「太」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
形容詞

~ 太[形容詞]
ば太  すこし太  万太  弁太  丁度太  もう太  つて太  私のように太  眺望太  ない太  早太  高く太  よく太  真白い太  天満橋太  しろ太  羽州太  なかなか太  やがて太  俺太  唐太  衣笠太  広い太  果して太  凡そ太  かねがね太  伊藤太  きり太  握り太  勘太  四方太  澄太  道太  ア太  坊主太  余りに太  叔父太  突然太  から太  分家太  菊太  到底太  少し太  いやしい太  でんでん太  深い太  逸見太  箍太  の太  ひどく太  白い太  丙太  メートル太  城太  ぐっと太  藻太  音無太  どんなに太  長い太  三原太  さらに太  仙太  名人太  こと太  さ太  糸太  猶太  すっかり太  三太  東平太  度胸太  郎太  重々太  ぷりと太  もの太  遠い太  みの太  若く太  上野太  気太  ブカブカ太  青く太  右太  景太  酷く太  決して太  依然として太  日太  程太  時太  態と太  まだ太  小さく太  円く太  丈余太  左右太  思わず太  喜太  姉さん太  づれにゐる太  最も太  何より太  だんだん太  小平太  圓太  ッ太  再び太  軽い太  強い太  一つ太  胆太  いつしか太  初めて太  飽くまで太  九太  柚太  めきめき太  時蔵太  蔵太  づんぐり太  必ずしも太  短い太  命太  番太  つと太  新しく太  低い太  豐田太  亦太  

~ 太[形容詞]
小指の太  これだけの太  木の太  樺太の太  河井さんの太  私は太  ように太  谷村さんは太  神経は太  神経の太  つたのが太  適宜の太  犬めが太  玉の太  さつきの太  園も太  脚が太  体の太  全身からの太  髪の毛程の太  髪の毛の太  芯ほどの太  形だの太  指の太  余残は太  それは太  ものには太  安堵の太  玉金親分は太  蕨は太  頭は太  頭が太  音の太  自然足は太  道頓堀の太  声が太  貴国とは太  わが国が太  反対側の太  魔も太  きょうこそ太  養子の太  胴の太  典薬寮の太  真の太  ことが太  柱の太  土俵ぐらいの太  から元の太  島が太  彼女は太  姉は太  腕の太  桶ほどの太  実業家は太  うめく妻の太  至尊族伝来の太  至尊族の太  鼠位の太  アがって太  寮ノ太  面皰だらけの太  土性骨の太  分家の太  手紙を太  所へ太  艶書を太  一刀に太  此の間に太  小田さんは太  今のは太  足は太  我批評眼の太  彼が太  女子は太  む白地博多に太  胴体の太  胴廻りの太  キモの太  荷造り糸ぐらいの太  鉛筆ぐらいの太  胆が太  脛の太  女子とに太  蚯蚓ぐらいの太  主人の太  縞の太  先生は太  アイスケーキほどの太  唐の太  小指程の太  二番目の太  小倉服の太  線の太  首の太  静也は太  武帝の太  縁の太  てんびんぼうほどの太  かなりの太  押しが太  腕くらいの太  音無の太  六尺豊の太  体が太  私が太  あたりに太  蜜柑畑が太  もとの太  彼の太  紺背広の太  横坐りに太  糸は太  柳箸ほどの太  誰よりも太  長安には太  洛陽には太  手脚も太  度胸も太  木村は太  徳利の太  肉の太  親指大の太  苧糸が太  骨格の太  蜜柑も太  大小に従って太  ため指の太  親指位の太  押しの太  水車小屋の太  すべて唐の太  老人は太  山腹の太  位の太  経筒ぐらいの太  拵えの太  いやに太  針金の太  てめえは太  咽喉くらいの太  船の太  五倍の太  腕まわりほどの太  腕ほどの太  人間ほどの太  さと太  頭ほどの太  閔某が太  姿は太  四方の太  蛤刃の太  夜の太  胆の太  小次郎の太  太鼓の太  涼しげに太  頸の太  ものを太  石も太  其情は太  ものは太  犬殺しは太  赤は太  前足を太  一人が太  対手は太  余計に太  声は太  其声が太  彼は太  一日が太  幸に太  其家族は太  側に太  商人は太  一剋者の太  材木の太  膽の太  相当の太  アスが太  謙造は太  猫の太  近代生活の太  和尚さんの太  感嘆の太  脚の太  此の前よりも太  栄升の太  中年の太  人ばかりは太  料簡の太  奴は太  海底電線ぐらいの太  洋杖は太  法談が太  肚の太  根の太  批評家の太  地主ヲ太  安心の太  浪子は太  先代に太  やうに太  雁頸の太  腹の太  糸の太  貞操は太  程の太  東晋の太  蛇の太  紐ぐらいの太  一廻も太  手に太  人さし指位の太  筆者も太  ステッキの太  祭日の太  下座の太  さんが太  童顔の太  硝子管の太  管の太  先代の太  当代の太  曲際腰の太  むかし晋の太  苦痛の太  僕璽とは太  西晉の太  幾挺の太  先頭の太  加藤は太  三倍の太  一分半くらいの太  米神の太  風変りにも太  ルパンも太  鉄芯の太  

[形容詞]
太兵衛  太さ  太泊  太つた  太方  太などの連中  太奇怪  太息  太腕  太つたの  太左衛門  太ツ  太康  太過ぎるよう  太青  太傅  太師  太僕  太医  太切  太な蒼  太史  太こと  太などの諸君  太義  太祖  太西洋  太の  太が辰之助  太な籐  太て腐れ  太ッ  太み  太みから  太みの  太キ  太左  太そう  太な柄  太縄  太巻煙草  太祝詞  太皷  太四郎  太甚  太寓居  太二  太腿  太寶  太宗  太目  太四郎義利孫逸見利泰  太いくびをねじった  太な杖  太十  太清宮  太喜次  太倉  太ぶと  太過ぎて一反  太太  太重胤  太眉  太洋  太皇帝  太柱  太妙  太脛  太音  太曰く  太衛門  太ぃやづだ  太居  太三  太いくびと  太が大津  太のうしろ  太ひとり  太から  太八  太という友達  太すぎるフルマイ  太層  太が今日  太なんて由緒  太ラセルダケダ  太元年  太和年  太が洋服  太希  太声  太ハ  太ニ  太建国  太神宮  太卜  太などいう仲間  太などの中  太行  太丈夫  太始  太十郎  太でも此點  

名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
太はいま浮沈の境に立っている  太も今日こそは往生したらしいぜ  太は呼んだ  太はわらった  太をうかがって  太は仰天した  太の胸ははりさけるばかりである  太と巌を左右にかかえた  太が浦和町のためにめざましい働きをした  太は目をぱっちりと開いた  太は左の腕と左の脚を焼いたので  太は叫んだ  太はにがりきっていった  太は下くちびるをかんで  太は力なき声でいった  太はどなって  太はどなった  太はそのまま身動きもせずに考えこんだ  太はまっかになって  太つちよのをぢさんの横顏をみてゐましたが  太青洋を通ずるには  太青洋の青々とした  太青洋を擁し  太青洋を距てた  太青洋の伝統を無視して  太青洋の空を越えて  太青洋第一の都市といわれる  太青洋岸にあったけれど  太青洋上に配置した  太青洋の覇王どころのさわぎではない  太青洋に彷徨い出た  太青洋の某無人島にある  太青洋の丁度真ん中に近いひろびろとした  太に購へる  太より起りしが  太だ力めたり  太だ鮮しとせず  太という遠い国の熱い沙漠にいた  太やかな鉄のボルトまで嵌め込まれていて  太という二人の家来をつれて  太には骨食という短刀を懐に入れてもたせました  太があずかっていた  太という若者があって  太の突き出した  太やかな縄に纏わり  太やかなる  太を見たという  太の面影が視野の外に全くは脱逸していなかった  太も古妻の舞ふ行く  太の歌などを作ったといったが  太もとうとう亡くなりました  太のことを思いだし  太の墓のある  太腐れて居やがる  太とかおつまとかいう名前が田舎の中学生の間にも広く宣伝された  太の御所といわれる  太原方面に悠遊した  太の茨のステッキを持っていた  太の青竹を割った  太だ蘇峰氏に似たり  太に基督が生れ  太は八人の仲間をつれ  太のような下等な国に生れれば  太でも羅馬でも屁とも思わぬ  太は叱りつけ  太は子供等に対して戒厳令を下し  太はわたしに言った  太の裏窓に靠れて  太はまたあの黒猫の毒手を心配したが  太はいつもそこへ行って  太の予想は果してあやまらなかった  太はそれから黒猫を恨まなくなった  太は暇があると  太だ以て早速なり  太短い物をさも重そうに担いでいる  太だ世數の少きを常とすれば  太だ遠く算し  太というのは蚊帳を着物に仕立て直し  太の話をきき  太は五十の年を祝ってから  太は同じ事を繰返した  太はまた同じことを言った  太は泣き倒れている  太に向い  太はもう八十のお祝になったが  太やかな縄を引きまとい  太の大工さんの子だけが絶叫する  太とかコマルとかへん朝とか愚かを以て鳴る  太についてみっちり仕込まれた  太の声にはなりきらないので  太が刀をぬいて刺し透す  太短かい指を持った  太なのを横銜えにしてやらかす  太には親しめなかったが  太なのを横啣にしてやらかすの  太の七年還  太の蜜酒を持つて来い  太の例を以ても知らる  太の国を東国と称し  太の安萬侶によつて代表される  太の安萬侶が文を書くに  太の別あたら阿知吉師阿  太原附近で便乗の列車が匪賊に襲はれた  太の血を享けてゐる  太の予言者というものも即ちこういう人であったろうと推量する  太だ重要のことに屬し  

~ 太[名詞]1
ツと太  我は太  井戸やして太や  奴も太  伊勢の太の  んは握り太の  下人が握り太の  於て太  菰に包んだ太  海路をば太  柔道着には握り太の  一本三ツ切にしたろうという握太  一本三ツ切にしたらうといふ握太  足と太  綴つたのが太の  椅阿太の  つては太  

~ 太[名詞]2
猶太  彌太  その太  早太  早太  なかなか太  だんだん太  ぽん太  次第に太  益々太  なく太  太太  さすが太  更に太  

複合名詞
太學  太宗  太政  太政入道殿  大山澄太さん  太糸  澄太さん  澄太君  澄太居  澄太  澄太君夫妻  澄太来  澄太君ほん  太腿  澄太其人  太しき脚  太しき  太しき双  喉太  地駄太  阪井猛太  太父子  太腰  太倉  惣太風  欅太樹  章太炎先生  西太后  太廟  上杉弾正太弼  太つたおかみ  万太  長男千太  天太玉命  弁太  弁太殿  弁太さん  太ぶと  太つた女  太枝  位太つて  番太  太のりと詞  握り太  嘴太  太擂粉木  勘太爺さん  太紐  太腹  霊太后  太系  小林太市郎  都甲太兵衛  太兵衛  提摩太後書二章十一  馬太伝五章二十二節  馬太伝  太人  太的思想  太人全体  馬太伝二十五章  太的  馬太伝二十四章  太思想  州屋太右衛門  天帝清太  清太  由太  さっき由太  太柱  太沽  太つたプツゼル婆  太縞  太輪  太根玉葱  勘太殿  太綱  事実太洋  太空  太閣  天満橋太兵衛  かきつばた波太波奈  加岐都波太  加木豆波太  太エ奴  太祖開寶九年  太抵  墺太利  太教  兵士太  太湖石  源太  四郎太  三郎太  今太閣  太閣秘蔵  堀口剛太  太文字  太皷  相役衣笠太兵衛  千島唐太  太傅  太牢  自ら太政相国  馬太傳  太湖  太政太師  太師  董太師  太師董卓  太師狂乱  太尉楊彪  太僕韓融  太史慈  太史慈三十歳  ざま太史慈  武太比嘉  太六・二四  馬太伝六章  馬太伝六章二十五節  太医吉平一  太教徒  横太  太娘  太史慈様  首将太史慈  太口面  粒太  貌利太尼西国民  太史丞  太史官  太息  太茶筌  勘太  趙太爺  一人秀才太爺  挙人太爺  趙太爺以上  趙太太  卓上秀才太爺  太爺  秀才太爺  太祖  ルコト何ゾ太ダ  太祖武徳皇帝  千太  おい千太  千太さん  ア千太  太竹  後継者太宗  太つて  太儀さうに  太祖曹操  むかし太祖武祖  太和五年  人物丹羽州太  州太  丹羽州太  云つた太  與太坊  権太  三太  太西洋  眺望太  雑太  馬太伝廿六章  太腐れ  園太暦  其園太暦  澄太君来庵  金太  太巻  日下部四郎太博士等  益太甚  太忿怒  太以不便  使徒馬太  五十八太  百姓太右衛門  殿様杢太  杢太殿  女狩右源太  右源太  女狩右源太殿  源太さん  右源太殿  アジ太  大山澄太氏  太玉命  太のりとごと  太詔刀言  太祝詞事  太詞事  太襁  太左衛門橋  頭勝ち尻太  権太左衛門  太つた顔  藤太  皮太  池内蔵太  半平太  西島清太氏  吋太  太閣出世譚  當時太祖  秋太祖謂  母里太兵衛  與太  多々羅雁太  雁太  伊藤太左衛門方高  四方太  四方太君  四方太先生  長慶太神宮  長慶太神宮祕藏  五兵衛太  上司幾太  流行漫画家上司幾太  太左衞門  太左衞門己  太左衞門媒人  太息つき  太左衞門汝  太左衞門殿私  今太左衞門  ライネル太公爵  Rainer太公  Rainer太公所藏  太洋  田所市太君  太甚  太肉  太杖  関森剛太  剛太  道太  道太たち  道太自身  夜道太  郭太僕  木村銀太  銀太君  銀太  太佐衛門橋  権太原  金光利平太  節太  太以不レ  緒太  エタ・番太  目明し・番太  最初太腿部  太つた躯  太つたたか子夫人  松丸太  太煙管  空知太  太縄  惣太  胆振国狩太農場四百数十町歩  狩太農場民  狩太農場  喜多六平太君  喜多六平太  喜多六平太氏  狩太  玉置小平太抔  菊太  井出菊太  菊太爺さん  菖蒲太刀とりどり  鬢太  太鹿島ゑ津子  太根  所謂太倉  太紐ゆたか  四戸佐太  中井隼太氏  小柳司気太  宗太  太閣記  川角太閣記  太部  言つて地團太  豹太  墺太利帝國ハイステル騎兵聯隊ピロヴァノ男爵部隊  太西洋岸  狭山九郎太  鬼課長狭山九郎太氏  狭山九郎太様  狭山九郎太氏  老骨狭山九郎太  課長狭山九郎太氏  主人狭山九郎太  墺太利人  太政入道浄海  番太筋  づれから肥え太つた手  太つた子  墺太利帝国  丙太  四方太氏  太監  太清二年  死後太師  太后  赤ブイ仙太  仙太  仙太殺害  いま仙太  仙太殺し  城太さん  太宗謂二侍臣一曰  敢正太  太史公  太祝詞  太祝詞ごと  太史書  太史公司馬遷  太史  作つた太玄  太玄  桃太  太胡さん  太閣さま  太鋲  柚太  太目  袖太  惣領いがみの権太  権太びつくり  善太  これ権太どの  太鼻  太筆  太叔文子  太沽沖  太族  太胴ゆえ  太史公自序  太史公繋年考略  太史公行年考  太史令  爲二太史令一  音無太十  太十  住人逸見太四郎義利  菱屋太兵衛  太兵衛女房  太儀  惣太さん  太占  與太さん  圭太  圭太一人  ゃんはぴしり圭太  圭太さん  太縒  眉太  羽鳥八郎太  八郎太  松島千太  東太  東太母子  東太成人  ワスレガタミ東太  東太さん  太原  山形宗太  太功記  三原太兵衛  父三原太兵衛  加美太  太モモ  太モモ一ツ  太格子  太味  望月太喜次さん  初め父太兵衛  仙太公  おい仙太公  おい仙太  仙太自分  仙太さん  仙太土手  仙太返事  仙太それ  仙太横  まま仙太  お前さん仙太公  仙太ザッ  逸見太四郎義利  茂太  太皷口  太市  馬太  十太  蔵太  松井蔵太  おい蔵太  太皷どんど  源太左衛門  加治源太左衛門安綱どの  加治源太左衛門  加治源太左衛門ら  名人太兵衛  喜三太  太歳神  太宗出陣  太閣様小田原征伐  六郎太義氏  李太王五年四月十七日  藤井右門太  緑平澄太  太型  権太栗毛  太ッ腹  櫓太皷  福島矢三太樣  福島矢三太  森太兵衛  糸太  薪太棒  太棒  隼太  野口佐平太  中野外務権太丞  中野権太丞  権太丞一行  権太丞始め我々  権太丞  太市日  味太ダ  是波霜太様  霜太霜太  三郎太義照  ルコトノ何ンゾ太ダシク  陰太  大森憲太博士  太主義  太腿あらわ  白藤源太  進藤喜平太氏  進藤喜平太  進藤喜平太翁  太布  千太自身  喜多六平太氏方  針目左馬太  針目左馬太博士  針目左馬太学士  左馬太青年  左馬太  青年針目左馬太  太右衛門年六十五  太緒  太まり  それぞれ船場四郎太  船場四郎太  イニ太シ  夜行太等  夜行太  源太兵衛  太沖  廉太  太人経営  矢野恒太氏  機関士松井田四郎太  松井田四郎太  太造  牛太  近藤司気太  近藤司気太引き  孝太爺  ところ太功記十段目尼ヶ崎  太功記十段目一幕  太脛  太童  太法師  上野太四郎  岸本作太  家元喜多六平太氏  前記喜多六平太氏  仁太  番太袴  四方太闇汁  太皇帝  番太小屋  太政入道  濱田太左衞門  太氏  太公  兵太  太女  太胆  太泥等  太砲  声太  光芒太  三池典太  雀部多磨太  多磨太  多磨太君  白墨狂士多磨太君  それ多磨太  滝太一人  滝太  滝太歩  足立熊太  日ニコライ太公  ニコライ太公  太右衛門さん  太右衛門  楊子法言太玄經  お召緒太  伝太光世  千太爺  太鼻緒  士林太仲  大字飛太  敵国墺太利  墺太利軍  墺太利側  墺太利代表  墺太利委員  呉太伯  脛太  加奈太政府  太早計  太液  伊勢太神宮  皇太弟  太后付き  太掖勾陳処処ニ  太掖  転太石  兵藤太  其忠太  其忠太さん  弟宗太  山太  柳家権太楼  権太楼浪曲  権太楼先生ギャフン  金太さん  小林隼太モ  小林隼太ガ  太ゴム  太つた  時雄方草二太玄一  文母太后  上野太忠氏  墺太利公使館  太胸  太岩魚  阿波太失  安藤太  権太化  ごろ太石  太つた番人  太つた爺いさん達  太層美僧  梶原源太景季  日下部四郎太博士  次団太  番太精神  市川義平太  せがれ義平太  山本左右太  与力山本左右太  左右太どの  左右太  左右太様  義平太  義平太ひとり  左右太さま  義平太どの  義平太様  ひとり山本左右太  いま左右太  義平太父子  番太稼業  毛利小平太  小平太  誰一人小平太  小平太どの  毛利小平太元義  太祖太宗  太眉閃  太腕  意太利亜  裸武太  武太  高太公  初め太祖故人呂伯  陳太  狩太村  梶原源太  太政入道清盛  おい兵太  太つて來  子宇平太  宇平太  圓太  当時三太楼  三太楼  権太楼  権太楼君  柳家権太楼君  時分権太楼君  権太楼夫人  太殿堂  宣帝下二太  権太瀑  久留島義太  あれみんな権太さん  月形半平太  づ太ぃやづだ  二三度太息  太馬路通り  太ッタ  澄太居柊屋  澄太緑平  澄太居雑詠  太君  太過ぎ  馬太伝十一章  和太  和太さん  於レ是太后歸神  半玉雛太  雛太  踊り子雛太  失業者珍太  珍太  金谷秀太  金谷秀太つていふ  方太太  太胡  ウラジーミル太公  貫太  里見太田方  胴太  太人特有  王太常  頼太  太儀さうに呼吸  太ツ腹  圓太様  最前小圓太  三たび小圓太  忰小圓太  あと小圓太  圓太さん  ときツルリ小圓太右足  圓太真打昇進  圓太師匠  三遊亭圓太  看板圓太  三遊亭圓太  圓太宛て  それ圓太  純情小圓太  町奉行落合小平太殿  摂政太后  太沽どころ  筋太  服部小平太  地團太  松太  中村太兵衛  尾沢重太  光太  長光太  波太豆  太人ジュス  格蘭得火太立旅館  太系独逸人ウンテルベルゲル氏  火太立  太風  太区域  太心理学派  眉太男  太茎  太和  太原市中  九太  日九太  九太さん九太さん  九太さん  それぞれ九太  野口九太さん  九太さん別  願作太平民  久留島義太等  池部啓太  太皷人  太眉  廉太娘  慎太さん  慎太つうの  新倉善太  池辺啓太  鹿太  宮太柱  太つた男  笠太  笠太公  源次さん千太さん  千太どん  唐太宗  露西亞猶太人  太女め  太人町  墺太利領  太ちゃん  太坊  三日内蔵太  池蔵太曰  云ハ池蔵太事ニ而候  これ太根  源太はん  太仲間  太国  堀内源太左衛門  笛太皷  爺番太読売  線太  佐太  仙太親爺  太元  母太后  光明太后  太祖成吉思汗以來四方  太身  賽太歳大王  賽太歳  太のりと言  太詔戸  天津詔戸太詔戸  寄せ太皷  太左衛門  太玉  太詔戸命神櫛真智命神  臣太詔詞  王太  王太八洲大八島國大屋毘古  命沼名倉太玉敷  神太しり布刀玉  命太御幣  太甚しき者也  太肚  唐太宗以前  太僕  太行山  源太親方  源太様  源太十兵衛とも  源太胸  一源太  源太床  日源太  寄太皷  胆太  太左吉  宮柱太しき  太作家  太気質  太沽沖十浬  太沽上陸  太沽二泊  町田狂太さん  太まり強まつ  至つて太  太過不及  あんげん太  真田源太左衛門信綱  太幹  づも太腿  太湖船  紋太  輪太さん  香山半兵太  圓太節  佐太さん  



前後の言葉をピックアップ
太棹  ふとし    太から  太郎平  太し  ふとした  太字  フトダマ  フトタミコト


動詞をランダムでピックアップ
仰げるゆがみ酌めよ飛び交わうすれそそぎこむ借切うちとっ割り切らあわさん爪立た進めろ生みつけよねたみ諂っ効く承けん済ま生い立た患わ
形容詞をランダムでピックアップ
あほらしほこらしく神々しよろこばしく暗くまたとなかろ薄寒き馴れ馴れしくしがなき厳しまずき際どい名高するどく憎けれあやしく辛かっ易く並びな生あたたかき