「売ら」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 売ら[動詞]
当世に売ら  文は決して売ら  価に売ら  古道具屋に売ら  文を売ら  のか売ら  豆腐を売ら  おれは売ら  エジプトに売ら  おのれを売ら  きりぎりす機場に売ら  一切酒類を売ら  工場に売ら  ところによると、売ら  若が盗んで売ら  本、売ら  物を売ら  人買に売ら  喧嘩を売ら  かたに売ら  私を売ら  あちらで売ら  宅地に売ら  国へ売ら  写真版が売ら  どこへ売ら  表口からは売ら  二円で売ら  菊でも売ら  花魁に売ら  廓へ売ら  男親に売ら  誰にでも売ら  市場へ運ばれて売ら  絵を売ら  身を売ら  酒を売ら  他のものに売ら  そいつでも売ら  野郎に売ら  つたのを売ら  頃駅頭で沢山売ら  貞操を売ら  大官に売ら  相手によって売ら  つては売ら  一把でなくては売ら  ものであろうとも、食べられなければ売ら  それが売ら  人形は売ら  他国へ売ら  上他国へでも売ら  肉は売ら  それなれば、売ら  あいつは売ら  媚を売ら  なに、売るも売ら  祖国を売ら  品物を高く売ら  前借で売ら  機織工女に売ら  子供らは売ら  再生装置付きで売ら  市に売ら  外国へ売ら  マツチも売ら  女郎に売ら  一号五〇円以下では決して売ら  から一号三〇〇円以下では売ら  店に売ら  合意的に売ら  よそへ売ら  夫に売ら  体を売ら  芽蕨がもう売ら  みんなどれいに売ら  どれいに売ら  なにっ、どうしても売ら  今になって売ら  身体を売ら  喧嘩を売られれば売ら  ために売ら  喧嘩でも売ら  達磨茶屋に売ら  ブルヴアルで売ら  本を売ら  誘拐されたり売ら  由良へ売ら  お客にむりやりに売ら  価が出るから、売ら  奴隷に売ら  少年労働に売ら  為に売ら  新聞を売ら  軽業師に売ら  薬屋に売ら  お前のは売ら  他に売ら  一冊残って売ら  もんまで売ら  オダイシ様だと言って売ら  神様を売ら  神を売ら  奴隷として売ら  出版から一年間に売ら  人に盗まれ、売ら  一シリング六ペンスで売ら  ものを売るか売ら  寮は売ら  外へ売ら  贋物でも売ら  慰みに売ら  他所へ売ら  値段で売ら  屑屋にも売ら  京都へ売ら  スチルリング氏表が売ら  銀時計は売ら  島原へお売ら  一スーで売ら  一わは売ら  圧を売ら  客に売ら  ものは残らず売ら  づなは売ら  づなは売っても、なわは売ら  わたしは売ら  紡績工場などへ売ら  月には売ら  蕎麦は売ったり売ら  油を売ら  私は、その売ら  娘が売ら  公娼に売ら  時蔵書丈は売ら  屋敷も売ら  給仕に売ら  魚市場へ売ら  自分から進んで売ら  附着けて売ら  家は売ら  貴様に叩き売ら  お前なんぞに売ら  俺に売ら  財袋がつくられて売ら  墓石を売ら  はては売ら  家を売ら  西洋へ売ら  我を売ら  霙ふる、売ら  香を放ちながら売ら  色を売ら  手などに売ら  市で売ら  ままで売ら  茶屋奉公に売ら  任土貢に売ら  良心的に売ら  塩を売ら  村へ売ら  心は売ら  其処に売ら  娘を売ら  熊胆を売ら  肉を売ら  から誰にも売ら  誰にも売ら  生物は売ら  麺麭にかはって売ら  店を売ら  馬車を売ら  先方が売ら  やすやすと、売ら  無理だよ、どうしても売ら  あれは売ら  こいつも、売ら  河童に売ら  肥料屋に売ら  一尾二分では売ら  一尾を売ら  茶屋に売ら  自分が売ら  焼芋を売ら  磯は売ら  女郎屋に売ら  芸妓に売ら  友達の売ら  呻りに、売ら  おのれ等喧嘩を売ら  親に、売ら  友達が売ら  裸にして描かせて売ら  貴様らにゃあ売ら  関さんに売ら  芸者に売ら  土地を売ら  意地でも売ら  祖父が売ら  旅から旅を売ら  看板を掛けちゃ売ら  住宅までも売ら  時に売ら  其住家を売ら  其土地を売ら  其身を売ら  同志を作って、その売ら  五十銭ぐらいには売ら  それを売ら  それさへ売ら  それをとうとう売ら  ミシンだけはまだ売ら  紙屑に売ら  時には売ら  往来には、売ら  どこかへ売ら  一枚でも多く売ら  一枚でも売ら  宝石をも売ら  牛が売ら  ようでも、売られ売ら  私に売ら  すべてを売ら  料簡でもなし、売ら  売れゆきを見せ、売ら  静に聞け、どうか売ら  女の子が売ら  そうだから売るとか、売ら  もんは売ら  納豆を売ら  雑誌を売ら  家が売ら  勲章哀れにも売ら  ものでも売ら  傍で、売ら  あたし悲しいには悲しかったけど、売ら  亡者宿へ売ら  此方へ売ら  五十両に売ら  尼寺などへ売ら  体がすこしでも快くなったら売ら  著書も売ら  ように書きおろされ、売ら  貸家も売るとか売ら  五百人に売ら  二束三文で売ら  大金を見ても売ら  七八十円で売ら  仏壇さんを売ら  親に売ら  男に売ら  那古に売ら  作品は売ら  一本イクラに売ら  これが売ら  価格で売ら  負けもしないで売ら  商品として売ら  箪笥を売ら  元を削って売ら  山下等に売ら  拒否せられ、或は売ら  身体なんか売ら  一年後一万一千フランで売ら  五百五十円で売ら  はじめて芸妓に売ら  愛する弟子に売ら  銀で売ら  土地が売ら  入場券を売ら  之を売ら  器械を売ら  骨董商チャンフーに売ら  商品としては売ら  動物園に売ら  年々多く吉原に売ら  アルコール飲料は売ら  一切酒は売ら  一冊千円で売ら  たまたま、売ら  家へ売ら  芸を売ら  切符を売ら  二十円で売ら  馬を売ら  医者以外には決して売ら  番台で売ら  話がいってるなら、売ら  一日五十個以上は売ら  商品となって常に売ら  矜りを持つには、売ら  大金で売ら  定価で売ら  一円四十銭位に売ら  一冊一円位に売ら  其ハモノを売ら  年季一杯五十両に売ら  吉原へ売ら  原稿を売ら  買手を見て売ら  もう少し売らずに置いてみようじゃないかと云って、売ら  問屋も安くは売ら  洋酒を売ら  八銭で売ら  三箇十銭で売ら  倍値に売ら  他へ売ら  己を売ら  織田に売ら  玉子を売ら  市場へ売ら  牛まで売ら  腕時計を売ら  禿に売ら  貞操は売ら  作物を盗んで売ら  一切を、売る、買う、売ら  値のよくなるまで、売ら  日本全国に売ら  街に売ら  鶴が売ら  方々へ売ら  自動車屋へでも売ら  だって、売ら  妙に売ら  西瓜など売ら  大道に晒して売ら  身まで売ら  国へどうせ売ら  蜆を売ら  金鍔一つは売ら  継母に売ら  から、どうか売ら  田も売ら  畑も売ら  銅を剥して売ら  庭木を売ら  父兄に売ら  のものを売ら  スパイに売ら  飢饉地方から、売ら  東北地方から江戸吉原に売ら  雑誌に出たりしているが、売ら  内金だけで売ら  畑が、とつくに売ら  農村青年と売ら  から、売ら  遊郭に売ら  バイオリンは売ら  商品は売ら  人に売ら  場内でも売ら  羽子板になって売ら  体は売ら  節を売ら  電信柱にでも売ら  遊女屋に売ら  ここへ売ら  角兵衛に売ら  雪国へ売ら  飴を売ら  金では売ら  米は売ら  国を売ら  区域に分って売ら  娼妓に売ら  古木は、伐り払われ、売ら  一つから一つと売ら  結婚指環売る売ら  ものを売ら  水飴を売ら  自然高く売ら  二三割高く売ら  馬勒を売ら  それでは売ら  利益がないので売ら  鶉は売ら  宸筆を売ら  紙がありません、売ら  北海道は売ら  春に売ら  何か売ら  女に売ら  ように堂堂と売ら  のも、いや売ら  飯盛に売ら  夕刊を売ら  三宝物を売ら  紙屑屋なんぞに売ら  土工部屋へ売ら  桶の隣りにならんで売ら  当ては無えだから、いずれなんか売ら  画は売ら  金銭では売ら  官省に売ら  今まで売ら  モルドウを売ら  熱心にもなろうし、売ら  廉価に売ら  舟を売ら  網を売ら  紡績工場に働き、売ら  女郎にまで売ら  ベッドが売ら  



前後の言葉をピックアップ
羽翼  右翼  ウヨリ    浦の    うら  裏街道  賣ら  ウラ


動詞をランダムでピックアップ
いそげならえなみし通じよ折れ込む慶ば追っかけりゃ通じる通り越そ繰りかえせはね上がり引き締まっ用いん足りる駆付ける祭ろ靡い卑しめるなげこみ合さっ
形容詞をランダムでピックアップ
淋しかっっぽきのろう湿っぽい床しくうらめしかっ小暗き恋しく残り惜しあらあらしい恐ろしい生暖かき短うバカバカしくうすらさむいかたじけない久しい善くっなるけれくすぐった