が  人々の子孫の  エタの子孫では  土人の子孫  帰化人の子孫  帰化人の子孫に  俘虜の子孫  われらの子孫が  人間の子孫にとっては  民の子孫で  人種の子孫  未知な子孫に  外国人の子孫  名家の子孫と  幸運児の子孫は  落伍者の子孫  何よりも子孫の  お前さんの子孫の  山県三郎兵衛の子孫で  畑を子孫に  自ら鬼の子孫  アイヌの子孫  大切な子孫を  各自の子孫に対して  体験を書き遺し子孫の  斯波兼頼の子孫に  エドワード三世の子孫にも  君主の子孫  君主の子孫の  そうな子孫の  十七代目の子孫に  三浦一族の子孫に  姿で子孫が  後の子孫の  今後の子孫の  報いで子孫が  自分らの子孫の  あなたによって子孫を  女性の子孫の  名は子孫の  光源氏の子孫と  柴田の子孫では  奴等の子孫  万葉人達の子孫  クロモソームを通して子孫に  王柬之の子孫が  娘たちとの子孫で  ワシントンの子孫の  女房は子孫の  別天地に子孫の  秀郷の子孫に  愚俗これを信じて子孫を  郡司の子孫  方が子孫の  猿の子孫  王の子孫かと  夜叉神等の子孫と  彼等の子孫は  祖先から子孫へと  始祖エンドレの子孫では  天津神の子孫で  われわれの子孫に  イスラヱルの子孫が  成功者の子孫が  成人する子孫に  人は子孫の  金は子孫の  如何にせば子孫を  順境に育った子孫に  流罪人の子孫  安倍晴明の子孫の  後を継がせる子孫が  狐の子孫の  わたくしは子孫の  人は子孫へ  享受し子孫を  日本人の子孫が  #狐の子孫などの  青砥の子孫も  ヘザールの子孫という  オクタンの子孫という  ヘザールの子孫も  二人の子孫という  ラノン海賊の子孫  北野家の子孫が  すべての子孫を  悪のかたまりの子孫でしか  今日も子孫が  苗を作り子孫が  それは言わずと知れた子孫を  自分の子孫を  動物が子孫を  帰化人の子孫でも  仮りに子孫の  それは子孫の  妖物の子孫  名門の子孫  頼通の子孫から  道長の子孫で  俵藤太秀郷の子孫  我々の子孫の  僕等の子孫の  僕等の子孫にも  すべてを子孫の  鬼の子孫  山間僻地にまで子孫を  椋の木の子孫の  血を分けた子孫が  一切の子孫が  これを子孫の  これら術道家の子孫  護法の子孫が  鬼の子孫と  鬼の子孫という  地主神の子孫  山人の子孫  天狗の子孫とも  ことが子孫に  当人の子孫が  霊物も子孫を  先住民の子孫  恥を子孫に  延て子孫の  狂乱以て子孫の  日本人は子孫の  祖先から子孫まで  渋江氏が子孫の  家を利し子孫を  役を勤めたものの子孫  彦命の子孫  土蜘蛛の子孫と  エレクトラの子孫  トロイア人アンテノールの子孫なりとの  己が子孫の  これを望まざるは子孫に  我々の子孫も  正統の子孫の  世の子孫が  安倍の子孫は  其人に子孫の  海部の子孫の  原住者の子孫で  源家八幡太郎の子孫に  殉教者の子孫の  殉教者の子孫を  捕虜の子孫  帰化人の子孫が  後に子孫を  先祖より子孫を  神様の子孫  帰化人の子孫では  先住土着人の子孫  先住民族の子孫  殉教者の子孫  命の子孫  神の子孫の  神の子孫  汝等カルロの子孫の  誇りも子孫の  グイードの子孫  直系の子孫は  家の子孫では  ために子孫の  結婚による子孫が  胎より出た子孫に  者の子孫として  落人の子孫と  全うして子孫の  多病ならざる子孫の  貴族の子孫に  足利尊氏の子孫と  土壌で選んだ子孫までの  オランダ移住民の子孫  ものが子孫に  薛氏の子孫は  家の子孫は  後住者の子孫を  

~ 子孫[名詞]2
其の子孫  その子孫  まだ子孫  遠い子孫  必ず子孫  若い子孫  逞しい子孫  そういう子孫  この子孫  しつこく子孫  わが子孫  数多い子孫  ことに子孫  永く子孫  もちろん子孫  われと子孫  常に子孫  我が子孫  決して子孫  ひいては子孫  単に子孫  さらに子孫  

複合名詞
子孫代  子孫ら  子孫当  子孫代々  子孫長久繁榮  子孫北方  子孫繁盛  後世子孫  子孫相伝え  子孫みずから  子孫永久繁昌  子孫田原藤太秀郷  子孫蝦夷  呉子孫子  二子孫権  子孫策  我子孫たる者  子孫たる者  子孫繼承  子孫相続云々  子孫相続  自家子孫  子孫不可相繼之  子孫たち  子孫等  汝等手技如不下伝二習上子孫一  子孫弥  其子孫皆  子孫マルグヴェン  子孫橘東世子  子孫備中  其子孫  來看野翁憐子孫  子孫四郎利長等  子孫存続  蘇民将来子孫  父豊浦大臣子孫等皆  其父豊浦大臣子孫等皆滅  子孫多治比古王  子孫万歳  子孫兄弟同志  子孫弑二其祖父母  レ宣レ令下子孫  疊次子孫  而子孫擅殺二行レ兇人一者  而子孫別レ籍  矢張り子孫  子孫違二犯教令一  凡子孫  凡子孫祖父母  子孫祖父母父母  只當時子孫欲僭竊  所以言公侯子孫  公侯子孫  子孫長久  子孫高時  子孫酒  子孫繁栄  子孫連中  子孫繁栄欲  子孫繁昌  結局子孫  子孫達  子孫末代  子孫ガソノ上  子孫敢  子孫ノタメトハ唐突デス  子孫ハ  為子孫  子孫断絶  子孫いつ  其子孫一統  づべき子孫  子孫一村  子孫万世ニハ及ボスベカラズ  ソノ子孫  子孫みな義邦  父祖子孫相  一門子孫  子孫ガ迷惑シテ  子孫繁昌家内和睦  子孫後世  子孫二  子孫三  元来子孫  子孫遺恨  孔子孫孔安国  自然子孫  子孫教育  子孫也  子孫永続  子孫繁殖  つて其子孫  子孫ニ至テモ富  子孫後裔  子孫安倍氏  すべて子孫  子孫仁侠  つて子孫  子孫今  子孫頼朝  子孫住職  子孫自身  子孫こ  子孫我  直系子孫  傍系子孫  父祖子孫  子孫蜂須賀氏  子孫アルト  子孫連綿  



前後の言葉をピックアップ
しそこなう  しそこなっ  士卒  シソレニハ  至尊  仕損じ  仕損じる  しそんじる  私蔵  死蔵


動詞をランダムでピックアップ
かけちがい迷い込み突き当たり登れ担げるふきかえさ取止め靠れる見返せ被さるあきれかえろよりそっ飛びださくみとら書き表すとりおさえろ走り込ま濁らし居りゃ股がっ
形容詞をランダムでピックアップ
かそけき粘いうとましく温かかっしらじらしそらおそろしくたわいな物凄かっ白き優し手酷おこがましくねたましかっくどき縁どおい情なにぎわしい熱っぽいめんどくさくっなさけなくっ