「太夫」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

太夫[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
太夫という当時の批評家が得意のCalembourを用いて  太夫の道中といふことを土産噺に見物して行かうとしたからである  太夫と言うた  太夫と言う  太夫を称へる  太夫の名は二十二年ごろ緑雨が初めてその名で発表した  太夫という名からして  太夫という人が度々遊びに来る  太夫という人を是非見せてくれと頼んで  太夫の声の音色が義太夫の太棹の三味線の音色とぴったり適合している  太夫へ質問する  太夫が居らぬ  太夫の見台が二つにわれると  太夫はそれを見ると  太夫は平太郎の隙を見て  太夫の両肩をしっかり抱きかかえて  太夫の死骸の前へ往って諸肌を抜いで  太夫の切腹をした  太夫の死体はどこにある  太夫の死体も柱の下の折れた  太夫になっていた  太夫が祝儀をのべて  太夫はおびえた  太夫は言っていたが  太夫がいて  太夫を小姓に使ったが  太夫の家で一晩歌会をした  太夫の家に居りました  太夫やも寄合つて更めて法事を営みましたが  太夫が語ると  太夫に惚れてゐた  太夫の方ぢや何時もの冗談と思ふから  太夫につめよつて来た  太夫といい  太夫しゃくりが出るから  太夫と知合いになった  太夫の連名を筆太にかいた  太夫だか一段聴いて  太夫になって  太夫が用いすてた  太夫は素人の巧者と云ふ  太夫を傭ふ  太夫の選擇に依つて  太夫の心持次第と云ふ  太夫の如きは火鉢に用ゐる  太夫はなみなみ水を盛りたる  太夫の手にも住ま  太夫はふと外の方に眼を遣りたりしに  太夫は受け住めたる  太夫の挙動を打ち  太夫はすごすご木戸を入りぬ  太夫だけになお悪いかもしれない  太夫の中にも寄席に出で  太夫の周囲を廻って歩いた  太夫に嫉妬を感じた  太夫とかいう瓢箪の紋の提灯をさげた  太夫という  太夫を子供心にすっかり覚えこんでしまった  太夫は厚いふきを重ねて  太夫の咽喉と口腔にある  太夫の声を吸収同化して  太夫と青砥弥助をふいに訪ねた  太夫を知らんというは  太夫といって  太夫の一行があります  太夫が館と揚屋を歩くだけの  太夫の寄せ書を集めた  太夫に任せておく  太夫を呼びにやる  太夫にでもなるか  太夫のひろめをする  太夫の位を張ろうとするほどの  太夫から下座に至るまで  太夫にだけは明かすが  太夫の義辰の今朝の意見を聞いて  太夫と女芸人は水際立っているねえ  太夫のおゆるしがなくば一歩も通せぬ  太夫を相手とすれば  太夫と禿とを侍らせて  太夫になれた  太夫になったとしても  太夫に申し上げまする  太夫の選択にうけみでなければならない  太夫は皆三河から来たが  太夫とも云ふ  太夫がうーと一言うなると  太夫は語らないで  太夫が入らない  太夫が客に向って  太夫と称せし  太夫も下座の囃子方もみな素人の道楽者を狩り集めて来た  太夫は心配して  太夫も今夜は一生懸命に語った  太夫は弓を千ち  太夫を尊敬して呼び習わした  太夫といっている  太夫がそういうてはります  太夫に習わせるといった  太夫がいなくなってしまうと  太夫と申します  太夫を頭にして  太夫が堀川の御一家を仇のように憎んでいる  太夫がそう答えますと  太夫は歯噛みをして  太夫と申す  太夫が御文に無礼でも働いてはならないと  太夫と危くつき当りそうになりました  太夫の姿を見守りました  太夫からあの暗討ちの  太夫もさすがに我が折れた  太夫が高扇を使いながら  太夫はあの朝の事を思い出した  太夫は恐れ入った  太夫も近頃はめっきり老耄れたと見えまして  太夫は今までの元気に引き換えて  太夫も口を噤んで  太夫はしばらくためらっていた  太夫と云う  太夫のした  太夫が一人もいないんでね  太夫らしく他所行きになって  太夫になるだけでなく  太夫が唐人語を使って  太夫はいかにも怪しい唐人語を使って  太夫もし  太夫は責を負うて  太夫とかい  太夫が自分の筆になる  太夫の位の下に隠  太夫には裃を着けず  太夫のあやまり  太夫の三番叟でも御覧になるんでしたら  太夫を名のる  太夫の君などという少年上がりの人も混じって来ているが  太夫の卵と見るべき  太夫の名を掲載していた  太夫が笑つてゐるぜ  太夫が笑つてゐても  太夫の身のなる  太夫とし  太夫の出府も間はあるまいというので  太夫に申しあげたら  太夫によく申しあげておくよ  太夫の前へ出て  太夫に認められた  太夫のありがたいお言葉を考えていた  太夫は偉いところがあるね  太夫はもうちゃんと二人のことを知っていて  太夫から諸士へ廻された  太夫の耳に入れる  太夫に申入れるには  太夫に会ってと  太夫と打合せをしていると聞いて  太夫に聞いてもらおうとした  太夫は京師を出発される  太夫に火急な用事でもあった  太夫にそんな内情まで打明けるが  太夫に背く  太夫を裏切る  太夫に逢わずに帰ってきた  太夫に会って  太夫が腹にいれた  太夫おこよを妻として召捕られたかの  太夫聞いてさては我が能まだ上手に達せずと  太夫といわれた  太夫の緑雨醒客のある  太夫であって馬扱いには慣れていた  太夫となった  太夫の気分とを集めた  太夫という若い美しい堺の芸妓くずれの  太夫と呼ばれる  太夫というので  太夫が二人あって  太夫となってやってきた  太夫がひとりござって  太夫のイキで行かなければいけない  太夫ででもあろうかとお高は思った  太夫を招いて  太夫が男のことで悩みぬいて  太夫や糸やその他をあわせて  太夫も世間にはたくさんあったが  太夫が阿古屋をつとめる  太夫という方が羽織袴を召して  太夫という方の御人品に大そう感心をされまして  太夫と不義をした  太夫の舞台に生き写しであることがわかった  太夫に似ている  太夫と瓜二つになっている  太夫の舞台姿にソックリの娘さんが居る  太夫が年増でこそあれ  太夫が立派な硯箱と金紙の短册とを出して  太夫というものの探り試みし  太夫は喋るまい  太夫は舞い  太夫もいた  太夫とは寝室へ隠れた  太夫の差した  太夫のいう  太夫の最後の言葉に傷つけられた  太夫の服を着  太夫も反閇を行ふ  太夫と称する  太夫と呼んでゐたと  太夫と呼ぶんでしたかね  太夫は歌の拍子を取る  太夫を見上げる  太夫と洒落ぬ  太夫の部屋に起きていて  太夫とかいふ女をつれて  太夫の仲にあっても  太夫をみこともちと訓む例もある  太夫が声を合してかたり出した  

~ 太夫[名詞]1
沖の太夫を  それは太夫の  遊女を太夫と  やうをば太夫へ  幽霊は太夫の  水芸の太夫に  程の太夫  最近に現われた太夫  大事な太夫  曲独楽使いの太夫  顔を上げて太夫が  あいつが太夫に  清元の太夫と  ほかの太夫は  清元の太夫に  いずれの太夫が  臨時に太夫を  之れは太夫の  演芸中の太夫は  頭を回らして太夫の  無官の太夫じゃ  伴奏は太夫の  清元の太夫とかいう  朝散の太夫の  無官の太夫と  無官の太夫  朝散太夫を  ような太夫は  上手の太夫の  園は太夫の  島原の太夫を  揚屋から帰る太夫の  道中とは太夫が  名ある太夫の  芸子と太夫を  ゆくゆくは太夫にでも  五位相当の太夫の  所ノ太夫の  美音を以て聞えたる太夫  所ノ太夫を  常磐津の太夫に  里の太夫という  チョボ語りの太夫も  床の太夫も  能樂の太夫  松浦の太夫は  者が太夫を  口にして太夫と  見世物小屋の太夫  父は太夫に  朝散太夫と  田甫の太夫と  富本常磐津の太夫には  島原の太夫の  浄瑠璃外題と太夫の  松を太夫と  拙者から太夫に  彼としては太夫の  手柄が太夫に  延び延びにされた太夫の  ことまで太夫の  ことを太夫に  隙間に太夫に  それを出してやられる太夫の  何か太夫に  俺は太夫に  義理にも太夫に  俺は太夫を  田圃の太夫と  綺麗な太夫じゃ  軽業の太夫  女軽業の太夫  一流の太夫  いにしえの太夫の  乞士としての太夫で  太神楽の太夫と  島原の太夫から  方は太夫の  女歌舞伎の太夫で  手品の太夫を  旅で鳴らした太夫が  手妻使いの太夫  自分が太夫に  声をもっている太夫も  折の太夫の  河内職の太夫に  舞の太夫も  江戸では太夫と  歌舞妓の太夫で  男を太夫と  格好をして太夫を  自ら無冠の太夫と  馴染の太夫の  三味線からつづいて太夫が  

~ 太夫[名詞]2
何故太夫  あの太夫  単に太夫  どんな太夫  ない太夫  数多き太夫  すぐ太夫  この太夫  しばし太夫  いくら太夫  もはや太夫  やっぱり太夫  何やら太夫  せっかく太夫  時に太夫  わざと太夫  もし太夫  いっぱし太夫  その太夫  

複合名詞
竹本小春太夫  小林權太夫殿  説経太夫  八太夫  八太夫座  角太夫  薩摩太夫  八太夫以前  和洲郡山柳沢権太夫  太夫さん  つて三太夫  舞太夫  女舞太夫  此女舞太夫  太夫職  交野左京太夫  左京太夫  熨斗太夫  三世清元延寿太夫等  太夫鹿の子  竹本相生太夫  豊沢松太郎竹本播磨太夫  猿丸太夫  右衛門太夫宗仲の館  堀田伊太夫  伊太夫  オオ伊太夫  従兄佐橋源太夫  源太夫  九太夫はん  九太夫  太夫どの  猿太夫  斉藤源太夫  郷士鷲塚佐太夫  側役平田喜太夫殿  和泉太夫  鼠小僧治郎太夫  士太夫  上田治太夫  治太夫  太夫殿  太夫孔融  修理権太夫  太夫等  幸若観世太夫  小浜太夫  常磐津文字太夫  光禄太夫  太夫着  山莊太夫  戸田忠太夫  建部四国太夫  四国太夫  女太夫  名工四国太夫  富士松加賀太夫  鳥飼八太夫  鈴木源太夫  領主河井右近太夫  白太夫  太夫所  其時節与八郎家来渡辺金太夫  渡辺金太夫  孔太夫  富士太夫  式部太夫  皇后宮太夫三室戸伯爵  吉太夫景  鎌田源太夫  吉太夫  吉村甚太夫  加藤安太夫  三男市太夫  四男五太夫  市太夫  五太夫  目附畑十太夫  次郎太夫  畑十太夫  忠太夫  雲太夫  ぱらつて薄雲太夫  作太夫  善太夫  葛西左京太夫晴信  太夫様龍馬左右八月十六日森玄道様井藤  太夫様EOS  算所太夫  山荘太夫考  太夫一畢  山荘太夫  陰陽師博士小太夫  永野善太夫  足田市太夫  算所足田主馬太夫  須富田村足田七五三太夫所蔵文書  竹割り虎太夫  虎太夫  太夫身支度  小豆島紋太夫  紋太夫  これ紋太夫  紋太夫胸  頭領小豆島紋太夫  まま紋太夫  海豪小豆島紋太夫  紋太夫即座  振り紋太夫  豪勇小豆島紋太夫  武士小豆島紋太夫  紋太夫殿  日紋太夫  太夫さん気取り  清元喜路太夫  喜路太夫  伊勢崎九太夫  たび九太夫  先代清元延壽太夫  九太夫役  延寿太夫  田岡甚太夫  甚太夫  甚太夫喜三郎  唯一人甚太夫  甚太夫主従  甚太夫辱  求馬左近甚太夫  木暮武太夫  先代木暮武太夫  武太夫  太夫たち  百太夫社  百太夫像  百太夫  太夫三味線弟子等  小林六太夫  座附太夫  抱太夫  小林六太夫座  菊太夫  百太夫以前  木偶師菊太夫  もの百太夫  百太夫定着  家内太夫入門  家内太夫  時家内太夫  太夫滝  江戸和泉太夫  清太夫  太夫の  百地三太夫  木暮武太夫旅館  井上佐太夫  斧九太夫  柳沢権太夫  奸賊紋太夫  摂理太夫  稲生武太夫  佐太夫  奴太夫  清元家内太夫  金紫光禄太夫  議太夫  通儀太夫  大中太夫  朝議太夫  朝請太夫  太夫ナリ  右近太夫  太夫浅野内匠頭長矩  太夫藤木氏  揚巻太夫  太夫様  絲川恒太夫  角太夫節  山椒太夫  鈴木九太夫  小笠原左京太夫  太夫町  花桐太夫  雪太夫さま  太夫様ご存じ  雪太夫  太夫道中  太夫娘  大膳太夫盛忠  三座太夫  女太夫さん  妻太夫さん  佐藤源太夫  佐竹左京太夫  用人松原郡太夫  中川修理太夫様  左京太夫致忠  高島四郎太夫  四郎太夫  左衛門太夫氏勝  伊太夫その他  伊太夫はじめこちら  伊太夫はじめ能登守  倉八十太夫  太夫義辰  太夫以上  太夫自身  太夫父子  太夫義辰殿  越路太夫  住太夫  津太夫ら  綾瀬太夫  播磨太夫ら  伊達太夫  相生太夫ら  四代目延寿太夫  伊太夫はじめ  斧九太夫以来  大蔵太夫  伊太夫殿  松尾太夫  所太夫義辰  美濃太夫  藤井紋太夫  吾太夫  渋沢篤太夫  木暮金太夫  貴方木暮武太夫  島津修理太夫義久  吉原太夫  豊前太夫  夫延寿太夫  養子延寿太夫  四郎左近太夫大勢  河内武太夫  家寿太夫  鎌太夫  常磐津家寿太夫  太夫連  岡野治太夫  治太夫以上  父治太夫  清元倉太夫  朝太夫  皆川武太夫氏  観世太夫  旗本大月権太夫様  市丸太夫  清元延寿太夫  源太夫様  源太夫殿  一人貝沢源太夫  猪上金太夫  金太夫  太夫さん落籍  雛窓太夫  吉野太夫  花人太夫  大矢野四郎太夫  家臣湯浅覚太夫  次太夫  矢伏五太夫  主人伊太夫殿  伊太夫はじめ一族  父伊太夫  野上佐太夫  用人柴田十太夫  柴田十太夫  十太夫  太夫衆  太夫め  太夫一生  土岐右京太夫  松平修理太夫  島太夫  島太夫お前  家来島太夫  太夫達  人形太夫  中川修理太夫  修理太夫  伊太夫以外  伊太夫の  伊太夫直々  主人伊太夫  伊太夫自身  甘利八郎太夫  左太夫  津太夫  太夫い  鬼太夫  代々鬼太夫  林皇后太夫  座頭太夫  仁王仁太夫  江戸錦四郎太夫  中村辰太夫  袈裟切り太夫  太夫重昌  兄梶原八郎太夫  參十太夫  其頃十太夫  嬖臣十太夫  小河專太夫  吉田右馬太夫  佐谷五郎太夫  大音安太夫  郡正太夫  庄太夫  庄太夫移住  庄太夫十九歳以前  三世本木仁太夫  仁太夫  初代仁太夫  庄太夫死後  長崎人本木仁太夫二十二歳  本木仁太夫  一世庄太夫  孫二代仁太夫  子二代仁太夫  二代仁太夫  庄太夫良意  仁太夫良永  初代庄太夫以來  初代庄太夫以來世襲的  太夫年齢  今津源太夫  賈太夫  師匠喜知太夫  喜知太夫  國女太夫  鼠小僧次郎太夫  伊太夫様  伊太夫一行  いま伊太夫  原武太夫  大膳太夫  伊太夫周囲  父親伊太夫  伊太夫主従  伊太夫なにがし  平岩次郎太夫  中原武太夫  娘太夫  問屋九太夫  九太夫さん  文太夫  主文太夫  松平大膳太夫様  幸い九太夫  一時九太夫方  権太夫  太夫自慢  松平大膳太夫  九太夫方  九太夫さんたち  庄屋生島四郎太夫  控同心神田権太夫  神田権太夫  太夫座元  雛鶴太夫  名人越路太夫  九重太夫様  太夫ガ道中スルカラ  藤原伊太夫  藤井紋太夫の  つて藤井紋太夫  彼藤井紋太夫  火夫庄司彦太夫  阿波太夫  いま阿波太夫  阿波太夫さん  豊竹和国太夫  和国太夫  洋学者大童信太夫  松田源太夫  亘理権太夫  太夫黒  従二位中宮太夫  天野五郎太夫  用人松平右京太夫  三荘太夫  名人竹本住太夫  故人綾瀬太夫  登り越路太夫  幇間阿波太夫  太夫鼻金剛  太夫樫田阿波守  組与力西田青太夫  柴屋長太夫  松本隣太夫  足代権太夫弘訓  鉄砲奉行石渡彦太夫  是年松本隣太夫  柴屋長太夫三十六歳  東組与力西田青太夫実子  大阪新町太夫  喜太夫  三浦喜太夫  葛城太夫  勘太夫  名人鷺太夫  女太夫共  源太夫一味  延太夫  清元延太夫  日延太夫  念流左太夫  大島左太夫  左太夫用意  左太夫め  万歳太夫  神事舞太夫  後作太夫景行  子弥五太夫  靱太夫  靱太夫はじめ文楽関係者  靭太夫  鉄砲方井上左太夫  加賀太夫  日本太夫  太夫上がり  駒太夫  栄寿太夫  延寿太夫父子吉野山出語  喜久太夫  幸太夫  偶然延寿太夫夫婦  太夫姿  本陣世古六太夫  權兵衞與力井口金太夫同心野澤喜十郎町  登場人物近松半二竹本染太夫鶴澤吉治竹本座  染太夫  春太夫  染太夫め  竹本染太夫  染太夫さん  雷権太夫  咲栄太夫さん  越太夫  九太夫どの  吉野太夫あたり  三庄太夫  今井武太夫  太夫右  太夫方  吉太夫ニ  太夫事  花太夫  花太夫一人  丹羽左京太夫  伴金太夫  船頭左太夫以下  四条中島都万太夫座  万太夫座  都万太夫座  太夫茶屋  曲舞太夫  二女太夫禁止以後  高野皇太夫人  松平太夫  天竺仁太夫  大関天竺仁太夫  ゑで三太夫  浪越太夫  五代目土佐太夫  呂太夫  弥津太夫  大隅太夫  とき九太夫  伊勢崎九太夫さん  村森岩長太夫ガ家蔵タリ  佐太夫始め  佐太夫居常寛濶  金太夫さん  黒太夫  黒太夫一家  



前後の言葉をピックアップ
  弛い  懈い  弛う  大夫  大夫元  太夫元  弛かっ  たゆから  弛き


動詞をランダムでピックアップ
澄渡っ悦べる合わせれ消え去っぬぎすてようけとろかたまっられよ打ち続く歩み寄っいきとどい負わ焚きゃぐずり破れん取交し付けよあせっ捉える語り明かそ
形容詞をランダムでピックアップ
ねつかれ憎くっ愛くるしかっよろしけれ手堅うはやけれあどけなく太くっ悪しき涙ぐましかっ喧しゅう恋しけれ苦しゅう勘定高くっうら寂しく懐かしかっ若若しく少けれだるくあぶなかろ