「売り」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 売り[動詞]
犬レオナルド足織れば、売り  ぬかるみを、売り  節を付けて、売り  魚を売り  回り場所を売り  屋へゆき、売り  人がなくなり売り  チビ公一人が売り  豆腐を売り  ぼくは売り  一生懸命働いて、安く仕込んで安く売り  声で売り  魂を売り  本を売り  いまお売り  雑誌を売り  餃子を売り  通貨と売り  門で呼び売り  本は、あらかた売り  頭にのせて売り  翻訳を売り  さを売り  宝石を持って売り  店頭に売り  喧嘩を売り  混成物を売り  牛を曳いて売り  値段で売り  戸別訪問して泣きたんで売り  胆を売り  画を売り  わけで捨て売り  漬物は売り  市場に売り  電気ザブトンを売り  名で売り  一月には売り  OSを売り  質札を売り  諧謔を売り  問題が、動いて売り  別荘もすぐ売り  とき一しょにお売り  煎餅を焼いて売り  石油販売所はまだ売り  籠で売り  生命までは売り  柱暦を売り  七色唐辛子を売り  果物を売り  ものを売り  漢書を売り  造花を売り  身を売り  宝船を売り  著作を売り  民族性を売り  商品を売り  夜店でお売り  浅草あたりへ持ち出してお売り  みんなすぐ売り  屋敷町を売り  ところへ売り  どこで売り  別宅を売り  保久呂霊薬を売り  霊薬と称して売り  詩集を売り  聖書と思って売り  町へ売り  獲物を売り  時に売り  ものも売り  あれはお売り  文をつくりて売り  文を売り  力餅を売り  つんで売り  享け売り  手品を売り  のだから、売りやせん、売り  鎌などを売り  稲扱き機械を売り  精神的な売り  店で売り  女に売り  ころにふれ売り  売子にふれ売り  市中を呼び売り  町をふれ売り  鮨売になってふれ売り  湯沸しを売り  舶載物の売り  船に売り  百姓が売り  手をつけ、売り  ばたばたと売り  物を売り  二束三文に売り  嘉吉が売り  下落っているし、売り  土蔵付き売家で、売り  瓦版を売り  衰微を売り  支那から持って帰って来て是非売り  本はポツポツ売り  悪名を売り  別ので売り  手前、少しは売り  それを売り  稲荷鮨を売り  様土人が売り  蛇屋で売り  山畑を売り  余所へお売り  飯田あたりから反物を売り  弟はまだ売り  これを売り  風船を売り  買い取り下さるなら、お売り  人形をお売り  都合がございますので、お売り  万年筆を造って売り  一人で売り  ために売り  金にして大いに売り  煙草を売り  冷やし飴も売り  巻寿司を売り  金で売り  東京へ売り  酒の売り  野菜などを売り  店へ売り  拾つて町へ売り  刀屋へ捨て売り  居酒屋で売り  市へ売り  肉を売り  北国へ売り  一銭に売り  自嘲を売り  女郎に売り  絵を売り  時間かけてようやく売り  道具を売り  会社にまとめ売り  原稿が売り  二つの16ビット機がぶつかって、売り  野菜を売り  アメリカとかへ売り  三百六十円でお売り  花を売り  畑をお売り  自作をもっとも手広く売り  部分を売り  女房を売り  アイスクリームなどを売り  開放され、安く売り  作品を売り  山を売り  綿を売り  ランプをお売り  平生爵位を売り  商人に売り  品々を売り  直ちに国を売り  国を売り  一個五銭で売り  鶴代を売り  金魚売り、すだれ売り  あたりまで売り  おしを売り  郁文堂に売り  こなし、売り  一二分の交渉であるのに、売り  住居を売り  市場へ売り  資材を売り  会場で売り  飴屋の呼び売り  呉へ売り  芋を売り  ぼくを売り  真実は売り  織物を売り  から、売り  品物まで売り  季節はずれの売り  別荘も売り  恩を売り  上に載せて売り  津々浦々を売り  鰯を売り  二疋を売り  牛を売り  仏具を売り  植木を売り  経文を売り  本日分の切符は全く売り  のを売り  色を売り  芸人に売り  お酒を売り  書籍まで売り  全部お売り  古本屋へお売り  それは売り  うち廉く売り  熊の胆を売り  今、売り  横浜へ売り  城下に売り  みんな鉄具類を売り  夕刊を売り  女が売り  米を売り  どなたにもお売り  山程売り  それが売り  盛大に売り  秋田犬と称して売り  蕎麦粉を売り  五万部を売り  すつかり売り  江戸ッ児の、売り  午前を担いにのせて売り  たびに鳴るを呼び売り  昔細見を売り  伽に売り  そもそも誰が思いついての売り  金時を売り  品物を売り  点、売り  偽物を作って、売り  小柄を売り  林を売り  葱苗を売り  薬を売り  労力を売り  五十銭に売り  グスク人に売り  所へ売り  やつと売り  心臓を売り  皮膚を売り  酒も売り  何でもハア貯めて置いて売り  代物べい選んで安く売り  荷を売り  九文に売り  計り炭を売り  悪魔に売り  お前様これをお売り  闇市へ売り  色さえも見えず、売り  古田さんにお売り  貞操までは売り  人は、売り  朝早く売り  何も出ていなかったが、売り  男に売り  手に売り  品物を持って売り  主を売り  友を売り  妻子を売り  餅を売り  艶種を売り  青物を売り  番附を触れ売り  キモノを売り  タンスを売り  山男紫紺を売り  一俵二十五文にて売り  獅子を売り  花屋から屑花を払いさげてもらって、こうして売り  うちに売り  工業に売り  家財道具を売り  コーヒーを売り  音楽を売り  金高なお宝ものを売り  問ふに、売り  常識観念のうけ売り  地所を売り  柳沼を売り  ここまで売り  ことになって、売り  菓子を売り  おでん屋が売り  郊外にも売り  西瓜の截ち売り  肩にかついで売り  親子どんぶりまでも売り  うどんを売り  真珠を沢山持っていらして、売り  砂糖でも売り  裸身を売り  縁日へ出て売り  飴を売り  城下へ売り  店に売り  店頭へ売り  自作を持って売り  目がなく、たとえば売り  何んでもかまわず早く売り  懐中を抜くとか、売り  中の売り  方へ行くまでに悉皆売り  熊手の売り  なつたせゐかねえ、とにかく売り  ブランコで、売り  切符なぞ売り  突込んで売り  山林田畑を悉く売り  切山椒を売り  日ばかり売り  葱を売り  家財を売り  おせんべを焼いて売り  劇場では売り  安楽を売り  熱燗十本で売り  書物を売り  師走の売り  星を売り  楊桃を売り  せつかく売り  鶏を売り  名前を売り  それを担って売り  建物を売り  床几に煮売り  名を売り  三都へ出して売り  一日五十銭と売り  村へ売り  馬車、売り  勤番長屋を売り  宅地にでも売り  どこかに売り  値に売り  漬物を売り  自分で食べるだけじゃなく、売り  いくらでお売り  三両で売り  三両でお売り  栽培して売り  魚などを売り  商い物などを売り  饂飩を売り  夜饂飩を売り  二日の売り  貴女のお売り  女も売り  三文小説を売り  生魚を売り  仏蘭西人に売り  とき町へ売り  田を売り  屋敷を売り  愛馬を売り  きょう泥鮫を売り  泥鮫を売り  喧嘩の売り  色が、売り  一本いくらで売り  得意先を売り  毎日あれほどずつ売り  ソーダ松魚といって売り  方は売り  狼を売り  並肉として売り  多く西洋人へ売り  舌を売り  甘酒を売り  固練りと云って売り  甘酒の卸し売り  戦友を売り  稗蒔を売り  其月はその売り  一、売り  はなしは聞きましたが、その売り  其月が死んでしまったので、その売り  駕籠屋や煮売り  瓦版にして売り  毎日の売り  むやみに売り  籠に入れて、売り  家鴨などを売り  わけで、捨て売り  風俗をして売り  時から陰間茶屋へ売り  息子が売り  太鼓を売り  西洋馬なんぞ売り  馬を売り  どこへか売り  写真を売り  笹竹を売り  絵馬を売り  首を売り  街から街に売り  二円で売り  一生でも売り  身体からはずして売り  関係はなく、いわば請け売り  油あ売り  宿場女郎にも売り  五郎兵衛町あたりを流して行く呼び売り  声して売り  蝶々売が売り  縮を売り  花屋へ売り  喧嘩が売り  刷を売り  ウンと高く売り  のと言って売り  紙屑を売り  初めから喧嘩を売り  海を渡って売り  蓼川家の売り  華族の売り  京都へ売り  馬も売り  兄者を売り  自分を売り  男は売り  家を売り  飾りをお売り  相場をつけて、売り  三十円に売り  平均一匁百円で売り  一万円近くで売り  彼等は売り  何を好んで売り  大量的に売り  入場券も売り  道具も売り  着物を売り  別荘を、お売り  一つ、売り  酒を売り  目薬など売り  邸を売り  金銀までも売り  衣類ばかり売り  即座に売り  首も売り  演技を示して、これから売り  いくらで売り  れんげ草を売り  一株でも売り  のぞみでございましたら、お売り  口すごしに売り  雛を売り  何、売り  お雛様を売り  衣類を売り  里へ売り  水瓜を売り  方々に売り  時彼は、売り  油の売り  油を売り  辞書のうけ売り  目をつけて、お売り  豌豆煮立と云って売り  家へもちょいちょい売り  天びんにかけて売り  商人の呼び売り  奴隷とともに売り  魂をも売り  爺が売り  夜間饂飩蕎麦など売り  ッ尻を売り  石油を売り  私が売り  組織を売り  コマを売り  お茶を売り  まやかしものはお売り  量炭も売り  安値で売り  ワタシが売り  百万は売り  それを又売り  岸野が売り  蔵書を売り  近隣へ売り  町に売り  魚を、売り  田地を売り  事があるので、善く売り  中では売り  真鯉を売り  ところに売り  納豆でも売り  駄菓子を売り  油汗ににじみながら、売り  脊負って売り  かねえとでは、売り  やうに売り  さかなを売り  故に売り  籐寝台を売り  土人の売り  繭を売り  六十銭一円と売り  藤原家の売り  偶然、この売り  ものもなくなり、売り  寺で売り  五十金に売り  好みに応じて作り出し売り  数人に売り  子供を売り  朝茶を売り  雑えて人知れず売り  牝鶏は売り  往って売り  夜が明けたらすぐに売り  明治十三年頃新吉原を売り  愛嬌の売り  これは売り  看板で盛っていて、売り  余居邸を売り  ボーイの売り  支那蕎麦を売り  器械を売り  賈に売り  二千五百ドルでさらりと売り  私にお売り  なぞが売り  ここらまで売り  山女を売り  なに、売り  市に売り  冥護を御売り  作り手がなく売り  畠だと云って、売り  蜜柑を売り  昨日馬を売り  敬礼だけでは売り  十万銭なら、売り  何か売り  札を売り  古本を買っては売り  老婆達が売り  上田から牛肉を売り  小諸まで売り  昨日のねだんでお売り  マッチは売り  田畑を売り  位に売り  江戸を売り  弟子だがやっぱり売り  もの書きて売り  塩の売り  化粧品を売り  果物などを売り  通り自分を売り  七千部を売り  黄金メダルを売り  あそこに売り  これいくらで売り  こっちが売り  飾窓に売り  町を売り  竿を売り  ロス氏へ売り  魚屋へ売り  誰かが売り  瓜を取って売り  地方へ売り  偽物を売り  麦を売り  のを見れば、捨て売り  関羽を売り  市中に売り  近在から町へ売り  日々餅を売り  紹介してもらって、売り  辻占を売り  娘を売り  まさか娘を売り  物を持ちだして売り  卵を売り  レモン水などを売り  機械人間を作って売り  千代紙は、こい売り  美代子さんは、そのこい売り  門前へ売り  上流からクーリーが売り  花束を売り  中ノ条まで売り  別荘へ売り  畑も売り  風吹く売り売り  古本として売り  ドクである、売り  其安値に呆れて売り  大声で叫んで、売り  さかなばかりを売り  作つて林檎を売り  そこら中回って歩いて、ほぼ売り  中村屋が売り  製品がこんなに売り  今日では売り  三万五千円で売り  権利が売り  牛馬なみに売り  産物を売り  塩魚を売り  西瓜を売り  くさりがひどくって、とても売り  安値に売り  捨て値で売り  五千円で売り  一万円じゃ売り  ですよ。あなたは売り  五千円なら売り  捨値で売り  セリで売り  二十何万円を売り  玉子も売り  玉子を沢山売り  独りで売り  物が捨て売り  丹三を売り  みを聞いて、売り  加特力教徒に売り  牝馬を売り  何を売り  籠に入れて売り  さぎを売り  古物の売り  着物までも売り  実を売り  喧嘩でも売り  なんどきでも売り  下にあめ売り  櫛を売り  高価に売り  媚を売り  三重ね一組として売り  茶筅を売り  金具類を売り  大洲町で売り  鋏を売り  それが、売り  竹籠を売り  からいくらでも売り  春を売り  一般市民に売り  ちゃぷんちゃぷんと水を躍らせながらかついで売り  これを抜け売り  残渣まで売り  何十人と売り  村に売り  中身まで売り  財産を売り  親を売り  田地田畑を売り  来客合計六人、売り  来客三十人で売り  前に売り  来客平均十人程度で、売り  僅かな売り  七円五十銭の売り  一杯十銭と見て、売り  ば町に売り  もっと高くも売り  千両で売り  りんごを売り  うまいりんごを売り  ように売り  お酒をお売り  ハイそれは買おうにも売り  様に言い做し、寄って集って広く売り  死体写真の売り  鮒を売り  酉の市の売り  各地に呼び売り  こいつを売り  作用が、すでに売り  ものに、売り  近在ものを売り  馬鈴薯を売り  一冊抜取ると、坐り直して、売り  店を売り  鰒を並べて売り  屑屋に売り  机を売り  そこへ、捨て売り  点を売り  人に売り  ものなり、売り  市街地へ売り  刀を売り  記念の売り  半分とを売り  卵は、いつも割らずに売り  直接の売り  靴下を売り  ぱぼうしに額づゝみ物噛むごとく売り  樽野が悉く売り  宿までたびたび売り  蟹を売り  看板に売り  八千円で売り  真犯人をあげても良いが、せっかく売り  衣を売り  ものまで脱いで売り  旧家に始まっている売り  唄を売り  ここが売り  魚類は売り  装束を売り  塩せんべいなどを売り  首なぞ売り  握り飯を売り  砂糖を売り  石鹸を売り  顔を売り  良心を売り  意見を売り  投票を売り  起立を売り  あたりでは珍しいつじうら売り  それなるつじうら売り  理不尽に討ったつじうら売り  途中でつじうら売り  災を与えた憎むべきつじうら売り  てつじうら売り  者すらも売り  二千反を売り  煎茶を売り  黄金に売り  妄薬粗剤を売り  鮨を売り  あとからこしらえて売り  せりふを請け売り  うちを売り売り  いっしょに売り  全国へ売り  沼津産として売り  筵を売り  交換で売り  はい、売り  ひそかに売り  お客に売り  土用の丑の日べにを売り  ここがせんべの売り  方へ売り  衣裳なんかは売り  身体を売り  一つ三文で売り  小店に売り  大道商人に売り  筍を売り  伐採して売り  二千余円に売り  茶を売り  百円ばかりで捨て売り  ペン先を売り  声色を真似て売り  しまでは売り  麩など売り  棒につけ売り  処にて売り  回向院前にてもこのつるし多く売り  土人形を売り  細杷も多く売り  髪を売り  ためなら売り  適当な売り  店が売り  ほとほと人手に困って売り  故、はよ売り  ものもじゃんじゃん売り  冷やし飴でも売り  冷やし飴が売り  互どうしの売り  纐纈を染めて、売り  五臓丸、売り  時切符を売り  ゾイリア日報のうけ売り  凡ては売り  ために、売り  悲劇をだまし売り  土地を売り  一部分を売り  あなたを売り  廉価に売り  廉く売り  限りに売り  袋をかついで売り  牧場へ売り  土木場などへ売り  亜炭を売り  からしづけなどを売り  与太郎のかぶら売り  心身を売り  盆提灯を売り  本はお売り  ものでしょうし、お売り  からもしかしたら買えるが、ひどい売り  先方の売り  二オンスずつのはかり売り  車を引っ張って売り  三万円で売り  あっちこっち扇子を売り  アンパンを売り  おいなりさんを売り  苦悩を売り  衆が売り  性分にはあわないながら、売り  印籠を売り  万事を売り  書籍を売り  節を売り  毒消売り  鑑定によれは、捨て売り  俺は売り  物語を集めて新らしく組み直して売り  鉢巻した売り  ケチンボに売り  油さえ売り  姫を売り  めを売り  遠くに売り  荒物を売り  菱の実売り  蔵書ぐるみ二束三文で売り  机も売り  商品をより高く売り  二万五千円は安い売り  類がすこし売り  だんだん売って売り  ほんとうの捨て売り  若木などが売り  新茶を売り  レコードだのお売り  やつたり、また売り  辺をかうして売り  菓子煎餅やらを呼びながら売り  命を託す、安ければ買い高ければ売り  切符を売り  飲み物を売り  ひとり絵を売り  しかも安く売り  何か呼び売り  のを摘んで売り  香水を振ってまた売り  新装して売り  旅行者へ売り  香水を売り  夢として売り  屋敷を、又売り  西大久保に売り  たらをいれて売り  悪いことがあるというので、売り  仏が売り  彼自身もその売り  ガン人たちへ又売り  どんどん南京ねずみを売り  熊手を売り  荷車に積んで売り  

名詞

売り[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
売りが宿をとるくらいの  売りをして行った  売りをしていた  

~ 売り[名詞]1
諸国担ぎ売りが  声で呼び売りを  毎朝納豆の呼び売りを  甘酒の呼び売りを  

~ 売り[名詞]2

複合名詞
白酒売り  金魚売り  あめ売り  こんにゃく売り  サイダー売り  花売り  酒売り  切売り  呼売り  磨き砂売り  立ち売り  切符売り  薬売り  請売り  油売り  一冊売り  高売り  野天売り  夕刊売り  符売り  辻占売り  あま酒売り  芒売り  却売り  店売り  蝶々売り  燈籠売り  担売り  納豆売り  豊年糖売り  宝くじ売り  貸し売り  樒売り  春画売り  毒消し売り  元結売り  ぼうふら売り  蝮売り  



前後の言葉をピックアップ
賣り  瓜生野  売り込ん  売りつけよ  売り飛ばし  ウリア  売上  売上げ  うりあげ  ウリイ


動詞をランダムでピックアップ
斎い流行る折んあらだて耀かし引っ返そ光らしさせよそれれ助くるこか陥ら拾っ立上がわかた刺し殺さ訪ういためる打ち破り織り込も
形容詞をランダムでピックアップ
ほほえましい暗けれ数多うやうやしい円いまぢかいせち辛き鈍い旨かっ手緩かっあつけりゃ面倒く乏しかっせちがら狭くっ物狂おし好くっ黄色ありがたからのぞましから